人生アラカルト

どうせ過ごすなら楽しくね。

題名で買った本

2015-08-31 09:10:59 | 80はミステリーゾーン
新聞の広告欄は記事と同じくらいの読み物が存在する。
書籍では朝日が数、内容ともに多いと聞く。

最近、題名につられて買った本がある。
 
  明日この世を
  去るとしても、
  今日の花に
  水をあげなさい

本のタイトルにしては文字数が長い。
だが、なんと魅力のある題名だろうか。

筆者は大学の病理学者である。

・人生は一周遅れぐらいがちょうどいい

「人生はゆとりをもって、品性を保ちながら走り続けることが大切」
と説明する。

病理学者という肩書をはずすと、お坊さん、文学者、小説家など文化
系の人が書いたものかと思う。

・所詮私たちには座布団一枚分の墓場しか残らない

となると、僧籍の方がおっしゃれば、「はい」とうなずきそう。

この本の魅力はなんといっても、題名にある。


コメント

これぞ お寺の仕事

2015-08-23 16:54:41 | 80はミステリーゾーン
療養の悩みを打ち明けましょう、と「いらしての会」を
毎月1回、金沢の弟が住職のお寺で開いている。

『いらして』とは、「また来てね、お会いしましょうね」
という土地の言葉。

住宅で介護を受ける住民や家族らが悩みを打ち明けられる
場をお寺が提供した。

私は、これはお寺に生まれた<生きた行事>と感じた。

介護とか、療養は家庭に重くのしかかっていて、
医療機関や介護制度だけでは、判断が難しい問題だろう。

どうしたらいいのか、訴えるだけでも解決の糸口になるだ
ろうし、気持ちの開放にもつながるかもしれない。

その場をお寺が提供している。


毎回、20人ほどの参加があり、地域包括支援センターやケ
アマネジャーの専門家らが出席しており、介護保険制度に
ついても意見が交わされたとのこと。

内容は7月16日の北国新聞に紹介されている。










コメント (1)

がんと癌の違いはなんだ

2015-08-19 09:05:45 | 80はミステリーゾーン
知らなかったが、違いがあるらしい。

がんはほっといた方がいい、という意見の本を読んだ。

胃がん、食道がんが発見されたとき、いろんな本を読んだ。

著者の文章がうまいので、読み通すことができた。

血圧検査はほっといた方がよい、という本も読んだ。

こっちも、読みやすいので必要なところを拾い読みした。

著者の意見は納得したが、がんは放置しなかった。
病院で手術してもらい、予定通りのがん治療を経て、今日も生
きている。

血圧も毎日自分で調べて血圧手帳に結果を記入している。薬も
忘れずのんでいる。

がんに効くといって一切の動物性蛋白質を避けて、がりがりの
身体になって、抵抗力を失って、反って病気を深くしたという
話も聞いた。

人の話で、突飛なものには、沢山の人はついてこない。

そんなもんと違う?
 
コメント

不良老人のすすめ

2015-08-16 21:56:15 | 80はミステリーゾーン
テレビで「不良老人のすすめ」なるものをやって
いた。

定年退職後、波乗りやワイン、バイク、ピアノな
どなど、第2の人生を楽しもうという生き方。

至極、当然だ。

65歳まで働いたといっても、あと20年以上はある。

何をしてよいか、分からないようでは人生大事な部
分を捨てるようなものである。
家にごろごろいられては、奥さんも大変だ。


アドバイスをすると、まず、趣味。
定年になってなにか趣味をと思っても、見つけること
は困難。

若い頃なにかやっていなかったか。
ギター、ピアノなど楽器類。テニス、水泳、野球な
どスポーツ。私らの学生時代はダンスが多かった。

それら、経験したことを再出発すればよい。
第一経験したこと分かっているだけに、失敗は少ない。

ピアノなど楽器類はお勧めしない。
思ったより難しいという壁にぶつかる。

反復というすべてに共通する練習に音を上げる。

反復練習が出来なければ、上達は難しい。

やさしい曲でいいのなら、それでいいが。

テレビも「不良」といい加減なタイトルをつけているが、
人間として至極当然な人生の過ごし方に過ぎない。




コメント

[灰の水曜日」と呼ばれる日

2015-08-15 18:15:38 | 80はミステリーゾーン
曽野綾子さんの『人間の分際』を読んでいたら、
<死を考えることは前向きな姿勢>の項目があった。

そこに、

 私はカトリックの学校で育ったので、幼稚園の頃か
 ら、毎日、自分の臨終の時のために祈る癖をつけら
 れ、「灰の水曜日」と呼ばれる祝日には司祭の手で
 額に灰を塗られて、塵に還る人間の生涯を考えるよ
 うに言われました。


 シスターたちが、「この生涯はほんの短い旅にすぎ
 ません」と言うのも度々聞いたことがあります。

 そういう教育を受けたことは、このうえない贅沢だ
 ったと思っています。
           と書いてありました。


これを風呂に入り、半身浴をしながら読んでいます。


   ・・・・・・・・脳細胞に新たな資料と知性
コメント

孫の数だけ布団を残す

2015-08-15 17:27:36 | 80はミステリーゾーン
「盆に二家族が来て、大変やった」

金沢の友にご機嫌伺いの電話をしたら、そう
いってました。


私の家にも、新潟から娘一家がやってきまし
た。入院見舞いが目的で、元気でいれば、な
にかと世話することがあったでしょう。


80を機会に、家の中の整理に本腰を入れて
いますが、とくに食器類、衣類、寝具などは
だいぶ整理できました。

しかし、孫たちが寝る布団は最低限おいてあ
ります。いまどき、夏だからごろ寝というわ
けにはいきません。

この夏はとりわけ猛暑の京都です。

エアコンがなければ生きられない。
そのエアコンが老朽化で変えなくてはならな
くなり、急きょ取換たのですが、彼らが去っ
た後の工事となり、少々暑い思いをさせまし
た。



孫が成人になるまで、お盆は民族の移動現象
があるのでしょうね、

今日から帰りの新幹線は満員で、高速道路は
帰りの車で長蛇の列が続いていると、テレビ
が報じています。
コメント

ひどいなあ!! 

2015-08-12 14:12:52 | 80はミステリーゾーン
病棟のエレベーターでいったんしまった
扉がまた空いた。

すると最後に入った年寄りが「開けたら
あかん」と叫んだ。

自分が降りる際にも悪態をつく。

「私開けてへん。外からボタン押すから
すぐあいた」

可愛そうに、エレベーターガールの役を
していた女性に、安息を必要とする病棟
のエレベーターでなんという老人。





スーパーマーケットで。

棚の奥からせっかく並べられた品物を引
きずりだす。

生魚を指で押す。

大抵は中年以上の女性。




男性の局部をちょん切った男がいた。

神様が作った作品で最高傑作は人間だろう。

骨、筋肉、神経、皮膚、心臓、肝臓など各
臓器。

中でも、血液なんかすごい発明であろう。
100年分のノーベル賞ものだろう。

前立腺肥大の手術を受けた時、下半身につ
いて全く無知であったことを恥じた。

生殖と排泄の器官を一つにまとめたレイア
ウトは言うことなし。

その大事な器官をハサミで切る。
なんということをする。









コメント

病院に入っていました

2015-08-10 22:13:19 | 80はミステリーゾーン
80はミステリーゾーンですから、
病は常に身近にあります。

幸い命に係わる病症ではありません
ので,寿命はつながっています。


病院での治療はほぼ完璧です。
求められる承諾書や誓約の類は多く
て、万一じゃないけれど10に一つ
の例も危険な例として説明されます。


いまのところ、病院で死ぬことはま
ずない。早期発見、早期治療をすれ
ばでの、話です。


なんにしても手遅れにならないよう
病気にびくついていたら、まず大丈
夫でしょう。
コメント

酷暑の中で壁打ちは暴挙?

2015-08-04 08:16:53 | 80はミステリーゾーン
今日も京都は37度を予想しています。
車を走らせると、救急車が交差点を駆け抜けます。
熱中症の患者を運ぶのでしょうか。

私が判断に苦しむのは、家の中での熱中症があると
いうことです。
屋根の下にいたらもう逃げようではないですか。

あえてコートへ出かけ壁打ちをしてきました。
暑い時に熱い場所に身を置くことも、一興です。

なに、コートの上は案外風があって、涼しい時もあ
るのです。肌にくらいつく太陽からの直射光も、生き
ている実感。

これで、ボールを打つともっと身体が熱くなるかと
いうと、逆にすっきりしてきます。

汗はかいてもすぐに乾きます。

2,30分ボールを打ってから引き揚げました。
ここらが限度にした方が良いと判断しました。

35度以上で、運動するのは危険といいますが、人に
よります。


昔、コートでがんがんボールを打っていた人間は暑
さで倒れることはまずありません。

体感温度が普通の人に比べてら、かなり高いのです。
コメント