更なる ときめきを求めて!

「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

ショック!

2022年01月19日 | 日記
 若い頃は、腕相撲も強かったし、力があったのが自慢でした。ペットボトルの栓を開けるのは、もっぱら 私の役目でした。
 今朝の電車、車輛移動しようとドアを開けようとするが動かない。見知らぬ男性が開けてくださった。今まで、こんなことは無かった。80歳は、80さい。老いを実感させられる。ショック。

 昨夜は、8:00pmからの、アルコ-ル片手に、気ままなオンライン対話。テーマは”最も影響を受けた映画”。参加者12名は、ほぼ同世代。



 四国からの男性「東映全盛時代。悪が亡びて善が勝って終わり」。同感。私は、22歳まで山口県の地方都市・防府市で暮らしました。
東映、松竹、大映の映画館はありましたが、洋画を観るチャンスはありませんでした。
 観る映画は、チャンバラ。片岡千恵蔵、市川右太衛門、大友柳太郎・・・高校時代は、学校をさぼって、時代劇に夢中でした。

 日興証券入社試験、面接で「時代劇のどんなところが好きですか?」の質問に対する私の答え「勧善懲悪が・・・」に、試験官一同、何故か大笑い。生意気加減が面白かったのでしょうか・・・?
 回答の所為かどうか分かりませんが、私の高校生20数名の受験者から、たった一人採用されました。18歳の嬉しい出来事でした。

 日興証券初任給10500円(高卒)、国家公務員徳山社会保険庁 7500円、住友銀行9000円代。偶然、同じ日に採用通知が届き、親は堅実な国家公務員を強く希望しましたが、私は聞く耳持ちませんでした。

”マネービル”、 ”銀行よさようなら! 証券会社よ。こんにちわ!” のフレ-ズが流行っていた時代です。
 
 社会人になって、感動した映画は ”風と共に去りぬ”。最後の科白が、印象に残っています。
「Tomorrow  is  another  day  明日は、明日の風が吹く。タラへ行こう❣」

私の大学進学のきっかけになった言葉です。


コメント

神田明神 遅い初詣❓

2022年01月15日 | 日記
 15日の神田明神の境内は、未だ新年の参拝客で混雑している。





 天明氏主催の”本殿昇殿参拝と新年会”の集合は、隋神門 10:30。遠く神奈川や埼玉からの方もあり、時間通りに揃わない。

社殿前で記念撮影


 私は、お正月は菩提寺へお墓参りをして、其の後は、頂いた年賀はがきへの返事で終わってしまった。
神社へお参りしていなかったのが気になっていたので、今日のお詣りで、気分がスッキリ。

 日本には、神社の数 約8万5千、寺院は7万8千ぐらいで、参拝者数はどちらも同じぐらいだそうです。

 八百万の神様に手を合わせ、仏さまも拝む80年の私の人生に 矛盾はありません。

 新年会は そば酒房”笹陣”。天明氏と同じ名前のニゴリ酒”天明”の差し入れがありました。

ニゴリ酒天明を持つ天明氏


 個性的な人々の集まりが面白く、私は、昼間から屋久島の焼酎三岳のグラスを重ねてしまいました。勿論天明も。とろりと甘く大変な美酒。シ・ア・ワ・セ
コメント

芳醇なるいっとき

2022年01月13日 | 日記
 "小笠原伯爵邸”は、昭和2年に建造されたスペイン様式の館です。広大な敷地には、スペイン、アンダルシアの樹齢500年を超えるオリ-ブの古木をはじめ、様々な樹木が生い茂り 情緒あふれる空間をなしています。

 その小笠原長幹伯爵本邸は、2002年からレストラン”小笠原伯爵邸”に生まれ変わりました。スペイン人・料理長の拘りの料理はどれも絶品でした。 






 
  昨夕は、親しい友から招待され、贅沢な時間を楽しみました。食前のシャンパンは、ロータリでご縁の顔見知りのオーナ-の好意。


 たまにはこんな芳醇な時も、生命の洗濯になります。

 4年越しの裁判・棄却と云う形で結審を迎えた、私への慰労かしら?

でも、お気遣いなく。今まで縁のなかった裁判所も当事者として經驗できたし、司法の限界も見えて、良き学習・人生経験を得ました。
事実は、事実として残ります。告訴した相手の人間性も、当人が書きばら撒いたメールも存在し続けます。

ところで、
“視点・論点「人間が幸福になる経済」”の番組がありました。
Havingの経済=所有欲求と、Beingの経済=存在欲求。
 所有欲求のあくなき膨張をコントロ-ル出来ない古い資本主義が、地球温暖化、領土拡張を招き、留まることをしらない。
 人類滅亡は必至でしょうか? 今の平均的な日本の生活を続ければ、地球が2.6ケ必要と聞いています。百歳会総裁のワールドグレイトリセッションの言葉が脳裏を掠める。






コメント

理代子さん 綺麗❣

2022年01月11日 | 日記
 舞台上の理代子さんを見るのは、しばらくぶり。改めて 理代子さんの美しさを実感。

 昨日は、宝塚往年のトップスタ-古城都氏主催の”夢のジョイントコンサ-ト”。会場は、大船の鎌倉芸術館 私には初めての場所。立派なイベントホ-ル。



 舞台の理代子さん、とても高齢者とは思えない。キラキラして、透き通るような理代子さん特有の存在感にはオ-ラがあります! 健在ぶりが感じられてホッとしました。



 村田バリトンの歌声を聴くのも半年ぶり。声楽を習っている森家曰く「彼、益々力がついてきている。最初は声量が特徴だったけど、技術力がドンドン増している。進化し続けている!」
素人の感想。 岡目八目、コメントが的を射ているかどうか?

  
 私は、日焼けした精悍な村田バリトンのルックスが印象的でした。カッコイイ‼ 理代子さん 彼の声にひと声惚れと、仰っていたけど、一目惚れも、あったに違いないと・・・。





 
 オミクロン感染爆発の中、無事公演が出来て何より。

満ち足りて 後期高齢者カップルは、夜の東横線を、コロナを気にしながら、小声でお喋りしみながら家路にむかいました。
コメント

芸術文化 頑張って!

2022年01月10日 | 日記
  昨日は、コロナ感染拡大で、花柳会新年会 急遽日延べの連絡がはいる。時間ギリギリで”100歳会”に飛び込む。

 月初めは、ミリオンセラ-3年目の浮気”の黒沢博氏を中心に、前半の一時間は音楽のオンパレ-ド。
 ウクライナ人カテリ-ナは日本に来て13年。透き通る歌声が特徴です。
彼女が手にしているのは、バンドウ-ラ。ウクライナの民族楽器で日本の琵琶に似ています。昔は 主として盲目の方が弾いていたとの事、こんなところも、共通しています。



 次いで知里さんは、華奢な体形に似合わず”永久の人”他、迫力ある声で、三曲。若く見えるけど歌の世界に入って15年目になるベテランだそうです。




 残り半分・一時間は”不動明王”の話と、経済の実情についての話を聴きました。

 今日は、これから理代子さんと村田場バリトンの歌があります。夕食は、森家と久しぶりに外食の予定。


コメント