"四季折々 この一枚″

ブログのタイトルを上記に変更しています。アドレスは同じです。
右端にカレンダーが出ればご覧いただけます。

3月ごろの陽気とか

2018年01月16日 14時26分14秒 | 日記

 
「きょうは暖かくなる」との予報に期待して、
目覚めると同時に雨戸をあけました。

午前7時過ぎなのに、東の空は朝焼け。

なんとなく期待の持てそうな空模様です。

午前中に循環器の内科医を訪ねました。

9時30分なのに医院は満員。

みんな、きょうは、暖かそうだと聞いて
訪れた人ばかりかもしれません。

「体調に異常なし」ときいて、ターミナルまで出かけました。

きょうばかりは、普段は見かけない「アート」まで目につき、

透き通るような青空に、春の訪れを感じました。

予報によれば、大阪の最高気温は14℃になるとか。

でも、明日は雨。

来週は、また、寒波が来るだろう、とのこと。

まだまだ、「春」は先の話なのに。


好天に恵まれたお正月

2018年01月03日 11時20分16秒 | 日記

 2018年の正月は暖かく、好天に恵まれました。

2日は、家内と二人でバスで二駅乗り、
「多田大橋」から歩いて多田神社に初詣。

何年ぶりの初詣になるのでしょうか。

4~5年は来ていなかったでしょう。

幸い家族も全員元気で、年をとった我々も歩くことが
第一と、
好天の中をのんびりと歩きました。

結局、帰路は多田駅まで歩き、
電車とバスを乗り継いで帰宅しました。

三ヶ日の三日目、今日は朝のうち雨が降りましたが
お昼近くの現在は、雨も止み太陽が降り注いでいます。

こんな快晴の正月は珍しく、
体調も、今のところ順調だと感じています。

 


3月1日、春の雪

2016年02月29日 12時29分06秒 | 日記

 いよいよ、「弥生」3月を迎えました。

さあ、春、到来かと目覚めてみれば、周囲は真っ白の雪に覆われています。

 

庭の植え込みも、屋根も、白一色の雪景色です。

3月は、寒さが少し緩み積雪を見る季節、兵庫県南東部の私たちが住む
この地域も、毎年、2~3回、積雪を見ます。

朝のうち、雪空だった空も、時間がたつにつれて光線が強くなり、
積もった雪も11時過ぎには、全部、消えていました。

明日から暖かくなると天気予報は伝えていますが、待ちどうしい日々続きます。

(写真は、午前7時40分ごろに撮りました)


未だ、「梅」咲きそろわず

2016年02月21日 14時39分28秒 | 日記

2月も、あと1週間余り。早く暖かくならないかと外をうかがう、今日この頃です。

今日は、天気もまあまあで、梅はまだかと近所を回ってみました。

梅は、町内の公園に1本だけ咲いていました。

毎年、この梅だけが早くに花を咲かせるようです。

日曜日というのに人の歩く姿も少なく、春の気配は、まだ、遠いようです。

息をひそめて春を待つ、それとも、遠くへ梅を見に出かけているのでしょうか。

 

ところで、昨年、11月の退院後、脳血管の方は異常はないのですが、
便秘と下痢が繰り返し、未だに腸の動きがよくありません。

かかりつけの医者にも相談し、薬はもらっているのですが、
もう少し時間がかかりそうです。

ここ、二、三日、少し、良くなっては来たかなあと思っていますが、
まだ、完治とまでは行かず、暖かさが戻るのが待ちどうしい日々です。


新春が明け 街は動き始める

2016年01月09日 11時36分36秒 | 日記

2016年の新春は大きなニュースもなく、まずは、無事に明けました。

暖かいお正月だったので、四日、久しぶりに初詣に行き、7日は伊丹まで出かけました。

ターミナルの花時計も「さる年」にふさわしく、装いをかえていました。

ついでにと言ってはなんですが駅の横に設置されていた写真撮影ボックスで
マイナンバー用の写真を撮りました。

これがまた、難物で、どのスイッチを、どの順番に押すのか、なかなかわからず、
私たちの先に撮り終えた主婦の方に教えてもらって撮影しました。

シャープなきれいな写真が出てきて驚きました。ただ、4枚組で800円でした。

申請者がみんな、この機械を使えば、結構儲かるだろうなと思いました。

この後、伊丹の免許証更新所で、運転免許証を返上し、
経歴証に変えました。

新しくなったPCの扱いが難しく、昨日、掲載すべきだったブログが、
一日遅れてしまいました。悪しからずご了解ください。

 

 

 

 

 


ビルの谷間で紅葉狩り

2015年12月23日 11時27分30秒 | 日記

冬至の22日は快晴の暖かい一日となりました。

退院以来、初めて、大阪の梅田まで家内と一緒に出かけました。

ビルの谷間に、黒ずんではいましたが、まだ、紅葉が残っていました。

ビルの中庭で、珍しい「滝」を見つけました。

今年の紅葉は。これが見納めになることでしょう。


循環器病センターから退院しました

2015年11月27日 15時47分45秒 | 日記

11月13日から大阪府吹田市内の「国立循環器病研究センター」に検査入院を
していましたが、きょう、27日、午後、退院してきました。

無事に、と言おうか、なんと言うべきか。
目的は「脳底動脈狭窄症」の疑いを調べ、治療の方法を確認する検査入院でした。

検査の結果は、病名通りで、薬で治療することになり、きょう退院したものです。

休ませていただいたブログは、間もなく復活させていただきます。

とりあえずお知らせいたします。                     (作者)


秋晴れに元気な運動会

2015年10月04日 12時04分00秒 | 日記

秋晴れの下、我が家の近くにある小学校で運動会がありました。

朝からこどもたちの元気な歓声が聞こえ、家内と二人で、「こどもたちの歓声もいいものだ」と
話しながら、秋晴れの一日を過ごしました。

少子化が言われ、我が家の近所でも子供の姿が目立たなくなりました。

お昼から、カメラを持って運動場へ出かけました。

驚いたことには、意外とこどもの数が多かったことです。

小学校2校を合併して1校にする。
そんな噂も出ていたようですが、おもったよりも多くの小学生が目立ちました。

これでも、教室がウンと余ってるのでしょうか。

高齢者社会になって、若い子供の声が私たちの「元気の糧」となっています。

小学生たちの「健やかな成長」を祈りました。


忙しかった9月も去り、「秋」本番へ

2015年09月30日 15時50分36秒 | 日記

10月を前に、関西地方はおもわぬ暑さになりました。

9月28日(月)は、朝から尼崎市東難波町(なにわちょう)にオープンしたばかりの
兵庫県立尼崎総合医療センターへ出かけました。

これは自宅近くの皮膚科医ので紹介で、「アテローム(粉瘤)」というコブ状のものを
とってもらうために訪れたものです。

7月1日にオープンしたばかりの新しい病院は、建物は立派でしたが、
館内は、初診受付から大混雑。

たどり着いた担当医は、「紹介状はもらったが、しばらくは、
そのままで様子を見ましょう」と、治療はなし。

新しい診察券をつくりに出かけたようなもので
病院の混雑ばかりが気になりました。

病院の玄関前には、あの、村山 実投手の像が飾られていました。

そして、29日(火)は、中学、高校時代から親友だった友人の葬式が
正午前から、神戸長田区の斎場でありました。

午前9時に家を出て、神戸の最寄り駅から友人の車に同乗させてもらいました。

同年齢の友人の死に、「安らかに眠ってください」と手を合わせましたが、
やはり、「人間、死んだらおしまいかなあ」、とおもいました。

そして、翌、30日(水)。

今度は、予約されていた隣の市にある病院へ、「前立腺検査の採血」に
8時過ぎに家を出ました。

PSAの数値は、10.018 で、前回の6月にくらべて「2」ほど上がっていました。

過去の経過から見ると、数値は上がったり下がったりで、従来どおりの
「経過観察」を続けることになりました。

三日前の27日(日)には、広くもない我が家の庭の植木の刈り込みに、
造園の人が来て、年に一度の手入れをしてもらいました。

これも、それなりに、我が家にとっては大騒動でした。

しかも、この4日間は、真夏をおもわせる暑さ、
ようやく、一連の行事?がすみ、ホッとしたところです。

10月の声を聞いて、体力を養いたいとおもっています。


台風15号 気になる進路

2015年08月24日 10時07分51秒 | 日記

台風15号が沖縄の南海上を北上しています。

台風情報によれば、中心は九州に上陸するか、西側を北上する見込みです。

近畿地方の中部、今朝の空は、澄み切っていました。

あさって、26日(水)、午前に所用のある私にとっては、電車で出かけなければなりません。

台風の進路が気になるところです。

今朝の空は風も無く、青空に綿雲が浮かんでいます。台風など来そうにありません。
なんとか、台風の影響がないように願うばかりです。

それにしても、早くから、「台風情報」が出るため、夏中、台風に追われている感じです。

写真は、24日、午前9時30分に撮影しました。この時間、家の中の温度は28℃でした。

 


雷鳴で甲子園の高校野球も中断

2015年08月08日 17時37分31秒 | 日記

三日続きの夕立です。

きょうも16時半ごろから雷が鳴り、雨が降り出しました。

テレビを見ていたら甲子園球場にも夕立が降っていました。

甲子園の雨は、きょうが初めてと放送していましたが、
甲子園の北東方向にあたる我が家付近は、これで、三日続きの夕立です。

雨は、17時ごろから約20分間ほど猛烈に降りました。

その雨も、17時半ごろには止み、空も明るくなってきました。

きょうも、外へ出るのが怖いほどの猛暑でしたが、この夕立で、まずは、ホットしています。


カラカラ天気に20日ぶりの雨

2015年08月07日 09時53分31秒 | 日記

連日のカラカラ天気に雨が待ち遠しかったところへ、昨日、6日、16時ごろ、20日ぶりに
雨が降りました。

場所は兵庫家南東部、大阪府に接した地域です。

甲子園は降っていませんでした

二日ほど前から、「朝、起きたときの空気が真夏から少し変わった」と感じていました。

だから、是非、一雨欲しいとおもっていたのですが、ようやく降りました。

雷の音は聞こえましたが、それほど、近くはなく、約20分ぐらいの
アットいう間で、雨は上がりました。

それでも、確か、7月17日の祇園祭以来の雨のはず。ホッとしました。

これで、昨夜は、まだ、比較的しのぎやすい感じでしたが、

きょうは、また、朝からカンカン照りです。

 


奥歯の抜歯 ほぼ終わる

2015年03月19日 11時14分32秒 | 日記

2月2日に折れた、右上、奥から3本目の歯の抜歯が、ほぼ、完治してきました。

2月23日に3本目と4本目の2本を抜いたあと、経過を診てもらうため病院の口腔外科へ
4回、通いました。

きょう、3月18日になって、ようやく、抜歯のあとも固まってきたようで、傷跡に触らないように
はめていたマウスピースも外してもよいとのこと。

「硬いものや刺激の強いものを食べるときは注意をして食べてください」と言われ、
念のため、次回は、4月1日に経過を診てもらうことにし、それで、終わりになりそうです。

なにはともあれ、歯は大変です。
高齢化してからの入れ歯は止むを得ませんが、これから入れ歯をつくるのが大変です。
ボツボツ、歯医者通いをしなければとおもっています。

 

 


厳しい冷え込み、春はまだかなあ

2015年03月11日 15時09分40秒 | 日記

関西地方は、きのうから厳しい冷え込みが続いています。

けさの室内温度は、5℃。
この冬でも、経験したことが無いほどの冷たさでした。

 きょうは、今、治療を受けている病院の口腔外科へ行く日だったので、いつもより、
少し早く起きました。

病院では抜歯の傷跡を消毒するだけで、治療はなし。
経過はいいようで、来週もう1回傷口を見せてください、と言われ、短時間ですみました。

帰路、ターミナルで家内の食料品の買い物に付き合い、お昼過ぎに帰宅しました。

それにしても寒かったですね。

バスを降りてから自宅まで、よその家の軒先に咲く黄色い花が、寒さに負けじと
精一杯、黄色い花を開いているのが健気に見えました。


30数年ぶりか、2本を抜歯

2015年02月24日 09時42分18秒 | 日記

きのう23日、三十数年ぶりになるでしようか、右上、奥から三本目と
四本目の歯2本を一挙に抜きました。

隣の市の病院、口腔外科での治療。
11時40分ごろから、約一時間余りかかりました。

自分の感覚では、抜歯はうまくいったようにおもいます。

一夜あけて、抜歯のあとを消毒してもらうため、今から、病院の口腔外科を訪問します。
 
結果は、また後刻、ご報告します。

                   (2月23日朝、夜来の雨にぬれた、我が家の玄関先のサザンカです)

きょう24日、午前11時30分に、きのう、歯を抜いてもらった病院で
抜歯後の傷あとを消毒してもらいました。

経過は順調で、もう、出血はしていないとのこと、簡単な消毒でおわり。
念のため追加の「とんぷく」をもらいました。

ただ、私は、はじめてのことなのですが、歯を抜いたあとを守るための
マウスピースが装着されており、
この日は、これの取り付け、取り外しのしかたについて指導がありました。

歯を抜いたあとの傷口を縫った抜糸は、来週、3月3日(火)になりました。


それにしても、久しぶりの抜歯に驚いたことがあります。

それは、歯科の椅子に座ると担当医が、「まず、血圧を測らせてもらいます」、
と言って左腕に例の布を巻き、すぐ、血圧計が作動しました。

血圧は190余あり、「少し高いですね、いつもは幾つぐらいですか」と聞かれ、
「先日は150ぐらいありました」。

「それではまず血圧を下げましょう」と言って、舌の裏側に薬品を噴射。

ーーー「下がってきましたのではじめます」。

そして、作業中のおよそ1時間、血圧測定器は一定の間隔を置いて作動し続けていました。

こちらが高齢とあって、こんな処置がとられたものとはおもいますが、
患者の私としては安心感がありました。

また、歯を抜いた跡にマウスピースがはめられ、傷口に舌や異物が触らないように
防護されていたことは、処置が丁寧だなあ、と感じました。

このマウスピースは抜いた歯の前後の歯を支えに、間をゴムのような
プラスチックのようなものをブリッジにしたものです。

そう言えば、2月9日にあった予診のとき、抜歯する歯の上下の
歯型を取られたことを思い出しました。

この日は、「医学も進歩してきているのだなあ」と実感した治療でした。