ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

“ユタと愉快な仲間たち” 番外編 「卒業旅行 The 3名様」

2015-01-31 10:45:08 | ユタと愉快な仲間たちシリーズ
[3月20日15:11.JR新宿駅・埼京線ホーム 稲生ユウタ、マリアンナ・スカーレット、イリーナ・レヴィア・ブリジッド]

〔本日もJR東日本をご利用くださいまして、ありがとうございます。1番線に停車中の電車は、15時16分発、各駅停車、大宮行きです。発車まで、しばらくお待ち願います〕

 言ってしまえば喧騒の一言で片付いてしまう駅。
 JR東日本の本社があり、乗降客数で言うなら東京駅よりも多い。
 初めて本格的に「駅メロ」と呼ばれる、発車ベルがメロディー化した駅として有名。
 90年代導入当初の単調なピアノ曲や、鐘の音だけのシンプルな発車メロディを覚えておられる方も多いだろう。
 作者は中央・総武線各駅停車ホームで流れていた鐘の音が好きだったのだが。
 その次が、眠くなるような埼京線ホームのピアノ曲かな。
 今では、殆ど目が覚めるようにパンチの効いた曲ばっかりだ。

 さて、その中を歩く3人連れがいた。
 1人はスーツを着ている
 もう2人は外国人。
 そのうちの1人はモデルと見間違えるほどに背が高い。
「じゃあ、ここにしましょう」
「ユウタ君は運転室の付いた車両が好きねー」
「いや、ここが1番空いてるんですよ」
 スーツを着ているのは稲生ユウタ。
 そのユタに、からかうように言った背の高いのはイリーナ。
「はは……」
 小さく笑うのはマリアだった。
 乗り込んだのは大宮方面では最後尾となる車両。
 朝のラッシュ時には、女性専用車に指定される車両だ。
 無論、冒頭の時刻をご覧頂ければ分かるが、今は指定時間ではない。

〔「この電車は15時16分発、埼京線各駅停車の大宮行きです。途中の武蔵浦和で、後から参ります快速、川越行きに接続致します。……」〕

「ユウタ君、卒業証書見せて」
「あ、はい」
 ユタはイリーナに言われると、カバンの中から2つ折りのホルダーを出した。
 それを広げると、片面に卒業証書が平面の状態で保存されている。
「僕の大学では、こういう状態で渡されるんです」
「“ベタな卒業証書の法則”だと、円筒か角筒に入れるのにねぇ……。でもこの方が変に丸まったり折れたりしないから、保存状態は良くなるわけか」
「そのようで……」
「じゃあ、私も免許皆伝の儀式はこれにしようかな」
「イギリスに魔法学校みたいなものができてからにした方がいいんじゃないですか」
 マリアは冷静に突っ込んだ。

 りんかい線の電車はパンチの効いた発車メロディの後、定刻通りに発車した。

[同日15:58.JR北与野駅 上記メンバー]

 ユタ達を乗せた電車が北与野駅に滑り込む。

〔きたよの〜、北与野〜。ご乗車、ありがとうございます〕

 各駅停車しか止まらない駅ではその各駅停車でさえ、発車メロディもそこそこに、すぐに発車して行ってしまう。
「そうそう。ユウタ君、魔道師の修行なんだけどね。基礎教養の為に、最初のうちはマリアの家に泊まり込んでもらうって話は聞いてるよね?」
「え?ええ、まあ……」
「すぐに来いとは言わないわ。ただ、場所が場所だけに、休みの日であっても、なかなか遊びには行けなくなるから、今のうちに卒業旅行とか行きましょう」
「実は、何の準備もしてないんですが……」
「準備ならできてるよ。ま、ご家族と楽しむ方が優先だからね。その後でいいからね」
「ど、どうも……。(どこへ連れて行かれるんだろう……?)」

[同日16:15.ユタの家 上記メンバー]

「まあ、どうぞ」
「お邪魔しまーす」
「失礼します」
 2人の魔道師師弟を招き入れるユタ。
「威吹君が魔界に行っちゃって、寂しくない?」
「いえ、大丈夫です。こまめにマリアさんが来てくれるようになりましたし……」
「うんうん。ユウタ君は何も心配しなくていいからね」
「お茶、入れますので」
 ユタはスーツの上着にネクタイを外すと、台所へ向かった。
 その間、師弟コンビが話す。
「威吹君と、さくらさんは新婚生活スタートか」
「いや、まだでしょう。大水晶に長年閉じ込められていたということで、そのケアをすると大師匠様が……」
「どうせジジィ世代の責任なんだから、そっち側に責任取らすわよ」
 で、続けて、右手の人差し指を自分の唇に当てる。
「大水晶のことは、威吹君には内緒ね」
「魔界に神社を建ててあげて、そこに住まわせるというのもその一環ですか……」
 マリアは呆れた。
「あなたも1人前になれば分かるわよ」
(1度は1人前になったんですが)
 という言葉をマリアは飲み込んだ。
 その資格を剥奪されたのは、自分のせいではあるから。

 しばらくしてユタが紅茶を入れて来た。
「ありがとうね」
「いえ、どうぞ。それでその……旅行というのは……。まさか魔界に?」
「魔界には、あなたが正式に魔道師見習になったら連れて行ってあげる。カリキュラムの課程上、どうしても魔界に行かないといけない所があるからね。まずは基礎教養を身に付けてから。次のステップで、魔界に行く所が出て来る。威吹君にもその時、会いに行けばいいよ」
「なるほど……」
「逆を言えば見習とはいえ、魔道師になった時点で、人間界とは一歩さよならすることになる。だから、今のうちに人間界を満喫するといいと思うわけ」
「何か、凄いなぁ……」
「まあ、別に今生の別れってわけじゃないけどね。むしろ、魔道師になると今生も来世も無くなるから。ただ、普通の人間を辞めることになるから、もう2度と普通の人間の視点で人間界を見ることはできなくなるってことかな」
「はあ……」
「どこか行きたい所ある?」
「そうですねぇ……」
「ユウタ君の好きなパターンで、鉄道もいいかもよ」
「鉄道ねぇ……。あ」
 ユタも一緒にズズズと紅茶を飲んで、ふと思った。
「北海道。大学に入ってから行こうとしたんですけど、結局行けなかったんですよ」
「北海道ね。幸い、私の知り合いもいるから何とかなりそうだわ」
 イリーナはニヤッと笑った。
「色んな所にお知り合いがいるんですねぇ」
 ユタが感心していると、
「まあ、1000年も生きてるとね、世界中のあちらこちらに知り合いができるわけよ」
 イリーナは得意げに答えた。
「良くも悪くもね」
 ボソッとマリアが補足したかのように言ったのを、イリーナは華麗にスルーした。
コメント (2)

“新アンドロイドマスター” 「その頃、南米では……」

2015-01-30 19:51:35 | アンドロイドマスターシリーズ
 アメリカのイリノイ州シカゴで、アメリカ人エージェントのレイチェルと日本人エージェントのコードネーム“ショーン”がイスラムの武装テロリスト達と戦っている間、南米ブラジルでは、極左ゲリラがテロ事件を起こしていた。
 場所はサンパウロの日系企業が多く集まる地区のとあるビル……。

