ノベラーエクスプレス関東

 自作の小説がメインのブログです。
 主にSF、ファンタジー、ミステリーの脳内妄想を文章化したものです。

私のネコ論

2018-07-03 23:55:47 | 日記
 私の大好きなネコは黒猫である。
 いや、宅急便とかではなく、魔女の使い魔として。
 魔女の使い魔の黒猫というと、外国(特にキリスト教国)では物凄くイメージの悪い存在らしいが、ここは日本。
 “魔女の宅急便”や“魔法使いと黒猫のウィズ”などのおかげで、日本国内では頗るイメージは良い。
 私の作品でも“大魔道師の弟子”のスピンオフ作品“魔女エレーナの日常”では、主人公を務める魔女のエレーナの使い魔として登場する。
 ……失礼。むしろ、本編での登場回数の方が多いかも。

 因みに1番嫌いな毛色はトラ猫……おっと!トチロ〜さん、小梅ちゃんのようなキジトラではありませんよ。
 虎模様に、更に赤み掛かったタイプのトラ猫がいるでしょう?
 見る角度や位置によっては、まるで赤い猫のように見えるタイプだ。
 あれ、もちろん私の偏見だろうが、何だか妖怪“火車”のようなイメージがあって、何となく好きになれないのだ。
 “ゲゲゲの鬼太郎”では、何期にも渡って敵妖怪として登場していたわけだし(5期辺りからようやく味方になったんだっけ???)、このブログでは公表していないが、“妖狐 威吹”では稲生家を幾度と無く襲撃しては威吹が刀を振るったり、稲生を地獄界へと強制連行しようとするなどの描写がある。
 化け猫妖怪“火車”は、閻魔大王などの裁判を受けるまでもなく、100パー堕獄決定の亡者をそこへ強制連行する妖怪なのだそうだ。
 つまり、(日蓮正宗関係者から見て)浅井会長や池田SGI会長がそれに当たる。

 火車:「浅井一派は臨終次第、俺様が地獄へ連れて行くんニャが……その眷属も同罪ゆえ、まずはそいつ(稲生勇太)を連れて行くことにしたんニャ」
 威吹:「貴様、フザけるなよ!ユタはオレの獲物だ!!」
 火車:「アホ狐が。そこでキツネうどんでも食ってろニャ」
 威吹:「貴様こそ、きゃっとたわーにでも登ってろ、このクソ猫!!」

 という口論が発生している。
 この時、稲生は妖怪“しょうけら”が撒き散らしたインフルエンザに罹患して肺炎を引き起こしていた為。
 因みにこの時、稲生はまだ顕正会員だった。

 だからだろう。
 確か今でも、『葬式の時、ネコを近づけるな』という言い伝えがあるのは。
 少なくとも、私の田舎(仙台)にはあるぞ。
 確か祖母の葬式の時、うちの父親が黒猫を飼っているお隣さんに、

「すいません、葬式の間は猫を外に出さないでもらえますか?」

 と、頼んでいるのを見たことがある。
 私は、

「黒猫だから大丈夫だろ」

 と、言っておいたのだが、父親は、

「そういう問題じゃねーんだよ!」

 と、言っていた。
 その割には整理した祖母の遺品をヤマト運輸に集荷させていたがなw
 ただ単に、父親がネコ全般嫌いなせいなだけであろう。
 そのおかげで、犬は今飼っているチワックスで3頭目だが、ネコは1頭も飼ったことが無い。

 いずれにせよ、私が本格的にニャンコと戯れるには、トチロ〜さんの御宅にお邪魔するしか無いようであるwww
コメント (4)

厳虎独白の記事を見て思うこと。

2018-06-20 10:14:10 | 日記
 取りあえず、“大魔道師の弟子”は一旦ここで終了です。
 お読み頂き、ありがとうございました。
 次回は“戦う社長の物語”でも再開しようかとは思っていますが、何ぶん久しぶりなものですから、設定を確認する所から始めないといけないという体たらくぶりです。
 再開したシリーズにおいて、設定が少し変わっていたり、矛盾が発生していたりすることは【お察しください】。
 何しろ、素人が趣味で書いているものでしてね。
 何卒、そこは御承知おき願います。

 さて、小説に関する御挨拶はここまでにして……と。

 ここから先は、日記という形で。
 つまり、大いなる独り言ですなw

 http://white.ap.teacup.com/ganko/2548.html#comment

 上記は顕正会員が運営しているブログ“厳虎独白”である。
 コメント投稿者から辛口のコメントが寄せられたことで、そのコメントを最新記事としてコピペしただけに過ぎない。
 それが何を意味するかは不明だが、このまま逃走したりはしないだろうな?
 それにしても顕正会が『カレー味のうんこ』、宗門が『うんこ味のカレー』とは得てして妙である。
 取りあえず私が言いたいのは、

「お前らカレーに謝れ!」

 である。
 それはさておき、私も当初は『カレー味のうんこ』を美味い美味いと食べていたものである。
 美味いものだから、食べて幸せだ。
 それを初代ブログに綴っていたところ、何だか宗門関係者がうんこの臭いのするカレーを持ってきたではないか。
 そして、

「オマエの食べている物は『カレー味のうんこ』だ!そんなもの食べ続けていたら、体中に毒が回り、死んでしまう!こっちの本物を食え!」

 と、放火しながらやってきた。
 私が面食らって、

「いや、そのうんこの臭いのするものは何だ!?こっちの方が美味いもんは美味いんだから放っといてくれ!」

 と、突っぱねていると、今度は爆弾を投げてくる始末。
 ガチ勢のやることは、そんなもんだ。
 そんな時、トチロ〜さんがおしっこを掛けてうんこの臭いを誤魔化したものを持って来てくれたんだな。
 それに騙された私は、まんまとそっちへ行ってしまったと。
 でも、いくら中身は本物のカレーとはいえ、その臭いたるや、うんこにおしっこだ。
 どうだい?そのまま食べ続けられるかい?
 当然、嫌になるよな。
 私も慌てて吐き出して、逃げ出したクチだ。

 いかに本物であっても、不味ければ意味が無い。
 『カレー味のうんこ』や『うんこ味のカレー』の例は極端で、読むに耐えなかったかな?
 もう少し、緩和しよう。
 『日本では使用が認められていない農薬や化学肥料たっぷりで育てた中国産野菜を、日本では有名なプロの料理人が料理した中華料理』と『無農薬、天然肥料で育てた有機野菜を、ド素人の私が料理した中華料理』という比較でいいかな?
 ん?ちょっと無理がある?
 まあ、いいや。

 いくら正しい仏法だからと言って、その周りが苦行そのものだったら意味が無いということさ。
 だってそうだろ?
 末法の世において、苦行は無意味なんだろ?
 それなのにどうして、『美味いカレー』を食べるのに、『うんこ味を堪能』という苦行をしなければならんのだ?
 『美味いカレー』を食べるのに、『1時間の行列に並ぶ』というのはまだ分かる。
 しかし、実態は『うんこ味を堪能』しなければならんのだよ。
 そんなんで本物を食べても、幸せな気分にならないのは必然。
 しかも、それを弘めろというんだから。
 いくら本物だからと言って、『うんこ味』を美味そうに食えるかい?
 私は無理だ。
 但し、本物は本物。
 顕正会のは味は本物だが、中身は偽物。
 その差が各々の機関紙の中に現れている。
 顕正会のは中身が実はうんこであることを隠す為、嫌になるくらい本物っぽさを演出しているだろう?
 それが体験発表だな。
 しかし、法華講の機関紙を見ると、もちろん体験発表の記事はある。
 だがその数は、顕正新聞と比べると明らかに少ない。
 中身が本物であるという自信から、周りをコーティングする必要は無いということなのだろう。

 だが、コーティングしなさ過ぎだ。
 それが今、“厳虎独白”のコメント投稿者達が論じている『うんこ味のカレー』論なのだろう。
 私も『うんこ味』に辟易して逃げ出したわけだ。
 材料は良い物を使っている。
 だが、それを料理する厨房の面々が体たらくなのだ。
 “フェイク”などはその厨房にいる料理人をお坊さん達と見ているようだが、私は法華講連合会の面々のような気がする。
 多分、お坊さん達は宗門僧侶として間違ったことは言っていないと思う。
 “フェイク”では今、御供養のことに関してうるさく書いているようだがね。
 だが、それを聞いて実行に移す法華講側に問題があるような気がしてしょうがないのだ。

 いやね、“フェイク”では多大な御供養を請求された法華講員達が困っている旨のことが書いてあるんだけどさ……。
 多分、特別に御供養を募っていること自体は本当なのだろう。
 要は『功徳がウハウハ』で富裕層になった法華講員がポーンと高額出せば済むはずなのに、それをケチって、貧困層の信徒に出させるから問題が発生しているんじゃないかと思っている。

 法華講組織の問題が改善されない限り、御受誡はやめておいた方が良い。
 もしどうしてもというのなら、あえて認証されていない所に行くべきだ。
 『うんこ味のカレー』を食べさせられたくないのであれば。
コメント (8)

幕間 20180609

2018-06-09 19:58:03 | 日記
僧侶を投げ飛ばし「礼拝所不敬容疑」で逮捕 檀家の男

 礼拝所不敬容疑なんて、恥ずかしながら私はこのニュースで初めて知った。
 普通の器物損壊罪とか、そういう話では無いのか。

 いや〜、危なかった〜。

 というのは、実はこれからケンショーレンジャーが御講に乱入して正証寺の御本尊に手を掛けるというストーリーにするところだったのだ。
 そして藤谷が、
「てめぇら!器物損壊罪と威力業務妨害だっ、この!」
 と叫ぶシーンがある。

 危うくOKテイク出すところだったが、藤谷のセリフは大きな誤りだということに気づいたので、ケンショーレンジャーの登場シーンから書き直そうと思う。
 幸い、分岐ルートは作ってあるので、これを流用することにする。

 因みにこの礼拝所不敬罪、本来は礼拝所及び墳墓に関する罪の中にカテゴリーされるものである。
 これの他に、説教等妨害罪なんてのもある。
 詳しくはウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BC%E6%8B%9D%E6%89%80%E5%8F%8A%E3%81%B3%E5%A2%B3%E5%A2%93%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E7%BD%AA)をご参照あれ。
 説教等妨害罪、これはつまり、あれだ。
 日蓮正宗においては御講中に御住職の話を妨害したり、大石寺における布教講演を妨害したりすると成立するわけである。
 顕正会においては、浅井会長の話を妨害すると成立するのだろうな。
 だからアンチ顕正会の皆さん、いくら浅井会長憎しと言えど、日曜勤行や総幹部会に乱入してはいけない。
 今の顕正会は恐らく隠蔽することなく、むしろ積極的に警察に訴え、思いっ切り被害者ヅラすることだろう。
 そんなんで逮捕歴が付いたんじゃ、人生損だよ。

 ……と思っていたら、うちの主人公達もやらかしてたw

  https://blog.goo.ne.jp/localfor/e/017e2c1eec3bcebfe488d6608012a263

 とにかく、日本の法律は違反したところで、「知らなかった」では済まないのが現実だ。
 「無知は馬鹿を見る」とは、私のかつての上司の言であるが、こと法律に関しては大きく肯定せざるを得ないのである。
コメント

小説の途中ですが、ここで報告事案がございます。

2018-04-30 20:10:56 | 日記
 今日は仕事であったのだが、私の今の派遣先は工場であり、この3連休はただ門前に立っているだけのヒマな1日であった。

 それはさておき、休憩時間には私用スマホの使用が許されているので、これで仙台の友達と色々とやり取りをした。
 具体的には5月のゴールデンウィーク、埼玉に遊びに行くからよろしくとのことだった。
 友達は車とバイクが好きで、今度はバイクで来るという。
 そこで私は駐輪場の確保やら、バイク好きが行って喜ぶ場所とかを考えておくから安心しろと返していたのだが、ここで小鉄さんからのメールが届いた。
 このブログをよく御覧になっておられる方は御存知だろう。
 常連の閲覧者であり、時折コメントも下さる方だ。
 昨年、“あっつぁの顕正会体験記”被害者の会のオフ会の参加者でもある。
 メールの内容は至って簡単なもので、ただ単にメアドが変わったというだけの、まあよくある内容だったのだが、ここで私が早とちりをした。
 小鉄さんはメールでは本名を名乗り、趣味であるバイクの写真も添付して下さったのだが、私はそれをすっかり忘れてしまっていた。

 ああ、分かっている。
 失礼もいい所だ。
 オフ会の際に本名や趣味を聞いておきながら、それをすっかり忘れてしまっていたのだから。
 だから、これは私に非がある。
 何をやらかしたのかというと、私はつい友達の仲間だと思ったのだ。
 私が友達とバイク旅行について盛り上がっていたので、そこで友達の仲間も参戦して来たのだろうと。
 しかし私は、その友達の仲間としての小鉄さんの本名の人物を知らない。
 当たり前だ。
 私は友達に、

「【小鉄さんの本名】の人を知らない?何か、俺に間違ってメールくれたみたいなんだけど?」

 と、メールした。
 当然ながら友達は知らず、

「いや、俺は知らん。もしかしたら、バイク仲間の誰かが知ってるかもしれないから聞いてみるよ」

 とのこと。
 私も友達だけに任せっきりにしてはおけず、私の方でも電話帳の中を当たってみた。
 すると!
 小鉄さんの変更前のアドレスにそっくりなものを見つけた。

 そうか!と、そこで私は全て思い出した。
 小鉄さんの本名と、彼もまたバイクが趣味であったことを!
 私は急いで友達にメールした。

「悪い!【小鉄さんの本名】さんは俺の知り合いだった!お騒がせして申し訳ない!」

 すると友達は、

「だよなぁ。俺の仲間達も全然知らないって言うし。1人今、ちょうど怪奇スポットの所を走ってたらしく、物凄く震え上がったらしいぞ」

 とのこと。
 あらま、申し訳ないことをしてしまった。
 しかし、いくらバイクで1人怪奇スポットったって、真っ昼間だぞ?
 真っ昼間でも幽霊が出るくらい危険な所に行かれてたのか。
 まあ、うちの河合有紗も昼間に霊現象を稲生達に見せていたがな。

 友達には改めて詫びを入れた上、事情を説明したら、思いっ切り笑ってくれていたが。

 もちろん、小鉄さんは悪くない。
 まさか、鉄ヲタ兼バスヲタの私がバイクで盛り上がっていたなんて知る由も無かっただろうしね。

 真に恥ずかしい失態を演じてしまった。
 改めて仙台の友人と小鉄さんには、お詫び申し上げたい。
コメント (2)

小説の途中ですが、ここで本日の雑感をお送りします。 20170421

2018-04-21 19:53:55 | 日記
 日蓮正宗の塔婆供養が、実際に化けて出て来ている幽霊には効かなかった、というショッキング(?)な流れになった。
 これは偏に、作者たる私が塔婆供養について疑問を呈していることへの表れである。
 もちろん、ちゃんと大聖人の御金言にあることは知っている。
 “となりの沖田くん”第2巻ACT.10「塔婆供養の大事」で描かれている。

「丈六のそとばをたてゝ、其の面に南無妙法蓮華経の七字を顕はしてをはしませば、北風吹けば南海のいろくづ、其の風にあたりて大海の苦をはなれ、東風きたれば西山の鳥鹿、其の風を身にふれて畜生道をまぬかれて都率の内院に生まれん」
「過去の父母も彼のそとばの功徳によりて、天の日月の如く浄土をてらし、孝養の人並びに妻子は現世には寿を百二十年持ちて」

 というものが引用されており、沖田君達はありがたがっているのだが、どうしても私にはこじつけのような気がしてならないのだ。
 もちろん、信心欠落による離檀をした身。
 今更御金言で感動するはずもない。
 で、思ったのだ。
 多分これ、顕正会員がバリバリの信心のまま死んだ時、日蓮正宗側で塔婆を立ててあげても、ありがた迷惑なだけではないかと。
 そういうひねくれたアイディアでもって、今の物語は動いている。
 河合有紗は顕正会の信心を熱心にやっている最中、交通事故に遭って死んだという設定だ。
 今もそうだろうが、私が信心していた頃の顕正会がモデルなものだから、当然宗門は「堕落した所」と思っているはずだ。
 そんな所から塔婆供養してあげても、多分喜ばないだろうと思ったわけだ。

 そんなことない?例えバリバリの謗法状態で死に、地獄界に堕ちたとしても、塔婆供養で救われるのだと思う?
 救われている所を見たことがあり、それを証拠として呈示できるというのならいいんだけどね。
 遺体の状態が云々という、顕正会員と何ら変わらない証言をされても困るんだよね。
 だって、赤の他人が法華講員の遺体を堂々と見ることなんてできないだろう?
 それとも、誰か画像か動画で残しておられるのかね?

 というわけで、当作品での設定では申し訳ないけど、塔婆供養など所詮現世にいる人間のエゴイズムであり、当の幽霊さんには効かなかったよというものにさせてもらっている。
 因みに信仰中であっても、塔婆供養は1度もしなかった。

「過去の父母も彼のそとばの功徳によりて、天の日月の如く浄土をてらし、孝養の人並びに妻子は現世には寿を百二十年持ちて」

 が、とても信じられなかったからである。
 不信謗法だって?だって、しょうがないじゃないか。
 信じられなかったんだから。
 何故なら、天の日月の如く浄土を照らす所なんて見られないんだから。

 信じられるのは、契約をきっちり守ってくれる悪魔だけだよ。
 もちろん、見返りは相当なものを要求してくるけどね。
 だけど、忖度ばかりが先行し、見返り(功徳)が先に来るのか後に来るのか、どの程度来るのかさっぱり分からない状態で信仰はできないよ。
 あ、だからといって、別に私はこの作品の魔道師達みたいに悪魔と契約しているわけじゃないよ。
 ただ、上級な悪魔になればなるほど契約をきっちり守って偉いなぁと思っただけ。
 上行菩薩は忖度ばっかりで大変だなっと。

 悪魔なら、
「天の日月の如く浄土を照らす所を見せてくれ」
 と頼んだら、見せてくれるだろう。
 但し、私が悪魔なら、契約者にこう言う。

「見たければ直接見に行かせてあげよう。その代わり、現世に残った魂は契約料としてもらうよ」

 ってね。
 恐らく、当たらずも遠からずだと思う。
 いくら仏様よりきっちりしているとはいえ、きっちりし過ぎているのでお勧めはしない。

 尚、私が用意しているホラー画像は他にもある。
 威吹が登場した際に使おうと思っているのだが、人の口のアップ。
 口は大きく開いていて、牙が覗いているという画像だ。
 威吹は妖狐であり、この妖怪には牙が生えているからと思ったのだが、どうせ稲生達、これから魔界に行くのだから、ルーシー女王の画像にも使えるかなとも思う。
 ルーシー女王は吸血鬼の出自であるという設定の為。
 RPGの世界でも、魔王は男ばっかりだからね。
 うちの作品では、女王様にしておいたよ。
 幸い、吸血鬼なら男女平等で存在するからね。
 で、首相は人間、それも日本人の男。
 その首相が党首を務める政党の理事が【お察しください】。

 明日は日曜日だが、私はまた仕事。
 新しい顕正新聞は刷り上がったかな?
 だとすれば、また首都圏各地で配布会が行われるであろう。
 また、私の職場の近くでも配布するのかね。
コメント (1)