更なる ときめきを求めて!

「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

充実のひと時

2022年05月23日 | 日記
” 高輪プリンセスガルデン・AMBIENTER”。品川駅から10分の住宅街の中にあるクラッシクな会場で、東京シテイオペラ協会の特別公演がありました。
 21日の港区は、昼過ぎからの突発的な激しい風雨で、出かけるのが躊躇されるほどの荒れ模様でした。




 
 私たち夫婦が声楽を習っている、杉原先生の出演とあって、行かないわけにはいきません。先生をはじめ 7名の実力派歌手たちの饗演です。聴きごたえある2時間30分で満足しました。




 

 会場に珍しいお顔がありました。ボイトレナ-の宮副先生。ひと昔も前になりますが、理代子さんを中心に 先生の運転で、イタリアは、ミラノからローマ、ナポリまで贅沢に観光旅行を楽しませて頂きました。

 出演者の丸山恵美子氏の関係でお見えになったとの事でした。彼女のカルメン・Havanera 圧巻でした。以前も一度、杉原先生の関係で、彼女の歌を拝聴する機会がありました。歌いっぷりの迫力に吃驚り、強く印象に残っている方です。
コメント

褒め言葉のひとつ?

2022年05月19日 | 日記
 「森家さん 肌がきれいね。張りがあって、皺もないし、美肌の秘訣は・・・」こんな嬉しい言葉をかけられる事が チョクチョクあります。

 昔から、色黒の分、肌の状態はソコソコでした。加えて、秘策という程ではありませんが、月に二~三回、プラセンタ・ビタミンC、オザグレナンの点滴を受けています。しかし あくまで健康が主たる目的。

 生来無精な私は、ロ-タリ-クラブを辞めて、メイクアップをする事が殆どなくなりました。顔の手入れは、日に一回の洗顔と、ロ-ションをつけるだけの いたってシンプルなものです。

一緒に点滴を受ける皆さんと


点滴会場に陳列してある見事な”マイセン”の品々。





ヒットラ-直筆の作品。優しいタッチと色彩が意外でした。




コメント

盛り上がる人生談義

2022年05月17日 | 日記
 目黒駅前のレストラン”銀座アスタ-”でのランチは数ケ月ぶり。
青山ロ-タリ-所属の三人と、弾むお喋り。



 目的は、86歳になる片木さんの 一年前から始めた長唄の発表会出演のお祝い。彼女は86歳。チャレンジ精神、スゴイ! 尤も彼女は花柳流の名取で、50年間、祐天寺・盆踊り指導者の実績があるので、長唄に親しむチャンスも多かった事と思う。
 一回り下の二人は、今は独身。貴重な時間を自分以外に使えないと、言い切る。配偶者の存在が当然で、ありがたく思っているのは高齢の二人です。

 四人 それぞれの人生談義が面白く、あっという間の2時間

 持ち寄りのお土産にも個性が出る。





 
 来月は一緒に温泉に行くことになりました。運転は西山さんで、決まり。


コメント

物言えば 唇寒し・・・

2022年05月15日 | 日記
 長女が橋本聖子国会議員の講演を聞いての印象から、”LGBTQ"についての親子論争に発展しました。

 LGBTQ  私は初めて知る言葉です。



 2021年 東京オリンピック、パラリンピック組織委員会の評議員会での森氏の失言から橋本聖子氏に委員長が代わりました。
「女性理事を4割と云うが、女性が多いと会の運営に時間がかかる・・・」が、問題発言と記憶しています。


 

 
 当時、公人の発言だから問題視されたぐらいに思っていたのですが、最近は”性の多様性””ジェンダ-格差”に関する言葉選びには、相当慎重にならざるを得ないようです。

 LGBT・性的少数者に該当する人⇒約10%  驚きです。染色体に農薬や食品添加物が影響を与えての数字?では、ないのかしらと・・・

 私は”男は男らしく、女は女らしく(これ自身問題発言)”が、良しとされる 世代に育ちました。休憩時間の教室では、「変態!・ホモ!・おかま!」といった言葉が、平気で飛び交っていました。
 私自身色が黒いので「ニグロ!」と揶揄われた経験もあります。こうした 負の経験が、人を成長させる要因でもあると、私は思っていますガ・・・?

 少数派の存在や意見、考えも尊重されるべきと思いますが、 どんな場面でも 少数派はあります。こんな考え方をする私は、完全に時代の落ちこぼれなのでしょうね。 
 余生は身を潜めて 静かに暮らします。




コメント

富士山ふもとへ

2022年05月12日 | 日記
  爽やかな五月晴れに恵まれた10日、11日で、数年ぶりに富士山麓の山荘に行ってきましました。自然が大好きな森家。電車→バスを乗り継ぎ、別荘の入り口から徒歩40分かけて やっとたどり着く山荘。 独りでも行ってくると云う 森家の気持ちを汲んでの、私の行動です。84歳を誰もいない場所へ出すことは出来ません。
 軽井沢や御殿場の洒落た別荘地より、野趣に富んだ裾野の別荘地の方が気に入っているそうです。




 わたしの運転に、煩くクレ-ムをつける長女の目を掠めての出発。東名高速は順調でしたが、10日に一度ぐらいしかハンドルを握らないので、無事 到着したものの かなり疲れました。
 連休明けの別荘地は静かで、若葉が瑞々しく この地に群生する三つ葉つつじが 今を盛りに咲き誇っています。



 
 空気の美味しいこと。ここでひと夏過ごすことも考えました。

ところが・・・・
 ガス栓や水道栓を開ける一作業が終わってホッとする暇もなく、床下で水の流れる音がする。管理人にチエックしてもらうと、水道管が経年劣化していて、床下を水道水が流れている。修理の必要ありとの事。元栓を閉めると水が使えない。今回の長居は無理。


取敢えず 家の中を掃除し、周りの雑草取りをする。

珍しい植物が目に留まりました。ざぜん草に似ている気もするけど、葉が違うような・・・?



 二日目は御殿場で人気のある”金時そば”を食べて、二の岡フーズで、ボロニアソーセージとスモ-クハムを買って帰宅。疲労困憊の一泊二日。

 これから夏~秋にかけて、何度か訪れることにしよう!その都度、運転のことで 長女との言い争いになることでしょう。
コメント