goo

ラブ、安堵、ピース

プロローグ


なぜこうも人生は思い通りに進んでくれないのか。

よかれと思った選択の数々が、ことごとく裏目に出る──。

これまでの半生を反芻し、どうすればこんな目に遭わずにすんだのだろうと考えてみても、明確な答えは見つからない。

もとより、それが見つかったところで時すでに遅し。仮に原因がわかったとしても、過去に舞い戻ることはできないのだから、いま目の前にある現実が変わることなどないのだ。

「もしあの時、違う選択、別な行動をとっていたら……」と、どれだけ後悔の念を深めたところで、なんの解決にもならないとわかってはいるものの、その不毛な思考の繰り返しから逃れられずにいる。

陰湿な思考から、夢や希望といった明るいビジョンに切り替えようとしても、「別な国や別な時代に生まれていたら。奇跡を起こせたなら」といった、現実離れしたものばかりが浮かんでしまう。

その日も、尹喜(いんき)は槍を片手に門の前に突っ立ったまま、モヤモヤを募らせていた。

なによりこの「門番」という役職は暇である。

都の役所にいたときは何かと気を紛らわせてくれる忙しさもあったが、ここ、西の国境に建つ関所「函谷関」での仕事は特に暇だ。日がな一日突っ立っているだけで、正直、犬でも勤まるのではないかと思ってしまう。

門を破ろうとする者がいなければ本来の職務も果たしようがない。何をすることもなく、ただ立ち尽くすだけの毎日は、ある種の拷問のようですらあった。

もちろん、また大きな戦が始まるともなれば話は一変し、生きるか死ぬかの血なまぐさい状況に身を置くことになるのだから、それはそれで地獄だ。真っ平御免被りたい。

しかしだ。さすがにこの「なにも起こらない」という日々の中では、手柄のひとつも立てられることはなく、毎日のように稼ぎの少なさを責める、妻の悪態にうんざりするとともに、自分の不甲斐なさに打ちのめされていた。

人一倍志が高い分、理想と現実とのギャップに苛立ちが募った。

頑張っても頑張っても、一向に報われる気がしない。と言うか、いまさら何をどう頑張ればいいって言うんだ?


「よう! 憂鬱の国の王子様、今日はいったい何を思い悩んでおられるのかな?」

一時間も遅刻してきた同僚が、尹喜の肩に軽々しく手を添え声を掛けた。

「よくまぁ毎日毎日飽きもせず、そう鬱々とした表情でいられるな。今日の不満はなんだよ。金か? 女房か? それとも仕事か?」

「お前のそのヘラヘラした態度もだよ」という言葉をぐっと押しこらえ、尹喜は「全部だよ」と苦虫を噛みつぶしたような顔で答えた。

元をたどればどこからになるのだろう。かれこれこの三年ほどは、何ひとつ幸せな気持ちになれた記憶がない。いつのまにか人生の歯車はすっかり狂ってしまって、身の回りに起こるすべての出来事が、苛立ちや不満の対象でしかなくなっている。

「結局誰の人生だってそんなもんなんだよ。いいかげんにしてくんねぇかなぁ。お前のそういう表情みてると、こっちまで気分が悪くなってくる。笑顔とまでは言わないから、せめてその眉間の皺ぐらいは無くしてくれよ」

その言葉が、余計に尹喜の眉間にザックリと切れ込みを入れた。

「うるせえ! 他人事だと思って簡単に言うんじゃねーよ!」

「……んだとこの野郎! 人がせっかく相談に乗ってやろうとしてんのに逆ギレかよ!」

ほらまただ。日々鬱積したストレスが、ちょっとした拍子で破裂してしまう。一事が万事この調子で、すべてが崩れていく。

ほとほと自分に嫌気がさしているところに、ゴッという鈍い音がした。

一瞬のうちに尹喜の視線は流されて、気づけば目の前には地面が見えていた。左の頬にはジンジンとした熱さが、口の中には鉄の味が一気に広がる。

もう、殴り返す気力すらなかった。ただただ、どこにもぶつけることができない怒りと、抱えきれなくなった自己嫌悪の気持ちだけが尹喜の心にドロドロと押し寄せる。

「畜生ぉぉぉぉぉぉぉ!!!!! 俺はいったい何の為に生きてるんだよ! 教えてくれよ! 人生っていったい何なんだよぉぉぉぉ!!!」

誰に聞いているわけでもない。尹喜は、額を地面にこすりつけながら、腹の底から悶えるように叫び続けた。


 * * *


「伯陽っ! 伯陽はおるか!?」

ズカズカと歩み入った男の大声が、静まりかえっていた図書館の壁を振るわせた。

筆を進めていた司書がビクリと跳ね、大声の主を見上げておずおずと答える。

「李先生なら、つい先日引退なされましたが……」

「なっ!? 引退っ!? まさか、職を捨てたというのか!?」

国が混乱しているこの最中に引退するとは何事ぞと、男は息巻きながら司書に詰め寄った。

「太師から要請があった。あの男の知恵が必要だ。一刻を争う、すぐに呼び戻せ!」

「し、しかしながら、先生はすでにお住まいも引き払われたと伺っております。呼び戻すにせよ、どこを尋ねればよいものかも……」

「家を引き払った?」

「なんでも、ご旅行に出られると」

「以前から掴み所のない爺だとは思っていたが、まさかこの一大事に暢気に旅に出ようとは」

男はあきれて大きくため息をついた。

「で、どこに?」

「いえ、特に目的地は定めておられなかったようです。ただ、西へ向けて放浪すると……」

司書が申し訳なさげに頭を下げ、小さな声で答えた。

「まったく……。しょうがない、それでは彼を連れ戻すよう、各関所に通達を出せ。姓は『李』、名は『耳』、字は『伯陽』または『耼(たん)』。のらりくらりとした、大きな耳が特徴の男だ。国の一大事につき、大至急見つけ出して帰還させよ、それなりの褒美も用意すると。念のため、西だけではなく、すべての関所に連絡をまわせ。ほれ、何をボーッとしている! さっさと通達を書いて馬を出さぬか!」

「か、かしこまりました!」


数日後、その通達は尹喜のもとへも届いた。

「李、伯陽……」

尹喜は通達を見ながら、どこかで聞いたことがあるような、と視線を虚空に泳がせながら記憶をたどる。
しばししてからハッと目を見開いた。

「守蔵室・図書館司書の李伯陽! もしや、噂に聞いた『老耼(ろうたん)』ではないか!?」

抜群に頭が切れ「まさに周の生き字引」と称される要人でありながら、出世や権威に興味がなく、前に出ることも嫌がるため、お上の連中も、時折「頼りたくても扱い切れぬあまのじゃく者」と囁かれている男。

なにより老耼の噂が広まった最大の理由は、誰もが幸せになれる、「道(タオ)」なる秘密の教えを知っているという話だ。

噂を聞いた連中は、是非ともその秘密を教えてくれと彼の元を尋ねるが、飄々と話をはぐらかしては核心を語らないという。

もしもこの通達にある「李伯陽」が老耼その人だとしたら、なるほど噂通りの変わり者だ。

「職も世も捨てての放浪の旅。そこにきて国から呼び戻されるってんだから、こりゃあ噂も本当だな」

彼が西へ旅立ったとなれば、ここを通る確率が一番高い。久々に訪れた、手柄を挙げる大チャンスに、尹喜の胸はドクンと跳ねた。

さて、どうやって引き留め連れ戻そうか──。

「そんなに頭の切れる変わり者じゃ、一筋縄ではいかないよなぁ」

尹喜が胸に妙なざわつきを抱いていたまさにその時、水牛にまたがったひとりの男が、函谷関を通り過ぎようとしていた。

「やあやあ、お役人さん、おつとめご苦労様。では、失礼いたしますよ」

「いや、おじさん、ちょっと待って!」

尹喜は慌てて男の行く手を妨げた。

「呼び止めてすみませんね、一応これも仕事なもので」

「どうなさいました?」

「いえ、ちょっとだけお伺いしたいことがありましてね。これからどちらへお出かけですか?」

「どちらへって言われてもねぇ……。特に決まってないんですよ。まぁ、自由気ままに、放浪の旅ってところです」

そらきた大当たり! あてのない旅に大きな耳、この飄々とした佇まいは間違いない「李伯陽」だ!

もう聞くまでもないのだが、と思いながら尹喜は尋ねた。

「すみませんが、お名前を伺えますか?」

尹喜の表情を見て、男は何かを察したのだろうか。「あれぇ?」なんて言いながら大げさに後ろを振り返ってこう続けた。

「名前、名前ねぇ。どうやらどっかに落っことしちゃったみたいだ」

思いも寄らない返答に尹喜は言葉を失い、あからさまに呆れてみせる。

「ああ、大丈夫、大丈夫。名前ぐらい落っことしてもなんてこたぁない。もとより世を捨て旅に出るんだ。もう使うこともないだろう」

そう言って男は笑ったが、「はいそうですか」と言うわけにはいかないと、尹喜は男にお達しを見せた。

「李先生、ですよね? 申し訳ありませんが、お戻りいただけますか? こうしてお達しが出てしまっている以上、わたしもそのままお通しするわけにはいかないのです」

男は尹喜が手渡した通達に目を通し終わると、頭を掻いて「見逃してくれないかな?」とかわいらしく伺いを立てた。

「そういうワケには参りません」

「いや、そこをなんとか。別に悪事を働いて指名手配を受けているわけじゃないんだからさ。お上はやたら知恵を貸せと言うわりに、てんで話を聞いちゃくれないんだ。連中の頭の固さと身勝手さは君もよく知っているだろう? ほら、僕はご覧の通りの老いぼれだ。残されたわずかな余生ぐらい、静かに過ごさせてはくれないかね」

そこからの伯陽の話はさすがだった。言葉少なでありながら理路整然と話を進め、あれよあれよという間に、すっかり尹喜の心を掴かみ、いよいよ「見逃してもいいか」なんて気持ちにさせてしまう。

たしかに彼の言うとおり、悪人を取り逃がすわけでもない。見逃したところで咎められるような証拠もない。

しかしだ、このまま彼を通してしまえば、せっかくの手柄がパーだ。みすみす褒美を逃してしまうのもまた忍ばれる。

どうしようかと尹喜が頭を悩ませていると、不意にひらめきが降りてきた。

少々小賢しい気もするが、ダメで元々、お願いするだけしてみようと、尹喜は男に話しかけた。

「李先生。先生のお気持ちはよくわかりました。僕も先生を通してあげたい。でもです……。先生が世を捨て国を出る前に、ひとつだけ、わたしの願いを叶えてはくださいませんか?」

「なんだい、その願いってのは?」

「無理を承知でお願いします。風の噂で聞きました。あなたは人生最大の秘密を知っていると。『道』という、究極の教えを説いていると。なにとぞ、わたしにその教えを書き残していってください」

尹喜が深々と頭を下げる中、伯陽は深く何かを考えるようにゆっくりまぶたを閉じると、「わかった」とだけ言い残してその場を去った。


その数日後、彼は五〇〇〇字余りの言葉で綴られた手紙だけを残して、どこかへと姿を消した。

時を遡ることおよそ二五〇〇年、古代中国は周の国でのお話 ──

この置き手紙こそが、現在もなお語り継がれる東洋哲学の巨人、老耼(老子)による『道徳経』である。


 * * * * *





大変長らくお待たせいたしました!

