超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013年の個人的ベスト漫画

2013-12-30 21:14:11 | 漫画・アニメ総括

















2013年の総括シリーズ、続いては漫画編です。
今年は結構漫画雑誌を買うようになり、また漫画との距離が近くなった一年でした
来年も単行本にしろ雑誌にしろコンスタントに感想でも書いていければいいですね・・・って事で
それとツイートして下さったり良い具合に取り上げて下さった皆様にも感謝の気持ちを。
ちょっと偏ってますが宜しければ以下どうぞ。

基準は「2013年一冊でも単行本が出た漫画」から、です。























1位 クロス・マネジ/KAITO
2位 ネコあね。/奈良一平
3位 3LDKの花子さん/丸山哲弘
4位 サクラサクラ/もりしげ
5位 空が灰色だから/阿部共実
6位 γ-ガンマ-/荻野純
7位 サクラサク症候群/保志レンジ
8位 食戟のソーマ/附田祐斗・佐伯俊
9位 かんなぎ/武梨えり
10位 咲-Saki-/小林立

11位 最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。/松沢まり
12位 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!/谷川ニコ
13位 姉ログ/田口ケンジ
14位 恋染紅葉/坂本次郎・ミウラタダヒロ
15位 閃光少女/あさのゆきこ
16位 カウントラブル/奈央晃徳
17位 とんぬらさん/セレビィ量産型
18位 H.O.M.E Habient of melting ecstasy/山崎かずま
19位 スライムさんと勇者研究部/我孫子祐
20位 大室家/なもり

次点 さばげぶっ!/松本ひで吉












んー、今年は・・・
はっきり言って次点の作品でも正直もっと上にしたいくらい大漁だった気がします
中々選ぶのに苦労したくらい自分の「好き」が詰まってるランキングと相成りました
では10位までちょこっと解説。


クロス・マネジ
これは迷わなかったです。・・・うそ、本当は2位の作品と一瞬だけ迷いました(笑
でもこれほど夢中になれた「青春漫画」も自分の中では貴重ですし
毎週毎週仕上がってくる傑作回に心震わされ何度何度も感動したのも今や良い思い出です
繊細な感情の機微、地に足の付いた作劇の心地良さ、スポーツコミックとしての熱さ
そして最終的には蝶蘭(ラスボス)の選手にまで良い影響を及ぼす事が出来た構成の上手さが素晴らしい
全5巻と週刊にしては短めにまとまってますが中身は純然たる傑作。漫画にリアルを求める人には、是非。
エクストラエピソードの深空と櫻井の描写はニヤニヤ度1000%で本当に素晴らしかった。
そして毎週熱いファンの皆さんとコメントでやりとりしアンケで応援したあの日々も忘れられません。

ネコあね。
こっちは普通に完結しましたけど、普通にもっと見ていたかった(笑
作中から漂ってくる優しい雰囲気や思い遣りの心に当てられてこっちまでしみじみとした気持ちになるような
そういう情感だったりセンスに溢れている、読んでいると自然に涙が出そうになる隠れた傑作だと思う
というか、実際よく泣きました。そんな素晴らしい物語に敬意を表す意味でも、この順位に。
銀ノ介は心の底から格好良い、と思える男キャラ。もっと多くの人に読まれて欲しい。

3LDKの花子さん
出てくるキャラがことごとく可愛い、という自分的に奇跡の漫画
過去作と比べて絵の上達っぷりも凄まじくかなりの努力の跡が見られます
その上ネタもちょっと良い話だったりアナーキーなネタがあったりキャラも話も両方楽しめる
所謂「使い捨て」のキャラが殆どいないのも好印象で本誌での人気はそれほどでもないけど
個人的にはかなり好きな漫画です そして今年出会ったヒロインの中で花子さんが一番可愛いと思う。

サクラサクラ
上の世代がしたことはそれとして、
そこからは下の世代が頑張って変えていこう~っていう作中のテーマがツボです
それと今まで以上に王道のラブコメ模様を官能的なシーン含めて真正面から描いている為
その威力も個人的には高かったです 色々お世話になった・・・のは置いといて
今現在連載中のラブコメの中ではトップクラスに好きな作品。3巻の内容が特にニヤニヤ出来、揺さぶられました。

空が灰色だから
最後まで面白かった、どころか
最後に最高沸点を刻んで終わった気さえするので今年も高順位に置かせて頂く
この漫画は正論云々では済まない出来事やデリケートな精神の機微を描いてくれている漫画なので
いつも考えすぎだったり、複雑な心証を描く事が多い人には是非読んでもらいたい
傑作でした。

γ-ガンマ-
新人離れした画力とセンスが売りですが
画力がかなり高いのにも関わらず絵柄はスッキリしている
そしてセクシーさやフェチを煽るシーンも多々あったりする「読みやすさ」が非常に良いです
しかし2巻の「好きな人、守りたかった人が亡くなった時に人はどうするべきなのか?」、っていう
逃れられない事象に対して明確に答えを出してくれた作劇が一番良かったかもしれない。
各話ごとにテーマが用意されてたり読み応えがあった漫画です。