「いや、だから、テロ事件が発生してるんだって!信じてくれよ!」
 イスラムの武装過激派よろしく、南米の極左ゲリラも覆面で顔を顔し、手にはマシンガンを抱えている。
 多くの関係者が右往左往する中、ケータイ片手に深刻な会話をしている男がいた。
 年齢は30代半ば。
 オフィスが複数のテロリスト達に占拠されている中、1人電話でモメている。
{「私の誕生日に会えないですって!?」}
 電話の向こうでは若い女性の憤怒の声が聞こえる。
 それに対する男の反応が上記だ。
{「シカゴのビルがイスラムの過激派に占拠されたってのは聞いてるわよ!だけど、ブラジルのはニュースになってないわよ!」}
「いや、今発生したばっかりなんだって!」
 さすがに敷島の行動に、1人のテロリストが怪しんで近づいてくる。
「おい。そこのお前、何をしている?早く電話を切れ」
 英語で男に注意する。
「うるさい!こっちも今深刻な状況なんだ!」
「!」
 男はテロリストが突きつける銃にもろともせず、テロリストに怒鳴りつけた。
「……おい、あの男、何者だ?ただの日本人ではないな?」
 テロリストは男の剣幕に一旦退くと、仲間に問い質した。
「入館証の番号と入館者リストを照会する」
 仲間はすぐにPCのキーボードを叩いた。
「……こいつぁ、スゲェ!」
「VIPか?」
「元JARAの職員ですよ。タカオ・シキシマ。あの世界的マッド・サイエンティスト、ドクター・ウィリアム・フォレストと決戦したことで有名です」
「ほほぉ……。で、何の電話してるんだ?ベルモント、お前、日本語少し分かるだろ?」
 と、テロリストはまた別の仲間に振った。
「……どうも、奥さんに浮気を疑われてるみたいですね」
「はあ???」
{「そんなタイムリーにテロリズムに巻き込まれるなんて、タイミングが良過ぎるわ!」}
「あー、分かったよ!だったら、テロリストと替わるから、そいつと直接話せや!」
 敷島は近くにいたテロリストに声を掛けた。
「あー、ちょっとそこのキミ!そこのお兄ちゃんだよ!悪いけど、ちょっとうちの奥さんと替わってくれ!今、テロ中だって言ってくれればいい!」
 敷島はマシンガンを持ち、マスクをした若い男にケータイを渡した。
 テロリストは訝し気にケータイを受け取ると、マスクを取って、
「アロー?」
 と、ブラジルの公用語であるポルトガル語で『もしもし』と言った。
 だが、その声のオクターブが意外に高い。
「ん?……えっ!?……お、女ぁ!?」
 イスラムのテロリストで女性は珍しいが、南米の極左ゲリラでは割と普通にいるという。
 それを敷島は知らなかった。
「何カ知ランガ、モウ1度オ前ニ替ワレト言ッテルゾ?」
 若い女性テロリストは、片言の日本語で敷島にケータイを返してきた。
「ぅあぁあ……」
 敷島は絶望的な笑いを浮かべて、もう1度電話に出た。
{「離婚よ!後で弁護士を寄越すわ!!」ブツッ!}
「待ってくれ、アリス!」
 敷島、絶望か!?

 だが、ようやく日本にも、ブラジルで日系企業の多く入居するビルが地元の極左ゲリラに占拠され、人質多数とのニュースが入ってきた。
 所有権がウィリアム・フォレストこと、ドクター・ウィリーから孫娘のアリスに継承された、マルチタイプのガイノイド(女性型アンドロイド)が、
「アリス博士、あまりお怒りが過ぎると、お腹の子に影響が出ますよ」
 と、なだめるように言った。
 名前はシンディ。旧ソ連で7機製造されたマルチタイプの3号機である。
「うるさい!」
「情報収集しましたが、ブラジルのサンパウロでテロが発生しているのは事実のようです。プロデューサーはボーカロイドを世界に売る為に、地球の裏側に……」
「ブラジルに行くなんて聞いてないわ!」
(マタニティ・ブルーってヤツかしら?)
 女主人の怒りに、シンディはそう思った。
「シンディ、こうなったらとっておきのカスタマイズをしてあげるわ。タカオをここに連れてきなさい」
「は?プロデューサーはブラジルですよ?飛行機で片道20時間……」
「お黙り!天才のアタシの腕をナメんじゃないよ!」
「も、申し訳ありません……」

 で、取り上げられた敷島のスマホにメールが着信する。
 敷島の浮気相手と間違えられた女テロリスト(メリー・ハラダ 18歳)は、祖母から教わった日本語を元にその内容を読んだ。
「『“しおさい”が翌日に入線する』ドウイウ意味ダ?」
 メリーはジャキッと敷島に銃を突きつけた。
(シンディがこっちに向かって来てるってことか……)
 シンディは金髪で、青いコスチュームを着ている。
 黄色と青のコントラストが、JR255系電車を使用した総武本線特急“しおさい”号などに似ていると敷島が表現したからである。
(シンディのヤツ、アリスの命令で俺を鉢の巣にするんじゃないだろうなぁ……)

 アメリカのシカゴで起きたイスラム過激派のテロが失敗したことがブラジル国内でも報道された。
 共産主義世界においては、宗教は全て否定すべき存在である。
 それを推進する極左ゲリラのテロリスト達は、そのニュースをせせら笑った。
「インチキな神など崇めるからこうなるのだ。我々はそのような不確かな者などの力を借りることなく、己の力で一致団結してこの活動を成功させようではないか!」
 気合を入れるテロリスト達。
 宗教テロにおいては、その指導者などに仲介を頼む方法があるが、思想テロとなるとそうもいかない。

 翌日、事態が一変した。
「やれやれ……。私もオーナーの命令は絶対的と自己設定しちゃったもんだから、テロ・ロボットに逆戻りか……」
 両足にジェットエンジンを装着し、ブラジル入りを果たしたシンディ。
 当然、勝手な入国に軍隊に追い回される結果となった。
 戦闘機が機銃掃射してくるが、シンディには当たらないし、当たっても効かない。
「フンッ!」
 そのうちシンディは戦闘機のエンジンを1機だけ破壊して、操縦不能に陥らせたりした。
「直接撃墜してないから大丈夫だよね?」
 と、言い訳してみる。
 そのうち、現場となっているビルが見えてきて、一気に突っ込んだ。
 当然、慌てふためくテロリスト達。
「さあ!ここにいる私のユーザーを渡しなさい!さもないと鉢の巣に……あ、あれ?」
 シンディは右手をマシンガンに変形させ、現場となっているはずのオフィスに突入した……はずだった。
 しかし、誰もいない。
「シンディ、遅かったじゃないか!」
 そこへ奥から敷島がやってきた。
「な、なに!?」
「早いとこ、こいつ連れてズラかるぞ!今、治安部隊が突入してる!」
 敷島はグルグル巻きにしたメリーを引きずり出した。
「いいか!?アリスの前で、『私はただのテロリストです。浮気相手ではありません』って言うんだぞ、分かったな!?」
 メリーは震えてコクコクと頷いた。
「というわけだ、シンディ!早いとこ日本に戻るぞ!」
「ちょっと!あんたの出国手続き、どうするのよ!?」
「バカ野郎!そんなこと言ってられるか!こちとら離婚の危機が迫っとるんじゃい!!」
「で、でも……!」
「うるさい!早く飛べ!!」
「は、はい!」
 シンディは敷島とメリーを抱えて、ジェットエンジンを吹かした。

 で……。
「な?俺、浮気してなかっただろ!?な?な?」
「そうね。今回は私の早とちりだったわ。反省する。だからあなたもブタ箱で反省してなさい」
「は!?」
「敷島孝夫!もろもろの法律違反で逮捕する!」
「ちょっと!何で、アタシが押収物件なのよ!?」
 証拠物件として押収されるシンディ。
「お家に帰してーっ!!」
 既に亡き祖母の祖国に拉致されたメリーは、泣きじゃくっていたという。
 だが、メリーの仲間達は治安部隊突入の際、ほとんどが射殺されたということだから、ある意味ラッキーだったかも。

 テロリストを泣かす男、敷島孝夫。彼の今後の活躍に乞うご期待!!
コメント

本日の雑感 0130

2015-01-30 15:18:52 | 日記
 東京は今年初の積雪に見舞われた。
 勤務先から埼玉まで帰るのに当たり、何も支障は無かったが、今日の勤務シフトに入った人達はさぞかし大変だっただろうと思う。
 ようやく連続勤務も終わり、時間にも少し余裕ができたので、日記ではあるものの、更新を再開することができた。
 その間に、顕正会で大きな動きがあったようだ。
 具体的には組長以上にも顕正会版御本尊を下附させるとのこと。

 第一報は不明だが、私は厳虎独白で地獄耳氏なるコメント投稿者から知った。
 これに合わせ、トチロ〜さんも御自身のブログで取り上げておられる。
 顕正会における御本尊下附の意味合いは、日蓮正宗と異なる点がある。
 後者は簡単に言えば、日々の勤行の為に御宗門から貸与されるものである。
 もちろん、ただ単に借りられて終わりではない。
 その御本尊を御安置するための仏壇やらお樒やら、全て取り揃えなければならない。
 取り揃えた後も、それで終わりではなく、御給仕もしなければならない。
 はっきり言って、私のような不良信徒にできることではないのだ。

 では、顕正会における御本尊下附の意味合いとは何なのか。
 ただ単に預かった会員が、日々の勤行をする為の御本尊ではないのか。
 もちろん、それもある。
 しかし、それとは別に法華講と大きく異なる点がある。
 それは、その御本尊の御前で入信勤行が執り行える点である。
 周知の通り、顕正会には寺院も無ければ御僧侶もいない。
 入信勤行と呼ばれる入信の儀式は、全て在家である幹部会員が行っているのである。
 多くは会館の礼拝室で行われ、私も東京会館で受けたのだが、宗門寺院よりも、創価学会の会館よりも数の少ない顕正会会館に気軽に参詣できない人は少なからずいる。
 そういう人達は自宅拠点と言って、顕正会から貸与されている御本尊を持つ家庭に行き、そこで入信勤行を受けるのである。
 私がかつてお世話になっていた上長達(支隊長以上)の殆どは、御本尊が下付されていた記憶がある。
 中には班長クラスの人もいたが、親が元・妙信講員で、その名残で持っているというパターンだった。

 つまりそれを組長以上に拡大する、ということである。

 それは何を意味するのか。

 ぶっちゃけ、私の元にも御本尊が届く恐れがあるということである。
 知っている人は知っているけど、私も元組長だから。
 で、顕正会には退会制度が無い。
 除名制度はあるから、正式に除名された人の所には届かないだろう。
 しかし、私は正式に受けていない。
 逆に、未だに顕正新聞が送り付けられてくるくらいだ。
 未活動会員にはさすがに御本尊を押しつけることはないだろうが、もし仮に判断基準として、
「例え未活動状態であったとしても、顕正新聞を購読している者は実質的に活動会員とみなし、御本尊下附の対象とする」
 となった場合、めでたく私もその対象となるわけで……。
 今の支部に所属してからずっと内得信仰を続けてきたわけだが、宗門より先に顕正会の御本尊を手にしてしまうという笑うしかない状態が発生するわけで……。
 1度、宗門から御本尊を下附されたものの、取扱いに困って返納した経緯の不良信徒の元にも送られてくるわけである。
 顕正会の、ヒラから2番目の組長が手にした場合、一体どうなるかは明白であろう。

 顕正会員宅付近のゴミ集積場を、燃えるゴミの日にチェックした方がいいかもしれんな。

 尚、これに対し、パラパラ茜さんは全く触れていないし、すかいみかん氏は事実無根を訴えている。
 パラパラ茜さんは一応、顕正会の会館を参詣し、顕正新聞も購読しているようなので、もし情報が真実であれば、知っているはずである。
 それが全くブログにアップしないということは、まだ一般の会員に知られていないか、実際に御本尊が下附されるまでは緘口令が出ているのか……。
 いや、彼女のことだから、ヒラ会員ってことはないだろう。
 私でさえ組長だったし、それどころか班長昇格の話もあったくらいだぞ。
 それとも女子部や婦人部は、出世の基準が男子部とは違うのか。

 まあ、いいや。
 まだ顕正新聞の1月25日号は手元には届いていない。
 或いは次の2月5日号かもしれないし。
 もし何か情報が入ったら、このブログでお知らせしよう。

 しっかし、宗門より先に顕正会版御本尊を手にしてしまったら、笑うに笑えんな……。
 もし宗門信徒で元顕正会組長以上の手に渡った場合、元顕正会員であることを隠していた人は寺院に持って来た時点でバレるということだな。
 これであなたも、めでたく「悪評高い元顕正会員」のレッテル貼られの仲間入りだ。おめでとう!
コメント (7)

お知らせ

2015-01-29 23:45:20 | 日記
本日の冨士参詣深夜便は、都合によりお休みさせて頂きます。

30日15時以降に再開を予定しております。
コメント (3)

本日の雑感 0128

2015-01-28 21:51:06 | 日記
招き入れ、数十分で殺害か=容疑の女子学生―愛知県警(時事通信) - goo ニュース

 小説のネタが無いわけではない。
 ただ、1つ書くのに2時間くらい掛かるので、時間が無いだけだ。
 なるべく更新に穴を開けたくはないので、その場合は日記にしている。
 日記なら比較的短くて済むからだ。
 さて、イスラム国の人質事件も深刻だが、あえて国内に目を向けてみよう。
 大阪府警の現役警察官が二股掛けていた女性を殺した事件も去ることながら、宗教の勧誘という言葉が出て来たので、こちらを取り上げてみたい。
 前者の二股野郎は死刑でOKだしね。
 警備員の方がよっぽどマジメにやってるとだけは声を大にして言わせて頂こう。
 警察の給料の半分ぐらいしかもらえないから、非婚一択しか無いけどね。

 サイコパスは死なないと治らない。
 加害者の名大生の名前は、大内まりあという。
 2ちゃんねるでこの実名はもちろん、顔写真まで晒されていた。
 その容貌たるや、パラパラ茜さんが絶世の美女に見えるくらい【お察しください】。
 最初、この宗教の勧誘というのは顕正会かと思った。
 そしたら違う。どうも、エホバの証人らしいとのことだ。
 しかしエホバの家庭訪問は2人一組というイメージがあるのだが、単独で来ることもあるのだろうか。
 異流儀・顕正会は仏縁もまだあるから命までは守ってくれるが、仏縁などゼロに等しい外道の新興宗教は命すらも守ってもらえなかったということか。
 冷たい話だが、顕正会お得意の十界論で話すと、物凄くピッタリあてはまって気持ちいいんだ。
 ただ、加害者に人権無しと言っておきながら、顕正会員に十界論を語らせると、何故か被害者の人権も剥奪されるのだが。
 しかしこれ、たまたまエホバだからそんな冷たいことが言えるが、顕正会や法華講だって他人事ではないかもだぞ。
 多分、対策としては単独で行くことはない……こともないか。
 私の今の支部の紹介者さん、単独で来てたもんな。もしかして、ぼっちなのか?
 えー、私が前にお世話になっていた塔中坊では私1人に対し……【トチロ〜さんに聞いてくれ】。
 顕正会では入信してすぐ折伏に駆り立てる傾向があるが(今でもあるのか?)、地獄界の相の強い新人に折伏させて、冒頭の記事のような事件に巻き込まれないようにしてもらいたい。
 法華講は……まあ、そんなことも無いだろう。
 妙観講は入信して早々折伏やらせそうだけど、“慧妙”のアポ無し折伏隊の動向を見ると、逆に1人で折伏させることはなさそうだ。
 私も何かしらの自衛手段を用意してから、折伏に当たらないといけなくなるな。
 まさか、
「折伏の最中に死ねれば、無条件で成仏」
 なんて言うんじゃあるまいな?

 大内に殺された婆さんの様子を見るに、長生きの秘訣ってのは、意外とあまり外に出ないことなのかもしれない。
コメント (1)