"四季折々 この一枚″

ブログのタイトルを上記に変更しています。アドレスは同じです。
右端にカレンダーが出ればご覧いただけます。

謹賀新年 2013年

2012年12月31日 11時26分19秒 | 歳時記

2013年の新しい年が明けようとしています。

2012年は、なんとか元気で過ごしたいとおもいましたが、11月に故障が発生、
処置を新しい年に持ち越しました。

今年こそ、故障箇所を治して元気になりたいとおもっています。

皆様のご健勝とご多幸を祈ります。

 

もうひとつのブログ「春夏秋冬 75」も更新しています


新春を待つ「花」

2012年12月29日 16時48分44秒 | 画像

29日は久しぶりに暖かい一日でした。

「きのうの寒さはなんだったのか」と思わせるような晴天に恵まれ、気温も13度を記録。
ターミナルのデパートの店内も暑いほどでした。

店先の花屋さんでは、1000円前後にまとめた新春用の「花」が
次々と売れていました。

あと三日で2013年の幕が開きます。

年末から「株」は上がり「円」は安くなりました。
来年こそ、みんなの希望がかなうことを祈ります。

 

「春夏秋冬 75」も更新しています


師走・街のスケッチ 5

2012年12月20日 13時52分50秒 | 画像

大阪西梅田のビル「ブリーゼ ブりーぜ」に、ビルのマスコット「ブリチャン」が
世界一周から、、久しぶりに帰ってきたと言うので、近くへ行ったついでに撮影を
してきました。

吹き抜けのロビーに、身長12mのマリオネットが高い天井から吊り下げられていました。

ロビーでは、日に数回の演奏会も開かれているそうです。

(「街のスケッチ」おわり)


師走・街のスケッチ 4

2012年12月19日 10時19分38秒 | 画像

大阪市内の某ホテルのロビーに飾られた「クマのぬいぐるみ」です。

選挙もおわり、クリスマスに子ども連れの客を待つ飾り付けでしょうか。

 

           もう、一つのブログ「春夏秋冬 75」も更新しています。


師走・街のスケッチ 3

2012年12月16日 15時21分27秒 | 画像

某ホテルの玄関を飾る「クマの電飾」。

ホテルならぬ病院へ見舞いに行く途中で撮ったものです。


 できれば、夜の輝きの中で撮影したかったのですが、寒さと体調のことも考えて、
昼間の撮影で我慢しました。


 


師走・街のスケッチ 2

2012年12月15日 11時43分32秒 | 画像

改装なって間もない、阪急百貨店梅田のコンコースです。

12月14日の正午ごろ。厚いオーバーを着た人たちがあわただしく行き交います。

ショウウインドウの前では、子供づれのお母さんが立ち止まって見上げていました。
ウインドウが見渡せるように、子どものための手すりつきの踏み台が用意されているのも、
なにか、大阪らしさを感じます。

           あすは、衆議院選挙の投票日です。

 


師走・街のスケッチ 1

2012年12月14日 10時52分43秒 | 画像

師走も半ば。街には、さまざまなデコレーションが道行く人たちに呼びかける。

近くのターミナルのイベント広場に展示されている鉄道模型のひとコマです。


ショッピングモール大賑わい

2012年12月09日 16時43分24秒 | 日記

それにしても寒いですね。
12月にしては、最近にない寒波の連続です。ここ数年、こんなに速く寒さが来るのは
記憶がないほどです。

ところで、きょう、伊丹市内のシヨッピングモールへ買い物に行って来ました。

店内は、それほど品物が売れているようには見えないのですが、
とにかく、入場者の多いこと。
時は、ボーナス直後、寒さも厳しく、モールなら防寒にも、うってつけ。

年末の日曜日とあって、寒さ除けと食事に、ドット、子供を連れて繰り出したようです。

大きな食堂も、若い親子、家族で満員。
最近のニッポンも外食が盛んなのだなあ、と感心しました。

きょうは、モールまでマイカーで出かけ、あとは、店内を休みやすみ歩きました。
私の携帯電話についている「万歩計」は、3.088歩を記録していました。

ヘルニアの診断を受けてから、一回の歩数はこんなものでしょうか。
それでも、元気に車を運転して帰ってこれました。やれやれです。

来週は、いよいよ、衆議院選挙の投票日です。
書きたいこともたくさんありますが、まあ、結果が出てからにしましょう。

 

 

 


師走にそば打ち

2012年12月02日 16時15分26秒 | 画像

2012年も、もう、師走を迎えました。なにかとあわただしい気持ちです。

近所のショッピングセンター近くの「道の駅」では、
そば打ちの実演で客を集めていました。

大きな鍋の蒸気が、唯一、寒さを忘れさせてくれます。

寒空の下にテントを張り、歌手まで招いて盛りあげようと懸命でしたが、
「そば」の味は、いささか、だしが薄かったようにおもいました。