まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

ブラッディ・マンデイ シーズン2 #09(最終話)

2010-03-21 22:11:57 | ドラマ

#09(最終話)

『この世の果てテロの悲劇と結末へ!!

明かされる真実と鍵』





「一緒に遊ぼうよ、藤丸くん。

まだ思い出さないの?」


「あんた誰なんだよ。」


「私はず~っとあなたを見ていた。」


「誰なんだよ!!」



南海に駆け寄る藤丸。


「ファルコン、私に構わず倉野理沙を追え。

ツァーリボンバーの中身を爆発させる気だ。

スパイダーを止めろ。」


「行ける訳ないだろう。」


「私が死ねば、行けるな。」


こめかみに銃を当てる南海。



藤丸はサードアイに連絡し、高速増殖炉にいると告げる。

萩原に無事なのか聞かれる藤丸。


「俺は平気です。

でも南海さんがスパイダーの正体に気付き撃たれました。」


「スパイダーは誰なんです。」


「Jの担当医師、倉野理沙です。」


この施設はスパイダーに乗っ取られていて、

解除するにはパスワードが必要だと。

パスワードの解除は自動プログラムでやるから、

ロックが解除したら南海を助けるように言う藤丸。


「原爆ジャックは時間稼ぎのダミーだった。

スパイダーの真の標的は、

施設の高速増殖炉を使い、

ツァーリボンバーの中身を爆発させることです。

またやられました・・・

もう誰も死なせない!!」


藤丸は銃を持ち倉野を追う。



響とビーストが撃ち合いに。

ビーストに銃を向ける響。

しかしその後ろにはレディバードが。

響はビーストを撃ち、

レディバードに撃たれ倒れる。

ビーストは死に際、聖なる行進なんかない。

Jとスパイダーに踊らされただけだと。

レディバードがビーストを撃ち、

立ち去ろうとするところ、

後ろから響に撃たれた。



スパイダー・倉野理沙の正体が判明。

倉野は某国とは関係なく、

日本を壊滅させることが目的だった。


その間も高速増殖炉の温度はどんどん上がる。



“憎しみは

それを抱いた者の上にはね返る

ルートヴィヒ・V・ベートーヴェン”



藤丸が高速増殖炉の前の扉まで辿り着いた。

サードアイに報告する。

ロックを解除するためPCに向かう。

サードアイもドアを開け中へ入る。

藤丸にそこから離れるよう言う萩原。

スパイダーの目的は復讐だと。


「スパイダーは一体誰なのか。

どうしてずっと見てたのか。

直接会って聞かなきゃならない。」


「私からもお願いします。

藤丸くんにも教えてあげて下さい。

私が誰なのか。」


「倉野理沙の父親の名は敷村荘介。

国際医科大学の教授でした。」


藤丸の父の親友。

ブラッディXを日本に持ち込み、

そのウィルスを巡ってテロ教団に殺された教授。

倉野は母と暮らしていたが、

年に数回、父と会うことがあり、

幼い頃、藤丸とも会っていた。


「そうか・・・そうだったんだ・・・」


藤丸を止めようとするサードアイ。


「俺がやらなきゃいけないんだ!!

俺がスパイダーに会わなきゃならないんだ!!

そうだろ?」


「藤丸。スパイダーの挑発に乗るな!!」


「音弥・・・遥を頼む。」


「藤丸! 行くな!!」



ロックを全て解除し、

スパイダーのいる部屋へ入る藤丸。


「やっと思い出した? 藤丸くん。」


「ああ。やっと思い出したよ。

倉野・・・いや、敷村理沙。」


「懐かしいね。

こうして2人で会えるなんて。

ねえ、藤丸くん。

私と再会した時、どうして思い出してくれなかったの?

ねえ、どうして?

忘れてたんだね。

でも、私は忘れることが出来なかった。

この国が、日本が、お父さんにした仕打ちを。

忘れることなんて出来なかった!!

藤丸くんのお父さんは、

ブラッディ・マンデイを止めるため殉職した英雄。

でも私のお父さんは何!?

この国はお父さんを悪魔のような男だと断罪した。

医学の立場で人類を救おうとしていたのに、

テロリストの汚名をきせて見殺しにした。

知ってるでしょ?

藤丸くんのお父さんも、

うちのお父さんも、同じ志を持った親友だった。

この世界でひとりでも多くの人を救いたいって願ってた。

なのに・・・なのにどうして、

ひとりが英雄でひとりが悪魔なの?」


「復讐のつもりか?」


「そう。

だからあなたの大事な人も奪った。

罰として。

あとは・・・この国に復讐する。」


「最初からこいつを爆発させることが

目的だったのか?」


「もうすぐ臨界点に達する。

見て。

平和のために作られた原子力施設と、

破壊のために作られた核爆弾。

ふたつとも中身は同じもの。

英雄の子と悪魔の子。

まるで私たちみたいね。」


「何言ってんだよ。」


「こんな面白いことってないよね。

だって全てを消去出来るんだから。」


「何言ってるんだよ!!」


「もう時間。」


炉心温度が1500度を超え、警告音が鳴り響く。

がしかし、1543度で止まり、

温度がどんどん下がっていく。


「何をしても無駄だよ。

俺が止めた。

扉の向こうであんたが作った

高速増殖炉の制御プログラムを解除し、

俺が逆にロックをかけた。

もうあれを起動することは出来ない。

終わりにしよう。

もうすぐサードアイも来る。

だから、だからもう復讐なんてやめてくれよ!!」


銃に手を伸ばし、こめかみに当てる倉野。


「おい、やめろ!!

頼むから、頼むからやめてくれよ。

俺は親父だけじゃない。

大事な人を沢山失った!!

誰かを恨んだり、復讐したいって思う。

思うよ。

でも・・・それじゃいつまでも終わらない。

こんな心はどこかで終わりにしなきゃいけないんだよ。

俺達はそれでも生きて行くしかないんだよ!!」


「私が・・・朝田あおいを殺した。

それでも恨まないの?」


「俺は・・・生きて欲しい。

生きて欲しいんだ。」


倉野が藤丸の方へ銃を構える。

驚く藤丸。

振り向くとレディバードが銃を構えていた。


「我々を裏切ったな。」


倉野とレディバードが撃つ。

そして2人共倒れた。


「しっかりしろ!!

しっかりしてくれよ!!」


「あの頃、楽しかったな・・・

何故、あのまんまじゃダメなの?

藤丸くん。

一緒に遊びたかったのに・・・」



レディバードが立ち上がり、藤丸に銃を向けていた。

横から響が飛び掛る。

銃声が聞こえ、ドアの前で銃を構える霧島や加納たち。

そこへ響をおんぶして出て来た藤丸。


「ありがとう。助けてくれて。」


藤丸が響に言った。



“真の勇気とは

全世界に向けて成し得る事を

目撃者無しに、やってのける事

ラ・ロシュフーコー”



サードアイに戻った藤丸を迎える音弥。


「約束通り、ちゃんと帰って来たぞ。」


「藤丸・・・早く帰ってやれ、

遥ちゃんのところにも。」



藤丸にJから電話。


「おはよう。ファルコン。」


「J。」


「最後にどうしても君の声が聞きたくてね。」


「お前、どこにいる?」


「海を見てる。

倉野理沙には悪いことをした。

一生懸命一緒に演技してくれたのに。」


「やっぱりお前が。」


「僕も命がけだったんだよ。

2年前、彼女は僕の居場所を突き止め、

父の仇である僕を殺そうとした。

でもちゃんと説明したら彼女は分かってくれてね。

本当は誰が悪いのか。

だから手を組んだ。

お互いの目的を果たすために。

彼女にいろんな注射を打たれてさあ、

放射能被害を受けた振りも出来たし、

本当に死にそうな振りも出来た。」


「最初からお前が全て仕組んでたのか?」


「そうだよ。全部。

だからとっても心が痛んでる。

スパイダーにも、祖国のためにテロを起こした彼らにも。

みんなに悪いと思ってるよ。

そして君にも。

ごめんね、ファルコン。

でもね、僕にも守りたいものが出来たんだ。

君の同級生だった僕の妹、K。」


「安斎真子・・・」


「彼女は生きてる。
 
知らなかったろう。

僕の目的は達成された。

あとは罪を償うだけだ。

世界の果てに消えるよ。」


「お前だけは逃がさない。

俺はどこまでも追ってやる。」
 

「そうこなくっちゃ。

でももう会うことはないだろう。

その前にさよならが言いたかったんだ。

パンドラの箱、絶対に開けちゃいけない箱だった。

沢山の災いがあの箱から溢れ出した。
 
でも最後に残ったのはなんだったと思う?

希望だ。」





なんか微妙だったわ・・・

結局Jに振り回されてたってこと?

ってか、絶対シーズン3やるでしょ?

Jとの決着ついてないし。


サードアイは最後まで藤丸に頼ってたね~。

それってどうなの?って話でしょ。

核も止めて日本を救ったのに、

藤丸には何もないのか?

それなりの報酬をしなきゃいけないんじゃないのか?





ブラッディ・マンデイ  全11話


#01 #02 #03 #04 #05 #06

#07 #08


コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« ほろよい | トップ | 龍馬伝 第12回 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (お気楽)
2010-03-21 23:29:13
マヤが狙撃されて生きてた話とかレディバードがマヤを名乗ってた理由とか、ちっとも解明されてないじゃんね。
かなりガッカリなシーズン2でした。
おはようございます。 (BROOK)
2010-03-22 05:41:14
全てはJの計画通りだったようですね。
でもなぜホタルが?
気になるところです。


こうなると、シーズン3も現実味を帯びてくる感じでしょうか。
藤丸はサードアイ入りするのかもしれませんね。
>お気楽さん (マカ)
2010-03-22 20:44:57
謎の部分が謎のままで終わってしまって、
ガッカリですよね~。
なんか中途半端な最後でした。
>BROOKさん (マカ)
2010-03-22 20:47:08
こんばんは。

ホタル、気になりますよね!!
なんで???

シーズン3やりそうですよね~。
藤丸のサードアイ入りですか。
なんか割りに合わない気もしますね(笑)

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- 最終話 「この世の果てテロの悲劇と結末へ!!明かされる真実と鍵」 (電視劇的随便日記)
理沙(満島ひかり)「一緒に遊ぼうよ。藤丸くん。まだ思い出さないの?」藤丸(三浦春馬)「あんた誰なんだよ。」「私はずーっと、あなたを見ていた。」
「ブラッディ・マンデイ」第9話(終) (日々“是”精進!)
   09(終)スパイダーの正体を知り、愕然とする藤丸にスパイダーは「ずっとあなたを見ていた」という不気味な言葉を残してその場を去る。しかし藤丸はスパイダーとの関係をどうにも思い出せない。そんな中、藤丸とスパイダーの日本を懸けた戦いが始まる。藤丸はスパ...
ブラッディ・マンデイ-シーズン2- 第9話(最終回)「この世の果てテロの悲劇と結末へ!! 明かされる真実と鍵」 (空色きゃんでぃ)
スパイダーの正体は、倉野理沙! 「一緒に遊ぼうよ。藤丸君 あたしは、ずーっとアナタを見ていた」 ストーカー!? スパイダーは、原発...