超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013年の個人的ベストアニメ

2013-12-30 16:21:53 | 漫画・アニメ総括
















今日から明日にかけて総括シリーズを始めます。
まずはアニメ・・・ですね。

今年は意図的にじゃないけれど、結果的に観てる本数が激減してしまった一年でした
だからもう、ランキング形式よりも金銀銅の表彰方式にします

来年はもう少し積極的に観ていきたいですね
感想も停滞中なので隙を見てちょこちょこ書いていきたいです
恐らくは漫画雑誌にアンケートを送る作業の方に熱中してしまってたんだと思います。
でもやっぱりアニメに受けた影響も多大なので、また再開出来れば再開したいと考えています。
では以下短いですけど個人的に勝手に表彰します。

























◆金賞琴浦さん

結局年末になっても一番印象に残ってるのはこれですね・・・。
なんでしょうね、まるでオリジナルアニメみたいにきれいに何もかもが収まりましたからね
このアニメで秀逸だったのは人間の醜い部分・打算的な考えをあまさず描いた上で
それでも未だ失ってない最低限の思いやりや優しさも描いてくれたこと
キャラが記号ではなく良くも悪くも人間らしかった事
それに尽きるのかもしれません
ある意味傷跡を残すようなアニメでしたが、
「N.H.Kにようこそ!」とかああいうペーソスアニメが好きなら多分気に入るはず
それは銅賞の作品にも言えますが。「純真さ」よりも「誠実さ」を優先したキャラ描写はかなりオリジナルでした。
個人的には5年10年経っても相変わらず好きなんだろうなー、って今の時点で思えるアニメですね。

琴浦さんと真鍋くんのカップリングは勿論好きでしたが
一番感情移入したのは森谷さんの告白ですかね
多分今年唯一アニメで泣いたのがあそこです
逆に言えば「琴浦さん」以外で涙腺を決壊させられた作品はなかった、という事ですが
森谷さんは最初憎まれ役だったのに、いや、だったからこそその後の変遷を見るのが面白いキャラでした
いつか彼女も幸せになって欲しいなあ・・・。それと部長の顛末も気になる。
声が花澤さんなんですが途中までまったく意識せずに観てました。あんま花澤さんっぽくない声というか
演技の幅が何気に広がったのか?あとお母さんも最終的には感情移入出来るキャラになってましたね。
琴浦さんがエロス(笑)に人前で迫られた時に本気で苛立ってた描写が素晴らしかった。
あれだけで「優しさ」が根底に残ってる事がはっきりと分かりましたしね。
迷走からの再生、というテーマをやり切った唯一無二の作品。












◆銀賞帰宅部活動記録

「観た回数」ならばこれが最も多い。
でも「帰宅部活動記録」は・・・どうなんだろう?
あんまり話題にならずに終わったような気がするけど個人的には大好きなアニメでした
今年は有り体な日常アニメにはまらず変化球ばっかり追いかけてた気がしますね
この「帰宅部活動記録」はその中でも最たるものだと思いますけど。

このアニメはキャラの可愛さ・雰囲気・感動とかに一切頼らず
純然たる「ネタ」のみで勝負してるようなある意味潔いアニメでした
その上「このアニメ人気ないから」とか「テコ入れを頑張ろう」とか「脱ぐか」とか
人を食ったようなネタ、暴投の数々に妙に味があって癖にハマり気が付けば毎週物凄く楽しみに
休みが多かったので帰宅部がない週に関しては本気で物足りなく感じられたくらい夢中になってました
全部のネタが面白い訳ではなく「なんじゃこりゃ」っていうのもありましたが
その「なんじゃこりゃ」も含めて何が出てくるか分からないドキドキ感として楽しめてた気がする
「優等生」からは限りなく距離を置いている冒険作であり怪作だと思う。
ひそかなファンは何気に多かったかなあ、と。

個人的には牡丹先輩のEDにドキドキしました。普段が普段なだけに乙女ちっくで可愛かった。













◆銅賞私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

個人的に原作の方が軽く読める感じはしますが
アニメはアニメでよりペーソス描写に拍車が掛かってて面白かった
ある意味日常アニメに対するカウンターというか
これ「も」日常でしょ!っていう。

誰も話す人がいない仕事場での死にたくなるくらいの青い空
教室で誰も居ない中での食事、イスを取られて別の場所でひとりきりで過ごしたり
「何もない」日々に怯える描写など滲み出るリアリティに別の意味で泣けるようなハードコアアニメでした
そんな中でも一握りの幸せがあったり、良かった記憶を思い出したり・・・
そういう部分を誇張してくれたのはアニメ化の利点でした。
というか、多分スタッフも結構に気合だとか愛情とかあったと思います
さり気に原作に対する理解度も高かった原作付アニメに於ける秀作の一つだと思います。

あと毎回EDのもこっちが可愛かった(笑)。














他に楽しく観てたのはげんしけん2代目、サーバント×サービス、はがないNEXTに俺妹2期、
ニャル子さんの2期とマジェスティックプリンス、ステラ女学院、みなみけただいま、あいうら等々。
個人的には夏が一番アニメは楽しかったかな~、って思う。
感想はあんまり書けなかったけど・・・でも時折感想をツイートして下さる方もいてそれが嬉しかったです。
リンク先の「Parad_ism」のShiroooさんとかね。Shiroooさんの感想も素晴らしいので是非見て下さい。

来年も、自分なりに色々楽しめたらば。



コメント   この記事についてブログを書く
« OGRE YOU ASSHOLE 2013 ONEM... | トップ | 2013年の個人的ベスト漫画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

漫画・アニメ総括」カテゴリの最新記事