50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

少し元気が出てきました。ホットケーキの思い出。

2021-01-31 08:52:16 | 海外生活、コロナウィルスの影響、料理

昨日、今日と、暖かいコメントを頂き、元気になることが出来ました。
本当にありがとうございます。

昨日の夜は、本当に鬱状態に陥っておりました。
何をする気にもなれず、ただ、ただ、何も手に着かない状態でした。

しかし、こんな拙いブログにも応援をしたり、暖かいコメントを下さる方々がいて、励まされました。
それから、ここ2~3日は、夫との喧嘩もなく、何とか、平穏状態を保っています。

大統領選挙のことで、虎さんのことを、メディア全部が、罵詈雑言の嵐で、悔しくて、腹が立って仕方ありませんでした。不正選挙なのは、わかり切ってるのに、最高裁まで、証拠がないと、判決する始末。
全てのメディアとDSと中共を敵に回して、多くのYouTuberだけが、虎さんのサポートに立っている状況。
夫との喧嘩の原因も、その一つ。
今や、アメリカも2つに分断されていると思います。
家庭内でさえも、分断がされてしまっています。
これも、メディアが真実を伝えない、人々を洗脳してる、中共に忖度してるからでしょう。

そういえば、隣の若夫婦の奥さん、もしくは、パートナーの女性の姿をここ1~2か月、見ていません。隣の若い男性マシューは、ITビジネスマンでしたが、コロナで、職を失ったようです。
再就職先を見つけたのも束の間、うまくいかなかったようで、今はデリバリーなどの仕事をしているようです。コロナで、うまく行かなくなったカップルも増えてるのでは、と思います。

木曜日には、久々に海岸沿いの魚屋に行ってきました。
前のロックダウンの時は、長い行列が出来ていましたが、今は、行列もなく、1人か2人を待つ程度で、いろんな魚を買いました。
新鮮なイワシが売ってたので、しかも安かったので、たくさん買いました。
鯖も、そして、イカとTigar Prown(大き目のエビ)も買いました。
後は冷凍のWhite Bateも。
昨日はイワシのフライを料理しました。
新鮮だったせいか、とっても美味しかったです。



アボカドとペッパー(パプリカ)のサラダ、キャベツの千切り、ブロッコリー、豆腐とわかめと玉ねぎの味噌汁、こんな美味しい晩御飯を食べても、やはり鬱状態が続いていました。

でも、今朝起きた途端、気分が変わっていました。
落ち込みすぎたせいか、すっきりした気分になっていて、おまけに、ブログに暖かいコメントが来ていて、ほっこりした気分になりました。

お茶の時間(4時)に、ホットケーキ(パンケーキ)をトースターで焼いて、バターとハチミツで食べました。
紅茶は、リーフティにしました。
ティーバッグより、はるかに美味しいことに、最近気づきました。
ホットケーキを食べると思いだすのが、昔、天王寺のデパ地下で、母とよくホットケーキを食べたこと。ハチミツの代わりにシロップが小さな銀のカップに入って出されました。
懐かしいです。あのような昔のことを思い出すと、暖かい気分になります。



ホットケーキのハチミツは、ちょっぴり贅沢して、マヌカハニーを。
こちらでは、ハチミツが安いのですが、普通のハチミツだと1ポンド(140円くらい)マヌカハニーでも4ポンド50ペンスくらい(630円くらい)で買えます。



そういえば、昔、大阪の枚方に住んでいた時、元夫と小さな息子と一緒に、隣町の私市にハイキングに行きました。
春先にいくと、ハチミツ農家が、家先に取れたてのハチミツを売っていました。
何度か買いましたが、あんな美味しいハチミツは、後にも先にも食べたことがありません。
花の香りがするのです。リーズナブルな値段でした。
極貧の私たちにも買えたくらいですから。
もう一度、あのハチミツを食べてみたいです。
懐かしい思い出です。
あの緑の道を、もう一度歩いてみたい。
幸せなひと時でした。
あんな頃もあったのだなと、切なく思えてきます。

今日観たYoutube
ねばねばチャンネル

[帰国🎌] 日本に到着致しましたが、空港と飛行機の状態に驚きました。。。 - YouTube

イギリスは終わりの見えない3度目のロックダウンに入ってしまいました... - YouTube

I was not allowed on the plane when I tried to go home to Italy during the pandemic... - YouTube



テレビ番組は嘘ばかり!トランプ大統領は拉致被害者家族に寄り添い、さらに人身売買組織を多数壊滅!450人の子供を救出している!【2021年1月30日】 - YouTube

【池上彰氏「トランプはウイグルや香港の人権問題に興味がなかった」】えっ!?何言ってるの?世界で初めて中国のウイグル政策をジェノサイド認定したのはトランプ政権だぞ!香港警察へ堂々と制裁を課したのもトラン - YouTube

この池上彰というのは、最低ですね!!本当に腹が立ちます!!嘘ばかりでっち上げて、これは、犯罪に近いと思います。中共のプロパガンダもいいところです。

にほんブログ村



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 気分が落ち込むけど、何とか... | トップ | 収入ゼロに近いのに、歯科治... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たぬき)
2021-01-31 17:01:13
こんにちは。

ブログを読み、少し元気が出てきたとのことよかったです。

このコロナ禍ではちょっとしたことで気持ちが沈み、鬱に陥ることも決して少なくないと感じています。私も昨年、緊急事態宣言が出たあたりから自律神経が乱れ始め、胃腸やら手足のしびれなどが出ました。そんなときは周囲の家族や友達に助けられたものです。

ところで私の副業ですが、英語講師は中高生向けの進学塾です。私の住んでいる地域は進学塾が多く、面接と試験をパスすれば講師になれるようです。これからは二足のわらじも視野に入れ、少しでも長く働きたいと考えているので、得意な分野を生かしながらお金を貯めたいと思います。

夕食のアジのフライやエビフライ、おいしそうでしたね。ホットケーキもいいですね。いつか歩いた緑の道、という文章を読んだとき、胸がぎゅっとなりました。ふとしたときに、故郷や子供時代を懐かしく思うことありますよね。私は春風がそでの中をふわっと通り抜けたり、季節の変わり目や雨の匂いを感じた時に遠い子供時代を思い出します。

それではまたキツネちゃんや美しい田園風景の画像、元気なブログのアップを楽しみにしています。
Unknown (carreau)
2021-01-31 23:02:35
たぬき様も書かれていますが、こちらで美味しそうなお料理の写真を拝見するといつもお腹が空いてきます
(*´﹃`) 私は料理するのがあまり好きではなくバリエーションも少ないので、お料理上手な方に憧れます。

ホットケーキも美味しそうですね!…そして私もホットケーキと言えば、未就学くらいの頃に住んでた町の駅前で亡き母と食べたホットケーキを思い出します。四角いバターの塊が生地の上で少しだけ溶けて、それを母がナイフで塗り広げてくれる時のワクワクといったら!…ホットケーキって、そういうあたたかい思い出と切り離せないのかもしれませんね。

それと私市のあたり、懐かしいです。私も子供の頃、家族でくろんど池までお弁当を持って行きました。夏は星田のほうへ花火をしに行ったり…

健在とはいえ父とは母なき後いろいろすれ違った末に疎遠になってしまったため、私も「あんな頃もあったのにな…」と寂しくなります。時間と共に人との関係も変わっていくものですね。

私市のハチミツ、私も食べてみたいです♪
たぬきさん、コメント有難うございます! (白日夢)
2021-02-01 00:17:48
実は、私も、コロナの始まった去年の3月くらいから、手が、痺れるようになりました。原因がわからないのですが、夜中、特に朝方、手が痺れて、原因がわかりません。医者に行きましたが、脳梗塞などの、怖い病気ではないようです。脳梗塞の場合は、片方の手だけ痺れるそうなので。私の場合も、神経的なものかもしれませんね。とにかくコロナになってから、夥しい量のストレス不安が、圧し掛かってきましたきましたから。
中高生向けの進学塾とは、良いですね。私の場合も、頑張って、ABRSMの試験を受けて、良かったです。年取ってからの挑戦でしたが、この資格を取ることによって、自信が生まれ、やはり、生徒や生徒の父兄にも信頼してもらえるようになったからです。やはり、資格というのは、大事ですね。
最近は、古き良き時代の頃を思い出すと、胸が切なくなります。あの頃には、もう戻れないのかな?
思えば、便利になりすぎた現代。不便だった昭和の頃、そんな不便な頃の方が、良かったのかな?家族との絆も昔はあったなと思ったりします。
carreauさん、コメント有難うございます。 (白日夢)
2021-02-01 00:28:06
私も、実は、お料理は上手な方ではないのですよ。とても、大雑把なんです。それと、こちらでは、日本のスーパーのように、美味しい総菜や、出来合いの弁当などは、一切売ってないのですよ。ロンドンなどでは、お店で寿司などが買えるようですが、いずれにせよ、かなりの値段しますね。
私も、たまにロンドンに行くと、帰りにWasabiという韓国系のお店で、(今は働いてる人が殆どインド人ですが)寿司を買って、電車の中で食べたりしますが。(;'∀')
carreauさんも、お母さんと一緒に食べたホットケーキの思い出があるんですね。そうそう、四角いバターでしたね。昭和の頃の懐かしい思い出ですね。

くろんど池、懐かしいです。息子の子供会で皆でハイキングに行ったこと思い出します。うちの息子は家では、あまり食べない方だったのに、子供会で、皆で作ったカレーは、ママ友さんに、「〇〇君、カレーのおかわり、7杯もしたのよ~」って言われて、赤面しました。( ;∀;)よほど、楽しくてお腹すいたのでしょうね?
今度、日本に帰れたら、もう一度、昔住んでいた懐かしい場所に行ってみたいです。私市にも行ってみたいです。

コメントを投稿

海外生活、コロナウィルスの影響、料理」カテゴリの最新記事