サクラサク症候群
これを読んでると本当に「思春期!」って感じがして堪らない気分になってしまう
そして少年誌のラブコメでありながら主人公が誰からも想われてない、好意を抱かれていない
片想いをしながら悩んだり迷ったり、時に頑張ったりするだけという色気の無さもまた好きな部分です
ここまで「応援」したくなる少年誌ラブコメの主人公も早々いない。甘酸っぱい気持ちになりたい時に、是非。

食戟のソーマ
ヒロインが可愛く、目を引く漫画ですが
途中から主人公の創真の「美意識」に触れるのが楽しくなって来たような気がします
お客さん優先主義、目上に媚びない、失敗を恐れない、どころかそれを糧にしようとする前向きさ
どこを切っても「正しい」主人公像に魅了され続けてきた一年でした
来年の展開にも大いに期待したい漫画ですし、実際期待に応えて来たと思います。

かんなぎ
遂に白亜ちゃんが仁と仲良くなったり、男装女子の新キャラが可愛く愉快だったり
シリアスを挟みつつ休止前のテンションが戻って来た感覚があって
またあのゆるく、
時にほんのりと感動するテイストに触れる事が出来た喜びが大きかったですね
やっぱり武梨えりのラブコメってすげえ面白いんだなあ・・・ってつくづく実感してしまいました。
そしてこの漫画も主人公の仁がすこぶる格好良いし、BLっぽいギャグシーンもあって大いに笑えたりも(笑)。

咲-Saki-
この先の展開に対する複線や布石が多々撒かれてそれだけでもドキドキワクワク出来た、上に
また一人一人のキャラがより丁寧に描かれるようになってドラマ性も増したと思います
それと心理戦の描き方も上手く試合も試合外も均等に楽しめた印象ですね
意外なキャラが矢面に立ったり緩急も中々でした。
それと所謂「強豪」のキャラがあんまり挑戦者側を低く見てない姿勢もまっすぐでいいなあ、と
本来であればそれが普通だとは思うんですけどね(笑)。その辺は意外と漫画ちっくでもないという。













ちなみに選出した21作品中7作品が既に終了しています
継続してる作品だけにすると「妹ちょ。」「わたモテ」「姉ログ」あたりが心のトップ10に入りますね
「妹ちょ。」はどんどん真っ当にラブコメ模様が進展していて面白くおじいちゃんのキャラが良い(笑)。
「わたモテ」はとにかく安定、可哀相なもこっちが逆に可愛く思える仕上がり
「姉ログ」はこれまた考えすぎな姉ちゃんが主役というニュータイプな物語構造が面白かった。

安定で言えば「カウントラブル」は終始ストレートに少年誌ラブコメをやり切っていた印象
その上引き伸ばしもなくちょうど良い長さで、更に主人公が格好良くなったところで終わりだったので
結構胸を張って薦められる少年誌ラブコメなのでは・・・と思う
「閃光少女」も良い具合に短くまとまってるので温か味のある物語が好きならば、という感じで。
ここに入らなかった漫画でもまだまだ好きなものが多々あり、文字通り「豊作」な一年でした!
来年もちょこちょこ感想書いていくつもりなので、興味があれば、よろしく。


特別賞は「あまねあたためる」で。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2013年の個人的ベストアニメ | トップ | 2013年の個人的ベストアルバム »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一年お疲れさまでした。 (バンプ)
2013-12-31 18:15:33
書いてある作品で自分が持っているのは、「咲-Saki-」「閃光少女」「スライムさんと勇者研究部」ですね。

後ろの二つはこちらのブログで知って購入したものです。
正確に言えば「閃光少女」は、「夕焼けロケットペンシル」をこちらで知ったからでしょうか。笑
恐らくここで取り上げられていなければ、知らずに終わっていたでしょう。
改めてありがとうございます。

marbleもシングルとしてはしばらく出していないですが、来年も西京BOYさんのレビューとセットで楽しみにしております。

それでは来年もよろしくお願いします。
よいお年を!
いつも見て下さった事に感謝します。 (西京BOY)
2013-12-31 20:58:22
バンプさん、コメントありがとうございます!


あさのゆきこ作品だけではなく「スライムさんと~」もですか!
凄く嬉しいです(笑
これからも頑張って書いていくので少しでも「合いそう」と感じたらその時はよろしくです

>恐らくここで取り上げられていなければ、知らずに終わっていたでしょう。
>改めてありがとうございます。
いや、こちらこそ記事を読んでくれるだけでもありがたいのに
更に手を出してくれた、というのはもっとありがたく感じますね
あさのさんは優しく、かつ哀愁もある自分好みな作品を描かれるので注目していますね。

marbleは来年もまた何かしらのアクションを起こしてくれると思います
またリリースがあれば自分なりに書いて行こうと思ってるのでよろしくお願いします!


バンプさんのコメントに何度も何度も励まされました。
間違いなく支えてもらいました。来年も精進を目指し頑張っていくつもりなので、
よろしければぜひ・・・!よいお年を。

コメントを投稿

漫画・アニメ総括」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事