クーチミラン

根を、張るときと花の咲くとき

いよいよ“油断ならない”時が近づいてきたような予感が・・・

2018年10月12日 | ブログ
2日ほど前から蛇口から出す水が温かさを感じさせるようになり、昨夕は着る物を2枚も更に重ねました。そして今朝は放射冷却も加わって気温は一層、低い値となりました。しかし、その後は太陽が顔を出しましたので明るい光景が見られています。それらのことが私の身柄を、心を束縛し始めました。これまではフジバカマに視線をやるのは朝昼の歯磨きの時と、その気になった時でしたが、今日はその後者の割合が飛躍的に増えました。昼頃になって気温が上がってからは尚更、気持ちに高まりが出てきて、食事やトイレその他で観察の場所を離れることがとても勇気を要するようになりました。“油断ならない”時が近づいてきた、と自然発生的に感じています。別種の小さな蝶、モンシロチョウ、クロアゲハなどが姿を見せますがフジバカマに留まって蜜を吸う姿はありません。昨年までアサギマダラに先駆けて訪れて蜜を貰っていた濃い茶色の蝶が1匹はやってきましたが、長い時間留まることはありませんでした。去年までのフジバカマの場所は狭く、従ってその量も少なかったので、その蝶が吸い尽くして終いはしないか、と心配していました。今年は大丈夫でしょう。
コメント

“謎”は永遠に・・・

2018年10月11日 | ブログ
事前も事後も不成功の連続、その微かな隙間を狙ったかのように1回のみの成功、あまりにも不思議でこういう状況をどう文章で表現したら良いのか私は分かりません。催しで使うビデオのことです。主催の方から制作依頼を受けて着手したのですが当初は単なるスライドショーを作る予定でした。催事本番ではPC自体を持ち込んで使用するか、あるいはスライドショーをCDにコピーしたものを作って提供し関係の方の機器を使って映写して戴くか、を考えました。しかし、その何れにおいても不都合が伴っていました。所有するPCを会場に持ち込むこと、スライド切替の関係で機器の操作が必要となること、更には当日は私は喜寿祝出席によりそれが叶わないという難題がありました。そのことからどうしてもビデオ化する必要が出てきました。ビデオ化は全く未経験の分野でしたが所有PCでその機能を探した結果、運良く見つけ出すことが出来、早速、制作に挑戦しました。ビデオ化までの道程は比較的順調に運びました。次にはそれをDVDメディアに収めなければなりません。これもまた、経験がないことでした。外付けハードディスクやUSBメモリーにコピーするのと同じに捉えていましたが全く違っていて思わぬ計算違いでした。別のアプリが必要だったのです。完全な認識不足でした。私のPCにはその関係のアプリはインストールされていないようですので購入するしかないことが分かりネットでそれを探している内、ある1つを見つけました。それには「試用版」というものが添えてありましたので早速、それをダウンロードして使ってみました。私が目指しているビデオが出来あがりました。しかしそれは「試用版」であるが故に当然のことながら私にとっては余分な表示が盛り込まれていました。そのアプリが使用出来ること自体は確認出来ましたので正式に購入することにしました。ダウンロード版でしたので、代金払込みをした後あまり間を置かずに本物アプリが使えるようになりましたが、何故か成功には結びつかず、挑戦を繰り返すばかりの状況に陥りました。ところが、どうしたことか暗中模索の状況の中で1回のみ、1枚のみ望む物が完成したのです。その後はPCの該当ドライブのトレイまでもが故障してトレイの出し入れも出来なくなってしまいました(それは現在も続いています)。来たるべき催事で使用するビデオは正に、その1枚だけなのです。それが存在すること自体が私は不思議で不思議でなりません。催事の為に1枚のみを天が恵んでくださった、というしかありません。
コメント

独り言が私のルーティンとなっています

2018年10月10日 | ブログ
起きている時間の3分の1を独り言が占めているような気がします。PCに向かっている間は勿論、その場を離れてもそうです。独り言の内容には良いものもありますが大方は悩み事で、分野としてはPCに関することがその殆どです。トラブルが次から次に起こるため毎日、独り言がピリオドを打つことがありません。しかも1つだけのトラブルならまだ良い方で、また1つ、更に1つと重なってきます。頭の中で整理するのにも疲れは増幅します。この1ヶ月間ほど頭の中はそれらのことでいっぱいになっていました。常にそうなのですがハードのことも全く分かりませんしソフトについても同様で、手のつけようがありませんでした。偶然を狙って、表示される画面に示されている諸々の機能を虱潰しに扱ってみたりもしますが、時間の無駄です。「ヘルプ」で探したりネットで検索したりはいつものことですが、それでも理解は不可能で今回もとうとう、アプリ開発会社へメールを入れました。相手は紳士的な会社なのでしょう、翌日には返事を戴きました。そして作業の手順を記してありましたので、それに忠実に従って作業を進めました。多くの段階を経なければならない作業でしたが何と、1回で成功に至りました。それによりその件は心の澱(おり)が一気に、完全に消え去りました。ところが、別にも抱える問題が控えています。昨日中に文書を郵便で発送したく思い作業に取りかかったのですが、何の問題もなく進んでいた機能がまたまた、突然、動かなくなりました。どれだけ試みても回復はなく仕方なく別の方法で余分な時間と労力を費やして作り上げ、投函だけは済ませました。発症の原因はプログラムの自動更新にあったのではないか、と想像していますが分かりません。「ブツ、ブツ」の独り言が今後も頻繁に発生し続ける筈です。
コメント

喜寿祝 事務作業いよいよ大詰めへ

2018年10月07日 | ブログ
喜寿祝の出席負担金払込みの締め切り日が目前となりました。当初の問い合わせで出席と答えた人へお願いしたものですが、約92%に当たる人からは入金がありました。残りについては期限を待たねばなりませんが、この段階でキャンセルや新しく出席を申し込む人が出てきました。キャンセルの方は病が発見されたとのことですが、参加申込みは早い段階でされていましたので欠席せざるを得なくなられたことは極めて残念だろう、と推量します。この会が私達の人生最後の大きな同級会となるかも知れませんので尚更です。前者には納めて戴いた会費を返金しなければなりませんし、後者には先に出席申込みの全員に送付した資料を送らねばなりません。会開催に係る経費は皆さんからの出席負担金だけが財源ですので、返金については費やした経費を差し引かざるを得なく(勿論、それは実費のみに限ってはいます)、少し気の毒になることもありますが致し方ありません。また、新規に出席を申し出られたケースでは、一度終了した作業をまた繰り返すことになり“気合い”が必要です。相撲でいうなら「仕切り直し」というところでしょうか。そのことにより本番までの事務作業日程を少し組み替える必要も出てきました。人皆それぞれ事情がありますので全てが順調に推移していくことは珍しいこと、否、あり得ない、と言った方が正しいかも知れませんし、この年齢になれば尚更のこと、こういう状況が出現することは容易に予想出来ることです。会が会だけに期限を過ぎたから受け付けない、ということは出来ません。準備中といえども胡座はかけません
コメント

続 K氏からの便り

2018年10月04日 | ブログ
K氏から、昨日このブログに掲載した写真についてその説明を戴きましたのでご紹介します。ただし、原文には簡略化された漢字があったり私のPCでは引き出せない漢字があったりしましたので、それらについては原文の侭ここに転記させて戴きました。日本でも使われている熟語については日本の漢字に置き換えました(私の推量で)。
・濁流の写真について
  この場所は長江「楊子江」の上流「金砂江」の「虎跳峡」と言い、雲南省の北部で有名な観光地「大理」麗江の北でシャングリラ市に属します。この渓谷は「長江」で川幅が一番狭く、虎が飛び越えるほど、と云われています。上流から十分多い江水がこの狭い峡谷を通るとき、千軍万馬の勢いで丸木橋を奪い取るように流れますので、写真のような恐怖を感じる状態になっています。

・棚田のような写真について
  この写真は普通の棚田じゃなくて、塩田といいます。チベットの「澜沧江」という川にあり海抜2400メートル、地下に塩水が自然に湧いてチベット人が塩水を引いてこの棚田みたいな「塩田」で太陽の光により自然乾燥させて塩を取ります。1300年間の歴史ある塩田です。今も伝統的な人工方法で塩を取っています。ここでの塩がチベットの人と牛羊にとっては欠かせないものとなっています。

・新しく届いた写真です
  ここはラサ市の東北220キロに位置する「纳木错」という湖です。チベット高原にあり言葉にできない美しい湖です。


コメント

主夫にとっての月替わりの初日は・・・

2018年10月01日 | ブログ
今日から10月、いよいよ油断できない月を迎えました。アサギマダラが、果たして・・・の時が近いからです。例年なら2週間ほど過ぎてからの現象だと思いますが自然のことはどう変化しているか分かりませんので油断は超(蝶)大敵です。1日に何度も、しかも毎日、観察をし続けてみます。ところで、月替わりの初日は私にとってはただでさえ処理すべき事柄が増えるうえに、その日が月曜日であれば加わる作業が数多です。起床して直ぐは先ず、神様の榊替えと水神様供えの米、塩、酒の交換です。燃やすゴミや生ゴミを出したり、翌日の資源ゴミ出しの準備をしたりし更に、炊飯の日であったりすればそれらにも対応しなければなりません。松への米のとぎ汁散布もあります。お茶用の湯沸かし作業もあります。部屋のカーテン開け、門扉開けも待っていますし、PCを立ち上げて受信メールの確認をすることも必須です。概ね毎回、作業の順序は決めていますので円滑に推移していきますし、私が自ら進んで取り組む事柄ですので負担感はありません。認知症予防に幾ばくかは役立っているかも知れません。
コメント (2)

そこまで「平等」でなくてもよいのに

2018年09月30日 | ブログ
私が白内障の手術をしたのは昨年です。それからというものは満足いく視界が広がり快適な日々が送られていました。しかし、何時の頃からか左目に不具合が生まれて視力が落ちてしまいました。症状としては白内障のようなものでした。再度、手術を受けなければならないか、と思いつつも医院を訪れる機会を作らずに過ごしていました。ところがその後、何故かその左目視力は手術直後のように元に戻りました。エッ、と感動しましたが、それと引き替えに今度は右目にそれまでの左目と同じ異常が発生しました。今もそれが続いています。一体、どうしたのでしょうか。何もそこまで「平等」を追い求めなくてもよいのに。左と同じようにいつか、自然に回復するのか期待はありますが・・・。
コメント

パン焼きが200回目に達しました

2018年09月24日 | ブログ
昨日、遂にパン焼きの回数が200回目となりました。機器購入から約1年4ヶ月です。途中、ジャム作りに利用したり餅搗きに使ったりもしましたが、それは1回限りでしたのでパン焼き専門にしていた、と言えます。機器導入当初はレシピに載せてある色んな食パン作りに挑戦しましたが、結局は“基本的”食パンが1番美味しいように感じて、この数ヶ月間はそれだけに限って焼いています。具材を入れたものはパンの大きさも1.5斤以下に限定してありますし、ナッツ等の固い物を混ぜますとパンケースの内側や羽根に施してある加工が剥げて焼き上がりのパンの取り出しに苦労することにも繋がりましたので、現在は遠ざかっています。焼き上げたパンはそれだけでも充分に美味しさを堪能出来ますが、私用に作った場合はバターを規定の2分の1にしていますので若干、美味しさが劣るようにも感じています。自分で作った桑の実ジャムを載せることが屡々ですが、糖分の摂り過ぎが要注意です。

