花邑の帯あそび
1本の帯を通して素敵な出会いがありますように…
 




presented by hanamura


「袋帯」について

6月は、結婚式の多い季節ですね。
親戚や、友人の結婚式によばれている人も、
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
結婚式にはぜひ、着物で出席したいですよね。

結婚式にはふつう、留袖や振り袖などの
礼装用の着物を着ていきますよね。
今回お話しする「袋帯」は、
その礼装用の着物に締める帯です。

「袋帯」は、前回の「丸帯」のお話しでも登場しましたね。
「丸帯」と同じように、金銀が織り込まれた
吉祥文様の柄で、豪華な帯です。
お祝いの席にふさわしい華やかさと、格があるので
結婚式にはぴったりな帯だと言えるでしょう。



「袋帯」の柄は全体に織られた「総柄」だけではなく、
「六通柄」と「お太鼓柄」と呼ばれるものがあります。
「六通柄」は、帯の表側の6割に柄があるものです。
「お太鼓柄」は、お太鼓部分と、前部分のみに柄があります。
この中で1番「格」が高いのは全体に柄が織り込まれた「総柄」の「袋帯」になります。

また、「本袋帯」と呼ばれる「袋帯」も「格」が高い「袋帯」です。
「袋帯」は、ふつう表地と裏地に別の布を用いて、
縫い合わせ、帯芯を入れて仕立てます。
しかし、同じ「袋帯」でも「本袋帯」と呼ばれるものは、
帯がもともと筒状になって織られているので、
両端に縫い目がでないものです。
この「本袋帯」を仕立てるときは、
開いている帯の下端を縫い合わせます。

「袋帯」を華やかに見せるもう一つの要素は、
「袋帯」ならではの帯の結び方にもあります。
そのため、「袋帯」は、他の帯より長めにつくられています。
その寸法は、巾が8寸2分~5分(32cm前後)、
長さが1丈1尺5寸(436cm)。
一方、ふだん着用に用いる「名古屋帯」の寸法は
巾が、8寸2分前後(31cm前後)、
長さが9尺5寸(360cm)です。

帯の中で最も華やかで、格のある「袋帯」ですが、
現在では豪華な柄行きの「袋帯」だけではなく、
モダンでシンプルな柄行きの「袋帯」も揃っています。
こういった「袋帯」は、お洒落袋帯として
小紋や付け下げなどにも用いることができます。



上の写真の「袋帯」は、とても珍しい生地を使っています。
その生地に用いられているのはコルク(!)です。
この「袋帯」は、お洒落袋帯の代表といえますね。

このように同じ「袋帯」でも、いろいろな柄行きがあり、
「格」も違うので、合わせる着物や、場所に合わせて揃え、楽しみましょう。

● 写真の袋帯は「帯のアトリエ 花邑hanamura」にて取り扱っております。

花邑のブログ、「花邑の帯あそび」
次回の更新は7月1日(火)予定です。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





presented by hanamura


「丸帯について」

「丸帯」という帯を知っている人でも、
実際に絞めたことがある人は少ないのではないでしょうか?

「丸帯」は、江戸時代に礼装用の帯として、
留袖紋付や、花嫁衣装に締める帯としてつくられました。
その多くが手のこんだ華麗な錦織で
吉祥文様が表現されています。
昭和のはじめ頃までは、礼装用の帯といえばこの「丸帯」が主役でした。

しかし、現在では礼装用の帯には「丸帯」ではなく、
「袋帯」を絞める方が多いですね。
この「袋帯」にはいろいろな柄行きのものがありますが、
礼装用のときには「丸帯」と同じように華麗な錦織で
吉祥文様を表現したものが使われます。



この「袋帯」と「丸帯」は仕立て上がりの寸法も同じです。
その寸法は、巾が8寸2分~8寸5分(31cm~32cm)、
長さが1丈1尺(417cm)です。

しかし、仕立てる前の帯反の寸法は違います。
「袋帯」の帯反の巾は、8寸2分~8寸5分です。
これは、名古屋帯や腹合わせ帯と同じ巾になります。
しかし「丸帯」の帯反の巾は、1尺8寸(約69cm)です。
「袋帯」の2倍近い巾の帯反なんです。
「丸帯」を仕立てるときには、この巾を半分に折り帯芯をいれて仕立て上げます。
そのため、仕立て上がった「丸帯」の両端を見ると、その片方が輪になっています。

そして「丸帯」の帯反には、全体に柄が織られていています。
現代の「袋帯」のように、「六通柄」などではなく「総柄」なのです。
また「袋帯」は、帯を絞めたときに裏側になる部分には、柄が織られていません。
しかし、「丸帯」は帯を絞めたときに裏側になる部分にも柄が織られているのです。

「丸帯」はとても贅沢な帯だといえるでしょう。
しかし、贅沢な「丸帯」は、「袋帯」に比べて、
たいへんな手間がかかり、帯を締めたときに重くなってしまいます。

そのため、おうちに「丸帯」があっても、
使われずに、眠っている「丸帯」も多いのではないでしょうか?

しかし、むかしにつくられた「丸帯」は、
高い技術を用いてつくられていて、
現代にはないような柄行きのものが多いのです。
おうちの中で眠らせているのはもったいないですよね。

そこで、「袋帯」と「名古屋帯」に仕立てかえてみるのはどうでしょうか。
ふつう「丸帯」の寸法があれば、
袋帯と、名古屋帯の2本分の帯をつくることができます。
仕立てかえるときには、「丸帯」を半分に切り分けて2枚の布にします。

また、むかし仕立てられた「丸帯」の帯芯は、
とても固くて重いものが使われています。
そのため、この帯芯を現代のものに変えるだけでも、
軽くなり、締めやすくなります。

帯ではなく、掛け軸やテーブルセンターに用いるのも良いですね。

豪華で贅沢な柄行きは「丸帯」ならではのものです。
この機会にたんすの中や押入れの中を探してみてください。

花邑のブログ、「花邑の帯あそび」
次回の更新は6月24日(火)予定です。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





presented by hanamura


若葉が柔らかな日ざしを浴びて輝く、
気持ちのよい5月末の水曜日。
鶴川にある染織作家さんの工房を訪ねました。
ここ2年半ぐらい懇意にしていただいている
中野みどりさんの工房です。

中野みどりさんは、紬を専門としている作家さんです。
1977年に宗廣力三(※1)さんに師事され、
独立してからも紬にこだわり続け、
30年以上も真摯に紬だけをつくり続けている方です。

中野さんの作品は各方面で評価されていて、
近年では立松和平(※2)さんが書かれた
「染めと織りと祈り」(アスペクト刊)にも
紹介されたりしています。

以前から、中野さんが織った紬を実際に拝見できたら…
と、思っていたところ、
丁度、この度ご自身の工房で展示会を開かれる
ということを伺ったので、
この機会にと思い、鶴川まで足を運びました。

中野さんの工房の名前は「櫻工房」といいます。
「櫻工房」は、小田急線の「鶴川」駅から少し離れた、
緑が多く、風どおしの良い閑静な住宅地にありました。

「櫻工房」と書かれた表札の下の呼び鈴を鳴らすと、
中野さんが、自身で織りあげた美しい紬の着物を着て、
出迎えてくださいました。



着物姿がごく自然に感じられる中野さんの後をついて、
さっそく工房の中に入っていくと、
そこにはため息のでるような美しい紬が
いくつも展示されていました。
中野さんのつくられる紬は、
草木染めされた絹糸の質感と深味のある色、風合いが織りなす
やさしい雰囲気を特徴としています。
すべてが絶妙に調和していて、
それはまるで自然がつくりだす美しい景色のようです。

草花や木、葉、山や空、海など、
美しい自然の景色が、さまざまな美しさを持っているように、
中野さんの作品も豊かな美を持っています。
色や質感の異なる数種類の糸で織り上げられているため、
無地のものであっても豊かな色や風合いを持っているのです。

織り合わされた数種類の糸をじっくりと見てみると、
中野さんが自然のつくりだす糸や色に対して、
いかに敬意を払って接しているのかがよく分かります。

「経、緯に節糸や、真綿紬糸を使って、糸の嵩高性を重視し、
数種類の糸を混ぜて織ることで立体性を出し風や体温を生かす―」
と、中野さんは話されました。

中野さんの作品は、“身にまとったとき”に
そのよさがいっそうよくわかります。
中野さんの紬は、
“寒いときには体温を保温し、暑いときには風を通す”
ようになっています。
その秘密は、どうやら糸のつくりにあるようです。
素材として選び抜いた糸で、身にまとう人に思いを馳せつつ、
祈りに似た気持ちも込めながら、織りあげていくのでしょう。
実際に中野さんの紬でつくられた単衣の着物を身につけると、
このままずっと着ていたくなるような心地よさを感じます。

中野さんの作品のように、
質の良い紬をつくるためにはたいへんな手間と労力を必要とします。
そのため、着尺分の長さであれば
「1年間では6~7反程度しかつくれない」
ということです。

しかし、手間と労力をかけ、誠実につくるからこそ、
中野さんの紬には豊かな美しさがあるのでしょう。
均質な糸でつくられた紬が数多く出回る現在、
誠実に質の良い紬を織りつづけていくことは、
繊細な技術と強い信念がなくてはできません。

中野さんは、手にした糸を眺めながら、
「地味でなかなか陽の当たらない世界ですが、
これから先もずっとつづけていきたいと思っています」
と、やさしい眼差しで話されていました。

中野さんの作品のような質の良い紬をつくり、残していくことは
未来に向けた大事な義務なのではないだろうか―。
そう考えながら、「櫻工房」を後にしました。


●中野みどりさんの紬は、
「かたち21」のウェブサイトに掲載されています。
詳しくは、そちらをご覧ください。
「かたち21」
http://homepage2.nifty.com/katachi/nakano.htm

(※1)宗廣力三(むねひろ・りきぞう)
1914年岐阜県生まれ。染織作家。地元の手紬の復興、縞や格子に絣を組み合わせた
幾何学文様、「どぼんこ染」というぼかしの濃淡を生かした独特の作風などで知られる。
1982年に国の重要無形文化財技術保持者(=人間国宝)に認定された。

(※2)立松和平(たてまつ・わへい)
1947年栃木県生まれ。作家。1980年に「遠雷」で野間文芸新人賞、1997年に『毒―
―風聞・田中正造』で毎日出版文化賞を受賞。
2007年に『道元禅師』(上・下)で第35回泉鏡花文学賞受賞。著書多数。

花邑のブログ、「花邑の帯あそび」
次回の更新は6月17日(火)予定です。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )





presented by hanamura


「角帯について」

「花邑の帯あそび」では、これまで種類の違う帯についてのお話しをしてきました。
これまでお話しをした帯はその形や仕立て方は違いますが、
全て女性が絞めるための帯でした。
しかし、男性が絞める帯も忘れてはいけませんね。

そこで、今回は男性が使う「角帯」についてのお話しをします。

「角帯」は、女性用の帯に比べ、細くて長い帯です。



その寸法は巾が2寸6分~3寸(15~19cm)、
長さが1丈5寸(398cm)です。
この寸法にとくに決まりはなく、
帯の締め方や体形によって、さまざまなものが揃っています。

「角帯」の仕立て方は「半巾帯」(※1)に似ています。
帯反を半分に折って縫い合わせ、帯芯を入れて仕立てます。
一方「博多織」のように、帯反がしっかりとしているものは
帯反の端をかがって縫い合わせます。

素材には女性の帯と同じように
絹や木綿が使われていますが、
「染め」のものより「織り」のものが多いようです。

締め方は、よく知られている「貝の口」の他にも
さまざまです。
しかし、どの結び方のときにも帯を「3重巻き」にするのがふつうです。

この「3重巻き」にする結び方は、
江戸時代に武士によって広められました。

江戸時代の取り決めの中には、
「武士は大小2つの刀をもつように」というものがありました。
そのため武士は、帯に刀を2つ差して
結ぶ必要があったのです。

まず2回巻いた帯の前に脇差(わきさし)を1本、
そして3回巻いた帯の前に太刀を1本差していました。

刀を差すために用いられていたため、
武士が締めていた角帯は、現在より巾が広めにつくられていました。

当時の武士にとって、帯はただ衣服として用いただけではなく、
武士にかかすことができない刀を身に着けるのに
必要なものでもあったのです。

男性が締める帯には、女性が締める帯にはない
「勇ましさ」があるんですね。

● 写真の角帯は「帯のアトリエ 花邑hanamura」にて取り扱っております。

(※1)5月25日更新のブログ「帯の種類-半巾帯-」を参照してください。

花邑のブログ、「花邑の帯あそび」
次回の更新は6月10日(火)予定です。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )