万福寺 大三島のつれづれ

瀬戸内・大三島 万福寺の日記です。
大三島の自然の移ろいと日々の島での生活を綴ります。

猿捕り茨(さるとりいばら)

2013年10月28日 | Weblog
                     

 実の沢山付いた「猿捕り茨」の蔓をいただきました。早速玄関ロビーの柱の掛け入れに挿して見ました。何とも佳い風情が

かもされました。以前にも書きましたが、「猿捕り茨」は「さんきらい」とも呼ばれています。大三島では「ぼての実」とも呼び

ます。「ぼての葉」はだんごをくるんで柏餅の様に使うのです。

 今日いただいた「ぼての実」は見事です。こんなに実の付いたのは何処の山にあるのでしょうか、


                        
コメント

献菊

2013年10月27日 | Weblog
                           


 今朝、野々江の大内博三さんが大輪に育てられた菊鉢をお持ち下さいました。今年は天候不順で佳い菊がないのですが・・・、

と云われますが、向拝や山門などに置くとパッ精気が漂い始めます。

 大内さんはみかん園を手広くされておられるのですが、菊の育成や巨大な瓢箪作りなども楽しんでおられる方です。いつも感動

をいただいております。

 今年もご参詣の方々の心が和むことでしょう。ありがとうございます。



              
コメント

しまなみサイクリング大会

2013年10月20日 | Weblog
 10/20(日)今日は生憎の空模様で雨が降ったり上がったりのお天気ですが、「しまなみサイクリング大会」が行われていま

す。来年、’14年にしまなみサイクリング世界大会が行われるそのプレ大会として今日行われているのです。今治をam7時に

今治の吹上げ城を出発してしまなみ海道を渡って、大島(43㎞コース)、伯方島(61㎞コース)、大三島(109㎞コース)

と走るコースです。合わせて3千台の自転車が走る分けです。

 am11時頃県道に出てみるとサイクリングの集団が走っていました。口総峠まで行ってスナップ写真を撮ってみました。口総

峠は難所の一つでしょうが皆さん頑張って漕ぎ上っていました。


            
コメント

初嵐が咲いて

2013年10月18日 | Weblog
 台風26号は東京都下伊豆大島を直撃し、50名を越える死者、行方不明者があって痛ましい災害となりました。深い痛みを感

じます。お悔やみを申し上げるとともに被災された方々にお見舞いを申し上げます。

 

 台風26号頃から鉢植えの初嵐椿蕾が沢山咲き始めていました。今夕カメラにおさめておきました。こんなにも沢山の初嵐が咲

くのは始めてのことです。初嵐とは台風の頃に咲くからの意味を持っているのでしょうか、昨年の今頃は「西王母椿」が盛んにさ

いていたのですが、今年ははまだ姿が見えません。

 
          
コメント (1)

永照幼稚園運動会(えいしょう)

2013年10月14日 | Weblog
                     


 10月の3連休は絶好の秋日和、やっと懐かしい秋になりました。中日の昨日13日に広島の孫蓮南(れんな)の通っている永

照幼稚園で運動会が行われました。末っ子ですから幼稚園の運動会は最後になる分けで坊守は一番の広島行きバスで出かけました。

私(住職)は今回も行くことは出来ませんでした。が、終日秋らしい涼やかな好天気なので佳い運動会であろうと喜びを感じてい

ました。

 夕方、坊守が帰って来て、「沢山の園児なので蓮南(れんな)を見つけ出すのが大変で写っているかどうか・・・」とカメラ開い

て見せてくれました。まァまァ写っていました。

 孫の運動会や広島カープが甲子園で連勝したことや何やかやあって久し振りに嬉しい日でした。何よりも涼しい一日であったこ

とが何よりです。
コメント

秋の草花

2013年10月11日 | Weblog
 台風が過ぎても昼間は真夏日、中々衣替えが出来ないままに報恩講をお参りしております。挨拶言葉は「今日も暑いですネ」。

エアコンや扇風機がまだ活躍していますから驚いてしまいます。このまま行けば南極や北極の氷が融けてしまうのもそう遠くなさ

そうです。

 海草を刈り取って生計を建てているご門徒に聞いたのですが、テングサもヒジキも妙な海草が蔓延していて収穫が僅少ですと、

海水温が上昇して生態系が狂って来ているとのことです。

 秋の野や庭を彩る草花も咲くことは咲くのですが、元気が見られません。



                    
        ほととぎす         白水引草            ミニローズ         見返り草          大文字草 
コメント