更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

五観の偈

2018年01月30日 | 日記

 今日は私の誕生日。次女が一緒に昼食をしようと用意した三品。細やかな情緒に乏しい私。 娘や孫たち、亭主のお誕生日祝いをしたことは、久しくありません。

 私は、五黄土星、巳年生まれ。4歳の孫、亡き姑も同じ星です。三人とも、ある時期、ここ神谷町で生活を営んでいます。三者三様気の強いところも共通しています。ふしぎな因縁を感じます。

 明日は車を車検に出すので、車のあるうちに、ゴミを何としても片付けたい。神谷町近くで内装の仕事をして、ゴミを家の中に置き放しの亭主。何度言っても片付けてくれない! 品川の会社へ運び投棄するため、私は日中不在。次女の折角の好意、感謝して夕方に食する。長女は不在。印度です。

 五観の偈は、修行僧が食事の際に想念する反省と感謝の意の偈文です。禅宗の言葉です。私は三番目の ”心を防ぎ、過貧等を離るる・・・”が、心に響きます。貪りの心、瞋りの心、因果の道理のわからぬ愚痴の心で食事をしてはならない。私に一番欠けているところです。この言葉を自分に贈って、ささやかに誕生日を祝います。

 

 

コメント (2)

オペラ”ナヴィラの娘” 日本初公演!!

2018年01月29日 | 日記

 28日、日曜日は、東京文化会館に於いて、藤原歌劇団公演の”ナヴァラの娘”と”道化師”。応援している村田孝高バリトンの藤原歌劇団での初出演、彼の歌声、演技に胸が高鳴ります。会場は、2300席ぐらいありそう。客入りはどうかしら・・・。身内でもないのに気になるのだから、理代子さんの心中いかばかりかとお察しします。5階までありますが、ほぼ満席状態にひとまずホツ!

 

 村田氏は「ナヴィラの娘」、ガリ-ド司令官。初端からの舞台登場。圧倒的な存在感、役にピッタリ制服が良くお似合いで満足。出番も役どころも主役級。 「抑制された声が伸びやかに響き渡り素晴らしかった!」3階席の知人の弁。

それにしても出演者皆様は、どなたも実力者揃い。そんな中、力はつくのでしょうけど、頭角を表していくのは、大変なご苦労もあることと・・・。私も微力ながら、老骨に鞭打って応援させていただきます。せめてチケット協力をと、改めて・・・。

 終演してロビ-は人で溢れかえっていました。コバケンご夫人の桜子さんや桂由美さんの姿もありました。アツ!本宮寛子先生・・・お久しぶりです 。出演者の撮影禁止で、村田氏の勇姿が撮れなくて残念。

コメント

八面六臂

2018年01月28日 | 日記

 午前中から二つの用事を片付けて、いよいよ本日のお楽しみ、両国国技館へ向かう。地下鉄を降りたところで、国技館が分からず迷っている二人の異邦人。バングラデシュとエジプトからの旅行者。国技館まで私の拙い英会話で、国際交流??当日券はsold out. 一連の不祥事もなんのその、大相撲は凄い人気。外国人の姿もあっちこっちに見られる。

  

 マス席で、美味しい焼き鳥を食べて、ビ-ルを飲んで、「遠藤~!イケイケ―!!」大声を張り上げて、最高にリラックスできるひととき。優勝がかかる”栃ノ心”の取り組みに館内の雰囲気は最高潮。六年ぶりの平幕優勝。遠くグルジアからの苦節の歳月を経ての最高の瞬間。「おめでとうございます!」。

 

 今回こそ、”満員御礼”の垂れ幕が下がる瞬間を期待したものの、又見逃し。神聖なる土俵。四色房は青が青龍、赤が朱雀、白が白虎、黒が玄武と各方角の守護神を表しています。

その後、理代子さんとオリンピックセンタ-へタクシ-で駆けつける。3月伊太利亜で歌う「ミサソレ」の練習。充実した一日。お疲れ様!

 

コメント

「涙が出た・・・」、親友からの電話、

2018年01月25日 | 日記

 昨日は嬉しい日となりました。久しぶり、耳に懐かしい声。モシモシ・・・ 昨年春の事。故郷の同級生達の窓口と信頼していた、長い付き合いの親友と見解の食い違いが生じ、数ケ月絶縁状態になっていました。「あなたが体調不良で来れないのは仕方がない。でも貴方が行けなくても、森家のために、行ってあげて!って、クラスメイトにどうして言えないの!」と、私。彼女曰く「自分が行けないのに、行ってとは、私は言えない!」 大切な人が出演された広島でのコンサ-トへの誘いでの出来事。 

 彼女には、私はもう必要無くなったんだ!(`ヘ´) プンプン。周辺の同窓生たちの声。「あの二人、昔からしょっちゅう喧嘩していたから、ほっといても、今に仲直りするわよ・・・」 でも今回の断絶は長すぎました。

 その友達からの突然の電話。感情が一気に流れて、すっかり元の状態。小学校からの長―い時間の交流。今は広島と東京と遠く離れていても、溢れる想い出があります。私もホッ。友達「涙が出たよ・・・」

 ”そっくりさんに出たら?”水谷良重に似ていると言われていた時分の若い私、親友とのセピア色のツ-ショット。将来の夢を散々語り合いました。半世紀以上も昔。

 

コメント

何という矛盾!

2018年01月24日 | 日記

 "この世をば 我が世とぞ思う望月の欠けたることもなしと思えば " 

 昨日は、「日本の貧困問題」についての会合を終えて、芝公園から事務所まで歩きました。時刻は夕闇迫る逢魔が時。雪嵐の翌日とて、空気が冷たく澄んで 街が格別美しく目に映えました。 道長のこの歌が過りました。

  

 日本のGDPは、アメリカ、中国に次いで世界3位です。3年前までは2位でした。ところが反面、日本の相対的貧困率はOECD34ケ国中、29位、子供の貧困率は25位ということを知るところとなりました。相対的貧困者は、日本は6人に一人の割合を占めているとのことです。食糧支援か学業支援にすべきかも議論の的になりました。虐待、性犯罪等、子供の貧困の連鎖は、根底に容易ならざる問題を孕んでいます。貧富の差は、資本主義の本質であり、矛盾でもあります。日本は何処へ向かって進んでいこうとしているのでしょうか。

NPO法人を立ち上げ、出来るところからはじめようと言うところまで話が纏まりました。

 

 

コメント