『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』を観た]

2013-06-17 02:40:00 | 新・物語の感想

 ・・・以下は、書き途中です。(いちお、書き終えました^^)

 必ず、明日には書き終えますので、少々お持ちを!(書き終えましたってば!)

 とりあえず、私が、繰り返し言及している、森雪のお尻と、こんもり股間をお楽しみください^^

     

     
                      ・・・写真を堪能したまえ、タラン君!

☆先ず、予言しておきたいことがあります。

 8月に「2199:最終章」が公開されますが、おそらく、その最後に、このような特報が入るでしょう。

   《特報! 『ヤマト2201』製作決定!!
             『第一章:見えざる脅威』 2015年夏公開予定!!!》


   ◇

 さて、いよいよヤマトは、目的地のイスカンダルを擁する大マゼラン星雲に到達しております。

 前回の死闘によって、敵の大帝国ガミラスの一万隻の大宇宙艦隊は「三ヶ月」の距離のかなたに置き去りにされております。

 これはどういうことかと言いますと、ガミラス軍は、通常のワープ(小規模:ガミラス呼称「ゲシュタムジャンプ」)のほかに、大型のワープ装置「ゲシュタムの門」を用いて、大規模な宇宙空間移動を行なっている。

 ガミラスと地球の中間地点にバラン星があり、ここに、ガミラス正規艦隊のほぼ全て(一万隻)が終結していた。

   

 ヤマトは、一隻でここを突破、バラン星宙域にある「ゲシュタムの門」を破壊しつつ、自分だけはそこを通り抜けると言う、それはもう、私、口が「あんぐり」となるような鮮やかさで、ガミラス軍を、通常ワープ三ヶ月分の彼方に置いてきぼりを喰らわしたのでした。

 いやはや、これって、映画史上 稀に見る痛快展開でした。

 そして、ヤマトの行き着いた先が、大マゼランだったのです。

 ガミラスの兵力は、今や、ほとんど親衛隊のものだけです。

 が、猛将ドメルは健在、デスラーの命により、かき集めた少数寄せ集めの精鋭で、ヤマトと「七色星団の決戦」に挑むのです。

   

   

 本当に練られた脚本である。

 オリジナルでは、確かに、宇宙に版図を広げるガミラスとして、今回の決戦でのドメル艦隊は、作戦上では充分でも、全体においては貧弱の印象があった。

 だが、物語上、ガミラスの台所事情を示したことにより、ドメルの名将としてのやりくりや、

 また、ガミラスは大軍勢なれど、ガミラス絶対防衛圏内では勢力が手薄になっていると言う「状況」が一石二鳥で語られるのである。

 いや、今後、続編が作られるときに、滅亡したはずのガミラスに何故 大艦隊が残っていたのかという答えの提示でもあり、一石三鳥か。

 しかし、とにかく、今回の脚本、何かを展開させると、それに必ず付随して、物語上 厚みを増す「人物」を配置する。

 今回、ヤマトの波動砲口に挿入するドリルミサイルを輸送する発射担当の男は、かつては戦場でならした現在ロートルの歯っ欠け爺様なのである。

 残存兵力の殆どが親衛隊のガミラス軍は、そんな爺様や、劣等種族を正規兵にしてヤマトに戦いを挑んでいて、

 その劣等種族もまた(ここではシュルツと同じ殖民惑星ザルツの二等ガミラス臣民)、個々で、ガミラスへの軍人的な真摯な忠誠なども描かれ、サラリと描いているが、実に深い。

 また、今回の物語後半で、森雪が敵に拉致されるのだが、そこで彼女の警護にあたるのがザルツ人であり、また、貴族的な教育を受けたドメルの奥さんエリーサだったりする。

 おまけに、ガミラス軍のデスラー直近の女性参謀セレステラから、森雪が、ガミラスの崇拝対象であるイスカンダル人のユリーシアと誤認識されていることから訪問を受けたりして、

 ガミラス軍が多種族で構成されつつも、そこに厳然なカーストがあり、だが、その女性高官が異人種でありながら、デスラーによって取り立てられていることも説明される。

 更には、デスラーの「強権の元での全宇宙の平定」と言うラオウイズム(「北斗の拳」)や、そのセレステラを「底知れない慈愛」で側近として抜擢してくれたDIOイズム(「ジョジョ:第3・6部」あたり)も語られる。

 ・・・何か、このリメイク作の改変要素を紐解く時は、必ず、それに付随した、物語に深みを増す展開・演出が為されている。

 それはもう、それこそ、蜘蛛の糸のように張り巡らされれている。

 まさかの、シュルツの娘が、ユリーシア(と思われている森雪)に、お茶を注いで頬をあからめる展開があったり、

     
            ・・・シュルツの娘ヒルデ

 また、セレステラが用意したお茶が貴重品であったりのお茶文化の存在も、ガミラスの文化の一端を垣間見せてくれる。

 ヤマト艦内では、地球人・イスカンダル人(ユリーシア、ベシャリが可愛い)・ガミラス人の女性がパフェをパクつき、

 また、収容所惑星では、ザルツ人・ガトランティス人、親衛隊に星を絶滅させられたオルタリア人、そして、地球人(さよなら藪クン・・・)が、反乱蜂起するのだ。

 さりとて、それらの深き芳醇さは、オリジナルの斬新さがあってだ。

 今回、ヤマトの目的地イスカンダルが、実は、敵であるガミラスと二重惑星であることが判明する。

 旧作を知っている私には既知のことだが、これって、考えれば考えるほど、凄まじい設定だ。

 「希望」と「絶望」がニコイチなのである。

   

 そんなオリジナル要素があってこその、今回のリメイクだ。

 ちょっと不満だったのが、収容所の反乱の展開が、あまりにも都合が良過ぎるのと、

 収容所所長が、逃げるガトランティス人をライフルでハントするシーンがあるのだが、そこに、メーテルっちゅうかエリーサがさして表情も変えずに立っていて、なんか忘れちゃったけど、なんかの情報には反応すると言うのが、違和感ありありだった。

 おいおい、エリーサさんよお、目の前でマンハントが行なわれているんだぜ!

 いやはや、今回の『ヤマト2199』、色んな「イイ女」が出てくるけど、エリーサはベスト3に入るので、気になった次第。

 私の知っているエリーサは、もっと情が濃いはずだ^^;

   
          ・・・ドメルとエリーサ

                                           (2013/06/17)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (まっきい)
2013-06-17 16:25:58
デスラーはラオウ&DIOなんですねぇ。
やはり悪の帝王たる所以なんでしょうか。

本章はこれまでの章の主要人物が再登場してますね。
シュルツの娘さん、ガミラスの女兵士さん…
それにしてもドメルの奥さん、メーテルでしたかw


>特報! 『ヤマト2201』製作決定!!
だとしたら良いなぁ。
まっきいさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2013-06-17 18:45:38
まあ、デスラーのほうがラオウやディオよりも早いですが、今回のような描かれ方はしてないですよね。

あの、篭の鳥を殺していた描写は、今後どのように活きてくるのでしょう。

「星矢」の教皇のような二重人格設定はなしにしてほしいですが。


次で終わりでは寂しすぎるので、「永遠に」くらいまでやってほしいです。

「完結編」は、沖田艦長の扱いが難しいでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』 彼らは442だった! (映画のブログ)
 遂に公開された第六章には深く考えさせられた。  『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章 到達!大マゼラン』が面白いのは判りきっている。なにしろシリーズ最大の見せ場ともいえる、七色星団の決戦が描かれるのだ...
宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達!大マゼラン」  (真・天文台)
監督:出渕裕 脚本:森田繁・村井さだゆき・大野木寛
『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章/到達!大マゼラン』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
デスラー暗殺未遂事件はゼーリッツ一派によるクーデターと判明、嫌疑が晴れたドメルにデスラーよりヤマト討伐の命が下される。難所とされる七色星団の迂回コースを進言する島に対し、沖田艦長は敢えて危険な最短コースを取ることを決断するが、ドメルはそれを読み艦隊を率...
宇宙戦艦ヤマト2199 第六章  総監督/出渕 裕 (西京極 紫の館)
【声の出演】  菅生隆之(沖田十三)  小野大輔(古代 進)  桑島法子(森 雪/ユリーシャ)  大塚明夫(ドメル) 【ストーリー】 大マゼラン銀河に到達したヤマトを迎撃しようと、デスラー総統の命によりドメル将軍率いる空母艦隊が出撃。宇宙の難所七色星団で両....
『宇宙戦艦ヤマト2199 第六章到達!大マゼラン』を新宿ピカデリー1で観て、意気上がるふじき★★★★(ネタバレ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★不満はあるが「そう来やがったか」な展開にワクワク】 ピカの一番でかい劇場が、毎回満席か、満席近く。よきかなよきかな。 まず、ピカデリーに午前11時 ...
宇宙戦艦ヤマト2199/第六章 到達!大マゼラン (だらだら無気力ブログ!)
第6章が今までの中で一番面白いかも。
宇宙戦艦ヤマト2199 第6章 到達!大マゼラン (健康への長い道)
 本日より公開の第6章を早速観てきました。新宿ピカデリーで今日上映される全ての映画の中で、最もチケット完売率が高いようです。  僕が鑑賞した10:25の回は、堤真一さん主演の『俺はまだ本気出してないだけ』(今度観るつもり)も初日舞台挨拶とも時間が近かったら...
宇宙戦艦ヤマト2199 第六章(第十九話~第二十二話) (ホビーに萌える魂)
宇宙戦艦ヤマト2199の第六章を鑑賞しました。ドメル機動部隊と七色星団海戦、第442特務小隊によって雪が拉致され、ヤマト修理でガミラスの第十七収容所惑星レプタポーダへ。そしてイ ...