新刊の予約受付が始まり、ようやく情報公開できることになりました。


と、いうことで。本日は上記において、新刊のプロローグをそのまま転載させていただきました。

こんな感じで始まる本なのですが、いかがでしょう?

関心をお寄せいただけましたなら幸いです。


発売は、11月22日(火)なのですが、今回は一般的な書籍流通と、ちょっと違う形をとらせていただいているので、店頭に並ばないお店も多いと思います。

お手数をおかけしてしまいますが、お近くの書店さんで、入荷予定があるか聞いていただけると確実です。

もちろん、全国どこの書店さんでも、ご予約をいただけたら入荷してもらえますので、その場合は下記内容を書店員さんにお伝えください。


タイトル:『ラブ、安堵、ピース 東洋哲学の原点──超訳「老子道徳経」』
著者名:黒澤一樹
出版社:アウルズ・エージェンシー
ISBNコード:978-4-865380-58-3



また、通信販売につきましては、いまのところ「アマゾン」での予約受付が開始されております。

こちらでご予約いただければ、いち早くお手元にお届けできます。

アマゾンでのご予約は【こちら】から


応援のほど、なにとぞよろしくお願いいたします!!


【トークライブ・インフォメーション】

大阪、梅田蔦屋書店さんにて新刊の発売イベントが決定しました!

『ラブ、安堵、ピース』発売記念 黒澤一樹トークライブ

【日時】11月26 日(土)13:30~15:00(開場13:00)
【会場】梅田蔦屋書店 4thラウンジ
    大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F (MAP
【料金】お一人様1,500円

詳細・お申し込みは『こちら』から

*****

11月の「平日のお話会」は、24日(木)東京、25日(金)名古屋での開催を予定しております。
チケットのご購入や、事前予約等は不要です。当日、会場へ直接お越しください。

平日のお話会「月イチ☆」(東京開催)

【日時】11月24日(木)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】三鷹産業プラザ7階 701会議室(エレベーターを出て右奥の会場です)
    東京都三鷹市下連雀3-38-4(MAP
【料金】お一人様2,000円

平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋開催)

【日時】11月25日(金)19:30〜21:30(開場19:00)
【会場】ウインクあいち 会議室1204
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(MAP
【料金】お一人様2,500円

*****

12月は、福岡へお伺いいたします!
もちろん新刊もお持ちしますよ!

黒澤一樹(雲黒斎)ソロトークライブ in 福岡

【日時】12月4日(日)14:00~16:30(開場13:30)
【会場】天神クリスタルビル Bホール
    福岡市中央区天神4丁目6-7 (MAP
【料金】お一人様3,000円

詳細・お申し込みは『こちら』から
○主催/Be Here Now 常冨泰弘さま


←応援のほど、なにとぞよろしくお願いいたします!
コメント ( 77 ) | Trackback ( )
« 前提 専門用語で苦笑い »
 
コメント
 
 
 
注文しました。 (林ゆみ子)
2016-11-09 13:14:42
今日のブログは、文章の量が多いので、読み飛ばす人が多いと思います。余計なお世話ですけど。
(私も殆ど、読み飛ばしました。知ってる内容なので。)
世の中、黒斎さんのように、頭脳明晰な方ばかりではありません。届くのを楽しみにしています。
 
 
 
楽しみです! (入浴ニューヨーク)
2016-11-09 14:54:56
アマゾンでポチッ!としました。
読むのが楽しみです!
 
 
 
予約しました (Unknown)
2016-11-09 16:46:50
とっくの昔にAmazonで、予約しました!プロローグだけでも、やぁ〜面白い!!本が届くの楽しみです。予想を遥かに越えていた…物語になっているんですね。読みやすいです。
ブログの更新も楽しみにしています。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-09 18:17:48
陰ながら応援しております!
 
 
 
もちろんです! (たいのえ)
2016-11-09 20:12:49
するなって言われても応援いたしますよっ!

私は黒斎さんのお話される言葉の選び方、
表現力、そして、書かれる文章が大好きです。

黒斎さんのブログですからお好きなように書いちゃってください。
私は長文大歓迎です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-09 22:16:28
そんなことより(←失礼!
トランプ大統領の登場に関して、何か感想をお願いします。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-09 23:41:35
尹喜のように自己嫌悪かどうかは置いといて、

なんの苦労もなく、家に居ながら
老子の教えが配達されるだなんて

お金を払ってでも、受け取りますとも、そのギフト
なんていい時代だ(笑)
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-10 00:15:34
めったに更新しないのに肝心の宣伝記事が今日だなんてw
タイミング悪かったですね
今日は全部トランプにもっていかれた
 
 
 
面白そうです♪ (ただの「自分」)
2016-11-10 02:40:56
こうして最初の方を丸々載っけてもらえると、個人的にはありがたいです。
ネットで紀伊國屋書店の新刊予定で探せなかったので、
今回は密林から、
「幸せになれる、「道(タオ)」なる秘密の教え」
を届けてもらうように手配しました。
楽しみにしています。
 
 
 
Amazonベストセラー1位、おめでとうございます!(まだ予約段階なのに) (カープ男子)
2016-11-10 03:21:02
新刊発売おめでとうございます!

そして、ツイッターでご報告されていましたAmazonベストセラー1位(東洋思想カテゴリ)、合わせておめでとうございます!

雲黒斎さんのご著書はほとんど読まさせて頂いておりますが、それにしてもどのご本もロングセラーで息が長いものばかりですよね。

出版業界で初動の売り上げばかり目立ってパタッと売れなくなる本ばかりらしい中、黒斎さんの本は宣伝頼りの売れ方ではなく、口コミ的に裾野を広げるような安定した売れ方をされている印象があります。

混沌とした世界情勢、世の中だからこそ手に取られる機会と期待が多くなるであろう東洋哲学の新刊、私も必ず読ませて頂きます。

追伸

前回のラジオで触れられていた「アセンション」ですが、今回の予想を覆す「アメリカ大統領の誕生」も含まれている、その現れとお考えですか(もしかして予想通りの結果でしたか?)。

政治のことは触れにくいとは承知しておりますし、ブログでは尚更だとは思います。是非いつかまたラジオでそのあたり触れて頂ければと思います。宜しくお願い致します(スイスのベーシックインカムのお話が非常に面白かった記憶がありますので)。
 
 
 
待ってましたぁ❤️ (grace)
2016-11-10 06:38:54
早朝のベッドの中で、文章に引き込まれながら、あれよあれよとイメージも風景、人の容姿も浮かんで読んでいて

さすがこくさいさん❗️

10年前にこくさいさんに出逢いズキューン。 次に老子の道徳経でドドーン

極楽飯店チックに、道徳経が、コクサイ色になってるのかなぁ

あ〜届くの楽しみです
 
 
 
楽しみです (奥ぷるん)
2016-11-10 08:28:50
私はスピチュアルな本の中で黒斎さんの本が、文が一番好きです。ストンと腑に落ちます。
ラブ、安堵、ピースのプロローグを読んでもう引き込まれました。本を読むのが楽しみです。
 
 
 
こんなことを書いて申し訳ありません。 (これなが)
2016-11-10 08:30:24
載るかもわかりませんが書かせてください。
黒斎さんに何かしら聞けたらありがたいですが、聞けなくても
載りましたら誰かしらに意見を聞きたいです。






ある場所で、ある女の子と出会い話を聞く機会がありました。



父親は自営業。
一日中、毎日家にいて仕事はする気がないみたいです。
母親は他界。
まだ中学生の為、家を出たら?と、言う選択肢は今は無理です。

警察、親戚、児相、役所関係、虐待ではないため相手にされず全滅。


それは何か書かせていただきます。


父親が、家で大声で歌う、鼻唄、口笛を吹く、大音量で音楽をかける、掃除機をかける行為を早朝、深夜にする行為が何年も続いてるみたいです。

廊下を歩く時も足をビタンッと床につき、ダダダダダッ!と物凄い音をたて、早歩き。


大声で歌う、鼻唄、口笛、大音量の音楽、掃除機をかける行為は
夜中の二時、三時の時間帯が多く
大声で歌う、鼻唄は一日中。
夜中の二時、三時に
いきなり味噌汁を作り出し
フライパンと、お玉を使いカンカンカンとならし、
フゥー!!とか歌い出すそうです。
しかも味噌汁をズゾゾゾー!と飲む。夜中に。

狭いおうちで、その子の寝室の真隣が台所で物凄いストレスみたいです。

父親は知的や精神病でおかしい訳ではありません。

それが、もう五年近く続いてるみたいで
その子はノイローゼみたいになってしまってます。

やめるよう頼むとエスカレートするみたいです。

お風呂も夜に入り、夜中に入り、早朝に入り、お風呂に入る回数も異常みたいです。

父親はどんな心理状態なのか。。。


虐待ではない為、どうもできないそうです。

黒斎さん、皆さん
イヤな奴がいなくなったり
自分が離れることになるような
言い方がわかりませんが奇跡のようなことは
どういったことから起こるんでしょうか?


その子も何か一つでも、精神的なことでも、希望があるなら、やると言っています。

くだらないことに思われるかもですが
その子はノイローゼ寸前と言うかノイローゼだと思います。

何かしら示していただけたら助かります。
私もできる限り考えます。


コメ欄を使い失礼しました。

 
 
 
Unknown (はま~)
2016-11-10 12:23:19
黒斎さん!おもしろい!!
プロローグ途中だけど、伝えたくて!
絶対本読みます。
早く全部読みたい!
 
 
 
記事の更新とトランプ ((´ι_` )アッソ)
2016-11-10 15:48:05
なんも関係ないわ(´ι_` )
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-10 22:16:16
頭は問う、「なんでトランプなんだ?」と。
頭は答える、「だってヒラリーなんだもの」と。

まぁ、精神世界どっぷりの人間にとってはトランプ当選なんてどうでもいいんだろうけどねw
 
 
 
予約しました! (DOM(守護霊))
2016-11-10 22:47:01
はじめてのコメントです‼︎
緊張します 、25歳男ですはじめまして

黒斎さんの本は全部読みました!ラジオも最近ききまくり

これからトークライブとかもいきたいなあとおもってます‼︎

新刊はプロローグとパッケージ見た感じとても新鮮な感じで、速攻注文しました!!アナタはやる事がアーティスティックだ^o^!

1ヶ月前くらいに鬱病になり、その一週間後くらいに体験(これまでで一番すごい)がありました!!スピリチュアル自体は専門学校時代から好きで正直
やっときたかー!!って感じでした(⌒▽⌒)
これって夢の中?って感じで視界のまわりがファーって淡いベールがかかるような感じでした!最初は驚きで心臓バクバクでしだがどこからともなくくるとてつもない安心感アンド至福感に全部まるこど飲み込まれてしまいました
帰りの満員電車の中、臭いオヤジの顔みながらそんな感じでした!

その体験とともに意識体(エーテル体?よくわかりませんが)が常にゆらゆらしたり、ぐわーってどっかに引っ張られたりするという謎の体質も手に入りました!
たまに酔いそうになりますが瞑想しやすく、結構気に入ってます笑

まだ鬱病(病院はいってませんが)の症状はあります!昔からの疑い癖という名の思考癖がおもな原因で、この世は夢のようなものだということを解っちゃったある朝(弱体外離脱をはじめてしまして、さいこーにふわふわ気分がよかったある朝でーすw)からずいぶんと楽になってきました

まだ毎日数回しんどくなりますがー。。
もう物事全部まるごと一瞬でクソになる感じですー、^o^

正直つかれます笑

あの世にきいたこの世のしくみを書店でパッケージみただけで直感で即買いし2冊とも1日で読んだころからグイッと意識状態に変化があらわれだし、今までにない視点があらわれました‼︎

宗教系に嫌悪感はないほうですし、オカルトちょい好きなほうなんですが黒斎さんの本やブログは読んでいて安心しますし、何回読んでもおもしろです!最近は毎日黒斎、阿部敏郎ヅケです

ソレに気づけたのは黒斎さんのおかげ!とまでは言いませんが、なによりとても好きです!もう生活の一部です!

僕も脱スピ意識したブログとか書いてみようかなあ....どうしようかなあ....と、DOM(守護霊)と相談中です

毎日が子供の頃のように新鮮で楽しくてしかたなく、この状態を誰かに自慢したくても友達が極めて少ない!!のでこのように長々と書きました!!!

読んでくださったら嬉しいなーーと
そーゆー感じです^o^
 
 
 
精神世界どっぷりの人間と文句ばかり垂れる粘着閲覧者は ((´ι_` )アッソ)
2016-11-10 23:26:49
所詮同類ですよ、宙さんw
 
 
 
四苦八苦 ()
2016-11-10 23:30:39
お父さんを「普通、常識」という武器で脅して自由を奪えば、その子は救われるのかもしれない。

でも、それでは立場が逆転しただけだ。

良い方法を閃いた
貴方がその子を自分の家等に住まわせて養えば良いんだよ。

お父さんは好きなように生きれるし、その子も救われるし、貴方はその子が救われて嬉しいでしょ?

皆がwinwin

貴方が経済的に余裕があって寛大な人物ならこれがベストだろう。

まぁそれが出来たらここには書き込まないよね。それが出来ないならほっときなよ。全ての不幸な人を救える人などいないのだから。

人生とは苦(思い通りにならないもの)である。結局どこかで誰かが「まぁ、いいか」と受け入れなきゃいけなくなる。そんで、受け入れてみると意外と楽だったりする。

人はそう簡単に死なない。その子は自分でどうにかするだろう。どうにかなんなかったときは、そん時はそん時だ。

無情な部分も受け入れなければ、また新たな苦に苛まれるだけ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-11 00:50:27
すごいタイミングでわかりやすいどっぷりさんが来たもんだなw
DOM(守護霊)さんはとりあえずそれでいいと思うよ。
でも数ヶ月~1年以内に現実が一変するから。
それからは自分と徹底的に向き合わなければならない状況がかなりの期間続くんだよ。
この部分に関してのアドバイスが黒斎も阿部も一切ないんだよなぁ。
まぁ、とことん向き合うだけだからアドバイスもなにもないのかもしれないけど。
とにかくコイツらは"いいこと”しか言わないからな。商売でやってるんだからそりゃそうかもしれんけどw
 
 
 
(´ι_` )アッソさん (Unknown)
2016-11-11 00:53:31
俺が宙に見えるとかガッカリだぜ。
めくらかてめえはw
 
 
 
「同類粘着閲覧者」は否定せず(´ι_` ) ((´ι_` )アッソ)
2016-11-11 01:12:34
粘着お疲れちゃん(´ι_` )

(雲黒斎さんスミマセン。こんな書き込み承認して頂いて。コメ欄汚し、私からは以上とします)
 
 
 
ホルダー (トランプマン)
2016-11-11 07:29:42
とある場所?女子中学生と出会い?…サテ置き。

関係を結ぶ、断つ、どちらも内側が先です。

外的な行為行動で関係が切れるのではなく、

先ず内側で断ち切るのです。

すると自ずから外側に必要な事が起こるのです。

その出来事は論理の言いなりにはなりません。

まだ義務教育期間であること。

各方面の認識がお粗末なこと。
(実質的に虐待じゃないですか)

精神・知性が正常な人(親)ならば、

とうに聞き入れていると思われ。

保護が必要な立場上ですね。

同居するコトのメリット・デメリットがあり、

コレは既婚女性が離婚に踏み出す際の懸念と

似ています。

霊的に関係を断ち切ると決断した場合、

物理的にこうしたから、こうなる、

てなパターンでなく、

奇跡・的な事柄、タイミングが起こり得ます。

☆出会ったばかりでよく知らない相手でしょ?

ハナシというのは両方から聞かないと…

ワカラナイですね?実際のところはです。

父親の一連の行動パターンが事実・な・ら、

Kサツはともかく、

相談所やNPO等が、

相談に乗るのではないでしょうか?

コチラから視るに、

件の中学生より貴方の方が心配ですが。

責任が取れない事柄に関しては、

専門家に任せる方がいいのです。

つまり、

良かれと思いした行為が、

裏目に出れば悪いコトになります。

それでもサポートするのであれば、

「良かれと思わないでする」ことです。

裏目に出ようがなくなるからです。YO
 
 
 
Unknown (こくさいさんー)
2016-11-11 11:41:59
うっわー
すごくおもしろそう
読みたいー◝(⁰▿⁰)◜

 
 
 
前略… (まろ)
2016-11-11 20:57:22
こんにちは
今日の「わかラジ」とても分かりやすかったですね。

闇は常に在り、動かない。
動き回るのは光。うんうん、分かりやすいです。

そして、誰が大統領になろうが、ホログラムなのだから騒がない、と(笑)

全て、プロジェクターが映し出すものだから騒いでも無駄。
闇って偉大な力なんだなぁ~と、今更ながら感心しました。

その闇が本質…そこんところが、未だピンと来ませんが。

新刊は書店に予約済みなので、ワクワクしています。
「わかラジ」を聴くたびに楽になります。
これも、解釈プログラムの仕業なのでしょうか(笑)
 
 
 
「ノンデュアリティ=空の世界」ではないのでは? (広島東洋哲学)
2016-11-12 01:41:08
11/11放送分、♯41わかラジの雲黒斎さんの「老子が示した、世界の四層」の解説をお聞きして、以下のように思いました。

ノンデュアリティとは決して「空の世界」(「玄」の世界)そのものを指しているのではなく、スクリーンである「徼」を切り捨てただけの「妙」の世界のことだけを指しているのではないかと。

そんな“あるがまま”の「妙」の世界のことを、その先のスクリーン、「徼」の世界に現れた「言葉」という表現方法で説明しようとするから「私はいない、分離はない」とひたすら「徼」の世界、色の世界の否定形、対となるアンチテーゼの表現を繰り返すしかなかったのでは?と思いました。

そして、それはノンデュアリティスピーカーとは、あくまでも「徼の世界」から抜けでて居場所を「妙の世界」に移した方であって、「玄の世界」(空の世界)、「玄のまた玄」のことはご存じではない。つまり、元々「空の世界」を語るメッセンジャーでは決してないのでは?と考えました。

ひたすら「徼」の世界、「色の世界」、別の言葉で言えば我々が普段認識している現実世界、現象を否定するような言葉ばかりを並べているから、それがなんとなく「空の世界」を指しているかのように聞こえはしたけれど、実際はそうではなかったのではないかと。

よく考えれば、「妙」に足場を持ち、そこに視点を置けば、「徼」の話はもちろん、「玄」やその奥にあるという「玄のまた玄」すらも単なる「ストーリー」にしか見えないだろうし、別の言い方で「全体が起きてる」という一言で片付けてしまうのも当然の話なのではないのかと。

だからと言って、ノンデュアリティとは決して「悟りのことは指していない」と邪険扱いするのも乱暴だとは思いますし、ノンデュアリティがもたらす恩恵もあるだろうとは思いますが、今まで言われてきた「悟りそのもの」、究極の悟りの姿であるかのように喧伝され、認識され続けるのは間違いでなのでは?と改めて思いました。
 
 
 
これながさんへ (ふうあ)
2016-11-12 12:47:35
どうして少女が救われていないといえるのでしょうか…

どうして救ってあげなくてはいけないのでしょうか…

ノイローゼではだめなのでしょうか…

どんな状態であれ、解釈をつけずにいたら、そのまま流れていくのだと思うのです

とても優しい方なのですね…なんとかして差し上げたいのですね…
 
 
 
Unknown (よう)
2016-11-13 01:09:33
黒斎さん、はじめましてです。
9月くらいからでしょうか
こちらのブログを最初から現在までのところすべて読ませていただきました。

ようやく追いついたといった感じです。
色々な方が色々な説明をしていますが
黒斎さんのお話が一番わかりやすいと思います。

『あの世に聞いたこの世の仕組み』の本も今まさに読み終えたところです。
私も一時期、鬱になりかけていまして
病院にも何度か通ってお薬をいただいていた時期があります。

その時から復活できたのは
周りの人たちの手助け
不安な時に、話を聞いてくれる人がいるというのはありがたいことですね。

そして、今は友達が鬱に近い状態になっているという状況
自分も経験したことのあるような状況であるため
気持ちもわかりますし、何とかしてあげたい気持ちが出てくるんですね。
話を聞くくらいなら私ができるのですが
黒斎さんが、話しているようなお話を伝えることができれば良いのですが・・・

ただ、やっぱりいつも言われている
心の在り方が大切だということを伝えているつもりではいるんですが
自分に落とし込むのも難しいものなのに
人に落とし込むって更に難しいんですね。

もちろん他人をコントロールする事なんてできないということはわかっていますし、こういうのも、やっぱりエゴなんだろうなぁなんて思いながら
それでも仲の良い友人が鬱状態になっているのを見ると何とかしたいと思うもので・・・

私も様々な自我を認識できるようになってきたのも
黒斎さんのおかげだと思っています。

ブログも全部読んで追いついた。
黒斎さんの一冊目の本も全部読みました。
『わかりかけのRADIO』も聞き初めました。
ひとつ区切りとして、黒斎さんに感謝の気持ちをと思いましてコメントさせてもらいました。


本当にありがとうございます。
これからも、ブログに執筆 『わかりかけのRADIO』に講演会などお忙しいとは思いますが
応援しております。
お体に気を付けげ頑張ってください。
 
 
 
トランプマンさんへ (居候)
2016-11-13 17:32:35
私事ですみませんが、おねがいします。
高校生と成人した二人の子供の母親です。
好きな相手ができ、無計画のまま無理矢理離婚しましたが、すぐに住まう場所もなく
籍だけ抜いて居候をしています。離婚相手に気持ちはないですが、確かに依存しています。
離婚当初は昼夜かけもちで働いて、お金を貯めて出ていこうと張り切っていましたが、ある時知人の家の動物たちが次々 病気や怪我をしてしまい、そちらに総て使ってしまいました。それはそのときの自分にとって、一番嬉しいお金の使い道でした。それからは、あくせく働くことよりも、心が喜ぶ生活に切り替わり、仕事も随分減らしてしまい好きなように暮らしています。
特に困ることもなく生活することが出来ているのは、勿論 黙って同居を認めてくれてる元夫のお陰なのですが、だからといって元に戻りたくはありません。

〉霊的に関係を断ち切ると決断した場合、
物理的にこうしたから、こうなる、
てなパターンでなく、
奇跡・的な事柄、タイミングが起こり得ます。

これは私で言うと、何をどう変えたらよいのか?
もう少し具体的に教えてほしいと思いますm(__)m
 
 
 
宮崎に、きてください。 (わたし)
2016-11-14 13:56:45
宮崎に、きてください
 
 
 
男性ファンの割合が増えるきっかけとなるか (団塊ジュニア)
2016-11-14 17:25:54
非二元、引き寄せ、古くはワンネスなんて言葉が流行った頃からどうも女性の支持者ばかりが目立つ印象があるスピリチュアル。

語り手も雲黒斎さんをはじめ男性の方はいることはいるけど肝心の支持者は女性ばかり。

男の場合、隠れスピリチュアルファンとなっているのか、それとも頭から否定して実際近寄ってきていないのか。

しかし老子、道徳経をベースにした内容となれば、なんとなく今までの女性支持者プラス、不況で喘ぎ、心の支えを求めていらっしゃるような男性の方も手に取りそうなイメージは出てくる。

初となる黒澤一樹さん名義の今回の本は、なんとなく東洋哲学、スピリチュアル、オカルト、超常現象という枠を超えて、(誤った形かもしれませんが)自己啓発、ビジネス書としても話題になりそうな気もする。

来週の発売、今から楽しみです。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-14 18:39:19
これながさんが言っていた女子中学生と居候さんがなんだか重なって見える。
日常生活に不安がなくなれば、また新たなことで悩み始める。
まぁ、人間だから悩むという行為は普通のことだけど。
子供がいるから耐えられるのかもしれないが、離婚した妻の同居を許した元夫は、スピにハマる人達が目指す高い意識の在り方によっぽど近いように感じる。
居候さんの元夫のように、東洋哲学的な受け入れがやはり幸せの鍵になるように思う。
 
 
 
居候さん (Unknown)
2016-11-14 23:35:55
私はトランプマンではなくヒラリー女史というものですが、私でよければお答えします。
一言で言えば、「損得勘定をするな」ということです。
そして、あなたはそれができています。だから別にいいじゃんw

好きな人ができてアホみたいに突っ走った(いいじゃないですかw)
籍はぬいたけど生活力がないからずうずうしくも居座っている(いいじゃないですかw)
動物の治療のために思うがままに散財してみた(いいじゃないですかw)
仕事を減らして生きたいように生きている(いいじゃないですかw)
それも全部わがままを聞いてくれる元夫のおかげ(本当に?w)
だけど復縁はいや(本当に?w)

>何をどう変えたらよいのか?
逆に聞きたいのですが、何を変える必要があるのですか?やりたいようにやってるくせに。
すでに奇跡は起きてるじゃん。だからそのままでいいじゃんいいじゃんw
あなたが元夫に依存しているように、元夫もあなたに依存しているのですよ。もちつもたれつお互い様w






それにしても、自分自身と向き合うことから無意識に逃げている人間ばかりでヘドが出ますわw
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-15 10:31:28
そもそも奇跡なんてないし、偶然なんてのもない。
自分の与り知らぬところで起こった出来事を全て把握できる人などいない。
一瞬一瞬に必然に「物理的にこうしたから、こうなる、てなパターン」が起こっているが、
人間はその出来事を全て把握できない。
だから、自分の与り知らぬところで起こった出来事(必然)が積み重なり、巡り巡って自分に関係することとなった出来事(必然)を人間は「奇跡」と勘違い出来てしまう。

だから、奇跡に期待するのではなく、自分に都合の良い出来事が起こる可能性が少しでも上がるように動いたほうが賢明だ。
 
 
 
本末転倒とその様相 (持つ者と持たざる者)
2016-11-15 14:18:47
都合の良い出来事が起きていて、
既に好都合な状況下にある人に対して、
そうするよりも、こうしたほうがいい。

アドバイスする人自身が、
自分に好都合な状況下を生きていない。

のなら、

非所有者が所有者に対して、
フェラーリはこう運転した方がいい。
講釈タレてる痛い構図と同じだ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-15 23:07:10
どんな人にとっても人生は思い通りにいかないもので、免れられない苦は受け入れたほうがマシという趣旨の話をしているのに、

「アドバイスする人自身が、自分に好都合な状況下を生きていない。」かどうかを気にするのはズレ過ぎなのでは?

フェラーリを持ってる人でさえも人生に不満を抱えてしまうことが問題なのだから。

「そういう貴方はどうなんだ?」とか「じゃあお前がやってみろ」といった類の批判は中身がスカスカである。

その人が本当に達成した場合に批判者は手のひらを返すしかないし、また地に落ちたら批判、また成功したら手の平返し、また・・・

大事なのは発言者自身の説得力ではなく、発言の内容に自分が納得できるかである。

例えば、尊敬する人が「殺人は良くないことである」という発言した場合、大抵の人が納得するだろう。
では、殺人事件の容疑者が同じ発言をしたらどうだろうか?大抵の人が「お前が言うな」と思うだろうが、だからといってその発言内容自体を否定する人はほとんどいないだろう。
で、その容疑者が無実の罪だった場合、どう思うだろうか。

故にこういう批判は下らないのである。
 
 
 
まるで(自称)賢者さんみたいだ (Unknown)
2016-11-16 03:16:23
貴方はFオーナーですか?

あるいは所有歴があるのですか?

知人にオーナーがいらして、

その方が不満を述べているのですか?


福原愛さんに対して、

未経験者が卓球のレクチャーしていたり、

ヘタが宇多田ヒカルさんに歌い方をアドバイス

していたなら…

その内容に注視したりしませんが?


貴方はおデブな人ですね?

おデブな人がスマートな人に対して、

ダイエットに関するアドバイスしています。

発信している内容より、

その人の容姿が気になりますが?


ズレ過ぎ…スカスカ…クダラナイ…ですか?


貴方が大事なのは…と仰ってる部分ですね。

それに納得してないわけです。わかりますか?


人生は思い通りにいかない、不満がある、

免れられない苦もある…

誰でも知っていて、誰でも言える事ですが…

それを問題とはしていないんです。

そうした事柄は人生の常なのでしょう?

また、プラスとマイナスは対だからです。

で、

殺人はよくない…

あのぅ(・・?)

別に尊敬している人の発言じゃなくても…

その通りだと思いますよ。

ですが、

基本的には…です。

事象を一括りして否定するより、

それに至る迄の経緯によっては、

ボクは肯定する場合があるからです。
(推奨はしませんが)

それに…

容疑者って段階は犯人ではないので…。

確定しても冤罪の可能性もあるので…。

例え話の引き合いに出されても…?です。

ですから、

容疑者の発言だからとか?

容疑が晴れたから手のひらを返すとか?

やっぱり真犯人だった!と変わっても、

その度にヒラヒラはないです。

そうした発想がわかないのですが…

…貴方自身そういうタイプなのですか??


未達成者が達成者になったら?

だから何だ?ってな扱いです。


仮に容疑者ではなく、

殺人者が殺人はよくないとする発言をした…

とします。

お前が言うか?

とはなりません。

実際に殺人を犯した人の発言です。

後悔の念、悔い改め、様々な洞察をへて、

殺人はよくない。と言う場合と、

上部だけの薄っペラい(ポーズだけの)

「さもわかった風を装った人」が、

巧みに(でもないが)

自説に説得力を持たせたいのか?

印象を操作しながらか?

殺人はよくない。と

「もっともらしい事を言う」のとでは、

発する言葉は同じでも、

重みが全く違いますから(ごめんなさいネ)
 
 
 
Unknown (ひかり)
2016-11-16 20:15:43
久しぶりの新刊、とても楽しみです(^-^)
冒頭の部分を読んだだけですごく面白くて。
梅田のトークライブもチケット取れました。
これからもタオを生きます。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-17 00:00:22
>未達成者が達成者になったら?
>だから何だ?ってな扱いです。

ほら、答えが出てるじゃないですか。書いていて自己矛盾に気付かないのですか?
未達成かどうかはどうでもいいこと。なのに、何故そんな下らない批判をするのですか?内容に納得できないのなら内容を批判すれば良いのに。

持たざる者が持つ者にアドバイスしてもおかしくないケースなんてのはいくらでもある。
例えば、フェラーリの所有者に非所有者が「あそこの道は事故が多いから気をつけろ」と助言した場合、痛い構図だろうか?

私には貴方のほうが印象操作しようとしているように見える。

もし本当に痛い構図しか考えることが出来なかったというのなら、思慮が浅すぎる。
 
 
 
来た来た(ノ_<)めんどくさい人だなー (トランプマン改めヒラ リーマン)
2016-11-17 03:22:21
今宵のご機嫌いかがですか?(笑)

貴方が痛い構図ではな…言い張るのなら、

貴方以外の、他の誰が、、、

痛い構図だと言っていようとですね?

何もそんなに( ´△`)気にされなくても、(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

と思うのですが。。(*´Д`*)


所有も

運転もした事も無い人が、

その車の運転の仕方は〜

と「レクチャーしてしまえる」人って、

ボク的に「超痛い人」って認識なんですね。

フェラーリをドライブする。。。

案件が特殊だからです( ̄▽ ̄)フッ


痛々しい構図だとボクが認識しているのです。

ボクが「自分で判断するコト」なんですね。

それとも…貴方が決めるコトですか?(笑)


あの道は危険だから注意した方がいい〜

教えてあげてるのは、

道路という「共有している対象」に関するもの。

なので痛い構図とは思いません。

逆にそんな人いるんですか〜?って感じ。です。


Fの運転の仕方はね〜

これは「個人の所有物」に関するものです。

一方、

「誰でも道路を利用した経験がある」でしょう?

それと一緒にしてはダメです。


未達成者が達成者になったら?

だから何だ?って扱い。

ココの矛盾ですか?



いいですか。

これなが さんに向けたコメントを見て

質問をされた人に、

ワザワザ(ネチネチが妥当かな?)

ボクが用いたフレーズをそのままに引用して、

「絡む」のが、

実はメインの「趣旨」だったりする人が、

当て付け?に奇跡は無いとかピーチクパーチクw

それが発端です。

なのでチョット皮肉っただけです。

見知らぬ人が、

すれ違いざまに話す言葉の中には、

必要なメッセージが込められいる…

場合が少なくないのですね。

(ピンと来ますから誰でも気づきます)

ボクはその有効性を熟知していますから、

実際は誰の話す内容も、

決して軽んじではいないのです。

(痛い構図の件に関しては変わりません)


奇跡・的な事柄が起きて解決しました!!

最新記事コメ欄に報告されています。

頑なにアタマから否定バカりしないで、

実際に試してみて、物理的観点からも有益

だったなら(そうであってこその概念)、

戯事と処理された胡散臭い概念が、

知性に裏付けられます。

そうなると他の事柄にも応用が利くのです。

観念(思い込み)が強化されるからです。

皆んなある種の催眠下にあるからですYO


試しもしない、試しても結果が伴わない?

からなのか…

物理的な行動バカ理をピーチクパーチク進言。

霊的概念を話すと絡みマクリ…

そのクセ、

ナゼかスピ系?コメント欄に常駐(張り付いて)

るーーってスタンス…

ナカナカにクールだなと(爆)

そろそろお許し頂けますでしょうか?(微笑)
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-17 10:55:34
>所有も運転もした事も無い人が、その車の運転の仕方は〜と「レクチャーしてしまえる」人って、ボク的に「超痛い人」って認識なんですね。フェラーリをドライブする。。。案件が特殊だからです( ̄▽ ̄)フッ

その特殊案件と今回の話を何故結びつけたのですか?なぜ特殊案件でなければならないのか意味が分かりません。

>痛々しい構図だとボクが認識しているのです。ボクが「自分で判断するコト」なんですね。それとも…貴方が決めるコトですか?(笑)

「貴方が決めること」に異論はありませんよ。私はただその判断を「思慮が浅い」と指摘してるだけです。

>Fの運転の仕方はね〜これは「個人の所有物」に関するものです。一方、「誰でも道路を利用した経験がある」でしょう?それと一緒にしてはダメです。

一緒にしてはいけない意味が分かりません。「個人の所有物」に関するもの?だったらフェラーリだって車の一種なのだから何かの車の所有者で詳しい者なら助言してもおかしくないでしょ。誰でも道路を利用した経験がある?道路で車を走らせたことのない人だっているでしょ。だから結局一緒なんです。だから特殊案件と結びつけるのはおかしいと指摘してるんです。だから「思慮が浅い」と指摘してるんです。

>未達成者が達成者になったら?だから何だ?って扱い。ココの矛盾ですか?いいですか。これなが さんに向けたコメントを見て質問をされた人に、ワザワザ(ネチネチが妥当かな?)ボクが用いたフレーズをそのままに引用して、「絡む」のが、実はメインの「趣旨」だったりする人が、当て付け?に奇跡は無いとかピーチクパーチクwそれが発端です。なのでチョット皮肉っただけです。

意味が分かりません。皮肉るのに失敗したってことですか?
私は貴方が絡んできてると感じてますよ。しかも、下らないことで。

>霊的概念を話すと絡みマクリ…

私は思ったこと書いたり、素朴な疑問を投げ掛けているだけ。それを深く考えもせず絡みと思うのは貴方の勝手だ。その反応を見て私が「思慮が浅い」と思うのは私の勝手。

内容についての意見交換なら大歓迎なんですがね。
 
 
 
絡みついたのは、ごめんなさい。 (身バレ居候 反省?文)
2016-11-17 12:13:34
黒斎さん みなさん、ありがとうございます。

で、元々のコメントは 私に苦悩がないことを感じ取っての発言だったのではないでしょうか?

実際私は 、苦しいどころか
想像を超えた至福を日々体感として味わってます。

で、わざわざ返す必要もない話ですが、元夫に感謝してるも、復縁は嫌、 も どちらも本心です。感謝と復縁はまったくの別物だと思ってるので 周囲と話が噛み合ったためしがないですが。

〉何をかえる必要があるのですか?やりたいようにやってるくせに。

そうですね、自分では何も変えられないし
変えようとする必要性も感じてなければ、変わりたいとも思ってません。けど、しがみついてもいないので、いつも適当に変化しながら遊んでいます。
成るように成ってく現実は、夢のように恵まれてるので(夢らしいですが)
口にしてもしなくても、望んでも望まなくても、何故か?願う前から いろんなことが叶っていますし、有りがたいことに、いつも一番良いタイミングで 思う以上の現実ばかりが 次々用意されてしまっています。自我 真我 こうしてみていく人生にも、絶対の信頼を持っているので、先々には何の不安もないというのが現状です。

それなのに、敢えてあのように聞いてみたのは、隠すことなく話してみたくなったのと、
呆れるでしょうが、そのエナジーに触れたくなった下心です。あー、バラしてしまった...
けどこれでスッキリしました、ありがとです。


どなたかが言われたように、
自分に都合のよい現実になるよう作為して引き寄せたいとは思いません。
殺人の例えから、誤解をおそれず書くならば、すべての起こる現象は、善悪の目でみるのではなく、一通りの体験。 として捉えてますので、どちらの極を体験するも等しく大事と思っています。
 
 
 
宙さん (通りすがり)
2016-11-17 12:28:46
もうよしましょうよ。

あなたの疑問、コメントに対するリアクションは、色んな方が過去1年以上助言としてされて来たはずですよ。

名無しさん、ナツメグさん、Cielさん他たくさんの書き込み者の方もそうですし、雲黒斎さんもあなたのコメントを取り上げて記事を割いてお答えしていました。

そう考えると、あなたはかなり恵まれた投稿者ですよ。色んな方が真摯にあなたの質問の為に時間を掛けて返信をし続けた、1年以上に渡って。

もう十分じゃないですか?

結局、あなたがよく上記の方々へ、もしくは今回も書き込んでおられる「意味がわかりません」があなたのこのブログで得た最大の「答え」なんですよ。

もし、今後も他者との意見交換、疑問の解消の為のやらとりをお望みなら賢者テラさんのブログ、無料の生動画のチャットなどどうでしょう?もしくは阿部敏郎さん他たくさんのメッセンジャーがブログのコメント欄を開放していらっしゃいますから、そちらにも試しに投稿されてはどうでしょう?

スピリチュアルを語る媒体、そしてメッセンジャーは、このブログや雲黒斎さんだけではありませんよ。
 
 
 
フラフラダンスのイヌ (オバは大統領(任期満了))
2016-11-17 12:39:10
パトラッシュ…ボクは疲れたYO…

ホントに疲れたんだ…









(๑˃̵ᴗ˂̵)!



 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-17 23:51:59
>結局、あなたがよく上記の方々へ、もしくは今回も書き込んでおられる「意味がわかりません」があなたのこのブログで得た最大の「答え」なんですよ。

意味がわかりません。なぜ「意味がわかりません」が私がこのブログで得た最大の「答え」なのですか?自分で書いていて疑問に思わないのですか?

こういう素朴な疑問を投げ掛けると、その理由ではなく下らない返答か意味の分からないことを言い出す。だから長引くんですよ。特に貴方が例として挙げた「ナツメグさん、Cielさん」はね。

名無しさんとはどういうやりとりしたか印象に残っていないが、揉めたっけ?普通にやりとりしただけでは?



>もし、今後も他者との意見交換、疑問の解消の為のやらとりをお望みなら賢者テラさんのブログ、無料の生動画のチャットなどどうでしょう?もしくは阿部敏郎さん他たくさんのメッセンジャーがブログのコメント欄を開放していらっしゃいますから、そちらにも試しに投稿されてはどうでしょう?

>スピリチュアルを語る媒体、そしてメッセンジャーは、このブログや雲黒斎さんだけではありませんよ。


なんで他のブログに書き込んでいないと思ってるんですか?書き込んだことありますよ?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-18 00:02:59
わかりかけのラジオだっけ?
あれに宙を呼んで黒斎と直接やりとりさせたら面白そう。
少なくても阿部の息子よりは。
あのラジオはすっかり飽きちゃって半年聞いてないけど宙vs.黒斎ならまた聞くわw
一度やってよ、お願い宙さん黒斎さん。
 
 
 
想定していた返答 (通りすがり)
2016-11-18 03:20:16
>もうよしましょうよ。

>あなたの疑問、コメントに対するリアクションは、色んな方が過去1年以上助言としてされて来たはずですよ。

確かにそうですね。ありがたいですよね、私なんかの質問の為に。

>名無しさん、ナツメグさん、Cielさん他たくさんの書き込み者の方もそうですし、雲黒斎さんもあなたのコメントを取り上げて記事を割いてお答えしていました。

確かに、皆さんそれぞれの表現でお答えして頂いたと思います。私の理解不足で色々ありましたが、感謝はしております。特に雲黒斎さんに取り上げて頂いた時はとても嬉しかったですよ!

>そう考えると、あなたはかなり恵まれた投稿者ですよ。色んな方が真摯にあなたの質問の為に時間を掛けて返信をし続けた、1年以上に渡って。

そうですよね。皆さんに改めて感謝しないとですよね。恵まれてますよね。

>もう十分じゃないですか?

うーん、かもしれませんね…。

>結局、あなたがよく上記の方々へ、もしくは今回も書き込んでおられる「意味がわかりません」があなたのこのブログで得た最大の「答え」なんですよ。

1年以上経っても私にとってのスピリチュアルは、確かに「意味がわかりません」が答えになるかもしれませんよね。

未だに他人に質問ばかりして、私は何一つスピリチュアルの説明なんて出来ませんから。

>もし、今後も他者との意見交換、疑問の解消の為のやらとりをお望みなら賢者テラさんのブログ、無料の生動画のチャットなどどうでしょう?もしくは阿部敏郎さん他たくさんのメッセンジャーがブログのコメント欄を開放していらっしゃいますから、そちらにも試しに投稿されてはどうでしょう?

そうですね。ここでの私の書き込み、他のブログではどう扱われるでしょうね。特にテラさんの前でこんな文章、言葉遣いで書き込めるかどうか不安だなあ、怒られそうだなあ。

阿部さんのところでは皆さんから完全スルーの扱いかもしれませんね…。

ここで相手にされていただけ感謝かもしれませんね。

>スピリチュアルを語る媒体、そしてメッセンジャーは、このブログや雲黒斎さんだけではありませんよ。

そうですよね!いつまでも延々とここに粘着せずに他のブログにも勇気を出して書き込んでみたいと思います!わかラジも聴いてみようかな?

ご指摘、ありがとうございました!


・・・とはなりませんでした。チャンチャン。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-18 05:48:04
>わかりかけのラジオだっけ?
>あれに宙を呼んで黒斎と直接やりとりさせたら面白そう。
>少なくても阿部の息子よりは。
>あのラジオはすっかり飽きちゃって半年聞いてないけど宙vs.黒斎ならまた聞くわw
>一度やってよ、お願い宙さん黒斎さん。

こういう書き込みが一番タチが悪い。
最悪、最低、吐き気がするわ。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-18 12:45:43
>・・・とはなりませんでした。チャンチャン

ほらね、理由ではなく下らない返答で誤魔化す。チャンチャン
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-18 15:35:44
>ほらね、理由ではなく下らない返答で誤魔化す。チャンチャン

そうやって毎回部分引用、部分否定で相手の文章の文脈、本意を無視し、揚げ足取りの言葉遊びを繰り返すから誰にも相手にされなくなり、下らない返答しかあなたには集まらなくなった。簡単でしょ?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-18 16:00:35
「スピリチュアル、気付きは言葉では説明出来ない」と返答すると誤魔化すなとその真意を否定し、「言葉の外にあるもの」というとそれは嫌いだと感情で反応し、「動画を見たら?」と勧めると姑息な小遣い稼ぎ、または動画もブログも同じことしか言っていなと決めつけ拒否される。

あなたにとってこれが「下らない返答」なのだろうが、先の多くの書き込み者達はすでにこういったきちんとした回答をしている。

言葉で説明出来るとするその理由を自ら説明出来ないことは棚に上げ、動画を見ることなく動画を否定するという自分の反応は是とし相手を「意味がわからない」の一言で否定する身勝手さ。

そして何よりもこれらの否定は雲黒斎さんを否定していることになる。これら全ては雲黒斎さんが述べていることでもあるのだから。

書き込みを続けるのは何故なのか?ハンドルネームを隠してまで毎回のように記事の更新の度に批判を垂れるその理由はなんなのか?

あなたの目的はなんですか?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-18 18:57:08
揚げ足取りというか大体が質問返し。理論武装みたいな屁理屈の武装は天才的だよね。人を不快にさせるコメントも天賦のものかも。あと思考=自分、我思う、故に我ありの間違った解釈をしている典型。

いいサンプルとして大目にみて放置でいいと思いますよ。エゴが肥大化するとこうなるんだなって。スピをバカにするミイラ取り。相手にするだけ時間の無駄です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-18 20:15:38
>そうやって毎回部分引用、部分否定で相手の文章の文脈、本意を無視し、揚げ足取りの言葉遊びを繰り返すから誰にも相手にされなくなり、下らない返答しかあなたには集まらなくなった。簡単でしょ?

逆です。相手の本意を知るために部分引用して「ここはなぜそう思ったのか?」を聞いています。現に前のコメントで「なぜ「意味がわかりません」が私がこのブログで得た最大の「答え」なのですか?」と聞いてますよね。

それにあのコメントを全文引用したところで私が言うことは変わりませんよ。全文が下らない返答だったのだから。最初は引用する気もありませんでした。でも、もしかしたらどのコメントに対する反応か分からない人もいるかもしれないと思い、ちょこっと引用したわけです。


>「スピリチュアル、気付きは言葉では説明出来ない」と返答すると誤魔化すなとその真意を否定し、「言葉の外にあるもの」というとそれは嫌いだと感情で反応し、「動画を見たら?」と勧めると姑息な小遣い稼ぎ、または動画もブログも同じことしか言っていなと決めつけ拒否される。
>あなたにとってこれが「下らない返答」なのだろうが、先の多くの書き込み者達はすでにこういったきちんとした回答をしている。


貴方は本当にそれらが「きちんとした回答」だと思っているんですか?
スピリチュアル、気付きは言葉では説明出来ない?言葉の外にあるもの?
なぜそう断言出来るのですか?
動画に答えがあるなら言葉で説明できるということでしょ。
貴方は本当にそれらが「きちんとした回答」だと思っているんですか?


>言葉で説明出来るとするその理由を自ら説明出来ないことは棚に上げ、動画を見ることなく動画を否定するという自分の反応は是とし相手を「意味がわからない」の一言で否定する身勝手さ。


言葉で説明できない理由を説明できないのだから断言するべきではない。
言葉で説明できる理由を説明できないのだから断言するべきではない。
結局答えは同じでしょ?
てか、さっきも書いたけど動画に答えがあるなら言葉で説明できるということでしょ。
だから意味が分からないと言われるんですよ。


>そして何よりもこれらの否定は雲黒斎さんを否定していることになる。これら全ては雲黒斎さんが述べていることでもあるのだから。

雲黒斎さんを否定してはいけないのですか?それはナゼ?

>書き込みを続けるのは何故なのか?ハンドルネームを隠してまで毎回のように記事の更新の度に批判を垂れるその理由はなんなのか?あなたの目的はなんですか?

何度も書いてるじゃないですか。私は思ったことを書いてるだけ。素朴な疑問を聞いてるだけ。宙というハンドルネームを使わなくなった理由は特にありません。愛着もなかったですし、内容が伝わればよかっただけのこと。使って欲しいなら使ってやっても別にいいですよ?
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-18 21:23:05
特徴ある書き方だからすぐわかるよね。たぶん黒斎さん以外のここの書き込みする人はスピリチュアルかぶれ、お花畑の知ったかのくせに偉そうに講釈垂れてるぐらいの存在にしか見えていないんだよこの人。だからスピを語る(この人には偉そうにみえる)書き込みを見つけると真っ先に反応して絡んで言葉攻めにして相手を貶めるという。いっつもこの人宛でもないのにすぐ絡む絡む(笑)コメント欄の前半は黒斎さん宛ての書き込み中心だけど後半はこの人が登場して絡み絡まれの荒野と化すというのが毎度のパターン。本当お疲れ様です。
 
 
 
そもそも言葉とは何か (通りすがり)
2016-11-18 23:32:10
>スピリチュアル、気付きは言葉では説明出来ない?言葉の外にあるもの?
なぜそう断言出来るのですか?

「言葉」とは文学、哲学、自然科学を元に、それを担保にして初めてその意味を持ち、そして逆にそれらの分野を支えているものと考えられる。

例えば「きれい」、「醜い」といった言葉は文学から派生した言葉であり、我々はその言葉からその概念を学んだに過ぎない。その言葉を知ることで初めて、きれい、醜い、美しい等の概念を手に入れた、認識できていると言える。

つまり「言葉」とは、我々の認識そのものであると同時に生活、所作、さらには社会の全てを指すものといっても良い。

そして、スピリチュアル的な表現でもある「この世」とは、全て「言葉」で説明出来る世界のことでもあり、それは「文学、哲学、自然科学」のことを指しているからとも言い換えられる。

しかし、肝心のスピリチュアルそのものは「あの世」のことであり「この世以外」の世界、または「精神世界」を指している。

つまり、それは「言葉」、「文学、哲学、自然科学」の枠組「以外」の内容だという意味になる。

その結果、「文学、哲学、自然科学」には該当する言葉がない為、新たにワンネス、ノンデュアリティ、エンライトメント、アウェアネス等の造語(名前)を作り出し続け、「私はいない」「全てが起きている」等、文章としては間違いだと指摘されるフレーズであえて語る必要性が出てきてしまうと同時に、これが最も正しい言葉を使った表現(=説明ではない)となる。

しかし、新たな名称、フレーズを作り出したはいいけれど「きれい」「美しい」のような文学といったその担保となる分野の支えがない造語の為、その説明に四苦八苦する。

だから、スピリチュアル、気付きは本来言葉では説明出来ない(言葉だけでは理解出来ない、思考だけでは理解出来ない)、なぜなら、元々言葉の外にあるものを指しているからだと断言出来る。

もし、この「言葉」の認識が誤りだというのなら「言葉」とは何かを、改めて私が理解出来るように説明して下さい。もしくは、悟り、気づきそのものを言葉で説明出来る、理解出来るとする理由を教えて下さい。

あともう一つ、あなたの「動画に答えがあるなら言葉で説明できるということでしょ」が誤りだという説明は、右脳、左脳という言葉とその仕組みをあなたが知っているのなら、音声表現、文字表現の違いという前提で答えてやっても良いですよ?
 
 
 
喧嘩両成敗 (Unknown)
2016-11-19 03:21:12
相手にしている時点で同類だわあんたらw
 
 
 
そもそもの前提が違うだけの話 (通りすがり)
2016-11-19 13:21:58
>動画に答えがあるなら言葉で説明できるということでしょ

誰も動画に答えがあるなんて言っていない。

雲黒斎さんをはじめ古今東西のどのスピーカーだって文字情報、音声情報問わず答えなんて説明していない。全てヒントであり、悟りを指し示す指の説明しかしていない。

そもそも論で説明しますが、こういうあなたの問いかけもスピリチュアル、悟りと学校での勉強、学習等とを同列に考えている証拠。

沢山勉強して言葉の意味を理解して覚えれば「悟り」を知ることが出来る、答えを得ることが出来るという前提からくる質問。

頭で理解出来れば、言葉を覚えれば、悟りを、スピリチュアルの言っていることを理解できるという前提があなたにはあるようだけど、その前提が間違いだという話。

あなたはその前提を疑うことなく盲信的に肯定しているようだからそこから逸れる説明はお花畑に聞こえるんだろうけど、この辺りは第一ステージ、第二ステージ以降という「方便」やキャラクター、プレーヤー、クリエイターという「表現」で雲黒斎さんも散々されている。

「だから、それが本当だという証拠を見せろ、説明しろ」

となるんだろうけど、申し訳ないけどだったらこう理解して下さい。

あなたは気づきを得てないのに対し雲黒斎さん、その他ここの書き込み者達は気づきを得ている。だから話が噛み合わない。

そしてやはりこう言うしかない。

言葉に出来ない、説明出来ない、言葉を覚えたから気づきを得たわけでもスピリチュアルを理解したわけではない。

そんな因果関係もないし時系列もない。

なぜか気づきを得ちゃっただけなんです、と。

前のコメントで引き続きお相手すると言いながらもすみませんが、私からは以上とします(私にもネット以外のリアルな生活がありますんで)。

私が逃げたとでも負けたとでも思っていて下さい。論破できたと思っているあなたが勝ちだと感じていて下さい。他のあなたの質問に関しては、あなたが私に向けた「下らない」という表現をそのままお返ししますので、それが私からのあなたの全質問に対する本音だと理解下さい。

あなたに対する言葉は私にはもうありません。

次の「論客」が現れるまで、ブログに張り付いてブログ主やら他のコメント者やらに絡む時間をお過ごし下さい。

もしくは名無し、NO PLAN、リーソンと名乗っていた方々のあなたの為にわざわざ時間を割いて答えたであろう過去記事のコメントを、もう一度読まれることをお勧めします。答えではなくヒントが書かれています。

そして、最後はそれを全て捨てて下さい。もう文字情報を目で頭で追うのをやめてみて下さい。矛盾して聞こえるでしょうがこのブログを読み続けている限り、コメント欄で答えを求めている限り、あなたはスピリチュアルのことは一生理解出来ませんよ、たぶん。

では、さようなら。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-19 19:53:48
>そして、スピリチュアル的な表現でもある「この世」とは、全て「言葉」で説明出来る世界のことでもあり、それは「文学、哲学、自然科学」のことを指しているからとも言い換えられる。しかし、肝心のスピリチュアルそのものは「あの世」のことであり「この世以外」の世界、または「精神世界」を指している。つまり、それは「言葉」、「文学、哲学、自然科学」の枠組「以外」の内容だという意味になる。その結果、「文学、哲学、自然科学」には該当する言葉がない為、新たにワンネス、ノンデュアリティ、エンライトメント、アウェアネス等の造語(名前)を作り出し続け、「私はいない」「全てが起きている」等、文章としては間違いだと指摘されるフレーズであえて語る必要性が出てきてしまうと同時に、これが最も正しい言葉を使った表現(=説明ではない)となる。しかし、新たな名称、フレーズを作り出したはいいけれど「きれい」「美しい」のような文学といったその担保となる分野の支えがない造語の為、その説明に四苦八苦する。だから、スピリチュアル、気付きは本来言葉では説明出来ない(言葉だけでは理解出来ない、思考だけでは理解出来ない)、なぜなら、元々言葉の外にあるものを指しているからだと断言出来る。

長々と書いていますが、
「あの世?」「精神世界?」とやらが本当にあるのか?
スピリチュアルが本当にそちらの世界に該当するのか?
これらの根拠を示せなければ貴方の主張は成り立たないのでは?

>もし、この「言葉」の認識が誤りだというのなら「言葉」とは何かを、改めて私が理解出来るように説明して下さい。もしくは、悟り、気づきそのものを言葉で説明出来る、理解出来るとする理由を教えて下さい。あともう一つ、あなたの「動画に答えがあるなら言葉で説明できるということでしょ」が誤りだという説明は、右脳、左脳という言葉とその仕組みをあなたが知っているのなら、音声表現、文字表現の違いという前提で答えてやっても良いですよ?

(呆)
私が「必ず悟り、気づきそのものを言葉で説明出来る、理解出来る」と主張したいなら貴方のように必死に考えたかもしれませんが、私は何度も「理由を説明できないのだから断言するべきではない」と言ってますよね?だから説明できなくても問題ないわけです。

お分かりですか?私は「言葉で表現できない」という主張を完全に否定したいわけではないのです。ただ、間違っている可能性もあるのだから断言するべきではないと言ってるんです。

音声表現、文字表現の違いという前提で説明?いったい何を言うつもりだったんですかね(笑)


>誰も動画に答えがあるなんて言っていない。雲黒斎さんをはじめ古今東西のどのスピーカーだって文字情報、音声情報問わず答えなんて説明していない。全てヒントであり、悟りを指し示す指の説明しかしていない。


昔から今まで答えを言えた人がいないからといって「言葉で説明できない」という主張が成り立つわけではないですよね。注目されなかっただけで実はいたのかもしれないし、これから出てくるかもしれない。だから断言するべきではないと言ってるんです。

>そもそも論で説明しますが、こういうあなたの問いかけもスピリチュアル、悟りと学校での勉強、学習等とを同列に考えている証拠。沢山勉強して言葉の意味を理解して覚えれば「悟り」を知ることが出来る、答えを得ることが出来るという前提からくる質問。頭で理解出来れば、言葉を覚えれば、悟りを、スピリチュアルの言っていることを理解できるという前提があなたにはあるようだけど、その前提が間違いだという話。あなたはその前提を疑うことなく盲信的に肯定しているようだからそこから逸れる説明はお花畑に聞こえるんだろうけど、この辺りは第一ステージ、第二ステージ以降という「方便」やキャラクター、プレーヤー、クリエイターという「表現」で雲黒斎さんも散々されている。「だから、それが本当だという証拠を見せろ、説明しろ」となるんだろうけど、申し訳ないけどだったらこう理解して下さい。あなたは気づきを得てないのに対し雲黒斎さん、その他ここの書き込み者達は気づきを得ている。だから話が噛み合わない。そしてやはりこう言うしかない。言葉に出来ない、説明出来ない、言葉を覚えたから気づきを得たわけでもスピリチュアルを理解したわけではない。そんな因果関係もないし時系列もない。なぜか気づきを得ちゃっただけなんです、と。


なぜか気付きを得ちゃった?なのに何故「言葉に出来ない、説明出来ない、言葉を覚えたから気づきを得たわけでもスピリチュアルを理解したわけではない。そんな因果関係もないし時系列もない。」と言えるのですか?気付きを得た理由が分かってなければそんなことは言えませんよね?

