更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

中南米・フオルウクローレから スペイン・フラメンコまで

2019年03月30日 | コンサート

  厳しい花冷えの中、30日は、テイアラ江東”に向かいました。甥の 明とその知人のフラメンコ&クラッシクギタ-・東日本大震災復興チャリテイーコンサ-トへの招待でした。

 

 スペインから中南米の曲まで幅広く聴かせてくれました。演奏の合間に、生前の祖父(私には父)のエピソードが語られました。「時代物が好きだった祖父と一緒に見た”鬼平犯科帳”や、・・・。祖父との想い出をイメ-ジして作った、これから弾く曲は,インスピレ-ション」。明治生まれの父は、男の子誕生を切望していたそうです。生まれてくるのは女の子ばかり。かなり失望して、夜の巷の彷徨に拍車がかかったようです。ところが、跡取りの初孫は、男の子・明。「宮川の小父さんが、明を宝物を抱くようにして・・・、老人クラブのみんなの畑に、私用の鯉のぼりを何匹も泳がせた・・・等々」。溺愛ぶりを示す様子を、私もご近所から聞かされていました。 遠い記憶が呼び覚まされ、不覚にも涙がでました。明の面影は亡き父によく似ています。酒が強いところも。

 

 今日は娘と孫がミシガンへ向かいます。しばしの別れ。

 

 見送りのできない孫に心を残しながらも、めったに会う事のない甥を選びました。ところがホ-ルで、思いがけず明の妹で私には姪に当たる由起子と、その息子に会うことが出来ました。兄(伯父)の演奏を聴くのは、二人にとって初めてだそうです。

 由起子とは、彼女の結婚式以来かしら?配偶者の仕事で、長くタイ、今はカンボジア在。姪がリクル-トの奨学金でカルフオルニアの大学へ留学する事になり、その用事で、三日間だけの東京滞在だそうです。宇宙天体 を、勉強するそうです。楽しそう。山口県の妹夫婦は、さぞかし会いたかったことでしょうが、このブログで我慢して! 夏には里帰りするそうですヨ。

 予期せぬ出会いは、スリリングでワクワク。ちょっとだけ抜歯の痛みを忘れました。

  

 

 

 

コメント (2)

過ぎたるは及ばざるがごとし

2019年03月28日 | 日記

 27000を超える歩数を”スマホ”が示していました。25日は、所属する従心倶楽部主催の「歴史散歩」。都営新宿線「東大島」から仙台堀公園を通って、門前仲町「富岡八幡宮」解散の6時間コ-ス。

       

  

 桜は3分咲きでしたが、道端の草花に心を寄せながら、私たち夫婦には 程よい運動 と思っていました。

              

 

 ところが・・・・

 春になると毎年のように私のもとにやってくる花粉症。何とか誤魔化し穏やかにお付き合いしていましたが、その日の夜は、大暴れ。翌朝早々に医院へ行って、咳止め、鼻水痰切り、抗アレルギ-剤を出してもらいました。

 昨日は残る上の6本を抜歯。治療中の仰向けの姿勢の角度に問題があったのか、脚が猛烈につる。歩き過ぎが原因❓  何とか無事終わって、化膿止に抗生物資2種類が処方。常用している薬2種類2錠→ 一気に(一時的とは言え)7種類7錠に!テレビで6種類以上の薬の服用は問題・・・。耳にしたばかり。25日の行動収支は完全に

 10ケ月前の昨年5月 連休時の三宅島一周は、今回より強行軍で時間も長かったのですが、血糖値が正常数値になる ご褒美がありました。侮れない所まで生きてこられたと,良き解釈をして・・・。

 

 

 

 

コメント

ふた昔になります。久しぶりの再会!

2019年03月26日 | 日記

 熱海の"起雲閣"でのライブを最後に20年間、全く消息のなかったレイ・アルフオンソ・正田 歌手&ギタリストから突然のご案内。懐かしさいっぱい。取るものも取合えず、目黒の会場へ駆けつけました。

 

 20年の間に、様々のことがありました。彼のフオルクロ-ルをこよなく愛した彼と同じ丑年生まれのN氏は既に鬼籍入り。アルフオンス氏の奥様のきみこさんも昨年3月お亡くなりになったとか・・・。今回は、メキシコの音楽の師と奥様を追悼するスタイルでした。”牛追い・灰・祈り・天国で待ってて待てて・トウクマンの月・・・” 

  

 

 ゲストは6歳にして,チュ-チヨ・デ・ヒメコ師のアルパ演奏を聴き、アカデミカに入門。日本でたった一人のアルパ奏者の今村夏海さんです。アルパは、音色がハープより強く、ラテンアメリカのフオルクロ-レで用いられる民族的な楽器を云います。演奏に引込まれました

 

 

  その昔、周囲の反対をおし切ってサラリ-マンからフラメンコギタリストに転向した甥、アルフオンソ氏からアドヴァイスを頂いたことがあります。

 吃驚したことに、「宮川 明」フルネ-ムでしっかり記憶されていました。短い人生、自分で納得した生き方をするのが正解と、(当時猛反対した私ですが)、今は私もそう思っています。30日は、聴きに行にいくつもりです。 

 

 

 

コメント

春爛漫・・・もうすぐ!

2019年03月24日 | 日記

  呑川暗渠沿いの爛漫の桜並木は、”吉野山の絶景に負けず劣らず私には、一目千両”です。サ・ク・ラ、綻んできました。咲いてきました。 

   

 

 

 わが家で一番の自慢はこの借景。3階の東と南方面は、季節が訪れるたびに、見事な春を演出してくれます。 

 昨日は、18歳から30歳までの若者を対象にした、ロ-タリ-の集まりが神田でありました。人生の春たる若人から一杯のエネルギ-をもらって、私も一緒にグル-プデスカッションで頑張ったのは良かったのですが、3時間30分の長丁場に、草臥れて19:30からの懇親会はパス。こんなことはつい最近までは、ありえませんでした。

 「エツ!森家さん行かないの・・・?」昭和9年生まれのボ-イフレンド(呑み友達)の怪訝な表情に一瞬申し訳ないような困ったような複雑な気持ちになりました。理由があるのです。素晴らしい桜の時季ですけど、今年は格別酷い花粉症に苦しめられて、寝不足です。クシュン

 

 

コメント

桜咲く

2019年03月22日 | 日記

 東京の桜開花宣言に、何となくウキウキ。半世紀以上の付き合いになる親友が"心療内科”に入院中です。84歳は、このまま寝たきり状態になっても不思議はない年齢です。このひと月、気がやすまりませんでした。

 「来なくていい。衰えた姿を見せたくない」と言う彼女を無視して面会に行ったのが、3月10日。恵方の神社のお札を届けるという口実で不意打ち。(*_*;吃驚りもあって、嬉しさも半分はあったのでしょう。涙を見せる彼女。普段の気丈な一面を知っているだけに、私も胸がいっぱいになりました。今回は予め連絡して、彼女の大好物の銀座王子サ-モンの「スモ―クサ-モンの切り落とし」を持って、孫と連れだって行きました。夕飯で食べて、力をつけて!!

 先回よりずっと元気で、一安心。この調子だと退院も近いとの印象を持ちました。桜も咲くし、これから良いことが続く事を信じて・・・。孫と手をつないで、ハッピーな気持ちで、家に向かいました。

 

コメント