花邑の帯あそび
1本の帯を通して素敵な出会いがありますように…
 




presented by hanamura


爽やかな風が心地よい季節になりました。
初夏を思わせるような日が続いていますね。
冬のコートを脱いで、装いも軽やかになりました。
着物や帯を選ぶときにも、
涼やかな色柄のものに目がいきがちです。

そこで今日は、これからの季節にぴったりな
塩沢お召についてお話しします。

塩沢お召しは、新潟県南魚沼市地方でつくられている絹織物です。
南魚沼といえば、コシヒカリの産地としても有名ですね。
1年の半分近くが雪で覆われる南魚沼地方は、
その雪解け水が美味しいお米を育てます。

雪で育ったのはお米だけではありません。
昔はこの雪のために春になるまで農作業ができず、
女性たちは冬の間にひたすら布を織り続けました。
そして、越後上布や塩沢お召しといった
上質な織物が生まれたのです。

越後上布の歴史は古く、
縄文時代まで遡ることができます。
越後上布は、苧麻(ちょま)とよばれる、
この地方に自生している麻からつくられ、
細かなシボが特徴の麻織物です。



塩沢お召しは、その越後上布の技法を取り入れ、
江戸時代中頃につくられはじめました。
とくに徳川11代将軍家斉(いえなり)に愛用され、
お召し物にしたことで、
「お召し」という名前がつけられました。

その材料は、繭から最初に取り出される生糸を用います。
そして経糸には、1メートルあたり350回、
緯糸には1800回もの撚りを掛け、
織りあげた後に湯もみをします。

この湯もみのときに、
撚りの掛かった糸が戻ることにより
シボができ、シャリッとした風合いが生まれます。
また、蚊絣や十字絣といった緻密な絣文様が
この風合いを更に引き立てます。

シボのある生地は適度な張りがあり、
身に纏ったときには着崩れがなく、心地よく体になじみます。
そのため、単衣仕立てにしてその風合いを楽しむことが多いようです。

着て心地よく、見た目にも涼やかで品のある塩沢お召しは、
初夏を感じさせる日射しの下で軽やかに身に纏いたい着物ですね。

花邑のブログ、「花邑の帯あそび」
次回の更新は4月21日(火)予定です。


帯のアトリエ「花邑hanamura」ホームページへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )