花邑の帯あそび
1本の帯を通して素敵な出会いがありますように…
 




presented by hanamura ginza


まもなく春分ですね。
先日は、各地で春一番が吹き、
桜が開花した地域もあるようです。

暖かな陽射しに誘われて外に出てみると、
今日芽吹いたばかりのような、
瑞々しい新芽をあちらこちらで見ることができました。

春ならではのそうした光景を目にすると、
寒い季節がようやく去っていくのだという安堵感のようなものも沸いてきて、
寒さでこわばっていた顔もゆるんできます。

さまざまな木々が芽吹く
明るい春の山を指して
「山笑う」というように表現するのも、
うなずけるように思えますね。

今日お話しする植物「羊歯(シダ)」も、
この季節に芽吹くものが多く、
笑う山で多く見られる植物の一つです。
とくにぐんぐん育ち、生命力にあふれた姿は
俳句で「羊歯(シダ)萌ゆ」と表現され、
「山笑う」と同じように春の季語とされています。

羊歯は、ワラビやゼンマイ、ヘゴなどを含むシダ植物全般のことを指し、
その種類は約1万種にものぼります。
最古の陸上植物といわれ、
4 億 2000 年前のものとされる化石も発掘されています。

シダ植物は、葉の裏側に胞子嚢(ほうしのう)をつけて胞子をつくることで、
子孫を残す非種子植物です。
花や種子がなくても増殖する姿から、
霊草として扱われていた記録が世界各地に残されています。

古代の西欧では、目に見えないシダの種子を手に入れると
透明人間になれるといった迷信や
たいへんな力持ちになれるといった俗言も生まれました。

実際に、シダ植物は解熱や下痢止め、胃腸薬など
薬草として採取されることも多かったようで、
「魔法の草」ともよばれていました。

日本でも、羊歯は古来より繁栄や長寿を意味する植物とされ、
お正月に飾る鏡餅や、しめ縄などの飾りには、
裏白(ウラジロ)と呼ばれるシダ植物が用いられています。

「裏白」という名前は、葉の裏が白いことから付けられたようですが、
お正月飾りには「共に白髪が生えるまで」
という意味合いで用いられているという説もあります。

羊歯は文様としての歴史も古く、
平安時代の頃からモチーフとなり、
鎧や兜、甲冑などの武具にも羊歯の絵図が用いられました。
また、家紋にも羊歯が意匠化されたりしています。

「羊歯」という文字の由来には、
若芽がヒツジの角のように巻いている形をしているためという説や、
「羊」という象形文字がシダの形に似ているためという説、
長寿への願いを込めて齢垂(しだ)とよばれていたのが、
なぜかやがて羊歯となったという説など諸説あります。

それにしても、古来より羊が棲息してこなかった日本において、
「羊」という文字が何故用いられたのかは、とても不思議なところです。
その名前の由来には、シダ植物の不思議さも感じられます。

実際に、その不思議な生態に魅了されている人々も多く、
羊歯の研究は世界中で行われています。



上の写真は、大正~昭和初期につくられた絹縮緬からお仕立て替えした名古屋帯です。
たたき染めされた地の上に、のびやかなタッチで染めあらわされた羊歯の絵図からは、
太古の昔から生息する羊歯の原始的な生命力とともに、
神秘的でしなやかな力強さも感じられる意匠です。

上の写真の「叩き染めに羊歯文様 型染め 名古屋帯 」は花邑 銀座店でご紹介中の商品です。

●花邑 銀座店のブログ、「花邑の帯あそび」次回の更新は 4 月 3 日(木)予定です。
帯のアトリエ 花邑-hanamura- 銀座店ホームページへ
   ↓



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





presented by hanamura ginza


啓蟄(けいちつ)迎え、
寒さの中にも、春の気配を感じる日が多くなってきました。
陽射しも春めいて、
少し前まで、道の端に塊となっていた雪もすっかり溶けました。

梅の花が見ごろを迎えた地域も多く、
各地で行われている梅祭りには、
春の香りを楽しみに、大勢の人々が訪れているようです。
また、桜の開花予報もだされました。

梅や桜のように、
季節限定の花を観賞するのも風情がありますが、
旬の食材をあじわうのも、
季節を楽しむ方法のひとつです。

「春の味覚」といえば、
蕗の薹(ふきのとう)や、せり、菜の花、蕨などの山菜が多く思い浮かびますね。
こういった山菜を口にすると、
口の中に独特の苦味が広がります。
この苦味には好き嫌いがあるようですが、
苦味が、冬の間に縮こまっていた身体を目覚めさせ、
新陳代謝を促進すると効果があるようです。

今日、お話しする「土筆(ツクシ)」も
苦味こそが身上といえる春の山菜のひとつですが、
かわいらしい姿から「つくしんぼう」とも呼ばれ、
俳句の季語にも用いられてきました。

ツクシは、初夏から夏にかけて葉を繁らす「スギナ」の胞子茎で、
川沿いや野原などに生えます。

スギナは、シダ植物の一種で、
刈り取っても生えてくる強い生命力をもっています。
冬になると、地表にでた葉は枯れてしまいますが、
土の中では根が生きていて、
春がやってくると、胞子をつける茎が地面から顔をだします。
この茎を「ツクシ」と呼んでいます。

ツクシ(スギナ)は、世界各地に自生している植物です。
ミネラルやカルシウムが豊富に含まれているため、
薬用などに用いる国もありますが、
食用として楽しむのは日本だけのようです。

平安時代に記された「源氏物語」の「早蕨」の巻には、
父も姉も亡くした中君の元へ
父の師である宇治山の阿闍梨より
蕨やツクシが手紙と一緒に届けられ、
中君が阿闍梨の心使いに涙を流す場面が書かれています。

ツクシが、いつの頃から食べられるようになったかは
定かではありませんが、
源氏物語が書かれたころには、
春の味覚として定着していたことが分かります。

また、この源氏物語では、ツクシのことを「ツクツクシ」と呼んでいます。
この「ツクツクシ」は、「突く突くし」とあらわし、
突き伸びることを意味しているといわれ、
ツクシという名前の由来のひとつとされています。

ちなみに、漢字で「土筆」とあらわされるのは、
土に刺した筆のような姿に由来しているようです。

江戸時代の頃には、
春になると、ツクシを販売する「土筆売り」がいたようで、
俳句にも春をあらわす光景として、
土筆売りが登場する作品がいくつか見受けられます。




上の写真の名古屋帯は、
大正~昭和初期につくられた絹布からお仕立て替えしたものです。
破れ地紙に、ツクシとスミレなどの春の野花があらわされています。
つんと伸びたツクシの絵図がかわいらしく、
おもわず微笑んでしまいますね。
朽ちて破れた地紙に配された野花の意匠からは、
過ぎ去っていく季節の儚さも感じられます。


※上の写真の名古屋帯は「花の帯展」でご紹介した商品です。

●花邑 銀座店のブログ、「花邑の帯あそび」次回の更新は 3 月 20 日(木)予定です。
帯のアトリエ 花邑-hanamura- 銀座店ホームページへ
   ↓



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )