朗らかな蜥蜴と16の世界 3rd space

カレー、ラーメン、その他グルメ、車etc. 主な行動範囲…福岡~筑後地区周辺。遠征もあり。

カーマ

2019年10月15日 | カレー、洋食
2軒目は「カーマ」。一軒目「桃の実」から徒歩10分程度で到着。横のラーメン屋に行列できてるのを横目に入店(11:58)。

 

ここも相席。チキンカレー注文し、ここもまた1分とたたないうちにカレー到着。前日食べた「スパイスボックス」でも感じましたが、オリジナルのピクルスのがすごい重要な役目を果たしてる。観ての通りさらさらの黄色いカレーに、ここではパイナップルやキムチ風のピクルス。それからテーブルに備え付けの粉チーズも合う。12:08退店。
コメント

スパイスボックス(写真なし)/ 桃の実

2019年10月14日 | カレー、洋食
少し間をおいて(←といってもその間新幹線で群馬・前橋まで行ってまた帰ってきた)、4戦目へ。東京へ戻ってきたら想定外の雨。しかし土砂降りではないので都内なら地下鉄地下道を駆使してなんとかなる!かも と思い、地下鉄で水道橋へ。雨に濡れながら走り「桃の実」へ!…と、まさかの「完売」閉店。雨に濡れながら絶望的な気持ちで戻りながら店を再検索。再び地下鉄で「小川町」へ。そこから再び雨に打たれながら「スパイスボックス」へ!ここで本日のカレー「キーマカレートマトグレイビーバージョン」を注文。量かなり多く、しかも辛かったけど種々のピクルスが期待以上にどれも美味く、ピクルスや温玉がカレーの辛さを和らげてくれるので、完食。写真もかなりバえるのが撮れた…と思いきや、ホテルに帰ってみると、まさかの!…保存されていない。(店内でなんとなく撮りにくいとき、さっと撮ってさっと電源切ってなおしてしまうので。たまにこういうことある。)またまた悲しい気持ちでそのまま眠りにつきました。

というわけで翌日リベンジへ。

 

一軒目は前日門前払いを食らった「桃の実」へ。カウンターに、足がつかない高さの丸椅子。こーゆーのが一番腰にくる。カレーのため、忍耐。マトンカレーチーズトッピングライス少なめ。1250円。さらっとした茶色いカレー。マトン肉はやわらかくてよくほぐれるしほどよくぷりぷり。開店前に到着し11:30開店と共に入店。11:48退店。
コメント

ペルソナ

2019年10月13日 | カレー、洋食
下腹部にぎゅーぎゅーに巻いてるコルセットをゆるめ第3戦目へ。共栄堂から徒歩2,3分、「ペルソナ」へ。ボンディの暖簾分け?のお店との情報あり。ドラマ「コウノドリ」観てる最中なので店名がイイ。

 

さすがにここではごはん少な目で注文(値段は同じです)。ビーフカレーを注文。ライスはボンディと同様にチーズ入り。芋バターが美味い。16が最もすきな、神保町欧風カレー。ごちそうさまでした。ゴフッ。
コメント

共栄堂

2019年10月12日 | カレー、洋食
東京カレー巡り2戦目。三丁目のカレー屋さんを出た後しばし銀座を散策し腹ごなし。電車にのってカレーの聖地へ上陸。さすがカレーの町、道行くひとが皆、カレーの話してる。「共栄堂」へ入店。お昼時とあって店内混雑で相席。


ポークカレーを注文。注文後1分とたたずカレー到着。ごはんやまもり。くるしい。ごはんすくなめにすればよかった。らっきょフリー。スパイシーでさらさら。若干コーヒーのような苦みのあるカレー。このあたりのカレーはさらさら系多いみたい。お店の滞在時間10分。げぷ。
コメント

三丁目のカレー屋さん

2019年10月11日 | カレー、洋食
東京カレーめぐり。1戦目。銀座にある、三丁目のカレー屋さん。

 
11:00開店後の一人目の客として入店。「幼児おことわり」の注意書で、すこしシキイの高さを感じるけど一人だとこーゆー気にせず入れるのは逆にうれしい。焼きチーズビーフカレーを注文。

 
店内BGMはなんかオーケストラ調のクラシック音楽がけっこうでかい音量で流れてる。客はひとり話し声ゼロなのでやたらうるさく感じる。カレーはとろとろで、ほぐし肉+。辛さ普通を注文したけど、中盤以降からくてひりひりししてきます。おまけに、ちっさいチョコドーナツつき。これはフツー。11:28退室。
コメント

王華のとんこつカレー

2019年10月10日 | カレー、洋食
 

ラーメン店王華のとんこつカレー。3回目の訪問ですが今回は初めてカレーだけを食べにきました。300円のちっさめのカレー。
コメント

6種野菜のカレー

2019年10月09日 | カレー、洋食
 
MCC 6種類野菜のカレー。安くてクオリティたかいこのシリーズ。

 
せっかくの野菜カレーですが、肉をプラス(例によってLawsonのカップ総菜 砂肝唐揚げ)。玉ねぎたっぷりで美味。
コメント

アバシ

2019年10月08日 | カレー、洋食
「カルテット」最終話まで観ました。感想…①「たいがいの犯罪者は自分を被害者だと思うことからはじまります」これたしかにそう。②コンサートで一曲目に死神の曲をもってきたのは、好奇の目で見る客を追い出すため?③べっぷくんといえもりくんが下の名前でよびあってたのは、まきちゃんが帰ってきたときのためのやさしさなんだなって思いました。④最後はっぴーえんどですごくよかった。車内で4人でエンディング歌ったあと、最後いえもりくん「あれぇー」、べっぷくん「まじか」、すずめちゃん「みぞみぞしてきました」で〆てくれました。四人とも大好き!

 
久留米市・上津バイパススタバ横にある「アバシ」へ。ひさしぶり。アバシってなんか十数年の時を経てどんどん子連れ向きなお店になっている気がします。サグカリーは味ちょと薄いような。めんたいチーズナンは味が強く、カレーにつけてもナンの味のみでカレーの味がよくわかりません。
コメント

タン炭カレー

2019年10月07日 | カレー、洋食
「カルテット(vol.4:7話8話)」観ました。相変わらずしょーもなさそうな会話の中に、名言がぎゅーぎゅーに詰まっています。
・「転んだだけって言うひとって、たいてい転んでないよね」
・「すきだってこと忘れるくらいいつもすきです」
・「なんでお昼ご飯はおひるってゆーのに、お朝、お夜って言わないんですかね」
感想…①別府君の弟さん、4人をダメ人間あつかいしてるけど、まあドラマ的には感じ悪いけど、客観的に考えたら、だれだってそう思うよね。まっとうな意見だと思います。自分ちの別荘に無職の4人が居候してたらそりゃあね。②すずめちゃん(満島ひかり)寝起き演技うますぎ… ③ありすちゃん、どんだけしたたかなの…④片思いだらけの四人。いえもりくん→すずめちゃん→べっぷくん→まきちゃん。ここでまきちゃん→いえもりくん、と来ないのがまたオモロい。みんな幸せになってほしい ハッピーエンドでおわりますように…。

 
大牟田市のご当地カレー。「タン炭カレー」。旧三井港倶楽部料理長とあったので期待して買いましたが、中身はうーーん。

 

「むかし炭鉱で栄えた町」のご当地カレーとして、ごろごろのタンを炭に見立てた…ってダジャレが混じったカレーですが。うーん、ボンカレー風です。むかーし旧三井港倶楽部で食べたカレーは美味しかった記憶あるんだけど、まったく別もの。
コメント

とり野菜みそカレー

2019年10月06日 | カレー、洋食
「カルテット(vol.3)」観ました。感想…5話:別府くんの「お茶です」でフいた。ありすちゃんかわいいけど、キャラ悪っ! しかしこのときのマキマキ・ありすちゃん・すずめちゃんの3人のやりとりの演技、すごい。会話を発するタイミングとか役者の「演技」を客観的にみて感動すらおぼえた。
引き続き心に響いた名言をちぇっく。
・「ゴミを捨てない人間はゴミから見てもゴミです」
・「二十代の夢は人間をかがやかせるけど、三十代の夢はクスマスだけ。」クスマスって何?クリスマス?
・「注文に答えるのは一流の仕事。ベストを尽くすのは二流の仕事。三流は明るく楽しくお仕事をすればいいの。」ってあなたコウノドリの院長!
・「志がある三流は四流。」
6話:マキマキ&夫さんの過去。夫さん失踪に、いたるまでの。こーゆーのはきっとだれしも多かれ少なかれ感じてることだし、気持ちはわかるけどね、でも逃げたらだめだよ。責任というものがある。

 
とり野菜みそカレー。どっかの大学教授と学生が開発したカレーのよう。

 
「まんで甘口」。まんでってどゆ意味?美味しかったです。Lawsonの砂肝唐揚げをのせて。
コメント