花邑の帯あそび
1本の帯を通して素敵な出会いがありますように…
 




presented by hanamura


「洗い」について

みなさんはお気に入りの帯や、
祖母や母からもらった思い出の着物をお持ちですか?
大切な帯や着物は長く、良い状態で使いたいですよね。

そして長く、良い状態で使うためには「お手入れ」が欠かせません。
呉服の「お手入れ」といえば、「洗い」にだすことが1番ですね。
季節が変わるごとに、愛用した帯や着物を「洗い」にだすと、
良い状態で長持ちさせることができます。

洋服の「洗い」といえばドライクリーニングです。
しかし呉服の「洗い」には、さまざまな方法があります。
「洗い張り」、「丸洗い」、「生洗い」、
そして「京洗い」と呼ばれるものもあります。
このさまざまな洗い方について、
知っているようで知らない事もありますね。

洗い方の違いが分からず、
呉服屋さんに言われるまま
「洗い」に出してしまっている人も多いのではないでしょうか。
花邑でも、よく「洗い張りとはどのようなことをいうのですか?」
というご質問をいただきます。

そこで悉皆屋さんに呉服の「洗い」についての
お話しを伺ってみました。
はじめに「洗い張り」と「丸洗い」について、質問しました。

『洗い張りは最高の加工、ドライ(丸洗い)は最悪の加工です。』

悉皆屋さんは、きっぱりと断言するように答えてから、
お話しはじめました。



『洗い張りというのは、お客さんから受け取った品物をほどいて、
それを一つにつないで洗うことです。
そのときに落ちない汚れは、染み抜き屋にだす
というのが昔ながらのやり方。
でも、今は染み抜き屋にだすと高いので、
だいたい洗い張り上がりでやっています。』

『丸洗いはドライと同じ。
和服工場で着物をドライ機に入れ、
薬品を使ってゴロンゴロンとやっています。』

『ドライをすることによって、
生地はどんどんやせて傷んでいきます。
けれど、着物をほどいて洗い張りをするとまた仕立てを
しなくてはいけないので、お金もかかるから
お客さんも嫌がるし、業者の人も好みません。』

『本当なら、ドライや生洗いを3回やったら、
今度は着物をほどいて洗い張りを1回やるのがベストです。
不思議ですけど、洗い張りすることによって、
生地は完璧に戻ります。』

ちなみに花邑でも、
帯に仕立てるための生地はほとんど「洗い張り」にだしています。
悉皆屋さんの言うとおり、
「洗い張り」にだした生地は、汚れが落ちるだけではなく、
生地そのものが蘇ったようになるんです。

その一方「丸洗い」は生地を傷めてしまうんですね。

長く、大切に使うためには、手間はかかりますが
「丸洗い」だけではなく「洗い張り」をすることが良いようです。

花邑のブログ、「花邑の帯あそび」
次回の更新は8月5日(火)予定です。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





presented by hanamura


職人さんたちについて

呉服のことなら「よろず受け賜わる」という「悉皆屋」さん。

今回は、「悉皆屋」さんに、
着物ができるまでのお話しや、
その作業を請け負う職人についてのお話しを伺いました。

『着物1枚をつくるための工程は、
山のようにあり、そしていろいろな職人が関わっています。』

「悉皆屋」さんはそう前置きをしてからお話しはじめました。



『身近なところでは染み抜き屋さん。
染み抜き屋さんにも、小さな机でコトコトやる染み抜き屋さんから、
和服ドライのような大きなお店まであります。』

『それから、洗い張り屋さん、湯のし屋さん、
染め物屋さん、糊屋さん、仕立て屋さん…。』

『お客さんから注文をいただいたら
まず、お客さんのサイズを確認して、白生地からつけていきます。
厳密にいえば、染付けが良く仕上がるように白生地を「湯通し」して
糊を落とし、それを「湯のし」仕上げして元に戻します。
目に見えないところですが、それが一番肝心なんです。
湯通しは原則ですが、加工賃を抑えるために
最近ははっしょているところも多いようですね。』

着物を反物から仕立てたことがある人ならば、
この「湯通し」と「湯のし」を頼んだことが
あるのではないでしょうか。

しかし、「悉皆屋」さんがお話ししたように、
呉服屋さんが湯通しを省こうとしたら、
注意した方が良さそうですね。

さて、訪問着などの柄がつながっている白生地は、
「湯通し」が終わると下絵羽屋さんに持っていきます。

『白生地は下絵羽屋さんで裁断します。
上がったら、それを模様師さんのところに持って行って、
藍花(墨)で柄を描いていきます。
そのときに「もうちょっとこっちに柄をつけてくれ」
「こっちを消してくれ」とお客さんと調整します。』

