更なる ときめきを求めて!

「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

ブル-インパルス

2021年07月23日 | 日記
 真昼の熱い最中、オリンピックスタジアム近くの駐車場で、2時間近く待機。容赦なく照りつける厳しい陽射し。ようやく 西の空に現れた”ブル-インパルス” 期せずして拍手が沸きあがる。





 オリンピック開催の是非は、さておき、酷暑の時間を耐えられた自分の体力にも拍手。何とも熾烈な臨場感。感動❣  私には、この先二度と直接 ”ブル-インパルス”に接する機会は無い。 「誘ってくれてありがとう!」
 


 元同じロ-タリ-クラブの岡田ドクタ-。彼女は、5日ぶりに、仕事で敦賀ら戻ってきたばかりの強行軍。私よりかなり 若い。
 若い友人の存在は、自分を超える行動に結び着きます。
 
 東京体育館、オリンピックスタジアムの傍を通って、 最寄りの駅「外苑前」迄、足を引きずって歩く。遅いお昼は恵比寿。ランチの美味しかったこと。


コメント

面白い出会い❣

2021年07月21日 | 日記
 2ケ月に一回の割合で、開催される”新泡の会”は、8:00~9:30pm。一杯呑みながらテーマを決めて、話し合う気楽な会です。



 昨晩のテーマは、”私の大切な言葉”。帰りの電車で読んでいたPHPの中にあった、出会いの縁は、「必然は偶然の顔をしてやってくる」でした。この言葉を紹介しました。

 出会いと云えば、最近、変わった出会いがありました。行徳哲夫氏。”人間の本質は感性である”を主張されている哲学者。「きれいごとで生きるな!」

 人生は、出会いによって作られる。縁は自分から求めて作られるものではない。人智を超えた”計らい”によって与えられるものである。今、自分の目の前にある問題から逃げずに努力を続けることが縁を呼び寄せる。

 私、「殺したいほど、憎い人間がいます。人を呪わば穴二つと云いますし、こんな状況下 どう対処すればいいのでしょう。」
「その感情のままで良い!」明快な答えに、胸にストンと落ちる。




”棟方志功” 頂いた行徳氏の書。    朝、暗いうちから揮毫されるそうです。私は、読めないけど、エネルギ-が伝わってくる。



コメント

嬉しいご案内❣

2021年07月19日 | 日記
「エツ 達ちゃん⁉ 目元が、おばちゃんにそっくり」、長女の薫子が奇声を上げる。昨日、日曜日の朝日新聞に、記事と達ちゃんの写真。



 私共、昭和42年から5年間、越谷に居た時の、薫子の少し年上の幼馴染。余程懐かしかったらしい。新聞を、家族中で読み回しする。

 薫子は50年ぶりの顔合わせ。尤も私は、城南ロータリ-クラブのイベントに参加してもらったことがあるし、前後数回顔合わせもして、彼の生長ぶりは承知している。

 現在、不二製油社長・不二製油グル-プ本社上席執行役員。大変な出世である。
 縁ある人の活躍は嬉しい。私と、同じ大学の後輩。達ちゃんは、子供時分から穏やかで、優しかったとの印象をもっている。

 記事の内容は、2030 SDGsがらみで、社長の胸元にもSDGsのバッチがつけられていました。
 今朝、元城南ロ-タリ-クラブのO氏、来社。記事を見せる。「私も知っていますが、不二製油は立派な会社です・・・」

 気分晴れやかになる出来事
 

コメント

進化する建築物

2021年07月16日 | 日記
 シアトルにあるアマゾン本社ビルは球体型植物園。
人と植物が共存する最先端オフイス。
 

 アマゾン第二本社ビルはバ-ジニア州、アーリントンにあります。二重螺旋をモチ-フにしています。


環境を考慮した見事な建造物です。

”世界建築最新情報”と云うテーマでの講話。リニュ-アルから進化する工法・材料と、幅広く紹介頂きました。

雨露が凌げれば良い時代から、機能的・美観的・環境的に適った建物へと、大きく進化しています。

私どもの社屋も、丁度建造中。今、基礎工事の段階。竣工は来年7月の予定。若い世代で、デザイン等、かなり拘りを持って関わっています。


デンマ-クのカーボンニュ-トラル都市は屋上から緑のスキ-が楽しめる。


中国にあるこの建物は、亡くなったザハ・ハデイット氏の弟子。日本人の設計。



西新宿には29年に都庁を抜く260mの超高層ビル建設予定。



 
 帝国ホテルも建て替え予定。東京駅八重洲口側一角も大規模な開発がすすむそうです。鉄筋コンクリ-トの耐久は60年で、その時期が来ているということです。





 

神宮交差点でも

 
 街は目まぐるしく変わっていきます。人口が、激減する日本、受け皿を満たすエネルギ-はあるのでしょうか?
   
 今、 玄関チャイムが鳴って、アマゾンからの宅配便。到来物シ-ズン。殆どが、 アマゾン。一つは礼文島から「バフンウニ」。アメリカから、アイパッド。

  


コメント

お盆です

2021年07月13日 | 日記
  "明日ありと思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは  親鸞聖人"

 13日の今日からお盆です。
”お盆”は正式には”盂蘭盆”と云い、サンスクリット語「ウランバナ」の音写で、逆さまに吊り下げられるような苦しみと言う意味だそうです。
 お釈迦様の弟子・目連尊者の母親が餓鬼道に落ちて苦しんでいる時、7月15日に 高僧たちに供養してもらい、苦しみから救われたことから、お盆が始められたとあります。

 晴れ間をぬって、墓参りをしてきました。コロナ下、お寺に足を運ぶのも久しぶりです

わが家のお墓から望む本堂

 
元禄12年のお墓




 道路側にあったお寺のフエンスが取り払われて、雰囲気が変わって、新鮮な印象がありました。
 今まで木陰に隠れて目に触れなかった江戸時代、明和の大火災の供養塔に気づき、初めて手を合わせました。



 わが家では提灯を出し 改めて御先祖を供養しました。


コメント