暑さ寒さも彼岸まで
23日、浴槽に浸かりました。前日まではシャワーのみで済ませてきましたが、季節の移り変わりが私にも変化をもたらしました。41°Cの湯に浸かって鬱陶しさ、不快さは全くありませんでしたので気温がやはり、それなりに低かったのだと思います。

存在感
生活感溢れる光景に包まれて真新しい郵便ポストが設けてありました。

コメント

諦めながらも悔しさが・・・

2018年09月19日 | ブログ
草取りをするときラジオを聴くことも屡々ですので携帯ラジオを用意しました。やがて電池が切れるかも、と思い予備に単3電池2本をズボンのポケットに入れました。ポケットの深さはかなり深いです。草取り作業後、汗でジュックリとなったシャツと泥で汚れたズボンを庭に設けている洗い場で洗濯しましたが、脱水は洗濯機を使用しました。ところが、あまりにも水を含んだズボンが重すぎたのか洗濯機が作動しませんでしたので、それのみを取り出して屋外に持って行きました。脱水は2枚のシャツを処理し終えました。ズボンも加えた3点を乾燥させる為、屋外に吊しました。その時、電池の事を思い出しましたが、スッカリ忘れていたのです。ポケットを探りますと1本だけ在りました。あと1本がありません。ズボンを脱いだ場所、水に浸ける前に置いた所、洗濯機の中、水に浸けた後に置いた場所、移動させた折の動線などなど、考えられる場所を徹底的にしかも何度も、目を皿のようにして探しましたが見つけ出すことができずにいます。カメラで使用した後の電池でもありそれ自体に対する惜しみはないのですが、見つけ出せないことの悔しさが除ききれません。草取り作業中にポケットから飛び出すことは考えられないのですが、脱いだ後の私の動きに関する場所では発見出来ないことから考えますと、そう、捉えざるを得なくなりました。もし、そうであれば電池は積み重ねた草のゴミの中、万事休す、です。
コメント

実態を見ていない怖さ

2018年09月17日 | ブログ
たった一言が土台からその人への信頼を崩してしまうことがあると思います。誰でも言葉を口にした直後「しまった!」と反省することはあるでしょうし、その場の雰囲気や流れでそうなってしまうこともあると思います。しかし、普通の人の場合は仮に意に反して(?)その状況を作り出してしまっても大した問題ではなく過ぎ去ってしまうのだと思います。ところが、何かの専門家を標榜して世間に名前が通っている人達や社会に名を知られている人達に関してはそうはいかないかも知れません。そういう人達が発せられたたった一言がその人の信用を土台から崩して仕舞うことになりかねません。そしてそれはその人のその後を左右することになるかも知れません。先日のラジオ番組に登場されていた天文に詳しい女性の方(「夏休み子ども科学電話相談」の方とは別)は正に、そのものだったように私は思っています。天文に関する色んな知識を説明しておられましたが、進行役の女性アナウンサーが「それは月の右に見えるのですか、左でしょうか」と素朴に問われたことに答えられることができませんでした。内容は実に単純で、実際に空を観たのであれば直ぐに答えられるものです。想像しますに、実際を見ず、実態を把握せずに机の上だけの勉強で過ごしてこられたのではないかと思わざるを得ません。その人自身が相当のショックを受けられたのではないでしょうか。周囲からの信用もなくされてしまったのではないか、とも想像します。もう、何十年も前になりますが、やはりラジオ番組にレギュラーとして出演されていた男性がご自分の職業に直接関係する分野で使用されている曲名をご存じなかったり(その時はアナウンサーの方が支えられました)、TVの人気娯楽番組では女優が、一般的に誰でも知っている架空の人物の名前を告げるべきところを別の人物の名をあげたりされたことがありました。更には、これまた一般的によく知られた四字熟語を正式の場で訓読みされる国会議員もおられました。話しが少し、本題から離れてしまいましたが、現実、実態を把握することは物事の基本だと思います。

 昨夜の月 月齢 6.4





コメント

どこが、どうあってもいけない

2018年09月12日 | ブログ
年齢が進むと身体に色んな症状が出てきます。暫くの間は、やがて治るだろうと耐えていてもそれは希望に過ぎず、結局は医療機関を訪ねることになります。しかし、その結果は加齢によものとの診断で終わり薬もありません。考え方次第ではその程度で済んでいることは有り難い事でもありますが、日常生活ではそれらの症状は気になり続けます。そのことは何も人の身体に関する事だけの問題ではなく家屋についても言えます。私の家ではずっと以前から発生していた4点の問題を抱えていました。内3件は水道に係ること、あと1件は先にも書きましたドアのことです。前者では1件は全く水が蛇口から出ない、1件は水の出が風前の灯火、1件が水が出ずお湯が出る、というものでした。これからは冬に向かいますので最後の件はそのままでも良い、という考えもありはしましたが、やはり、本来の機能を保っておきたい気持ちが勝りました。ドアの不具合についてはその修復に私が何度も何度も挑戦して叶わなかったものです。ドアを柱に取り付けてある蝶番2個の内の1個に問題があり、それも僅か3個のネジの問題であることは分かっていました。しかし、そのネジに与えられている役割を私が理解出来なかったのです。遂には大工さんにお願いしました。全件、解決して戴きました。温水しか出なかったのはセンサーが鈍くなっていた為、1滴の水も出なかったのは水道管内に錆が溜まっていた為、風前の灯火の分は水出し量を調節するネジが締まる方向へセットされていた為でした。ドアの蝶番も調整して戴きました。その後は、気がかりになる対象がなくなりスッキリした気分で過ごせるようになりました。絶対に修理しないといけない、とまではいかなかった事柄ですが、やはり、不便さは存在していました。
コメント

フジバカマが、何かおかしい

2018年09月08日 | ブログ
黄信号が灯っている感じです。移植元の場所に残したフジバカマは何故かその殆どが枯れています。否、全滅に近いです。隣家のエアコン屋外機が排出する温風のせいかとも思いましたが、どうもそうではないかも知れません。何故なら今年移植した先のものも一部枯れたからです。しかも、その新天地での異常の範囲がまだ広がりそうな気配にあります。そして更に危惧されるのはその大切な場所での全体が正常とは思えない様子を呈しているからです。丈が高すぎるようですし、成長しすぎ(それが正解かどうかは分かりませんが)ではないか、との思いがあり花となる部分も色が悪く葉も縮んだようになっています。ネットで調べてみましたがそこに記載の病気には該当しないように捉えてはいます。地植えしたフジバカマは日当たりの良い場所、3日ほど降雨がないときに水遣りをするくらいの育て方でよく、特別に手を加える必要はないという説明だと解釈しました。では何故、黄信号と思える状態になっているのでしょうか。来訪まであと1ヶ月となったこの時期ですので期待だけでなく不安までが増してきています。
コメント

