ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

今日は暑かった。

2013-06-29 20:06:30 | 日記
 “ボーカロイドマスター”より。まだ続き。

 南里の葬儀が終わり、そろそろ1ヶ月が経とうとしていた。つまり、まだ四十九日は明けていないということだ。
 それでも敷島達は南里の遺品整理を行わなくてはならなかった。
 この1ヶ月、色々とあった。
 それを一筆するのは難しいが、まずはエミリーが遺言の“一部”を話した。それは南里の遺産相続のことで、案の定というか、唯一の弟子で在り続けた平賀に譲るというものだった。ロボット研究分野で名を馳せた南里に師事したがる若い研究者は多かった。しかし南里の性質上、最後までついて来られたのは平賀ただ1人とされる。赤月は大学で研究室が同じだったというだけで、特に師事しているというつもりは無かった。
「つまりはこの研究所、平賀先生のものということになりますよ?」
「そうですねぇ……。でも自分は既に大学に研究室がありますし、家でも十分研究はできますから。ここは財団か大学に譲ろうかと」
「大日本電機でも、さすがに要らなさそうですね」
「本当に大丈夫なんですか、敷島さん?」
 悪は栄えずというか、大日本電機が外国企業からM&Aを受ける可能性が俄に出てきた。もしそうなれば、エミリーの量産化どころではなくなるだろう。ヘタすると七海やボーカロイドの量産化プロジェクトそのものが無かったことにされる恐れがある。
「まだ私若いですから、リストラされた場合の再就職先もすぐに見つかりますよ、きっと」
「何でしたら、財団関係で何か仕事が無いか探してみますよ?」
「いや、ありがたい話ですが……」
「でも、せっかくボーカロイド・プロデューサーとして、脂が乗ってきたところなのに……」
「赤月先生の方が実力は上ですよ」
「ナツはそもそも研究者ですから。専門のプロデューサーにはなれません」
「ねぇ、ちょっと!これ、どういうこと!?」
 MEIKOが新聞紙を持ってくる。そこにも、大日本電機がM&Aを受ける可能性が高いという記事が掲載されていた。
「プロデューサーが所属されている部門が整理される恐れがあるそうですよ?」
 KAITOも深刻な顔をしていた。
「もう南里ロボット研究所も無くなるのに、兄ちゃんいなくなっちゃ嫌!」
「あのなぁ、お前ら」
 平賀が呆れる。
「敷島さんには敷島さんの人生があるんだ。お前達だって財団直轄管理になったことだし、今後のことについても何も心配ないから」
「そういうことじゃないYo!」
「そうですよ。プロデューサーあってのボク達だったのに!」
「俺自身、どうなるか分からないんだ。大日本電機自体が無くなれば、俺もそこでの職を失うことになるわけだし、最悪お前達とはお別れになるかもしれない」
「ミクが1番悲しみます」
 ルカは俯き加減に言った。
「そのミクだって、大日本電機が無かったら会うこともなかったんだ。しょうがないよ」
「とにかくだ。敷島さんだって大変なんだ。あまり未来のことは話さないようにしよう。何かあったら敷島さんの方から話してくれるから。この話は取りあえずこれで終わり。分かったな?」
「……はい」

 その頃、のぞみヶ丘中央公園では……。
「……足元は暗いけど♪ただひたすら信じて進もう♪例えこの先♪絶望が待ってても♪希望が待ってても♪……」
 ミクが1人歌っていた。歌い終わると、たまたまそこにいた近所の住民達が拍手をしてくれた。
「さすがボーカロイド!」
 ミクは住民達に向かって、何度かお辞儀をした。
 そんなミクを見つめる者が1人いた。
 ミクが公園から出ると、
「ちょっと、そこのあなた」
 長い金髪を向かって左側にサイドテールにした女性は、ミクに話し掛けた。
「はい、何ですか?」
「あなた、ボーカロイドでしょ?この近くに南里ロボット研究所があると思うんだけど……」
「あ、はい。わたし、そこの所属……でした」
 ミクは女性が自分と同じ機械の体であると見抜いた。しかし、ボーカロイドのデータには入っていない。その他のメイドロボットやマルチタイプはデータに無いので、そちらかもしれない。
「私、シンディっていうの。訳あって財団には所属してないんだけどね」

 ミクはシンディという名のガイノイドを研究所まで案内した。
「南里博士のお墓参りをしてきたんですか?」
「そう。そしてその後、ドクター南里の関係者に御挨拶していこうと思ってね」
「そうなんですか」
 そういった会話をしながら、ミクはまるで知っている誰かと話している気分になった。ここにいるシンディはもちろん初対面だ。しかし、誰かに似ている。
 その時、研究所の中から険しい顔をしたエミリーが飛び出してきた。
「初音ミク!そいつから離れて!!」
 エミリーは既に右手をマシンガンに変形させていた。
「えっ!?」
 その時、気づいた。エミリーに似ていると。
「別に、戦いを挑みに来たわけじゃないのよ。エミリー姉さん」
「何だ何だ?!」
「どうした、エミリー!?」
 その時、平賀が気づいた。
「あっ、お前……?!」
「お久しぶりね、太一坊ちゃん」
「シンディ!お前……稼動してたのか!」
「平賀先生、誰です?」
「彼女の名はシンディ。敷島さんの言葉を借りれば、“ドクター・ウィリー版ターミネーチャン”です!」
「な、何ですって!?」
 
コメント (3)

本日のバスレポ

2013-06-29 16:00:10 | 日記
 西武バス大38系統、大宮駅東口→大宮駅西口行き。
 大宮市内線とも市内循環とも呼ばれている路線で、私がさいたま市に引っ越してきた7年ほど前は1時間に1~2本あった本数も減便に減便を重ね、今では1日に3往復という“免許維持路線”に成り下がった系統である。何故完全に廃止しないかというと、西武バスが唯一大宮駅東口に乗り入れる路線であり、これを廃止してしまうと、その権利を失ってしまうからであると思われる。つまり、西武バスの中で1番東を走っている路線なのである。
 それでも国際興業バスと違って、大宮駅東口のロータリーの中から発車できる権利を持っている(自治医大行きを除く)ことから、それだけ歴史ある路線であると予想できる。
 1時間に1本以上あった時代は、たまに大型車で運転されることもあったが、今では中型いすゞ・エルガ・ミオで運転されるのが定番。
 東口ロータリーを出る時に一苦労するのだが、未だに分からないのはここの交通整理法。横断歩道には信号があるのだが、車道の信号機が旧中山道方向とロータリーの入口専用側にしか向いておらず、ロータリーや大栄橋から来た車はどうするのかということ。一応、バスやタクシーは見えない車道信号機に従っているようだが、一般車はガン無視で歩行者の隙間をぬっている。交番の警察官も見ているはずだが、注意しないところを見ると、ロータリー側の車は信号に従う必要が無い?ハテ?
 難所の2つ目が旧中山道のスクランブル交差点。北浦和駅のそれと違い、交差点が広い分、人も車も北浦和の数倍以上である。しかも右折矢印でないと曲がれないが、これも点灯時間が短く、ヘタすると横断歩道の上に取り残されることも多々ある。
 仙台市ならとっとと地下道やら高架歩道でも作って、横断歩道自体を廃止するところだが、地元タクシー運転手の話によると、この辺りは色々な利権が絡んでいるため、再開発困難地域となっているとのこと。
 旧中山道もまた渋滞の名所の1つ。ここは他に、東武バスの天沼循環も走行する。日蓮正宗の法勝寺に行かれる場合、天沼循環に乗って、庚申前バス停で降りると良い。何故だか、「さいたま新都心駅から徒歩20分」としか案内していないが、いやいやいや。20分も歩く必要は無い。20分も待てばバスに乗れるのだから、それで行くと良い。何故、バスの案内をしてないんだ???
 そんなことを考えながら、吉敷町交差点を天沼循環は左折、市内循環は右折する。西武バスは後者。吉敷町ガードを潜る。この辺も私が引っ越してきたばかりの時は2車線しか無い道路だったが、今でその倍に拡幅されている。
 さて、このバスに乗った理由は帰宅の為である。沿線人口も多いのだから、いっそのことマイクロバスによるコミュニティバス化してでも、維持してほしい路線だ。
コメント

懐かしい顔

2013-06-28 21:52:26 | 日記
 久しぶりに高速太郎氏にコメントを頂いた。実に懐かしい限りである。
 さて、ポテンヒット氏のチャリレポが続いており、その続編を期待する声が寄せられている。
 白状するが、私は実はここ10年ほど自転車には乗っていない。車は8年くらい運転していない。
 地方在住の方々にとっては信じられないことだろうが、これが都内勤務者の実状である。
 乗り物は電車、バス、タクシーが主である。確かに首都圏のタクシー料金は日本一高い……と、思わせといて、実はある程度の距離を乗ると、ヘタな地方の料金より安くなることがある。
 前に東北新幹線等が不発弾処理の為に、東京~大宮間が区間運休したことがある。その際に福島県郡山市に宿泊したのだが、そこのタクシーの料金を見て驚いた。首都圏ほどでないにせよ、初乗り料金が明らかに高い。車のグレードも首都圏より低い「小型」であるにも関わらずだ。しかも初乗り料金の距離も短く、上がり幅100円って何だよ、これって思った。仙台より高いじゃん。……よもや、これも震災の影響だなんて言うまいな?
 話が逸れてしまった。とにかくだ。それでも、自分で車を持つよりは安上がりだと言いたかったのだ。私自身、特に運転が上手いというわけでもない。免許は取れたのだが、しょっちゅうモノに接触していて、ついに左のミラー吹っ飛ばしたからなぁ……(私は大丈夫だと思ったのだが、運転感覚が見につかなかったようだ)。
 こりゃそのうち人を殺すことになると思って、自分で運転するのは諦めた。車だけでなく、バイクや自転車もだ。自分の技量を見切るのもまた人生だ。
 しかし、だ。実家に帰省した際にそこの車の維持費(税金から燃費まで全部)を見てみたが、明らかに私の1ヶ月辺りの交通費(通勤定期代を除く、バス代やタクシー代も含む。通勤定期代は会社持ちだからね)よりバカ高い。
 「若者の車離れ」と言われて久しいが、冗談じゃねーバーカと思うのが本音だ。鉄ヲタ乗り鉄派やってて良かったと思うよ。
コメント (5)

涼しい夜

2013-06-28 00:18:32 | 日記
 “ボカロマスター”より。また続き。

 これは子守唄か。心地良い歌声が耳に響き渡る……。

「……!」
 敷島はそこで目が覚めた。仰向けに寝ていたので、眼下ならぬ“眼上”には、見慣れた天井があった。
「あ、たかおさん」
 ここは研究所の事務室だった。その片隅に3人掛けのソファが置いてあり、そこに寝かされていた。
 事務机の椅子には、ミクが1人だけ座っていた。室内には、他に誰もいない。
「……エミリーのヤツ、俺を殺さなかったんだな」
 敷島は状況を把握して、自分が病院から研究所に連れ戻されたことを理解した。
「たかおさん、お願いです。ここに『帰って』きてください!」
「……残念だけども、それは難しい相談だよ。人間、変わるもんだ。もっとも、さすがに病院での振る舞いは大人げ無さ過ぎたと思うけどな」
「そんな……」
 照明は点いておらず、差し込む西日だけが室内の明かりだ。そこへ電話が掛かってくる。
「あ、俺が取る。一応まだ事務員なんだからな」
 そう言って、電話を取った。
「南里ロボット研究所です。……平賀先生。……どうも、先程はお騒がせしました。つい、興奮してしまって、あんなことを……。お恥ずかしい限りです」
{「まあ、敷島さんが微妙な立場に立たされているのは分かります。だけど、あの時あなたが口走った内容……。やろうと思えば全て実現可能な事が、却って腹が立ちました」}
「申し訳ないです。それで、所長がお亡くなりになったのは本当なんですよね?」
{「ええ……」}
 通夜と告別式の日程と会場について、敷島は教えられた。天涯孤独の人間であったが、財団の幹部だったこともあり、そこで団体葬を行うという。
「エミリーはどうなりました?」
{「まだ動いてますよ。気丈にも、式の準備を手伝っています。まさか、敷島さん……」}
「会社はエミリーを狙っています。私がその手先となっているのも事実です。私が病院であんな行動を取ったのは……」
{「本当に喰えない人だ。全部知っているんですね。敷島さんの言動と行動が物語っていましたよ」}
「それを見抜いた先生も大した方です。ええ。設計図とボディさえあればいいのに、エミリーに“舌を噛ませ”なかったのは……そうすると、自爆するからですよ。冷静に考えれば、それはあり得ないでしょう。エミリーは所長の遺言を預かっています。それを然るべき人に伝えないまま自爆するなんて、エミリーの“性格”上、考えられないからです。あの時は興奮状態で、ついついあんなことをしてしまって……」
{「遺言のことまで知っていたとは……。言っときますけど、まだエミリーは遺言を喋ってませんから」}
「まあ、普通に考えればお葬式が終わってからですよね」
{「とにかく、敷島さんはどうやら完全に悪役ではないようなので、通夜と告別式には出席してもらいますから」}
「よろしくお願い致します。先生もどうか、泣かないで」

「!」
 敷島の電話が切れる。
「本当に、理解不能な人だ……」
「太一様」
 七海が綺麗なハンカチを差し出す。平賀は眼鏡を外して、涙を拭った。

 敷島は僅か1年ほどの付き合いだったから、残念そうな顔をしても、泣きはしなかった。
 平賀は弔辞を読んだが、途中で何度も言葉を詰らせた。
 赤月も最初のうちは気丈に振舞っていたが、平賀の弔辞でついに目に涙を浮かべた。
 肝心のエミリーは無表情で俯いたままであった。南里に製造されし、この“人形”は何を想う?

 火葬前日、敷島は大日本電機本社の上司達と仙台市内で落ち合った。
「キミのおかげで、プロジェクトは順調に進んでいるよ」
「初音ミク達はさすがに財団の直接管理になりそうだから、金さえ積めば……というわけにはいかないが、エミリーは何とか手に入れられそうだ」
「全く。意外と上手く行くものですなぁ。南里博士が高齢で心臓が弱いというんで、わざと敷島君に興奮させる様な口ゲンカを仕掛けさせたら、本当に心臓発作が起きるんですから」
「いや、本当に怖いねぇ……。ん?どうした、敷島君?」
「大丈夫でしょうか?もしかして私、人殺しになったんじゃ……?」
「大丈夫、心配いらん!キミはあくまで、出向先の上役に意見具申をしただけだ。そして、たまたまヒートアップしただけだ。何の問題も無い」
「その通り。それでも不安なら、こっちには敏腕人権派弁護士もいる。例え向こうさんが何かゴネてきても、100%勝てる」
「とにかく、キミは他の企業が横取りしてこないように見張りを続けててくれ。納棺の時に紛れて来るかもしれないからな」
「プロジェクトが成功したら、キミを本社勤務に戻してあげるのはもちろん、いい役職ポストも用意しよう。期待してるからね」
 上司達の言葉に押され、顔色を悪くして研究所に戻る敷島だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ドクター・ウィリーよりタチの悪い大企業ですな。
 でもアメリカ映画などでは、エージェントに堂々と暗殺させるくらいだから、いかにも日本的なやりかただろうなぁ……。てかこれ、確かに故意の殺人罪ではないが、未必の故意だろ。
コメント (3)

人間模様

2013-06-26 19:37:46 | 日記
 初音ミクはネギが好きだ。あいにくと、私は嫌いだ。

 先輩Tは初めて乗った野田線で、早々と60000系に乗れたそうだ。しかし、8000系に乗ったことはない。

 友人Tは高速バスで日野・新型セレガによく乗ることがあるが、三菱ふそう・新型エアロに1度も乗り合わせていない。私は新型エアロばっかりで、正直飽きている。

 友人Nは学会員の熱心な折伏に悩まされている。私は法華講員の熱心な折伏に悩まされた。

 友人Sは日・祝しか休めない仕事のために、平日私事が頻発すると困る。私は日・祝休めない仕事のために、休日私事があると困る。

 同志Hは絵が上手いが、文章を書くのが苦手だ。私は絵を描くのは苦手だが、文章を書くのが好きだ。

 同志Kは曲を作るのが好きだが、作詞が苦手だ。私は作詞もできるが、曲作りはできない。

 でも皆、ボーカロイドが好きだ。

 嗚呼、人間模様。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 “ボーカロイドマスター”より。更に続き。

 南里の緊急手術が行われた。
 後で駆けつける敷島達。
「先生の具合はどうだ!?」
「今、手術が行われています」
 ルカは俯き加減に、平賀の質問に応えた。
「院長先生が、全力を尽くしてくれるそうですが……」
「この病院の院長先生と、南里先生は旧友だからな。……くそっ!何でこんなことに……!」
 平賀は拳を壁に叩きつけた。
「ちょっと失礼します」
 敷島はケータイ片手に、通話可能場所まで移動した。
「ルカ、経緯を説明してくれないか?ここ1年、先生の体調は良かったはず。それが急に心臓発作なんて……」
「そ、それは……」
 ルカは敷島が立ち去った方向を見た。
「敷島さんが・原因です」
「え、エミリー!」
「なに?どういうことだ?」

「ええ。どうやら、事態は深刻のようです」
 敷島はケータイで、大日本電機本社の上司と通話していた。
「手術成功の是非を問わず、プロジェクトを推進するなら今のうちです。今なら本人も口出しができないでしょう。大丈夫です。エミリーは他のボカロ達と違って、南里所長が私有しているものです。また、彼は天涯孤独で財産を相続する遺族もいない。我が社でエミリーを手に入れることは可能です。そうすれば、量産化プロジェクトを進めることができるかと。……ええ。既にそのプランは立っています。……ありがとうございます。それではまたご連絡します。……ええ。手術後にでも。失礼します」
 ピッと電話を切る。その時、気配を感じた。
「あっ、平賀先生?すいません。本社から着信があって……ははは……。手術、成功するといいですね」
「敷島さん……。自分はどうやら、敷島さんという人間を見誤っていたようだ……!」
「な、何がです?」
「あんたは先生の財産を乗っ取る気か!?」
「財産乗っ取りなんて、人聞きが悪い。私はただ最悪の事態を想定して、これから取るべき行動を……」
「主人公が悪役だったなんて、普通のラノベにすら無い話ですね!」
「何の話ですか?」
「敷島さん。私は・ドクター南里が・亡くなられたら・完全機能停止する・システムが・組み込まれて・います。メモリーも・何もかも・消去されます」
「な、何だって?……あ、いや、それでもいいさ。設計図と元となるボディが手に入ればな」
「やっぱりそうだったか!本音が出たな!」
「プロデューサー。冗談ですよね?」
 ルカが懇願するような顔をした。
「アイドル活動が重点過ぎたせいでボカロの量産化は遅延したが、エミリーのようなターミネーチャンが量産化できればいいことになったんだ!」
「ミクが悲しみます!」
「ああ、ミクね。残念だったな。大日本電機でイチオシだったのに。せめてミクだけでも、先に量産化したかったけどな。それも妨害したジジィが悪い」
「先生は妨害なんかしてない!強過ぎる商業主義に警鐘を鳴らしただけだ!」
「平賀先生、私は大日本電機からの出向社員ですよ?商業主義なのは当たり前でしょう?」
 そこへ、院長が走ってきた。
「ここにいましたか!」
「院長先生、南里先生は!?」
「全力を尽くしましたが、残念ながら……」
「そ、そんな……!」
「!!!」
「プロデューサー!?何してるんです!?」
 ルカが叫んだ。敷島はエミリーの口の中に何かねじ込んだ。
「舌は噛ませんぞ!今からお前は大日本電機の所有だ!こっちへ来い!」
「なっ……!?そんなことまで知ってたのか!?」
「平賀先生も人が悪い。エミリーが自分自身で完全に機能停止すること、メモリーも何もかも消去する為には“舌を噛み切る”のが起動スイッチだったことを教えてくれないんですから」
「誰がそんなこと教えられるか!いい加減にしろ!ルカ、こいつを引き離せ!……ルカ、何やってる!?」
「もう……何もかもダメね……」
「泣いてないで、何とかしろ!」
「……ん?」
 その時、敷島の動きが止まった。
「これは……?」
 平賀も気づいた。どこからか歌声が聞こえる。
「これは、ミクの声?」
 ルカがそれに気づいた。
「どうしてだ?研究所にいるはずなのに……」
 敷島の耳に聞こえてきたのは、ミクが初めて敷島の前で聞かせた歌。
「お、おい!ミクはどこにいる!?やめさせろ!」
「敷島さん!?」
 平賀は敷島の様子がおかしいことに気づいた。
 ルカは意を決して、ミクの歌に合わせて自分も歌い出した。いつの間にか、リンやレン、MEIKOやKAITOの声も聞こえてくる。
「うっ!」
 振り払ったエミリーが、敷島の後頭部に衝撃を与えて気絶させた。
「エミリー!?」
 エミリーは詰め物を取り出した。
「ご安心ください。今すぐには・起動しません。ドクター南里の・遺言が・ありますので」
 エミリーは倒した敷島を抱え起こすと、静かにそう言った。
「遺言?」
コメント (4)