アイヌ民族情報センター活動日誌

日本キリスト教団北海教区アイヌ民族情報センターの活動日誌
1996年設立 

「埋蔵文化財」遺骨返還訴訟の意見陳述/ HTBノンフィクション『聞こえない声~アイヌ遺骨問題~もう一つの150年』

2018-04-28 11:13:18 | 日記

前回お知らせした遺骨返還訴訟での清水裕二さんの意見陳述の中に、ご自身が1950年代に生体測定・身体測定及
び身体表面の観察調査、さらに採血をされたという証言がありました(「コタンの会」のブログにも意見陳述が紹介されました)。身体測定や採血されたことはご本人から何度か伺っていましたが、悲しみと怒りを伴ったものでした。この測定や採血による研究はだれがどのような目的で行ったのかを調べていきたいと願いつつ、don-xuixoteさんのブログを見ると、その論文の推定が出来たとのこと! 

さらに、その血液は今も凍結されたままで「眠って」いる可能性があるとも・・・。本人の承諾もなく、研究材料とされ続けていく問題。これを放置している学者達の倫理を問いたい。

don-xuixoteさんは関連として、1964年のケンブリッジ調査隊によるアイヌ血液採取と東大研究者による1970年の公刊論文のためのアイヌ血液採取のことを書いておられます。

HTBノンフィクション 『聞こえない声~アイヌ遺骨問題~もう一つの150年』が4月26日深夜に放送され、録画したものを観ました。youtubeにも紹介されていましたのでお見逃しの方はどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=6&v=OFKedCVAS60

遺骨問題をわかりやすく説明しています。平取の遺骨返還に尽力されている木村二三夫さんの「本来であれば(遺骨返還の問題は)アイヌたちが踏み込む問題ではない。持ち去ったものたちがいろいろな段取りをして地域に還すべきことだ」と言われていたことに、本当にその通りだと思いました。北大側は相変わらず話し合いに応じず、裁判をしないと返還しません。旭川で返還訴訟を起こしているお一人が「盗んだ側が還すにあたってなぜ盗まれた側がこれだけ労力を使って裁判を行わなければいけないのか。時間的にも金銭的にも自らその代償を払ってまでもしていかなければいけないのか」と問うておられました。

盗掘と生体測定、採血、それらの無認可による研究(論文公表)という問題をどんどん世界に発信し、そのあり方を問う必要性を感じます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「埋蔵文化財」遺骨返還訴訟 ... | トップ | 「アイヌの血液を使い回した... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事