撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

箕面山野草の会が育てた箕面市の花であるササユリが咲きました

2021年05月28日 | こんなことがありました!

5 月27日(木曜日)、箕面山野草の会が育てた箕面市の花であるササユリが咲きました。
ササユリは、草丈約50センチメートルで、花びらの長さが約12センチメートルの淡いピンク色の大きな花を咲かせており、約1週間ほど咲き続けるそうです。


ササユリはユリの品種のひとつで日本固有種です。葉がササの葉に似ていることから「ササユリ」と呼ばれるようになりました。
花言葉は、「清浄」「純潔」「上品」「希少」で、ササユリ独自の花言葉である「上品」は端正で美しいたたずまいが由来です。また、「希少」は野生種の数が減少していることに由来しています。ササユリの野生種は、種子から花をつけるまでに7年以上もの歳月を要し、また、病気に弱いことや美しい姿から盗掘されることが多いため、数が減少傾向にあります。
箕面山野草の会の会長である清田栄紀さんは、「昔は止々呂美地区に群生していましたが、近年では休耕の田畑が増えて入りこんできたイノシシが球根を食べてしまうので、ササユリの数が減少してしまっています。美しく華麗に咲いたので、良い香りを楽しんでもらいたいです。」と話されました。

 

<細い茎と大きな花をつけた姿に「華麗」という言葉がピッタリだね~

 

災害から大切な家族や自分の命を守るため、自治会に加入していない、または、お住まいの地域に自治会がないかたに向けて、加入(結成)サポートキャンペーンを実施します。

この記事についてブログを書く
« 箕面市立小中学校で実施され... | トップ | ピンクリボン大阪との懇談が... »
最新の画像もっと見る

こんなことがありました!」カテゴリの最新記事