嬉しがらせ~て泣かせて消えた~~ ♫

2018年09月07日 | ブログ
突然使えなくなったPCアプリ、どうしても納得いきません。何もしないのに何故、急に機能を停止してしまうのか。当該ソフトの販売会社からは、「OS更新時に我が社としても確認作業をしているが問題はなかったし、お客さんからのトラブル報告もなかった。従って貴方のPCでの固有の問題だと思われます」との回答を戴きました。私はそれはそうかもしれない、と思って納得しています。それにしても、当該アプリのロゴのみ表示されることが不思議でなりません。色んな項目を表示させてどれかが解決に導いてくれはしないか、と挑戦し続けてきました。そして今朝、思いついたことがあります。それは古い方のPCに当該アプリをインストールし、それをUSBメモリに移して新しいPCへ導入する方法でした。最初は旧PCの働きにも首を傾げざるを得ない表示がでましたが、再度試しましたら順調に作動していきました。アプリが入ったUSBメモリを新しいPCにセットし、該当するプログラムフォルダーに収めました。順調でしたしスタート画面にはショートカットも作りました。いよいよ、そのショートカットを使ってアプリを開きますとそれまでそのアプリのロゴしか表示されてこなかったものが、次の作業ができる画面が出てきました。心は躍りました。成功したことで嬉しさに包まれました。ところがその後、一度画面を閉じ再びショートカットをダブルクリックしましたが、もとのロゴしか現れなくなっていました。嬉しがらせ~て泣かせて消えた~~ ♫ そのものです。
コメント

どうしても其処へ持って行ってしまいます

2018年09月06日 | ブログ
世の中には科学的に説明出来ない事柄が溢れています。方角が悪い、とか縁起が悪いとか云ったものは代表的なものでしょう。ただ、だからと云ってそれを無視し通すだけの勇気も在りません。不運に遭ったとき、「それはあの時、あのことをしなかったから」と、以前に実行しなかった(科学的に説明出来ない)事柄に結びつけること屡々です。今の私も、PCのDVDトレイが使用出来なくなったことについてその状況にあります。購入後、CD使用のアプリ導入で使った程度で、殆ど利用することがなかったそのトレイですが、にも拘わらず故障に至ったからです。先のブログにも書いたと思いますが、現在使用のPCは店頭に展示されていたもので従って販売価格が魅力的な程度までに引き下げてありました。購入後、トレイを引き出し、それを元に戻す作業をしたとき1回のみですが、何かに突き当たる感じがあり、その後もその状態は直りませんでした。私は店にその件を確認しましたが店頭展示とは無関係、と返事がありました。私は、店頭で客による「ためし」が行われていたことが想像出来たからです。完全に没と化した機能、いま、どうしても心に浮かびますのは店頭展示品だった、ということです。店頭展示と機械故障が結びつくかどうかは100%不明ですが、どうしても其処へ持って行ってしまいます。無駄だと分かりながらも頻繁にトレイ引きだしボタンを押して、超偶然を狙っています。ついでに、これまた機能停止した別のアプリについても執拗に超偶然を求めて挑戦しています。重要な喜寿祝の事務を控えていながらの「角を矯めて牛を殺す」に陥ることも考えられる中ではそれらの挑戦は大問題で「天に向かって唾を吐く」「墓穴を掘る」の感がないでもありません。
コメント

秋季 草取り大作戦

2018年09月02日 | ブログ
遂に又、草取りに着手しました。私のこの変質ぶりには自分自身、信じられないのですが、1度目に止まった、気になった草は放っておけなくなります。外気も一昨日の夕方はわりと凌ぎやすくなりましたので隣家の陰となった部分から始めました。先ずは境界に沿って進めることにしています。この後、当分の間、時間つぶし探しに苦労はありません。

成長が著しいフジバカマとハイビスカスロゼル、それにササゲ 
特定の場所は枯れてしまったフジバカマですが、その原因は不明です。ただ、全体としては順調に育ち移植時よりも遙かに増えているように感じています。紛れ込んでいる他の草は見つけ次第、抜き取っていますので見たところでは純粋にフジバカマの園が出来上がっています。花になる部分に何か、私は違和感を持ちますが知識も経験もありませんので判断しようがありません。あと1ヶ月強で、いよいよ、の時季が訪れます。果たしてアサギマダラはこの場所に気づいてくれるでしょうか。それぞれの写真を添えます。左からフジバカマ、ハイビスカスロゼル、ササゲです。 

  

スイフヨウが花をみせる場所
1日に2、3輪といった程度ですが今のところ公道に面した場所のみで開花が進んでいます。北側に当たる所ですので不思議に思っています。
コメント (2)