>私が逃げたとでも負けたとでも思っていて下さい。論破できたと思っているあなたが勝ちだと感じていて下さい。他のあなたの質問に関しては、あなたが私に向けた「下らない」という表現をそのままお返ししますので、それが私からのあなたの全質問に対する本音だと理解下さい。あなたに対する言葉は私にはもうありません。次の「論客」が現れるまで、ブログに張り付いてブログ主やら他のコメント者やらに絡む時間をお過ごし下さい。もしくは名無し、NO PLAN、リーソンと名乗っていた方々のあなたの為にわざわざ時間を割いて答えたであろう過去記事のコメントを、もう一度読まれることをお勧めします。答えではなくヒントが書かれています。そして、最後はそれを全て捨てて下さい。もう文字情報を目で頭で追うのをやめてみて下さい。矛盾して聞こえるでしょうがこのブログを読み続けている限り、コメント欄で答えを求めている限り、あなたはスピリチュアルのことは一生理解出来ませんよ、たぶん。

単純に「相手がコメント欄で絡んでいる」ということにすれば、指摘された矛盾点と向き合わなくて済むから楽でしょうね。
気付いている人と気付いていない人、いったい何が違うんでしょうね。
いったい何に気付いたんですかね。
気付いてない私には見当もつかない。
 
 
 
宙の負け (いる?)
2016-11-19 21:29:46
>もし、この「言葉」の認識が誤りだというのなら「言葉」とは何かを、改めて私が理解出来るように説明して下さい。もしくは、悟り、気づきそのものを言葉で説明出来る、理解出来るとする理由を教えて下さい。

これに答えないと今回ばかりはあんたの負けw答えてあげたら?ぐうの音も出ない?このまま逃げたら通りすがりに負けた常駐警備員として扱われるよ〜宙の中の人w
 
 
 
反省 (通りすがり)
2016-11-20 00:51:31
今回のやり取りで、気づきは話し合いのテーマにしてはいけないものなのだと改めて思いました。ましてや、ネットで匿名などで素性のわからない者同士で決してやってはいけない、成り立つものではないと。

そして、気づきを「わかっちゃった人々」(と言う本もありますが)は、一律だんまりを決めて静観して普通に暮らしているものなんだろうなとも思いました。

メッセンジャーとして雲黒斎さんのように表舞台に出る方の方が珍しいことで、多くはそのことをわざわざ話すことなく市井の生活を送っていることがほとんどだと聞きます。

釈迦も周りに引っ張り出されて周りが勝手に書物を残したのであって、本人は実は悟った後は、人々への教えなんかどうでも良かったらしい、などという話もありますし。

私の場合、人様のブログの場で赤の他人の書き込みに反応し、説き伏せようとしている時点で気づきを得たばかりの段階にいただけだったんだなと改めて思いました。悟りを知ったばかりの自我がそれを伝えたくて伝えたくて暴れているのだと。「私」が強く残ったままの状態。

今後は、気づきに要らぬ誤解を与えぬようにするのも気づきを得た人間の最低限のお役目らしいお役目の一つなのだと自重して、このブログでは素直に一読者として雲黒斎さんにその解説をお任せした方が良いと心から反省致しました(少しだけ開き直って申せば、今回のような書き込みを自我が抑えきれないぐらいに気づきは勘違いさせやすいものだといういい書き込み例になればと思っております)。

手元の「ラブ、安堵、ピース」を読んで、少し頭を冷やしたいと思います。

以上です。大変失礼致しました。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-20 02:38:24
>このまま逃げたら通りすがりに負けた常駐警備員として扱われるよ〜

お、おう
 
 
 
確かに (Unknown)
2016-11-20 03:23:31
いいサンプルにはなるか。単なる昔の2ちゃんねらーに見えなくないけど。「>」だとか「必死なのがわかります」とか煽りを入れるところが。
 
 
 
断言しない表現? (Unknown)
2016-11-20 12:42:59
では聖書も般若心経も改訂しないといけませんね?最初に言葉が「あったかもしれない」色即是空「かもしれない」空即是色「だと僕は思う」と。
 
 
 
言葉は難しいね (Unknown)
2016-11-20 18:51:28
言葉とは何か?

という通りすがりさんのアプローチは面白い。これ知らないままスピ論じても本当意味がないんで。だけど"わからないことは断定するなと言ってるだけ"と論点ズラし食らうのがオチだったとはね。

かたや言葉に距離を置き、かたや言葉に支配されたまま。だからやりとりがチグハグなのかも。どっち正しいとは言わないけど。

宙さん?の言葉とは何か?からの逃げ恥で終わるのが少し残念です。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-20 18:53:44
なるほど、改定したほうがいいかもね。

但し、「しなければならない」わけではない。

それを証明出来る人は断言出来るのだから。

証明出来る人がいればね。
 
 
 
流れガン無視コメですいませんが (名古屋のバッチコイ)
2016-11-20 18:56:03
少し前のコメントになりますが、広島東洋哲学さんのコメント内容に近いことを思っています。

これに関するリコメントなら乗っかりたいなぁ…
 
 
 
Unknown ((´ι_` )アッソ)
2016-11-20 22:44:00
>但し、「しなければならない」わけではない。
>それを証明出来る人は断言出来るのだから。
>証明出来る人がいればね。

これが言葉遊びなんだけど(´ι_` )
 
 
 
ggrks (Unknown)
2016-11-20 23:21:04
言葉(ことば)は、人間が話す・書くなどの行為をする事によって情報の伝達手段となりうる、意味があるものの総称。

※Wikipedia参照

私は言葉の説明はこれで十分だと思います。シンプルで分かりやすいし納得が出来る。
 
 
 
「いいね!」ボタンがあれば (Unknown)
2016-11-21 01:50:50
一目瞭然なのにね。
 
 
 
??? (Unknown)
2016-11-21 04:39:48
>なるほど、改定したほうがいいかもね。

>但し、「しなければならない」わけではない。

>それを証明出来る人は断言出来るのだから。

>証明出来る人がいればね。


聖書、般若心経が嘘であることを「証明出来る人」もだけど、本当だと「証明出来る人」もいるの?

どちらも元々そんな二項対立で語るようなジャンルの書物ではないよね?聖書も般若心経も。ただ「真理」だからって書かれただけだと思うんだけど、証明なんか抜きに。

どちらかの「証明が出来る人」がいるっていう仮定、理論の話を論法として適用して良いのなら、

>なるほど、「あの世に聞いたこの世の仕組み」「スピリチュアル解体新書」も改定したほうがいいかもね。
>但し、「しなければならない」わけではない。
>それを証明出来る人は断言出来るのだから。
>証明出来る人がいればね。

となるよね?

聖書、般若心経、あの世に聞いたこの世の仕組み、スピリチュアル解体新書は同列に置いていいってことになるけどそれで良いんだよね?
 
 
 
おいおい宙(仮称)って人さあ (さすが2ちゃんねらー)
2016-11-21 09:11:22
言葉とは何かと質問されたら辞書を引いてみせるってさ。だったら「スピリチュアル」も「精神世界」もそうやって自分で辞書なり本読むなりネットサーフィンするなり調べれば解決するのでは?

あなたの毎度のしつこい他人への質問こそ「ggrks」だって気が付けば?

人に聞かれれば「ggrks」
自分が言われたら「質問して何が悪い」

これで意見交換しています?呆れるわ( ゚д゚)
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-21 09:48:26
>聖書、般若心経が嘘であることを「証明出来る人」もだけど、本当だと「証明出来る人」もいるの?

いるかどうか分からないからこそ「改定しなければならないわけではない」と言ってるんですけど。

>どちらも元々そんな二項対立で語るようなジャンルの書物ではないよね?聖書も般若心経も。ただ「真理」だからって書かれただけだと思うんだけど、証明なんか抜きに。

貴方はなぜ聖書・般若心経が真理だと思っているんですか?人が真理だと言い張れば無条件に信じるのですか?今の貴方のように主張が妥当か疑いませんか?


>聖書、般若心経、あの世に聞いたこの世の仕組み、スピリチュアル解体新書は同列に置いていいってことになるけどそれで良いんだよね?

内容を証明できない部分は別に同列に置いても問題ないと思いますよ。同列に置いちゃいけないのですか?


>あなたの毎度のしつこい他人への質問こそ「ggrks」だって気が付けば?

やっぱそうくるよね(笑)コメント欄の発言について「その人がなぜそう思ったのか」をGoogleで調べれば出てくるのですか?(笑)
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-11-21 15:31:05
>やっぱそうくるよね(笑)コメント欄の発言について「その人がなぜそう思ったのか」をGoogleで調べれば出てくるのですか?(笑)

残念ながらGoogleにそのような機能は現在のところありません。

※答えは以上ですが、以下補足です(読み飛ばし可)。

しかし質問者が「その人がなぜそう思ったのか」を「正確に把握した上」でその方に質問するには、Google先生、本や辞書、そして何より自分の頭の読解能力の定期的なメンテナンスは「必要」にはなります。

それを怠ると、毎回エンドレスで尻切れとんぼなやり取りで「やっぱそうくるよね(笑)」という勝ち負けのやり取りに変わるので注意が必要です。あれ?これって質疑応答じゃなかったのかって。

1.まず相手に質問するには、その対象となるコメント、文章の日本語を理解する(Google先生、辞書等で日本語を調べる)。
2.その調べた日本語、単語で成り立つ文と文の間にある文脈、全体の趣旨を理解する(これは沢山の本を読むという下積み的な作業が必要)。
3.そしてやっと最後に質問することが許され、そしてその質問をお互いシェア、共有する関係を築き、ここで初めて意見交換が成り立つ。

この3STEPを踏んで初めて質問者と回答者の関係が正常になり立つのですが、いきなり3.に行く方は勝ち負けバトル「やっぱそうくるよね(笑)」になるので、まずは1.のGoogle先生等で日本語をしっかり覚える必要があります。

また、質問者がこの3STEPを踏まえないと、回答者が質問者の為に手取り足取り日本語、文脈、意図を伝える時間と労力を費やすことになり、質問が単なる嫌がらせ、絡み行為とになるので注意が必要です。
 
 
 
聖書、般若心経は放置して (Unknown)
2016-11-22 03:44:15
現代の覚者のブログの表現は断言するな、証明しろと説明責任を追い立てる。その差は何?

なんか矛盾したこと言ってますね。
 
 
 
ブログ読者という名の単なる「クレーマー」 (Unknown)
2016-11-23 23:51:29
どこにでもある話だし相手にしなきゃいいだけの話。利用している贔屓のお店がバカにされたからって客同士喧嘩しても仕方がない。だから、他のほとんどはゆる〜くスルーしてるんだからスルーすれば良いだけの話。

10000人余の読者はほとんどそうしている。

大した疑問なんて持っていない、初めから意見交換なんてする気のない単なるクレーマーなんだって気づかない方が?と思います。
 
 
 
出たね~♪ ()
2016-11-24 22:23:52
老子、やっと訳してくれましたか~♪

読んだことは無いけれど、たぶん必要なんだと思います。
(  ̄д ̄;)ゞ ポリポリ

たまたま入った店にたまたま有ったら買いますね~♪

やっほいw
 
 
 
Unknown (シーズン)
2018-01-06 11:26:13
『風の噂』じゃなくて『風の便り』ですよね。
^^
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。