超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ちはやふる 第25話(最終回)「もれいづるつきのかげのさやけさ」 感想

2012-03-28 04:31:00 | アニメ






壊せない僕らのストーリー。





ぶっちゃけ、これまでが良かったので別に「俺たちはこれからだ」的な締めでも十分良いと
むしろ無難にまとめた方がいいんだろうな、とか思っちゃってたんですよね。
そしたら、これめっちゃ綺麗な締めくくりじゃねえか!って、
個人的にビックリしちゃったんですけど。
これただ単なる「俺たちはこれからだ」ENDじゃなくてそれぞれが夢や目標を見つけて
確かな気持ちや想いを温めた上で締まってるといいますか、気持ち良くみんなを送り出してる感覚っていうか
それでいて第一話に繋がる演出とかも個人的には不意を突かれた感じですし
最後にOPをほぼフルで持ってくる演出もベタだけど分かってるなあ、って印象で。

別に主人公勝たなくても、勝って終わりじゃなくても
全然きれいにまとめられるじゃん!締めれるじゃん!って個人的に感心してしまったんですけど。
要するに、ちゃんと物語として、アニメとして完結した感覚
最終回を観た感覚が自分の中にあったんですよね。
諦めない限り、想いを止めない限り、夢や想像はずっと続いていく
そんないかにも王道の少年漫画的なテーマで締めくくられるのも実に「ちはやふる」らしいなって思えてね。


総評なんですが、最初は無難に纏めた物語なんじゃ・・・って疑念もあったんですけど
蓋を開けてみれば結構燃えられたなっていうか
思ったよりも全然良かったなと自分的にはそう感じることが出来たアニメで
最近スポ根的作品を全然観てなかったのもあって、懐かしい感覚と共に何気に夢中になってずっと観てられて。
最初は微妙に垢抜けしすぎてる?と感じた千早のキャラデザも終わる頃には、ラストシーンの頃には
普通に可愛いとか思えたのも大きかった、かもですね。キュートさが宿ってたよ。
何にせよ、意外ときっちりテーマを纏めてくれたのも含めて自分にとっては秀逸な最終回でしたね。

そのテーマとは?一言で表すのは色々難しいんですけど
競技を通した人との繋がり、人を知る事、仲間との友情、ですかね。
最初は半ばぼっちだった千早も
仲間との色々な出来事があって真に信頼出来る、約束も誓える仲間が出来て
自分の熱中出来るもの=かるたを見つけて選んでやり続けて幾つもの好きな人々、
尊敬出来る人々に出会えて、本気の真剣勝負も交わせて、そんな日々は確かに彼女の糧になってて。
決して自分が自分が、だけでも勝ち進めないのがかるた。それは相手を知る事だったり
或いは自分自身を知る事だったり・・・
何もかるたに限った話でもないのかもしれないですけど
そういう王道で普遍的な話をこの題材で説得力を通して描かれた、それによって新鮮な感触を貰えた
それだけでもう十二分に価値があるように思えた
そんなやった甲斐ありまくりの出色の競技アニメだったな、と掛け値なしに思います。
その中でストイックに打ち込む事の大切さだったりと
無視出来ない幾つものテーマ性も垣間見る事が出来て、奥深いアニメ作品でもあったかなあ、と。





「ちはやふるらしい」って言葉を使いましたけど、
何よりも負けて悔しくて、そこから必死に這い上がる、抗い続ける姿で締めたのが
最もこのアニメらしいかなあって改めて観ていて強く思いましたね。
格好の悪い事(諦めの悪い姿勢、敗者の頑張り)は何よりも格好の良い事なんだ!っていう。
王道を真っ直ぐに真っ直ぐに丁寧に描き上げた、素晴らしいアニメだったと思います。

そして、2期も個人的には待ってます!



コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« ばのてん! 4巻/河添太一 | トップ | あの夏で待ってる 第12話(... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

ちはやふる 第1話  ~  第25話 もれいづるつきのかげのさやけさ (動画共有アニメニュース)
ちはやふる 第1話  ~ 第25話 もれいづるつきのかげのさやけさ 最終回 姉が日本一のモデルになることが夢である小学6年生の綾瀬千早は、転校生・綿谷新に「自分のことでないと夢にしてはいけない」と...
ちはやふる 第25話(最終回) 「もれいづるつきのかげのさやけさ」 感想 (ひえんきゃく)
最終回も面白かったですね。 シリアスあり、ギャグあり。 是非とも2期をしてほしいです。 28枚もの一字決まりをもつ名人、周防のかるたにショックを受ける千早達。 千早、新、太一、かるた部の皆...
「ちはやふる」第25話(終) (日々“是”精進! ver.A)
ねぇ?かるたしよう… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203280001/ ちはやふる Vol.5 [Blu-ray] バップ 2012-04-18 売り上げランキング : 185 Amazonで詳しく見る by G-Tools 「...
ちはやふる 最終回 「もれいづるつきのかげのさやけさ」 感想 (うつけ者アイムソーリー)
女帝に始まり女帝に終わる。それがちはやふるクオリティ!
ちはやふる 第25首 「もれいづるつきのかげのさやけさ」  (つれづれ)
 女帝の顔文字……
ちはやふる 最終話25話「もれいづるつきのかげのさやけさ」 (新しい世界へ・・・)
夢に向かって―。
ちはやふる 第25話「もれいづるつきのかげのさやけさ」(最終回) (のらりんすけっち)
名人変態?だけど実力は圧倒的! 現時点だと挑戦者ハンデ10枚もらっても負けそうですね 恐るべき現実に凹みまくりの千早たち。 まさに奈落の底突き落とされ状態でしたが、立ち直っていく描写が素晴らしかっ...
ちはやふる 日テレ(3/27)#25終 (ぬる~くまったりと)
第25首 最終話 もれいづるつきのかげのさやけさ 公式サイトから 28枚もの一字決まりをもつ名人、周防のかるたにショックを受ける千早達。 千早、新、太一、かるた部の皆はそれぞれが想いを胸に抱き、かるたへと向き合っていく―。 周防名人は一字決まりが7枚ではなく ...
ちはやふる 第25話(終) 『もれいづるつきのかげのさやけさ』 (こいさんの放送中アニメの感想)
名人とクイーンが強すぎる。クイーンですら手の付けられない感じなのに、名人はそれ以上。異常なまでの「感じ」の良さから1文字目の微妙なアクセントで2文字目まで何かが分かってしまう。相手が動き出す前に札取っちゃうんだから勝負になる筈もありません。名人は4連覇、...
ちはやふる#25(終)「もれいづるつきのか... (おぼろ二次元日記)
見せつけられる圧倒的な強さ!周防久志を止めるのは誰!?「もれいづるつきのかげのさやけさ」あらすじは公式からです。28枚もの一字決まりをもつ名人、周防のかるたにショックを受...
ちはやふる第25話(最終話)感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#25「もれいづるつきのかげのさやけさ」 「かるた、しよ?」ボ、ボクですか千早ち
ちはやふる 第25話「もれいづるつきのかげのさやけさ」 (WONDER TIME)
「あたしは いつか、もっとましなものが返せるのかな」 周防名人の次元の違う強さを見せつけられたメンバー! それでも前に進んでいく瑞沢高校かるた部!    名人戦を観戦していた千早たちは 周防名人...
ちはやふる 第25話 (おちゃつのちょっとマイルドなblog)
ちはやふる 第25話、「もれいづるつきのかげのさやけさ」。 原作コミックは未読です。
ちはやふる:25話感想&総括 (しろくろの日常)
ちはやふるの感想です。 目標を見据えての新たな挑戦へ。
ちはやふる 最終回「もれいづるつきのかげのさやけさ」 (のほほん便り)
明らかに第二期がありそうな予感ですが、キレイな最終回でしたね。 4連覇する周防名人のかるたを前。「次元が違いすぎる」と、一同、圧倒されつつも、(もっと練習してレベルアップせねば、と)闘志を燃やす心意気がキモチよかったです。 ちはやを筆頭に部員達の成長...
[アニメ]「ちはやふる」25話(最終回) (懐柔する怪獣)
22話のvs元クィーン戦は過剰演出とも言える盛り上がりだったのだが、その後トーンダウンしたままラス前まで淡々と盛り下がってた。 が、ラストで この感動というか盛り上がりを見せたのは予想外だった。主人公とその仲間たちは戦わず、観戦してる展開なのに上手くまとめ...
ちはやふる第25話(最終話)「もれいづるつ... (SOLILOQUY)
ちはやふる第25話(最終話)「もれいづるつきのかげのさやけさ」「憧れを消す事なんて無い!」楽しかったこの作品もとうとう最終回圧倒的な名人の強さと速さに、千早は?太一は?新...
ちはやふる 第25話(最終話)「もれいづるつきのかげのさやけさ」 (SOLILOQUY別館)
ちはやふる 第25話(最終話)「もれいづるつきのかげのさやけさ」
競技かるたの世界! (笑う学生の生活)
アニメ「ちはやふる」を見ました。 日テレにて 火曜深夜にやってました 競技かるたをテーマにした部活モノで 青春系といいますか かるたとはいえ、知だけではなく スポーツをしているかのようで なかなか 競技カルタの奥深さがわかり 面白いですね 千早、太一、新 ....