ほろ酔いハングル

★☆ 韓国語学習の覚え書き etc... ☆★

「輩出」

2018-09-20 | 日本語メモ

ぼーっとテレビを見ていたら
「〇〇輩出した名門校」
と言っていました。

「〇〇輩出」ではないの?
と調べたら
「輩出する」は本来自動詞だそうで
「が輩出する」が正しいとのこと。

しかし、最近は「を輩出する」と使われることが多く、
辞書にも載っていて、誤用とは言えないらしい。

ただ、「輩出」は「すぐれた人物が続いて世に出ること」なので
「〇〇(個人)を輩出した名門校」は間違いだそうです。

コメント

コンセントを抜く

2018-09-14 | 日本語教室

日本語能力試験向けの問題集にあった問題です。

問:(  )に入れるのに最もよいものを、①②③④から1つ選びなさい。

  かみなりのときは テレビの(    )を抜いたほうがいい。
  ①アンテナ  ②スイッチ  ③アクセント  ④コンセント

もちろん答えは
④コンセント
ですよね。



しかし、
A君が言った言葉に、私は固まってしまいました。
「先生、コンセントは壁についてるあれですよね?」

私:・・・
  (そう言われれば・・・、あれは何?)
--アセッて調べる。
私:あ~っ、そうですね。
  壁についているのがコンセントで、差したり抜いたりするのは「プラグ」です。
  でも、プラグのことを「コンセント」と言うときもあります。
  私もコンセントって言っていました。(笑
  
ごめんね~、こんな先生で。


でも、試験対策の問題集の問題としては、ちょっと問題かも。

コメント

남편은 요지부동

2018-06-01 | 朝の手紙

2018년 6월 1일 오늘의 아침편지
남편은 요지부동
夫は動じない

노부부가 있었다.
아내는 심한 결벽증이 있었고
남편은 정반대로 위생 관념이라곤 없었다.
심지어 남편은 집안일도 도와주지 않았다.
부부는 이 일로 다툼이 잦았다. 아내는 남편이
지저분하고 몸에서 냄새가 나며, 돼지처럼 게으르다며
모든 거북한 단어를 다 동원하여 남편을 비난했다.
하지만 남편은 요지부동이었다.

- 뤼후이의《시간이 너를 증명한다》중에서 -

老夫婦がいた。
妻は過度の潔癖症だったが
夫は正反対で、衛生観念なんて全くなかった。
さらに、夫は家事も手伝ってくれなかった。
夫婦はこの事でしょっちゅうもめていた。
妻は、夫がむさくるしくて体が臭いだの、豚のように無精だのと
聞くにたえない言葉を総動員して、夫を非難した。
しかし、夫は全く動じなかった。

-リュフィの『時間があなたを証明する』より

* 시대가 변해도
부부 사이에 요지부동인 것들이 많습니다.
특히 노부부들은 서로 절대 고쳐지지 않는
버릇과 습관을 안고 평생을 살아갑니다.
부딪치고 다퉈본들 소용이 없습니다.
포기하고 살 수밖에 없습니다.
포기도 사랑입니다.

*時代が変わっても
夫婦の間で変えられないものは多いです。
特に、老夫婦たちはお互い絶対に直らない
癖や習慣を抱えて、生涯生きて行きます。
衝突し争ってみたところで無駄です。
あきらめて暮らすしかありません。
あきらめも愛です。

コメント (2)

사랑하는 만큼 보인다

2018-05-22 | 朝の手紙

2018년 5월 22일 오늘의 아침편지
사랑하는 만큼 보인다
愛する分だけ見える

사랑하면 보인다.
사랑하는 만큼 보인다.
사랑은 상대나 대상에 대한 관심이자
배려에서 출발해, 느끼고 공부하고 이해하고
공유하면서 완성되어 가는 것이기 때문이다.
탁구를 사랑하면 탁구장에 자주 가게 되고,
탁구의 룰과 수많은 기술을 터득하듯이.
오랜 세월 한 우물을 파면 사랑하는
상대와 대상의 전문가가 된다.

- 김기원의《사랑하면 보인다》중에서 -

愛すれば見える。
愛する分だけ見える。
愛は相手や対象にたいする関心であり
配慮から出発して、感じて学んで理解して、
共有しながら完成してくものだからだ。
卓球が好きなら、卓球場にたびたび行くようになり
卓球のルールと多くの技術を会得するように。
長い歳月、1つのことを続けていけば
愛する相手と対象の専門家になる。

-キム・ギウォンの『愛すれば見える』より-


* 같은 숲길을 걸어도
보고 느끼는 것이 저마다 다릅니다.
같은 책을 읽어도 긋는 밑줄은 다 다릅니다.
관심과 사랑은 사람의 눈을 열게 합니다.
열린 눈으로 보면 더 잘 보이고,
더 잘 보이면 더 깊이
알게 됩니다.

*同じ森の道を歩いても
見て感じるものが人によって異なります。
同じ本を読んでも、アンダーラインを引く箇所はみんな違います。
関心と愛は、人の目を開かせます。
開いた目で見ると、さらによく見えて
さらによく見えると、もっと深くわかるようになります。

(2014년 6월17일자 앙코르메일)

コメント

재능만 믿지 말고...

2018-05-21 | 朝の手紙

2018년 5월 21일 오늘의 아침편지
재능만 믿지 말고...
才能を信じるだけでなく...

재능을 가진 사람은 많다.
하지만 얼마나 많은 이들이 재능을
허비하는지 모른다. 중요한 사실은
재능을 갖는 것만으로는 충분하지
않다는 점이다. 재능을 가꿀 수
있는 재능도 가져야 한다.

- 바바라 애버크롬비의《인생을 글로 치유하는 법》중에서 -

才能のある人は多い。
しかし、どれだけ多くの人たちが才能を
無駄にしているかわからない。重要な事実は
才能を持っているだけでは十分ではないという点だ。
才能を培う才能も持たなければいけない。

-パーバラ・アバクロンビー『人生を文で治癒する方法』より-


* 재능은 선물입니다.
누구나 이 선물을 받고 태어납니다.
그러나 열심히 갈고 가꾸지 않으면 그 값진
선물조차도 자신에게 의미 없는 것이 되고 맙니다.
재능만 믿지 말고 반짝반짝 빛 날 때까지
갈고 갈고 또 갈아야 합니다.

*才能は贈り物です。
誰もがこの贈り物を受け取って誕生します。
しかし、一生懸命磨いて育てなければ
その貴重な贈り物さえ、自分にとって意味のないものになってしまいます。
才能を信じるだけでなく、きらきら光り輝くまで
磨いて磨いて、さらに磨かなければなりません。

(2014년 6월5일자 앙코르메일)

コメント

안개꽃

2018-05-19 | 朝の手紙

2018년 5월 19일 오늘의 아침편지
안개꽃
かすみ草

얼마나 착하게 살았으면
얼마나 깨끗하게 살았으면
죽어서도 그대로 피어 있는가
장미는 시들 때 고개를 꺾고
사람은 죽을 때 입을 벌리는데
너는 사는 것과 죽는 것이 똑같구나
세상의 어머니들 돌아가시면
저 모습으로
우리 헤어져도
저 모습으로

- 정호승의《내가 사랑하는 사람》중에서 -

どのくらい善良に生きたなら
どのくらい清らかに生きたなら
死んでも、そのまま咲いていられるだろうか
バラは枯れるとき、首を垂れ
人は亡くなるとき、口を開けるのに
おまえは生と死が全く同じなんだなぁ。
世の中の母親たちは亡くなっても
そのままの姿で
わたしたちが別れても
そのままの姿で

-チョン・ホスンの『私が愛する人』より-


* 시들어가는 꽃을 보면
마음 한구석이 텅 비는 듯한 느낌이 들 때가 있습니다.
새하얀 안개꽃은 처음과 끝이 한결같아
숭고한 마음마저 들게 합니다.
지난 세월 나는 안개꽃처럼
깨끗한 마음으로 살았는지
되돌아보게 됩니다.

*枯れていく花を見ると
心の片隅ががらんと空いたような気分になることがあります。
真っ白なかすみ草は初めから終わりまでまったく同じで
崇高な気持ちにさえなります。
過ぎ去った歳月、私はかすみ草のように
清らかな気持ちで生きてきただろうかと
振り返ってみるようになります。

コメント

베토벤의 산책

2018-05-18 | 朝の手紙

2018년 5월 18일 오늘의 아침편지
베토벤의 산책
ベートーベンの散歩

우울증에 시달렸던 베토벤은
심지어 비가 억수같이 쏟아지는 날에도
우산이나 모자도 쓰지 않은 채 성곽의 큰 공원을
산책했다. 산책하지 않으면 새로운 아이디어가
떠오르지 않았기 때문이다. 루소와 에머슨,
키르케고르는 산책할 때 반드시 작은
노트를 챙겼다. 걷다가 생각이
떠오르면 기록하기 위해서였다.

- 김상운의《왓칭》중에서 -

うつ病に悩まされていたベートーベンは
土砂降りの雨の日さえも
傘や帽子も持たず、城の公園を散歩した。
散歩しないと、新しいアイディアが浮かんでこなかったからだ。
ルソーとエマーソン、キェルケゴールは散歩するとき必ず
小さなノートを携えた。歩いていて考えが浮かんだら
記録するためだった。

-キム・サンウンの『ウォッチング』より

* 생각이 막히고
영감이 말라 바닥이 났을 때
산책은 좋은 윤활유 역할을 합니다.
아무리 몸이 지쳐 있어도 생기를 줍니다.
아무리 마음의 풍랑이 거세도 고요하게 만듭니다.
몸과 마음을 다스리는 최고의 선물입니다.
저도 매일매일 산책과 걷기명상을 하며
아침편지를 쓰고 있습니다.

*考えが行き詰まって
ひらめきが枯渇してしまったとき
散歩は良い潤滑油の働きをします。
どんなに体が疲れていても生気をくれます。
どんなに心が波立っていても静めてくれます。
体と心を癒す最高の贈り物です。
私も毎日毎日散歩しながら瞑想をして
朝の手紙を書いています。

(2014년 6월11일자 앙코르메일)

コメント (2)

눈을 감고 본다

2018-05-17 | 朝の手紙

2018년 5월 17일 오늘의 아침편지
눈을 감고 본다
目を閉じて見る

빛이 없으면
아무것도 볼 수 없습니다.
하지만 빛이 있어도 볼 수 없는 게 있습니다.
오히려 눈을 감아야 보입니다. 그리운 사람,
저 산 너머 고향이 그렇습니다. 때론
현혹되지 않기 위해 눈을 감습니다.
진실은 마음의 눈으로
볼 수 있으니까요.

- 조용철 포토에세이《마음풍경》중에서 -

光がなければ
なにも見ることができません。
しかし、光があっても見ることができないものがあります。
むしろ目を閉じると見えます。
懐かしい人、あの山の向こうの故郷がそうです。
時には、惑わされないように目をつぶります。
真実は心の目で見ることができるからです。

-チョ・ヨンチョル フォトエッセイ『心の風景』より-

* 그래서, 갑자기
그 사람이 그리울 때면 눈을 감습니다.
저 산 너머 아스라이 멀어진 고향이 생각나면
눈을 감습니다. 눈시울이 뜨거워지는데도
눈앞에 다가선 듯 선명하게 보입니다.
눈을 감고 마음의 눈으로 보아야
본질이 보입니다.

*だから、突然
その人が懐かしくなると、目をつぶります。
あの山の向こう、はるか遠くなった故郷を思い出すと
目をつぶります。目頭が熱くなるけれど
目の前に迫ってくるように鮮明に見えます。
目を閉じて、心の目で見てこそ本質が見えます。

(2014년 6월20일자 앙코르메일)

コメント

「~を切りつける」?

2018-05-14 | 日本語メモ

朝、ニュースで飲食店で起きた殺傷事件のことを報じていました。
その中で、「男が男女4人切りつけた」と言っていたのですが、
すごい違和感。
「~切りつけた」ではないのかな?

調べてみたらこんな記事がありました。
あれっ!?
「を」を使う人の方が若干多い。
はっきりと結論は書いてありませんが、
「切りつける」の場合は「切る」動作が強まるだけでなく、
「その行為が、ある対象に向けられる意を表す」(大辞泉2版)
ということから、
「~に」の方がよさそう、ということのようです。

また、その事件について書かれた記事を見ると
「4人が切りつけられた」との表現も多いです。
これだと悩む必要がないですね。

コメント (2)

변화는 땀을 요구한다

2018-05-13 | 朝の手紙

たまに読んでいるコ・ドウォンの「朝の手紙」を訳してみました。

2018년 5월 11일 오늘의 아침편지
변화는 땀을 요구한다
変化は汗を流してこそ

변화란 무엇일까?
내가 생각하는 변화의 정의는
'간절히 원하는 것을 얻기 위하여
큰 고통을 감내하고 새로운 습관을 만드는 것'이다.
핵심은 세 가지다. '원하는 것', '고통 감내',
'새로운 습관'이다. 이 중 하나라도
빠지면 변화는 일어나지 않는다.

- 한근태의《고수의 질문법》중에서 -

変化とは何だろうか?
私が考える変化の定義は
「切実に望むことを得るために
大きな苦痛に耐え、新しい習慣を作ること」だ。
大事なことは3つ。
「望むこと」「忍耐」「新しい習慣」だ。
このうち1つでも欠けたら変化は起きない。

-ハン・グンテの『優れた人の質問法』より-

* '변화'에도 순서가 있습니다.
무엇을 어떻게 변화시키겠다는
목표를 간절히 세워야 합니다. 그 목표에
이르기 위해 부단한 노력과 인내가 필요합니다.
그 결과로 얻어지는 새로운 습관을 완전한
내 것으로 만드는 것입니다.
변화는 땀을 요구합니다.

*「変化」にも順序があります。
何をどのように変化させるのかという
目標をしっかり立てなければなりません。
その目標に至るために絶え間ない努力と忍耐が必要です。
その結果として得られる新しい習慣を完全に
自分のものにすることです。
変化は汗を流してこそです。

コメント