花邑の帯あそび
1本の帯を通して素敵な出会いがありますように…
 




presented by hanamura ginza


梅雨雲が空に広がるすっきりとしない天気がつづいています。
晴れていても、急に雨となってしまう場合があり、
雨に降られないようにと、急ぎ足で家に帰る日も多くなりました。

どんよりとした天気の中、
商店街の軒下に巣をつくったツバメが
鳴きながらあちこちを低空で飛び交っています。
ツバメの巣立ちは、七夕の前後が多いようですが、
いつの間にかすっかり大きくなった雛をみると、
その日も近いように思えます。

七夕といえば、「織姫と彦星」ですね。

この「七夕伝説」は、
古代の中国でつくられたものと言われています。
その中国では、織姫は織女(しょくじょ)、
彦星は牽牛(けんぎゅう)という名前でよばれていました。

この七夕の時季に咲く朝顔は、
中国では「牽牛子(けんごし)」という名前だったようですが、
その名前は、七夕伝説に登場する「牽牛」に由来しています。
それは、開花時期が七夕と重なるということと、
花びらに星のかたちをした模様が見られるためのようです。

また、古代の中国では朝顔の種の芽になる部分に下剤の成分があるとされ、
薬用として用いられていました。

日本にこの朝顔=「牽牛子」が伝えられたのは、
奈良時代の頃とされていて、
遣唐使がその種子を薬として持ちかえったと言われています。
同じような頃に、七夕伝説も日本に伝わったようなので、
昔の人々はその名前の由来も含めて「牽牛子」を眺めたのでしょう。

ちなみに、「朝顔」という呼び名は万葉集にも登場しますが、
そのころは、特定の花を指した名前ではなく、
桔梗や蕣(むくげ)など、
朝に咲く美しい花のことをよんだものだったそうです。

「牽牛子」を「朝顔」とよぶようになったのは、
平安時代のころのようです。




江戸時代になり、武士や庶民の間で園芸が広まると、
朝顔の栽培が大流行しました。
江戸時代には、さまざまな花の品種改良が行われていましたが、
朝顔はその中でも多種多様に変化する花として注目され、
さまざまな朝顔がつくられるようになりました。

この時代につくられた浮世絵にも、
朝顔はたびたび登場し、文字通り絵に華を添えています。

江戸時代後期になると、朝顔は江戸のあちこちで栽培されていました。
その中でも入谷界隈に住む武士たちは競うように栽培し、
その美しさが評判となりました。

明治時代になると、
入谷では朝顔の栽培を植木屋が受け継ぐようになり、
この朝顔を見るために各地から人々が訪れたようです。

ちなみに入谷では、現在でもさまざまな朝顔が並ぶ「朝顔市」が
七夕の日をはさむようにして年に一回開催されています。

七夕の日に、朝顔市で「星」を眺めるのもまた、一興ですね。

●花邑 銀座店のブログ、「花邑の帯あそび」次回の更新は 7 月 10 日(木)
予定です。

帯のアトリエ 花邑-hanamura- 銀座店ホームページへ
   ↓



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





presented by hanamura ginza


いよいよ東京も梅雨入りです。
連日の雨で、傘を持つのも煩わしくなり、
どんよりとした雨の町を歩いていると、
気持ちも鬱々としてしまいそうですね。

それでも、どこかからか聞こえてくる嬉しそうな蛙の鳴き声や、
あちらこちらで咲き誇った紫陽花をみると、
この季節ならではの風情が感じられ、
鬱々とした気持ちに光が射すように思えてきます。

紫陽花は、英名で「水の容器」を意味する「Hydrangea」
という名前がつけられているのですが、
雨に濡れた姿をみると、その名前がしっくりくるような美しさが感じられます。
それは、曇り空の下で塊となった鮮やかな青色や赤紫色、白色の花の色が映えるためでもあるのでしょう。
とくに、白い紫陽花は清涼剤のような効果があるようにも思えます。

雨の中の白い紫陽花をはじめ、
暑い季節の白い色は目に爽やかで、とても綺麗なものですね。
白い色を装いに取り入れると、
そこだけ温度が下がっているような涼やかさが感じられます。

こうした「白色」についての印象は、
遠い昔から変わらないようです。

古代エジプトでは、白い色を穢れのない神聖な色として身にまとい、
死者を白い布をで包み、復活を願いました。
また、西欧では天使の衣装や花嫁衣裳にも白い色が用いられています。

日本においても、白は神聖な色とされてきました。
奈良時代 にだされた養老律令では、
白色が「天子の色」と定められ、最高の服色となりました。

この選定は、当時外国からもたらされた白い絹糸の美しさに驚嘆し、
貴重なものとして崇めたためともいわれています。

現代では、絹糸と聞くと白色を思い浮かべますが、
もともと、野生の蚕が吐く糸の色は黄色でした。
やがて、その蚕を人の手で飼うようになったことで、
白い糸を吐く蚕のみを集めて交配して、
改良を重ねていくことで、白い糸を吐く蚕を残したそうです。
また、麻の布も、もともとは生成り色なので、
日の光に晒すことで、漂白して白くしていました。

たいへんな手間をかけて「白色」をつくったものですが、
白色という美しさを得るためはもちろん、
美しい色を染めるためには、
まず布地が白色であることが必要だったのでしょう。

さて、平安時代の装束に用いられた襲の色目では、
この白色を用いたものがいくつもあります。
白と蘇芳色を用いて梅の花をあらわしたもの、
白と青(緑)を用いて初夏の緑と白い卯の花をあらわしたもの、
白と縹色(青)を用いて花をつけたススキをあらわしたもの、
白に白を用いて冷たい氷をあらわしたものなど、
どの色合いも白を用いることで、清らかさや透明感が表現されています。



上の写真は、白色の麻地に雀の絵図が墨書きであらわされた名古屋帯です。
ふっくらとした雀のかわいらしい絵柄ですが、シンプルな白色の背景が甘くなりすぎず、上品な雰囲気です。



上の写真は、白色の絽の地に、縦縞と花文様が染めあらわされた付け下げです。
白色の地の清涼感を引き立てるように、
控えめに配された縞や花の意匠からは、
すっきりとした印象の中にも、清楚なかわいらしさが感じられます。

梅雨が終われば夏本番ということで、
白色を装いに取り入れて、
気持ちだけでも涼やかに、暑い季節を乗り越えたいですね。


上の写真の「雀文様 手描き染め 麻 名古屋帯」「縦縞に花文様 友禅染め 絽 付け下げ 単衣」は花邑 銀座店でご紹介中の商品です。

●花邑 銀座店のブログ、「花邑の帯あそび」次回の更新は 6 月 26 日(木)
予定です。

帯のアトリエ 花邑-hanamura- 銀座店ホームページへ
   ↓



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )