語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

【中央アジア】田中哲二『キルギス大統領顧問日記 ~シルクロードの親日国で~』

2016年09月15日 | ノンフィクション
 
 古い倉庫を始末し、新しく設置した際、古い倉庫から出てきた本の一。

 毎日出版文化賞を受けた服部正也『ルワンダ中央銀行総裁日記』(中公新書、1972)と同じく、国際通貨基金(IMF)から派遣された日本銀行マンの回想録である。
 著者は、1993年、キルギス共和国国立銀行最高顧問として派遣され、後に大統領顧問となった。
 キルギス共和国は、旧ソ連解体後に独立した国で、中央アジア5か国の一つ。東部は中国と接し、他の三方はカザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタンと接する。面積は日本の半分、人口は460万人(当時。以下同じ)である。ちなみに、首都はビシュケク市で、人口は65万人である。
 経済力は東南アジア諸国連合(ASEAN)に及ばない、というのが着任第一印象であった。なにしろ、大統領の月給が80ドルなのだ。後に、キルギスは<政治、経済、軍事、国民福祉、外交機能等のすべてをワンセットで揃えた国になりうるだろうか><中央アジア諸国が緩やかな国家連合体としておのおのの特徴機能を生かして共生していくことだけに活路があるのではなかろうかと思う>と考察する。
 しかし、都市の基礎的インフラは整備され、教育水準は高く、芸術・スポーツの水準も高かった。はたして打てば響く人材と出会い、独立国に必要な財政上のシステムを次々に提案していく。こうした職務をはたす中で親日家を増やしていき、1995年には日本センターを開設して初代館長に就任した。日本語講座の修了生は著者離任時点で500人を数えた。また、キルギス人学生を日本へ送りこみ、帰国後も国立政策大学院大学客員教授として留学生の招聘に努め、手弁当で講義にでかけている。
 著者の奮闘はさわやかだが、発展途上にあるキルギスのお国柄やそこに生きる人々も魅力的だ。

□田中哲二『キルギス大統領顧問日記 ~シルクロードの親日国で~』(中公新書、2001)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 ※参考
 
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【食】魚の養殖は進化する ... | トップ | 【原発】泉田裕彦・新潟県知... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ノンフィクション」カテゴリの最新記事