うさぎの耳

大学卒業→社会人→看護学校→就職→3年目ナース
読書の記録と日々の出来事。

合格した

2012年11月26日 01時05分20秒 | 2012 (25)
実は、看護専門学校の社会人入試を2校受験して1校合格した。もう1校はまだ合否出てない。

前の仕事が病院勤めだったんだけど看護師なりたいなーって思ってて、プラス正規の仕事じゃなかったから、正社員の仕事に就きたいなと思って今のケータイショップの仕事に転職した。
転職の意図として、仮に看護学校行くなら学費がいるのでその為にも正社員の仕事をと思って転職。人と接する仕事なら自分の身になると思ったし。
妹が看護師をしてて、すごく仕事大変そうでなかなか看護師なりたいって家族に言えなくて、言ったらやっぱり反対でした。



現に合格通知を開封した時、親は喜んでない。



7月末に同い年の先輩がネイリストになるって退職されて、同い年の人が夢に向かって進むのに思うところがあって、実際に転職してからなんにも看護学校の受験準備とかしてなかったけど受験したいって家族に言って反対されて、周りの友達、前の職場の人、ランニング一緒にしてる人までありとあらゆる人に相談したんだけど、最後は自分のやりたいようにやろうって感じで受験した。

9月に入ってから周りに相談したりして、オープンキャンパスは夏休みにほとんど終わってて、1校だけオープンキャンパス行きました。
勉強は、ほとんど出来てなくて受験。市販の問題集をちょろっとやりました。小論文も練習したけど、あんまり数は出来てない。書くのは全然苦じゃないタイプだけど、練習問題がけっこう今の時事問題の現状を知識として知っとかないと書けない感じだったから。一般常識と小論文だけで学科の試験がない学校もありました。

受験してもそんなに簡単には合格しないし、受験して落ちたら諦めもつくし、受験しないで後悔するんだったら受験して落ちる方がいいと思って受験。

倍率高くて受験会場では心折れました。一般入試含め定員80人に対して社会人80人弱受験だったから。
もう1つの学校は40人定員に対して25人受験。社会人からそんなにたくさん合格させないよなーと心折れました。


合格通知を開封した瞬間は人生開けたーっっ!って思ったけど、ほんとに進学していいのかなという思いもあります。

社会人4年目で転職2回。せっかく正社員になったのにまた辞めるの?

今の仕事が嫌だから逃げて学校に行くのではありませんか?


正直、今の仕事が好きか嫌いかだと嫌い。会社は社員を大事にしてくれる会社なんだけどね。ノルマが多分精神的にきつい。ノルマ達成出来ないからって減給とかはないんだけど、仕事行きたくなくて吐きそうになる。
卒業して最初の営業の仕事の時も精神的にやられて朝吐きそうになってて同じパターン。さすがに4年前より少しは精神的に強くなったので今はうまくバランス戻して吐きそうにはなってない笑。
1回目の転職がまさに仕事辛いから辞めるってパターンの逃避転職。精神的にギリギリだったので、次の仕事を見つけてから辞めるっていうのが精一杯でした。

今の仕事が嫌だから逃げて学校に行くのではありませんか?
この問いに対して、違うって言い切れない。でも、看護師になりたいっていう気持ちも嘘じゃない。

精神的にバランス崩してしまうって看護師になったら改善されるとかはなくて、メンタルが弱い私の問題。
むしろ看護師の方が体力的にも精神的にもきついから、私に出来るのか。



性格的にも向いてないって妹に指摘されてる。


それでも看護師になりたい。

大学生の時に入院したことって私の人生観に大きな影響を与えてて、病気で苦しんでる人の力になりたい。
私が入院してる時って全然重い病気じゃなかったし治療は点滴と服薬だけだったけど、入院が家から遠い病院で3週間家族は誰も来ない状況で精神的には看護師さんや先生の存在って大きかった。それに、健康で過ごせる事の尊さを感じた。

職業として看護師をとらえた時に、根底にそういう人の助けになりたいって思いがあるのは大切だけど、それだけではやっていけない。
自分がすり減ってボロボロになって命に関わる責任は重いし、不規則な勤務だし、体力的にもきつい。仕事に対して給料が安いって感じるかもしれない。でも、看護師になれば今より働ける所は増えるし、結婚しても出産してもパートで働ける。やりがいだってあるかもしれない。


看護学校に進んで、看護師になれたとしてやっぱり出来ないってなる可能性というかリスクもあるけど、そんなこと言ってたら何にも挑戦出来ない。自分の選んだ事なんだから自分で責任とらないといけない。
本当の意味では看護師の仕事の大変さを理解はしてないけど、同時にやりがいも理解してない。



面接では、ずばり痛い所を突かれてて今の仕事で3つ目ですよね?ころころ職を変えてて、入学したら3年間続けられますか?その根拠を教えてください。とか、ストレス耐性はありますか?ストレス発散方法は?とか聞かれた。


ほんとに痛い所を聞かれた。
私は、社会人1年目よりも全然精神的にバランスとれるようになったつもりだったけど、最近はやっぱり精神的には弱い方だっていうのが私の自己評価。精神的に弱いというより切り替えが苦手という方が近い。


転職に関しては、やっぱり客観的に見るところころ職を変えてっていう評価なんだなと面接されてる時に冷静に考えてた。

けど、これらの質問に答えた上で私を合格させてくれたんだから入学してもいいのかなー。


家族の誰にも応援されてない現状。


最終的には、誰に何を言われようとやりたいようにしてしまうんだろうけどね…汗



誰かに看護師目指して頑張りなよって言ってもらいたいんだよね。大丈夫、出来るって言ってもらいたい。
ツイッターでフォローしてくれてる人がおめでとうって言ってくれて嬉しかった。顔も見たことないのに私と一緒に喜んでくれるんだなーと思って。


今この瞬間は進学するつもり。


実際に合格して、やっぱり家族に応援されてない状況は変わらなくて、こんなに私の心の中で家族に理解を得られてないってことが大きいとは思ってなかった。


妹は、実際に仕事本当に大変なんだろうし3年間実習含めて勉強して、さらに国家試験受けて、ようやく看護師として一から働くわけで年齢もその時には29歳で、夜勤もあるのにそれでも学校行くの?って感じ。反対?って聞いたら反対じゃないけど…って感じで好ましくは思ってない。
親は、正社員辞めて、貯金全部使ってまで行くの?3年間もまた学生するの?今よりしんどい仕事なのに?って感じ。妹が大変なの見てるからね。



妹は、本当に仕事大変なんだと思うけどそれはあくまで1つのケースであって、働く病院が違ったり年数を経たら変わるのでは?と考えるのは、私が自分にいいように考えすぎてるだけでしょうか?
妹は2年目の看護師なんだけど、まだ2年目だから仕事きついって感じてるだけって切り捨てていいものでしょうか。
客観的に見て2回転職してて、精神的に切り替え下手な私は看護師の器じゃない?



どんな仕事もきつい所もしんどい所もある。それが当たり前なんだけど、、、、うまくまとまらない。
周りの人に理解が得られなくても受験した訳で、看護師への道が開けたのに家族の理解が得られないから諦められるかというと諦めたくない。
何がなんでも反対っていう激しい反対はないんだけど、家族はこの話題に触れてこない。


やりもしてないのに考え過ぎなだけ?


私の中で、看護師になりたいっていう思いの核心は自身の入院にあるんだけど、家族にはうまく伝わらない。


自立した大人なんだからこんなぐだぐだ言ってたらダメだよな。


でも書いたら考えが整理出来るんだよね。合格するなんて思ってなかったんだもん。

私は自分に自信がないけど看護師になりたい。そして家族の理解を得たいんだ!!
さらに今の仕事があんまり好きになれてない。1年目で何が分かるんだって叱られるね笑
コメント (2)

大学時代のバイト先の人と会ってきた

2012年11月24日 23時42分05秒 | 2012 (25)
すんごく久しぶりに大学時代にバイトしてたアイスクリームショップの皆さんに会ってきた!
今となっては、私が知ってる人は一人しか店にいないらしい。卒業してだいぶ経つし当然か。
店長は、最初女性で途中から男性に変わったんだけど、男性の店長は退職されて違う職場にお勤めらしい。今日は女性の店長しか来てなかったけどね。


店長、同い年の子、先輩…。結婚したり、お子さんが産まれてて連れてきてはったので時の流れを感じました。お子さんたちは、5歳、3歳、2歳でかわいい盛りー。

お母さんになって落ち着いてる人もいたし、変わらない人もいたし、楽しかったですー。
ママになってる人との壁をやや感じないでもなかったけど、楽しかった。
旦那さんが記念日をスルーしたり、家事を手伝わないこと、妊娠中に手伝ってほしい家事はお風呂掃除、など既婚者ならではの悩みがあるらしい。

仕事以外で外に出て人と会うって久しぶりで、楽しかった。
先月、今月と精神的に低空飛行で受験があったりでなかなか人と会うようなテンションじゃなかったので。


バイト仲間の中には一人だけ男の子がいたんだけど、その子も来てて結婚してました。同い年なんだけどねー。


転職しまわってるのは私だけかと思いきや他にも転職何回かしてる人がいて、仲間だーと思いました。


帰りに読みたい小説もゲットしたし、ついでに髪の毛も切れたし充実した休みでした。


明日から四勤。忘年会の余興の練習も大詰めやろうしテンション下がるけど、乗り切るしかない。新しい機種が発売になって店が混み出してる。
コメント

『晴天の迷いクジラ』窪美澄

2012年11月15日 00時07分08秒 | book
初めての窪作品。
『ふがいない僕は空を見た』発売当初、書店で買おうと最初をパラパラ見てやっぱりやめたことがあります。性描写がムリってなってね。

今日、その『ふがいない僕は空を見た』と『晴天の迷いクジラ』を図書館から借りてきました。刊行順に読みたいタイプなんだけど、今の気分的に絶対『晴天の迷いクジラ』を先に読むべきだと思ったので、読みました。読み出したら止まらなくて、1日かけて読了。



一番に言いたいことは、この作品を読むことによって私自身が救われたってこと。作中の人物たちも救われるというか希望の見える終わり方だったんだけど、私も救われた。

最近というかここ1ヶ月ほどなんとなく心の状態がよろしくなく(具体的な落ち込む原因がある訳ではない)、これではだめだ。なんとか気分転換してこの低空飛行から脱しないとと思ってたので、ほんと救われた。
読書は心のビタミン剤。場合によっては人に話を聞いてもらう以上の効果がある。
今の自分に必要な本って嗅覚が働いて選ぶってことありますよね?そんな巡り合わせの一冊です。



帯に書いてあった「ただ「死ぬなよ」って、それだけ言えばよかったんだ」のシーンでは涙が出ました。私に言ってるんじゃないし、死にたいくらいへこんでる訳じゃないんだけど、とても心に響いて自分の中の心の荷?みたいなものが少しおろせたからだと思います。



主要な登場人物が3人いて、しっかり彼らが出会うまでの生きてきた人生が描かれてて、それぞれに苦しみや悲しみ辛さがある。子どもにだって生きづらさはあるし、田舎だろうが都会に住んでようが悲しいことや苦しいことはある。
年齢も今までの人生で味わった苦しみや悲しみや辛さも違う3人がそれぞれもう死のうって考えてるんだけど、3人が出会って湾に迷いこんでしまったクジラを見に行ってそこで出会う人たちと過ごす中で癒しとは違うかもしれないけど力をもらう。知らない土地で優しくしてもらって現実を忘れてとかいうありがちな感じではなくて、ここを離れなければならないって事も3人は考えてる。


3人それぞれのそれまでの人生がしっかり描いてあったからこそ心に響いたんだと思います。



装丁もとても素敵で読んだ後だと余計にしっくりきます。
帯に「心に刺さりまくる」って書いてあったんだけど、まさにそうでした!手元に置いておきたい一冊になりました。今年もあと少しだけど、良い小説に出会えました。



今月末に出る朝井さんの『何者』が出るまでは、どっぷり窪ワールドに浸りたいです。


他に読みたい本は、山内マリコさんの『ここは退屈迎えにきて』、小説以外だとノマドワーカーの安藤美冬さんの初著書。
コメント

『その桃は桃の味しかしない』加藤千恵

2012年11月14日 22時22分28秒 | book
表紙はピンクでかわいらしいんだけど、内容はなかなかシュール。

二人の女の子が出てくるんだけど、一緒に住んでる。良く言えば、ルームシェア。彼女たちの共通点は、同じ男の人のいわゆる愛人だということ。二人とも私と同じくらいの年齢。性格は対称的だし、そこは面白いんだけど、一人が精神的に少し破綻した辺りで読むのがしんどくなった。


設定が面白そうと思って読んだけど、なんだか作中の息苦しさが伝染してきて暗くなった。


終わり方がなんかしっくりこなくて、もやっとした。男の人に与えてもらってる部屋を二人で出るとこで終わるんだけど、先行き不安な空気で…。



私自身の精神状態が良くなかったので、そんな時には読まない方が良かったよね…。
コメント