うさぎの耳

大学卒業→社会人→看護学校→就職→3年目ナース
読書の記録と日々の出来事。

9連勤

2007年02月27日 17時30分03秒 | catch
 バイトが九日間連続であって、現在4日目。こんなにバイトが続くのは初めてで、一日の働く時間は4時間だけの日もあるし、夏じないしそんなに疲れる訳じゃないけど、花粉症で目がかゆいし、鼻水出るし、つらいよー。
 3月の終わりにもまた9連勤がある。働きたいんやけど、一日の労働時間を長くして、日数を減らしてほしい…。
コメント

おいてけぼり感

2007年02月26日 00時29分34秒 | Diary(~2010)
 自分だけが何にもしてなくて、皆(主に同世代の友達)がどんどん自分の道を切り拓いたり、新しいことを吸収して大人になっていってて、私だけが現状維持というか、前に進んでない感じがする。
 実際には、バイトしてるから、大学の授業以外全く何もしてない訳じゃないんやけど、サークルに入って好きなことに打ち込むでもなく、将来を見据えて何か活動してるかというとそうじゃない。皆どんどん先に行ってるのにどうしようっていうような焦りは不思議とないけど、おいてけぼりで孤独な感じがする。
 なぜこんなことを思うのかというと周りの友達は春休みでも、バイトやサークルで忙しくしているけど、私はバイトがあるといえど、そこまで忙しくないから。しかも大学がないからバイト以外の時間がたくさんあるのに活用しきれてない感が拭えない。
 料理に積極的に取り組んでるけど、もっと考えて春休みの時間を使っておいてけぼり感から脱することができるように努力する。
コメント

「アフリカで寝る」松本仁一

2007年02月23日 00時39分11秒 | book
 アフリカに興味があるので読みました。一つ一つが非常に短いので読みやすかったです。「寝る」という行為を通してアフリカの人々をとらえようという本です。この本は、『アフリカを食べる』の姉妹本です。私は先に『~食べる』があるって知らなかったので、こっちを読みました。
 著者は新聞記者で、アフリカでの特派員時代や出張で経験したことが書かれています。それぞれの話のタイトルの下に国名が書いてあったけど、アフリカ大陸のどこにあるのかもほとんど分からず、国名すら知らない場合もあり、冒頭のアフリカの地図を何回も見ながら読んだ。
 本の中には、私の知らないアフリカが広がっていました。今までにアフリカについてのある程度の知識(そんなに多くない)を持ってると思ってたけど、実際に私と同じ日本人が経験したアフリカは、私のイメージと近かったり、全然違ったりした。また、言葉の上っ面でしか理解していなかった難民、砂漠化、人種差別などが実際に状況を読んで知ることで距離が近くなって、前より理解としては立体的に捉えられるようになった。
 アフリカに対して一面的な見方しかしていなかったけど、いろんなアフリカの面を知って最初から先入観で決めつけるのはやっぱり違うし、もっと知ろうと努力せなあかんと思った。
 まだまだアフリカのことを知らんなぁと痛感した。
コメント

整理整頓

2007年02月22日 23時58分33秒 | Diary(~2010)
 時間があるので何かせねばと思い、整頓整頓しました。特に、本棚を整理して、入り切ってなかった本をなんとか収めようとした。マンガを処分しようと思って出したらギリギリ今ある小説は入りそう。でも、それじゃあこれからも増える本が入らないかなぁと思ったり。
 大学の授業のプリントやノートも整理しないとヤバイ。
 明日も整理整頓して、スペースを確保したい。
コメント

エビフライと豆腐

2007年02月22日 23時47分43秒 | cooking
 バイトが5連休中なので、今週はやたらと料理してます。エビフライは二回目です。それと、湯豆腐(?)を作りました。豆腐を切って、お鍋で水入れてあたためて、水菜をさっと入れるだけ。
 料理を作る時は、ほぼ夕方なんやけど、家に私一人でもくもくと作るのはちょっと寂しい。分からん時も聞く人おらんし…。
 料理する力が身につきつつあるのか謎です。
コメント

肉じゃが

2007年02月21日 21時14分51秒 | cooking
 肉じゃがにチャレンジしました。料理本を見ながら作りました。肉と玉ねぎとじゃがいもと人参を切って、まず、玉ねぎと肉を炒めて、調味料を入れてからじゃがいもと人参を入れて、ひたひたに水を入れてひたすら煮込んだ。
 今日は、肉じゃがとサンマだったので、サンマを焼きました。
 まずまずの味でした。
コメント

「クジラの彼」有川浩

2007年02月21日 21時01分27秒 | book
 恋愛短編集です。表題作の「クジラの彼」がたまらなく好きです。二人の関係がいい感じやなぁと思った。
 最初、ケータイで冒頭が読めたので読むと気になって本屋さんで2、3日通って立ち読みで読了。それから、他のも気になって購入。しかもサイン本!お値段変わらず得した気分。
 自衛隊の人の恋愛小説やけど、そんなに自衛隊ってことは気になりませんでした(それぞれなかなか会えないとかの職業柄の障害はあるけど)。ちょっと自衛隊の中のことが垣間見れて面白かったです。全体的に甘い感じの漂うお話が多いんやけど、文章はそんなに甘くなり過ぎないバランスがとれてるように感じました。ヒロインの男前さでね!


 最近注目度UPの有川浩さんにますます注目です。
コメント

文学部飲み会

2007年02月20日 21時57分25秒 | student(university)
 初めて参加した。私たちは二部生(夜間)で授業後に飲みに行くのはなかなか難しいので、長期休暇の時に、文学部の飲み会(同級生)が開催されてます(友達の厚意により)。夏休みもあったんやけど、バイトの職種上、バイトが詰まってて行けずじまいでした。
 今日は、最終的に9人の参加でした。うち男子二名。文学部全体では30人くらいいます(女子が半分以上)。天王寺に集合だったので、交通費が痛い出費でしたが、楽しかった!!
 あんまりしゃべらん子の違う一面を知ることができて面白かった。恋の話やら、授業の話やらしました。皆、意外に恋してるんやなって思った。

 また、夏休みに開催予定らしいので、交通費が痛いけど、お金貯めて参加するぞっ!
コメント

「空をつかむまで」関口尚

2007年02月19日 23時48分00秒 | book
 関口さんの本は3冊目ですが、読んだ中ではこの本が一番好きです。
 中学生三人が合併で名前のなくなってしまう中学の名前を残すためにトライアスロンに挑戦するという物語。これだけ聞くと爽やか青春物語って感じやけど、全然そんなんじゃない。
 逃げてた自分と向き合って成長する姿や、最初は友達って感じではまったくなかったのに、最後の方ではしっかり友情が育まれて、友達を思いやる三人の友情が胸に響いた。
 私も頑張ろうって思った。中途半端じゃなくて思い切り打ち込みたいなって思わされるパワーをもらった。
 トライアスロンという競技についてもほとんど知らなかったけど、かなり過酷な競技だということが分かった。一人で三つもこなすなんてハードやなぁと思った。スポーツが登場する小説を読むと自分もやりたいってなるのが私の中では多いパターンなんやけど、トライアスロンはちょっと…。泳ぎが苦手なこともあり、そのハードさにやりたいとは思いませんでした。
 青春小説やけど、爽やかさだけじゃない現実もある小説です。
コメント

5連休第1日目

2007年02月19日 23時36分40秒 | Diary(~2010)
 大学は春休みに入り、バイトも土日までないので、まるまるバイトも大学もない五日間ができた。バイトが五日もないなんて滅多にありませぬ。
 今日は、だらだらしてた。テレビ見て、本読んで、料理して…特に変化のない日でした。花粉症やし、あんまり外出したいって感じでもなかったり…。


 明日は、大学の文学部の飲み会へ繰り出しますっ!!
コメント