『そうやって下絵を描いたものを次に糊屋さんのところに持っていき、
染めない部分に糊を置いて行くわけです。
糊屋が糊を置いて、次に染め屋が地の色を染めます』

本当にたくさんの工程があるんですね。

『最初の染めの段階だけでこうです。』
「悉皆屋」さんは、そう言って肩をすくめました。

そして、現在の職人たちのお話しをしはじめました。

『しかし、この糊屋さんが、今みんな辞めてしまっています。
昔は余裕があったのでいい仕事ができましたが、
今は在庫がなくて余裕がないから白生地を仕入れたらすぐに染め、
すぐに売るという感じなので、いい仕事ができなくなっているのです。』

『というのは、糊は天候に左右される仕事です。
糊屋が糊を置いて、
次に染め屋が地の色を染めますが、
分業のため、直接つながりがないので、
急かされたりすると天気が悪くても染め屋は染めてしまいます。
そうすると仕上がりが悪くなってしまうので、
染め屋は糊屋が悪い、糊屋は染め屋が悪いと、
お互いの責任のなすりあいをするわけです。』

まとめ役である「悉皆屋」さんならではの視点ですね。

花邑のブログ、「花邑の帯あそび」
次回の更新は7月29日(火)予定です。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





presented by hanamura


「悉皆屋」とは

みなさんは、お母さまやお祖母さまからもらった
思い出の着物や帯をお持ちですか?
もしくは、ふんぱつして買ったお気に入りの着物や帯を
お持ちの方もいらっしゃるでしょう。

こういった大切な着物や帯は、
状態が良いままで、長く使っていきたいですね。
しかし、そのためにはきちんとしたお手入れをすることが必要です。

今回お話しする「悉皆屋」は、そのお手入れはもちろん、
呉服に関係することならば、なんでも相談にのってくれる
頼もしい人たちのことをいいます。

みなさんも、1度はこの「悉皆屋(しっかいや)」という
言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、その呼び名を聞いたことはあっても、
実際には「どういうお仕事をしているの?」と
疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

「悉皆屋」のお仕事は、日の当たらない地味な仕事なので、
知っているようで知らないことも多いですよね。

それならば「悉皆屋」さんに直接聞いてみようー。
ということで、花邑の帯教室では
この「悉皆屋」さんを教室に招いて、
『「悉皆屋」さんにお話しを聞く会』を催しました。

今回から何回かに分けて、そのときに伺ったお話しをしていきます。



『「悉皆屋」さんにお話しを聞く会』には、
花邑の帯教室の生徒さんが30人ぐらい集まりました。

部屋中に埋まった生徒さんをみて、
「悉皆屋」という仕事に対する
興味の深さを改めて知ることができました。

寡黙な「悉皆屋」さんは、
大勢の女性に囲まれ、恥ずかしそうでしたが
そのお仕事について丁寧にお話ししてくれました。

はじめに「悉皆屋」というのはどういう仕事をいうのですか?
と伺ってみました。

『「悉皆屋」とは、「よろず受け賜わる」ということで、
できてもできなくても、何でも引き受けるということです。
ちょっとはったり的なところがありますね(笑)。
デパートや呉服屋が注文を受けたものは、
たいていは悉皆屋に行き、
そこから、染め屋さん、染め抜き屋さん、洗い張り屋さん、
仕立て屋さんなどの各分業に回されるわけです。
それぞれ得意なことや得意じゃないことがありますから、
悉皆屋がそれぞれに適した仕事を回し、
一つの完成品を仕上げていきます。』

1枚の着物や1本の帯をつくるためにはいくつもの工程があり、
それらの作業は分業になっています。
その「まとめ役」をしているのが「悉皆屋」さんなんですね。

実は花邑でもこの「悉皆屋」さんに
だいぶお世話になっています。
帯にするための布を「洗い張り」に出したり、
藍染めの色落ちを防ぐために「藍止」に出したり、
布地を染めていただくなど、
さまざまなことをお願いしています。

そして、布の扱いのことで分からないことは
まず「悉皆屋」さんに相談しています。

「まとめ役」ということは、作業の工程だけではなく、
布の扱いなど呉服に関するすべてのことを分かっているということ。
「悉皆屋」は着物の「カウンセラー」のような存在でもあるのです。

花邑のブログ、「花邑の帯あそび」
次回の更新は7月22日(火)予定です。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





presented by hanamura


「兵児帯」について

これまで「花邑の帯あそび」では、
帯の種類についてのお話しをしてきました。
同じ帯でも、そのかたちや仕立て方の違うさまざまものがありましたね。
そして、今回で帯の種類についてのお話しは最後になります。

さて、最後にお話しするのは「兵児帯(へこおび)」と呼ばれる帯です。

「兵児帯」とは、ふだん着に締める男性用の帯です。
男性用の帯にはこの「兵児帯」と「角帯」(※1)とがあります。
「角帯」は、礼装用にも用いられるため、
その仕立て上がりはしっかりとしています。

一方「兵児帯」は、ふだん着用として考えだされた帯です。
その生地には縮緬、羽二重、木綿、メリンスなどが用いられていて、帯芯も入れません。

軽くてやわらかで締め心地が良いので、
着物だけではなく、浴衣にも用いられています。

「兵児帯」の寸法は長さ5尺5寸~9尺5寸(200cm~360cm)、
巾3寸~8寸(50cm~74cm)です。
「兵児帯」を結ぶときには、
この巾を3寸(10cm)ほどに折って2重巻きにします。



「兵児帯」は、もともと薩摩地方(鹿児島)のみで使われていた帯でした。
「兵児帯」の「兵児」という呼び名も、
若者のことを指す薩摩地方の方言なんです。

その「兵児帯」が日本全国に広がったのは幕末から明治時代のようです。
この時代は、西郷隆盛を中心とする薩摩藩士が
関東地方でも活躍していた時期でもあります。

この薩摩藩士の多くは洋装だったようですが、
日本刀を腰に差すために、服の上から「兵児帯」を腰に巻いていたようです。

この薩摩藩士の姿は当時の東京の若者に、
新しい時代の息吹を感じさせたのではないでしょうか。

とくに東京の書生たちの間では、
この「兵児帯」が大流行したようです。
そのため「兵児帯」は「書生帯」と呼ばれることがあるぐらいです。
この時代の書生たちも、新しい時代の息吹を感じさせる存在ですよね。

現在では「兵児帯」は男性だけではなく、
女性にも用いられています。
むかしは「兵児帯」といえば疋田絞りによる絞り模様がほとんどでした。
しかし、現在の「兵児帯」は、
柄がまったくない無地のものから可愛い柄をプリントしたもの、
先がレースになっているものなどさまざまに揃っています。

この「兵児帯」のように
帯は長い着物の歴史の中で、
その時代に合ったものが考案され、用いられてきたのです。

(※1)2008年6月3日更新のブログ「角帯について」を参照してください。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





presented by hanamura


「付け帯」について

いよいよ夏本番にむけて、陽の光が強烈になってきました。
そろそろ蝉の大合唱もはじまることでしょう。
しかし、この季節に着物を着るのは、すこし気合いが必要ですね。
せめて、着付ける作業が楽になると、
着物を着ていこうという気持ちが高まるはず。
そこで、今回のお話しでは、「付け帯」についてお話しします。

「付け帯」とは、胴に巻かれる部分とお太鼓部分を
分けて仕立た帯のことです。
まず胴の部分を体に巻いてから、
お太鼓部分をそのまま付けるだけなんです。
帯を結ぶという手間が減るので、
少し楽して着物を着たいときにはとても重宝します。

また、古い布を帯に仕立てるときは
「付け帯」に仕立てると長く用いることができます。
古い布は、布自体が弱くなっているので、
帯をぎゅっと結ぶときに布が痛み、裂けてしまうことがあります。
そのため「付け帯」にすれば、ぎゅっと結ぶことがないので、
布を傷めることもありません。



「付け帯」の胴巻き部分の寸法は、
巾4寸~4寸3分(15cm前後)、
長さ4尺2寸~6寸(160cm~174cm)です。
この巾は、このままの状態で巻きつけられる寸法になっています。
また、長さは胴に巻きつけたときに、
2重巻きができるように仕立てられています。

この胴巻き部分の両端には紐がとりつけられています。
「付け帯」を用いるときには、
まず胴巻き部分を2重に巻いてから、
この紐を結んで体に固定します。
ちなみにこの紐は、結んだ後で帯の中にしまえば全く見えなくなります。

胴巻き部分を巻いたら、背中にお太鼓を付けます。
お太鼓は、はじめからお太鼓の形になって仕立てられているものや、
帯枕までセットされているもの、
お太鼓の長さを調節できるものなど、いろいろな種類があります。

お太鼓部分を背中に付けるときには、
背中にお太鼓をのせて、
その下に帯枕を入れ、お太鼓の山をつくります。
そして帯枕の紐をしっかりと前で結ぶことで、
背中にお太鼓を固定します。
あとは、他の帯を締めるときのように、
帯枕を帯揚げで覆い隠して、
帯締めをしっかりと結べばあっという間に完成です。
とても簡単ですよね。

「付け帯」は簡単に帯を付けることができ、
崩れにくいので、1回「付け帯」を用いると、
はまってしまう方も多いのです。
ご年配の方でも「付け帯」ならば、楽に帯を締めることができます。

時には「付け帯」という便利な帯を活用して、
「絽」や「麻」などの夏限定の着物や帯を楽しみたいですね。

花邑のブログ、「花邑の帯あそび」
次回の更新は7月8日(火)予定です。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )