超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入り口」 感想

2011-07-04 01:44:34 | アニメ





原作ファンとして映像化は素直に嬉しいですね。




とはいえ絵に関しては原作のが美麗かも(笑)。
うんまあその辺に関して言えば、武田日向の超作画には一歩追いついてない感じもしたけど
これはその内慣れるんじゃないかな、って思います。
展開に関しても原作のが若干丁寧な気がしますが
まあこれはこれで、って感じでね。

内容は原作の1話をそのまんまアニメにした感じなんですけど
この作品は結構異文化の違いを真正面から描いてるんですよね。
それは互いの流儀だったり
思想だったり・・・。
今回の湯音の形見の着物を捧げたのだって、日本で言うハラキリの精神というか
だからこそその自己犠牲の精神をクロードは理解出来ない訳ですけど。
そこはおじぎも含めてね。

でもだからこそ・・・二人が歩み寄るのがこの話の肝というか
個人的にはそう解釈しています。
父親の作った看板を壊されたり
溶け込めない様式美があったりとクロードも戸惑っているんですが
そんな彼の戸惑いを直に聴いても
湯音は黙って彼に奉公の精神を続ける。それはきっと彼女も同じように不安だから。
体は小さくても
それでも誰よりも他人の気持ちを理解できる少女。
それが湯音。
アニメはアニメで、そんな彼女の健気なキャラクター性は伝わったんじゃないかと。
後は面白いオリジナルに期待したい、って所ですか。
是非原作ファンとして期待させて欲しい!




そして原作も本当に素敵な作品なので
是非読んで欲しいって期待を込めて。
http://blog.goo.ne.jp/nijigen-complex/e/05be5561c00b03f6d52aa533d03b6b08

ちなみに湯音の声は少し想像と違ったけど、これもまた「馴れ」でしょうね。ここからのエピも楽しみです。



コメント (2)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« 日常 第14話「日常の第十四... | トップ | magico 1巻/岩本直輝 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
クロードが最初に思ったよりいい奴でした (きょむりん)
2011-07-08 21:41:24
前知識なしに何となく見たのですが、
湯音の可愛さ、美しさ、健気さに思わず引き込まれてしまいました。

>展開に関しても原作のが若干丁寧な気がしますが
僕も何となく1話にしては話が早いような気がしました。
個人的にはこの1話のエピソードだけで3,4話くらい使ってもいいんじゃないかと。
割とあっさり湯音とクロードの関係がいい方向に向いてしまったので、
ちょっと拍子抜けです。
あっ、でも湯音が看板を壊してしまってからのシーンは、
湯音を見てるこっちが泣きそうでした。

「何でもかんでも謝れば上手くいくわけじゃない」
確かに現実はクロードの言う通りです。
特にお金が絡む仕事はそれが顕著に出ます。
一度失敗すると、謝ったところでどうにもならず、
それで終わりということもあるのが現実です。
しかしそれでもまずは心から謝る。
そして自分にできうる最大限の行動で謝罪の意を表す。
湯音を見ていて、僕もひとりの人間として、
そうありたいなと思いました。

僕にとっても今期一押しのアニメになりそうです。
しかし絵も内容も原作はあれ以上なんですか!?
うわーどーしよー(笑)
それぞれに信念がありますからね (西京BOY)
2011-07-09 03:42:09
きょむりんさんこんばんわ~前期は電波女とあの花にコメありがとうございました。
今期もよろしければお付き合い下さい!


湯音は一見可愛いですが
責任の取り方とかは一人前ですからね。
その辺は大人顔負けであります。そんな湯音のキャラ性は私も大好きです。

>割とあっさり湯音とクロードの関係がいい方向に向いてしまったので、
>ちょっと拍子抜けです。
原作と全く同じに作れ、と言う気は全然ないのですが
個人的には分割にしてもう少し尺を使っても良かったかなー、と。

まあ基本的に原作は漫画として完成されてる感じなんです。
これ以上いじりようがない、ってくらいに。
だから「蟲師」みたいに完コピ目指すのもありといえばありなんですが。
何にせよ原作ファンとしてじっくり見守って行きたいですね。

>そして自分にできうる最大限の行動で謝罪の意を表す。
湯音の場合、自分の大切なものを引き払うって言う結構に大胆な行動に出ていて
保身に走らざるを得ない私としては中々真似できない大きな部分であるのは間違いないですね。
子供はもちろん大人だって中々簡単に出来る事ではないと思います。
そこまでしてくれて
初めてその謝る気持ちの深さにクロードは気付けたんじゃないかなあ。
何にせよ確かに見習いたいエピソードではありましたね。素敵でした。


感想も毎回頑張って書いていくのでよろしければご閲覧下さい。ではでは。

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

36 トラックバック

『異国迷路のクロワーゼ 』 第1話 感想 (シュミとニチジョウ)
さて始まりましたね。『GOSICK』第1話…というネタは多くのブロガーさんが書くでしょうから自粛。 え?自粛できてないって?ははは。…。すみません。
異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想 (crystal cage)
礼に始まり、礼に終わる。 →「異国迷路のクロワーゼ」公式サイト 異国迷路のクロワーゼ 第1話感想です。
異国迷路のクロワーゼ 第01話 『入口』 (こいさんの放送中アニメの感想)
何かまたGOSICKみたいなのが始まった・・・。と思ったらOPが世界名作劇場っぽい。日本人の女の子が、遠く仏蘭西に渡って来る話みたいです。赤い靴、履~いてた~、女の子~。異~人さんに連~れられて、行~っちゃった~。  童謡「赤い靴」が頭をよぎります。自分の...
新アニメ「異国迷路のクロワーゼ」第1話 (日々“是”精進! ver.A)
パリにやって来ました 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107040001/ 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.30 メディアファクトリー (2011-09-21) ...
異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 「入口」 (つれづれ)
 洋風の町並みに着物は目を惹きますね。
異国迷路のクロワーゼ The Anima第01話(新) 「入口」 感想 (KAZUの暮らし)
待望の作品がついにやってきましたね・・・ 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)』の一画にある鉄工芸店『ロアの看板店(アンセーニュ・ド...
異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 (SERA@らくblog)
19世紀のパリ『ロアの歩廊』、小さなジャポネーゼの湯音がやって着ました♪ 「ロアの看板店」のオスカーさんが日本土産とともに連れてきて。 店主のクロードはびっくりですねw  ▼ 異国迷路のクロワーゼ...
異国迷路のクロワーゼ #01「入口」 (AQUAを照らす月光)
嫁に伝えたい、教えたい、そんな感じの夏アニメ、異国迷路のクロワーゼ。 初っ端から優しい雰囲気が伝わってきますね。 あの感覚が私は大好きだったりします。 とりあえず、そんな感じで・・・アレですね...
異国迷路のクロワーゼ 第1話感想「入口」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
フランスに現れた、日本人形のような愛らしい少女・湯音。ここパリの商店街・ギャルリにある鉄工芸品店「ロアの看板店」にやってきた湯音と、立派なヒゲを生やしたオスカー。絵がめ...
異国迷路のクロワーゼ 第1話 感想「入口」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
フランスに現れた、日本人形のような愛らしい少女・湯音。 ここパリの商店街・ギャルリにある鉄工芸品店「ロアの看板店」にやってきた湯音と、立派なヒゲを生やしたオスカー。 絵がめちゃめちゃ可愛いねぇ♪ それになんだか温かみを感じられる。 作画もいい雰囲...
異国迷路のクロワーゼ 第1話 「一人の人の献身がすべての者に力と勇気とを与える」 (スキマの美学)
"LES PETITES ABEILLES" とは、プティット・アベイユという女の子を主人公にしたフランスの絵本。1969年の第1話 「プティット・アベイユ退屈する」 から始まり、20数冊の絵本が出版されているそうです...
異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 (のらりんすけっち)
ARIA+びんちょうタンって印象でした。 湯音ちゃんちっちゃ~い かわええо(ж>▽<)y ☆ サトジュンさんに井上さんとARIAスタッフが参加してるのが1発でわかりました。 井上さんが総作監だけにクオリティ...
異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 「入口」 (戯れ言ちゃんねる)
応えるは信頼、目指すのは家族 どうも、管理人です。本日より本格的に夏アニメ感想を書いていこうと思います。定期更新一発目は「異国迷路のクロワーゼ The Animation」。原作ファンな管理人は手元に原作用意するなど、無駄に期待がふくらんどりますwそれでは、さ...
異国迷路のクロワーゼ #1「入口」 感想 (書き手の部屋)
GOSICK……じゃなくて世界名作劇場、始まるよ! 19世紀後半のパリ。時代の波に取り残された商店街、ギャルリ・ド・ロアに、ある日、ポクポクという聞きなれない足音が響きます。足音の主は、日本人の少女、...
異国迷路のクロワーゼ チバテレ(7/03) (ぬる~くまったりと)
第1話 入口 日本で品を買い付けてきたオスカー。湯音も一緒にやって来た。長崎では
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 「入口」 【感想】 (蒼のセレナーデ)
「わたしは…このギャルリの家族になりたい」 ―― クロードの優しさを示す一枚の写真大らかで、飾り気のないその笑顔を知っている…。太陽のように温かくて、居心地の良いあの笑顔。嬉々とした表情で写真...
【異国迷路のクロワーゼ】1話 今期のヒーリングアニメっぽいな (にわか屋)
異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 入口 "Entrée" 135 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 00:56:34.33 ID:FakRVwuj0 とりあえず完走余裕っぽ...
異国迷路のクロワーゼ 第1話 感想「入口」  (一言居士!スペードのAの放埓手記)
異国迷路のクロワーゼですが、19世紀のパリで長崎からやってきた少女・湯音が鉄工芸品店、ロアの看板店に奉公します。サンタクロース髭のオスカーは優しいですが、店のクロードは日本人の少女を歓迎はしません。(以下に続きます)
異国迷路のクロワーゼ #01 『Entr'ee -入り口-』 感想 (隠れオタん家)
  文化の違う異国の地で育む人と人との絆と成長の物語。 この溢れ出る癒しの雰囲気感が堪らなく素敵です。
異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想 (wendyの旅路)
小さな大和撫子―
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 (おちゃつのちょっとマイルドなblog)
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話、「入口」。 原作未読です。 19世紀後半、パリの小さな商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア」にある「ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)」という鉄工芸品店に日本から湯音という女の子が奉公にやってきた...。 ...
異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 (隠者のエピタフ)
佐藤順一ワールド全開でした。『ARIA』『たまゆら』のような癒し系ですね。
異国迷路のクロワーゼ 1話 (アニメ徒然草)
日本流にて、つかまつる。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」1話 振袖看板娘の巻。 かっぽかっぽ。 ジャポネーゼ湯音ちゃん、海を渡ってご奉公。 When in Rome, do as the Romans do. 郷...
異国迷路のクロワーゼ 1話「入り口」 (新しい世界へ・・・)
文化の違い―。 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る
(アニメ感想) 異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2巻 [Blu-ray](2011/10/26)東山奈央、近藤隆 他商品詳細を見る 19世紀後半のフランス、パリ。近代化の流れに取り残された小さな商店街、ロアの歩廊にある日小さな日本の少女が足を踏み入れた・・・ ↑ポチって押して頂ける...
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話「入口」 感想 (☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~)
「そのときまで、俺がお前の信頼に足る人物かどうか、見届けてくれないだろうか。」 相手の文化は全く知らない、だけれどクロードは一度フラフラながらも相手の土台に立って話をします。 そしてこの言葉が今後の物語の鍵ともなっていくんでしょう…… ……いや...
異国迷路のクロワーゼ 1話 入口 (しるばにあの日誌)
2011年夏アニメ第2弾は? 中川かのん主演・・いえゆおんです。
異国迷路のクロワーゼ第1話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#1「入口」 巴里の空の下、大和撫子が駆けめぐる!夏期アニメの期待作「異国迷路の
「異国迷路のクロワーゼ」 #01『入口』 (おきらく委員会 埼玉支部)
 #01「入口」  「わたしは、このギャルリの家族になりたい・・・」  湯音の打算の無い一途な気持ち・・・そして、文化は違えども思いは通じる・・・  う~ん、実に良い言葉です。  という...
(感想)異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 (aniパンダの部屋)
異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 異国の街に聞きなれないポクポクという音が響き渡る。その音は、まるで お人形のような小さく可愛らしいジャポネーズが奏でたものだった―。
異国迷路のクロワーゼ 1 (MEGASSA!!)
第1話 「入口 - Entree」 新作ラッシュ続きます。 これも原作知らずですが、なんとも異国情緒漂う雰囲気ですね。 と思ったら場違いなほど浮いてる着物少女。 これが新しいゴスロリでしょうか(笑) 舞台はフランス、怪しいヒゲおやじに連れられて来たようです。 ...
異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 (すずきモノがたり)
メディアラハン
異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口 Entrée」 レビュー・感想 (ヲタブロ)
 湯音の優しさに本当に癒される作品でした。 佐藤順一さんが関わっている作品にはいつも癒され、心静かな時間をもらえます。 19世紀のフランスはパリ、その下町のアーケード街 ...
天地開闢以来、日本にk奴隷なんて存在しません!「異国迷路のクロワーゼ」 (Animeinmylife3号店)
奴隷という制度は日本以外の貨幣経済と家畜市場の発達した社会では必須のシステムです。 ほんの数十年前まで北米大陸では奴隷制に基づいた差別が厳然として存在していました。そんな脛に傷もつ国家が南アフリカ大陸の国を論(あげつら)うなどチャンチャラ可笑しくて、.....
異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想 (ひえんきゃく)
時間が無くて、見るのが遅れていたのですが、ようやく見ました。 そしてもっと早く見ればよかったと後悔。 これは素敵な文化の接触の癒しアニメですね。 19世紀後半のパリ。 時代の波に取り残され...
「異国迷路のクロワーゼ」1話の感想 (最新アニメ・マンガ 情報局)
「異国迷路のクロワーゼ」1話、観ました。19世紀後半、日本からパリの古びた商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)』の工芸店へと奉公にやってきた日本人少女・湯音。見るものも聞くものも初めてばかりの場所で、湯音は早速、店主のクロードと良い関係を築こうと健気...