ヌマンタの書斎

読書ブログが基本ですが、時事問題やら食事やら雑食性の記事を書いています。

軽空母かが

2024-04-19 09:15:55 | 社会・政治・一般

戦後、初めて日本軍は空母を持った。

これは戦前の日本の軍事的野心復活の顕れだと、一部のマスコミ様がお騒ぎになっていらっしゃる。なにせ全長300メートルの巨艦である。戦前のどの空母よりもデカい。

マスコミ様の軍事的知識の欠如は今更であり、むしろネタがあれば盛んに平和を守り、政府の軍事的冒険を諫める正義の味方面するのが大好きなだけ。どうせ報じるならば、もう少し正確、あるいは的確な報道をして欲しいと思う。

20世紀後半から今日に至るまでアメリカが軍事的覇権を握っていられる大きな根拠が空母艦隊である。一国の軍隊に匹敵する戦闘機を搭載し、世界中の国を威圧できる一方、空母自体は広い海を常に移動しているため、なかなか攻撃されにくい。

ソ連もフランスも空母艦隊の保有を計画したが、その膨大な建築コストと技術的困難さから断念している。コストはともかく技術的課題とはカタパルトにある。艦上から蒸気の力で戦闘機を空中に打ち出して離陸を助ける装置である。ソ連もフランスもこの実用化に失敗している。ちなみにシナはアメリカが先行している電磁カタパルトを搭載した空母を建築したが、上手くいっていない。

これはアメリカも同様で空母ジェラルド・フォードに電磁カタパルトを搭載して試行錯誤している最中である。このカタパルトがないと、空母の攻撃力は大幅に減衰してしまう。ただでさ重い戦闘機に爆弾やミサイルを搭載しているのである。陸上基地の滑走路でも1000メートル以上は絶対に必要だ。

しかし空母はせいぜい300メートルしかない。重たい戦闘攻撃機を離陸させるには、カタパルトで打ち出すしかないのが実情だ。そしてここが肝心なのだが、日本の戦後初の軽空母かがはカタパルトがない。つまり武器を多量に搭載した戦闘機は飛ばせない。

ちなみに搭載する艦上戦闘機であるF35Bは、垂直離発着が可能なのだが、垂直に飛び立つとすぐに空中給油機から燃料補給が必要となる。しかもF35はステルス機であるため武器は機内に収容される。重たい武器は搭載できない。

私がかがを空母ではなく軽空母と書くのは、カタパルトがない軽空母では重武装の戦闘機は活用できないからだ。では、なんのための空母なのか。新聞やTVといったマスコミ様は敢えて書かないようだが、真相はアメリカ第七艦隊の護衛が主目的だからだ。その任務は偵察及び警戒である。

ネットワーク機能を持つF35は、一機が入手した情報を瞬時に他の戦闘機などと情報共有が出来る。これはアメリカ軍ともリンクしており、文字通りの共同戦線を張ることが明らかとなっている。

つまり空母かがの登場は、戦前の日本の軍事的野心復活ではなく、アメリカ軍の補助戦力として前線に登用されることを意味している。だからこそシナは空母かがは専守防衛を逸脱していると批難する。それに追随する日本のマスコミ様は理解せずに批判するだけ。

日本のマスコミ様が批判的に報道するのは構わないが、もう少し適切に報道して欲しいものだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

曙関の死去

2024-04-18 11:04:09 | スポーツ

元横綱の曙が亡くなった。

若貴のライバルというよりも敵役としての扱いが多く、やもすると悪役的役割を担わされた感がある。まぁ日本人ではありえない異形の肉体だけに、下手すりゃ怪獣扱い。でも根は非常に真面目で、自分なりの相撲の確立に試行錯誤したが故に横綱まで上り詰めたと思います。

それでも上半身の強さに頼り過ぎた。あの長い手から突き出される突っ張りは、巨漢の大乃国ですら土俵外へ吹っ飛ばす。しかし、下半身が細く、重量感のある上半身を支えるのには足りなかった。結果的に膝を壊しての引退であるから残念だ。

膝を壊した格闘家は無残の一言に尽きる。しかも両足の膝だけに格闘技への挑戦は無理過ぎた。だからこそプロレスのほうが才能を活かせた。それでも自分なりのプロレスを身に着けるのには苦労している。

相撲引退後の曙は、負け試合が続いたので弱いと思われがちだが、私は間近に見た印象からすると、絶対に強いと感じた。あの上半身の分厚さと、長い両手はそれだけで強力な武器であり、威圧感は半端ではなかった。ただ膝のハンデは大きすぎたが故に、格闘技では勝てなかっただけだ。

もし三畳くらいの狭い部屋でやりあったら、大半の格闘家を圧倒できると思う。ちなみにプロレスラーで格闘技志向の強かった船木は、エレベーターの中でケンカになったら相撲取りが最強だと云っていた。あの肉体の圧に潰されて御終いだと私もそう思う。

ちなみに心臓疾患で亡くなっている。あの体つきでは仕方ないようにも思うが、彼が土俵に上がっていた時の存在感は別格であったと思う。その意味でも早すぎる死は残念ですね。

合掌。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ピアノコンクール

2024-04-17 12:28:28 | パソコン・インターネット

TVゲームというかコンピューターゲームには効果音だけでなく、ゲームミュージックと呼ばれる音楽が必要不可欠である。

多分、世界で一番有名なゲームミュージックは、スーパーマリオブラザーズのあの「タラッタラッタ、タン!♪」だと思う。実際、ゲームミュージックがないと、ゲームは酷く間の抜けたものとなる。

私は学生の頃からシューティングゲームが好きであった。これもゲームミュージックが良くないと、ひどく退屈なものとなってしまう。だからゲーム制作会社はゲームのシステムプログラミングや画像と同じくらい音楽に重点を置く。

有名なのは「ドラゴン・クエスト」のすぎやまこういち、「スーパーマリオ」の近藤浩治、「ファイナルファンタジー」の植松伸夫、「モンスターハンター」の小宮山優子と多彩な人材がゲームミュージックを作曲している。他にも多数いるが、その一人に東方プロジェクトのZUN氏がいる。

幻想郷を舞台とした数々のシューティングゲームを制作したZUN氏だが、実は本来はゲームミュージックの作曲家志望であった。実際、作曲が先で、ゲームそのものは後付けで制作することさえあったと本人が述べているほどだ。

実際、私も口ずさむほどに馴染みのある曲もいくつかある。そして演奏するのが難しいとされる曲もあるのだが、よりにもよってピアノコンクール、それも香港で行われたコンテストで東方Pの曲を演奏したピアニストがいる。

それがストリート系のピアノYouTuberとして知られるよみぃ氏である。一般部門に参加し、他の参加者がクラシックを演奏しているのをしり目に、東方プロジェクトの曲を演奏してしまった。審査員は皆、聴いたことのない曲に驚きを隠せないが、それでも耳を傾ける。

さすがに若い聴衆の中には、その曲がゲームミュージックであることに気が付いた人もいて、演奏中からニコニコとしている。私はよみぃ氏のピアニストとしての技量がどの程度なのかは分からない。ただ、かてぃん氏やはらみちゃんともコラボしているのは知っている。やはり絶対音感の持ち主であり、一度聴けば、それを再現できる才能の持ち主であることも知っている。

しかしクラシックピアノのコンクールで、ゲームミュージックを演奏するといった蛮行には驚かされた。なお、よみぃ氏は太鼓の達人というゲームの名人としても知られている。ゲームの大会での優勝歴もあるゲームマニアでもある。

なおコンクールの結果だが、よみぃ氏はなんと優勝した。まったく知らない曲の演奏者を優勝させた香港の審査員の度量には感服だが、それだけの演奏技術が伴っていたのもよみぃ氏の実力なのだろう。いやいや、面白い番組でしたよ。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

軍事的指揮権

2024-04-16 10:04:36 | 社会・政治・一般

見栄を張りなさるな、林さん。

先だって林官房長官が日米首脳会談に先立って、戦時の自衛隊の指揮権は日本政府にあり、アメリカの指揮下に入る訳ではないと発言した。

馬鹿なの?馬鹿なのか。

日本は政治的には独立国である。しかし、太平洋戦争でアメリカに敗北し、アメリカに支配されて以来、軍事的には従属下にある。だいたい、首都を外国の駐留基地に包囲されていて、なにが独立かといいたくなる。航空機の航路に関しても、米軍基地を大きく迂回するかたちでしか認められず、首都でありながら大回りしないと成田も羽田も離発着が出来ない。

日本の軍隊は、備蓄兵器(銃弾、砲弾、火薬等)についても10日分最大でも2週間分しか用意しておらず、米軍からの補給待ちを基本とした防衛体制を長年やってきている。戦闘機やイージス艦に搭載された敵味方識別装置はアメリカ製のブラックボックスであり、アメリカの意に背く戦闘は実質できない。

これを軍事的従属と云わずしてなんという。

実際、戦争になれば同盟国同士での意思統一が重要であり、日本の場合はアメリカの指示のもと、統一した組織として戦うことが最も効率的である。兵站はもちろん情報の共有化などを考えれば、軍隊の統一的行動は必然である。

第一、実戦経験皆無で70年以上戦争に直接関与していない素人が、独自の軍事行動をとれるつもりなのか。

まさかとは思うが、シナのハニートラップに引っかかったと噂のある林先生だけに、シナに向けて「日本はアメリカと共同戦線はやりません」と媚び売ったのかと疑いたくなりますね。まぁ実際は独立国としての見栄を張っただけでしょうけど。

追記 訪米から帰国した岸田首相も同様なこと言ってますね。中曽根や安倍を見習えといいたいです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

そしてミランダを殺す ピーター・スワンソン

2024-04-15 09:09:56 | 

表題の書を読み始めたのは、なんと3月初旬である。

文庫本一冊読むのに、これだけ日数をかけたのは初めてだ。理由は明白で体力の低下である。「ヌマンタの書斎」などと銘打ってはいるが、私の読書の場所の大半は通勤電車の中である。ラノベや漫画だと寝床で横たわって読むが、本格的な小説は電車の中で読む。

ところが心臓の機能の低下が著しく、今年に入ってようやく健常値の4割強である。しかも通勤電車は座っていくことを心がけているため、本の頁を開くよりも、目を閉じて半睡状態であることが多くなってしまった。おそらく近年痛感していた加齢による体力低下も災いしていると思う。

だからつまらないと判じた本はさっさと諦める。しかし、この本は面白かった。いや、体力のある頃ならば徹夜して読むだけの面白さがあると思う。残念ながら私は寝床で熟睡することを至上の喜びだと思っているので、意地になって電車内で読み終えた。

実に満足のいくエンディングも素晴らしい。書店で見かけたら、あるいは図書館でも良いのだけれど是非とも読んで欲しいと思う傑作です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする