うさぎの耳

大学卒業→社会人→看護学校→就職→3年目ナース
読書の記録と日々の出来事。

勉強会

2008年06月28日 18時45分34秒 | student(university)
 人文学科の自主ゼミに参加してきた。先月は、バイトで参加出来なかったので、久しぶりです!


 発表してきました。来たる中間発表に向けて自分を追い詰めるために発表しますって手を挙げた。結局ぎりぎりになってしまったけど、なんとか読んだ雑誌論文について発表してきました。

 いろいろ質問されたことに対して、あまり私に知識がなかったり、調べられてなかったりで、答えられないこともあったけど(汗)、いろいろ話せて楽しかった。

 もう一人の発表した子は、心理学の子で、彼女も論文について発表してました。心理学に知識がないので根本的なことを聞いたりしたけど、これもいろいろ意見が出て面白かった。

 まだ卒論で扱う作品が決まっただけでテーマを絞れてないので、今日もらった刺激や頑張ろうって気持ちを糧に卒論に打ち込む!!

 みんなの卒論の進み具合やら、先生にどういう指導をしてもらってるのかを聞けて参考になった。


 あと、私はこうやってみんなで集まって発表して、質問や議論するのがプラスになるけど、一人で黙々とやるのがあってる人もいるって話を聞いて、自分と同じようにみんな集まって発表するのに参加したい人ばっかりだと考えてしまってたので、自分のものさしだけで人も同じだって考えるのは気を付けないとなぁと感じた。
コメント

回り道だった

2008年06月25日 22時31分01秒 | student(university)
 本の話です。自由に入っていい国文の共同研究室にある本を読むためにすごく回り道しました。

 まず、図書館で検索すると、研究室貸し出し中と出ました。そうなると、図書請求をします。しばらく待つけど、それでたいていはかりられます。先生が研究に使ってる時は、かりられないこともあるらしい。

 今まではそれでかりてたけど、今回は貸し出せないから研究室に見に行くようにとのお達し。この時すでに、もしや国文の共同研究室にあるのではと感じたので、分かりました、見に行きますと言うと、日時を尋ねられ、勝手に行くのは無理でした。

 それで、文学部棟のサブセンターなる所へ行くと、案内しますって連れてかれたのが、私の卒論指導の先生の研究室でした。先生も私を見てあぁって感じだし、私も気まずいしなぁって状況。
 その本は、国文の共同研究室にありました。

 今日は、卒論指導の日だったので心の準備が出来てなかったけど、先に先生と話すことになりました…(汗)。論文が難しいですって話と中間発表について。論文は、前提知識がまったく足りてないので、書物の名前が出てきてはどんな本なのか分からんし、歌舞伎の論文だけど、歌舞伎についても知識がないので理解できない。人にこの論文について説明できる気がしない。
 他の論文も読むようにすすめられ、先生から本をかりました。詳細なテーマが決まってないけど、期限があった方が追い詰められてなんとか決められるという話でした。確かにそれはある。中間発表でもないと、いつまでも決まらない気がする。


 最後に、国文の共同研究室で、どこらへんに本があるのか説明してもらいました。入っていいのは知ってるけど、ほとんど入ったことない。院生の人がいっぱいいて入りにくい…(汗)。

 今日から必死で卒論すすめます。土曜に人文学科の自主ゼミで発表するので、とりあえずそれに向けて頑張って、さらに中間発表までは必死で取り組みます。
コメント

こげこげに・・・

2008年06月23日 17時21分02秒 | cooking
 さっき、角煮に挑戦して、こげこげになりました。失敗したー

 煮込んでる時に、水分がなくなってめっちゃこげついた。かろうじて食べられるけど、鍋がおそろしい状態に・・・もうこのお鍋使えんかもしれん

 長時間煮込んでたので、ちょっと放置してたら焦げ臭い臭いがしてやばいと思った時には、悲惨な状態になってました。前は、ギョーザを作ってそれは簡単にできたのに。「料理に挑戦」3回目にして派手に失敗しました。


 これにめげずに一人で料理ができるようになれるまでチャレンジします
コメント

爆睡

2008年06月19日 19時35分57秒 | Diary(~2010)
 今日は、すごく久しぶりにバイトしてから学校というパターンだったので、行きしの電車の中で爆睡でした。大阪まで一時間座れるので、窓に頭をガンガンぶつけながら疲れて寝てました。


 卒論のために本読もうと思ってたのに、行きしは一ページも読まず…(汗)


 帰りはちゃんと読み進めようと思います。
コメント

料理に挑戦

2008年06月16日 19時45分44秒 | cooking
 今日は一日お休みでした~。就活も学校もバイトもなく、だらりと過ごしました。


 就活終わったら料理に再挑戦しようと思ってたので、はりきって買い物に行きました。
 でも、豚バラブロックがなかったので、角煮を作る予定だったけど、変更して豚シャブをしました。
 水菜切って、お肉茹でてなのでそんなに難しくなかったけど、大根の皮をむく時、かなり分厚くむけました。練習して包丁で皮を薄くむけるようになりたい!

 豚シャブは、今日のはなまるマーケットでお肉がぱさぱさにならない方法を紹介してたのでさっそく実践!ちゃんとぷりぷりにできました(*^_^*)


 今度は、投げ出さないで料理に挑戦して、自炊できるレベルまでになりたいです。
コメント

田んぼ

2008年06月12日 15時42分56秒 | Diary(~2010)
 数日前から気付いてたんだけど、もう水が張ってあって苗も植えてあるの!!
 そんな水田が続く風景が電車の窓から見えて、季節の移り変わりを感じる。水が太陽の光できらきらしてて、けど涼しげでもうすぐ夏だなぁと思う。

 田んぼの風景ってけっこう好き。青々と葉が生えてるのも、稲穂が頭を垂れてるのもね。高校生の頃は、自転車で通学しながらよく見てたなー。


 梅雨でじめじめした日もあるけど、夏を感じる景色でした。
コメント

ランチ

2008年06月10日 11時11分11秒 | student(university)
 昨日は、就活で広島に帰ってた友達が卒論指導のためにこっちに戻ってきてたので、ランチして、卒論&就職について語り合いました!

 彼女も内定が出てて、何の会社なん?とか、私が内定頂いた会社に決めるか悩んでるというのに相談にのってもらいました。第一志望が宙ぶらりんで投げ出された感じでもやもやしてることや、そんなに志望度高くなかったけど、女性の社員さんに会わせてもらって志望度が上がったことなどです。
 他には、どんな感じで就活してたかについて、同じような失敗をしてて面白かった。家から近くて通えるって理由でなんとなく受けちゃったり、銀行受けたけど落ちたとか、グループ面接が苦手などなど。
 もうやる気を一度なくしてしまうと、就活するのしんどいねって話になりました。私も正直モチベーションが続きません。今、選考残ってるところも志望度がそんなに高くない。第一志望にすごく行きたかっただけに…。

 卒論の進み具合については、先生どんな感じ?とか一緒の先生についてる子おる?など話しました。同回の子で一人一緒の先生についてる子がいるらしく、うらやましいなぁと思った。でも、一対一の方が聞きたいこと聞けるし、いいよって返されて、意外でした。先生を独占(?)できるのはいいらしい。やっぱり他の子と同じ日に一度に指導があると、気を遣ったりするらしい。私は、緊張するよーってばかり思ってたけど、ちょっと見方が変わりました。

 大学入ってから早かったねーって話をしました。就活終わったら卒論頑張んなきゃねーとも話しました。社会人になったら、彼女は広島に帰るのでなかなか会えなくなるねって話も出て、寂しくなりました。

 内定頂いた会社に決めるかどうかは、内定出てない友達には相談しにくいので良い機会でした☆
コメント (1)

聖徳太子ゆかりの名宝

2008年06月08日 18時12分29秒 | student(university)
 美術史の授業の一環として、観に行ってきました!思ってたよりすごく楽しかった☆

 最終日とあってか、かなりの人が来てました。まず、先生についてざっと回って、大事なところを解説して頂きました。その後、各自じっくり観て回りました。私のイメージの中の聖徳太子とは全然違う絵や像があって、今日一日でかなりイメージが変わりました!怒ってる顔とかイメージになかったしね。

 先生の解説がかなり詳しくて、初めて知ることばかりで面白かった!仏教についてもっと教養があれば、より理解できたのになぁと思います…。
 印象に残ったのは、聖徳太子が数え年二歳で東へ向かって両手をあわせて南無阿弥陀仏と唱えたとされるところを捉えた像。赤い袴に上半身裸で、からだつきはこどもかなと思わせるものがあったけど、顔があんまりかわいくない。
 その他には、黒駒に乗って富士山を登る場面の絵。いろんな絵にその場面が描いてあるけど、みんな天を駆けて富士山に向かってるという…。
 聖徳太子の一生を絵でまとめた絵伝では、聖徳太子の政治で残した功績しか知らなかった私にとって、新たな聖徳太子の一面が立ち上ってきて面白く感じられました。
 一番良かったのは、金銅弥勒菩薩半跏像。片足をもう片方の膝にのせて、手を軽くあごのあたりにそえてる像。かわいらしくて私は大好きになりました!



 たくさんの彫像や絵を観て少々疲れたけど、自分から率先しては博物館に行く方ではないので、楽しめてうれしかったです。


 また、先生が自由に回っていいよってなった後も質問に答えて下さったり、解説して下さったので、先生に感謝です。


 美術館や博物館に積極的に足を運びたいです。
コメント

「荒野」桜庭一樹

2008年06月07日 23時09分26秒 | book
 (卒論関係の本を優先しなきゃいけないのに)読んじゃった!

 新聞に広告が出てて、面白そうやなぁと直観的に感じて、本屋さんで実物を見ちゃうと読みたいって欲求が抑えられなくなり…。装丁も素敵です。著者にも興味があったし。初めて読んだ作家さんです。

 タイトルの「荒野」はこのお話の主人公の少女の名前。彼女の中学入学から16歳になるまでの期間を通して、こどもから大人になっていくまでを描いたお話です。少女から大人じゃなくて、こどもから大人です。男とか女っていう区別のない生きものからおんなというものに変わっていく様と言えばいいのかな?
 女の子で荒野という名前はかなり名前自体に力があるから、どんな子かな?と思ってたけど、名前負けしてなくて、とても彼女にしっくりきました。

 舞台が鎌倉で、旅したいなぁ~という気持ちが刺激された。面接で、学生のうちにやりたいことって聞かれて、旅行って答えるくらい旅に出たい!鎌倉の自然の描写が素敵なのもこの小説の魅力。

 まさに私の好みの小説だったので、ページ数は多かったけど、苦になりませんでした。他の著作もぜひ読みたいです!
コメント

歌舞伎に縁のある日

2008年06月06日 20時17分01秒 | Diary(~2010)
 歌舞伎に縁のある日でした。まず、昨日先生に頂いた『伊賀越道中双六』「沼津」を観ました。これが、歌舞伎の舞台だったんです。

 そしてその後、癒しの授業に行くと、そこでも、落語と芝居という話で、歌舞伎がとりあげられました!落語の噺の中で歌舞伎を登場させて演じるものです。
 今日とりあげた噺では、『仮名手本忠臣蔵』が登場。これまたタイムリー。今日の行きの電車で読み終えたばかりだったから。しかも、実際の歌舞伎の舞台を映像で観せてもらいました。落語に必要な部分だけだったので、いいところで切られて残念でした。続きが観たい…。


 授業後、今度は文楽の『伊賀越道中双六』「沼津の段」を観ました。

 歌舞伎をこんなにちゃんと観たのは初めてなのにものすごくインプットが多い日でした。
コメント