Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ礼拝し希望し御身を愛します!御身を信ぜぬ人々礼拝せず希望せず愛さぬ人々のために赦しを求めます(天使の祈)

Processio in tempore mortalitatis et pesitis 疫病の時の行列祈願 : 諸聖人の連祷

2020年03月25日 | カトリックとは

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

今日は、聖母の御告げの祝日でした。呼びかけに答えてくださって、「天にまします」の祈り(主祷文)を唱えてくださってありがとうございます。

今日は、同時に聖ピオ十世会創立者のルフェーブル大司教様の命日(1991年3月25日)でもあります。

全世界のカトリック教会に暴威を振るい、多くの霊魂をおそう近代主義とエキュメニズムの疫病から、私たちが守られるように、命がけで全力を尽くして働いた偉大な司教様がルフェーブル大司教でした。
新型コロナウイルス(武漢ウイルス)による肺病の疫病から私たちが守られてこれが終息するのみならず、霊的な疫病からも守られてこの疫病も終息させて下さいますように、ひたすらこいねがいます。

主日には、東京では、短い聖体降福式があり、東京が守られますように懇願します。そのときには、カトリック教会で古くから使われている processio in tempore mortalitatis et pesitis(疫病の時の行列祈願)に従って、御聖体の前で次のように諸聖人の連祷を唱えますので、ご紹介いたします。

V. Kyrie, eléison. 主あわれみ給え。
R. Christe, eléison. キリストあわれみ給え。
V. Kyrie, eléison. 主あわれみ給え。
V. Christe, audi nos. キリストわれらの祈りを聴き給え。
R. Christe, exáudi nos. キリストわれらの祈りを聴き容れ給え。
V. Pater de cælis, Deus. 天主なる御父(おんちち)
R. Miserére nobis. R. われらをあわれみ給え。
V. Fili, Redémptor mundi, Deus. 天主にして世のあがない主なる御子(おんこ)
R. Miserére nobis. R. われらをあわれみ給え。
V. Spíritus Sancte, Deus. 天主なる聖霊
R. Miserére nobis. R. われらをあわれみ給え。
V. Sancta Trínitas, unus Deus. 唯一の天主なる聖三位(せいさんい)
R. Miserére nobis. R. われらをあわれみ給え。
V. Sancta María. 聖マリア
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancta Dei Génetrix. 天主の聖母
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancta Virgo vírginum. 童貞(どうてい)のうちにていても聖なる童貞
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Michael. 聖ミカエル
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Gabriel. 聖ガブリエル
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Raphael. 聖ラファエル
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Angeli et Archangeli. 聖なるすべての天使および大天使
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti beatórum Spírituum ordines. 聖なる永福(えいふく)の霊の各階級
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Joánnes Baptista. 洗者(せんじゃ)聖ヨハネ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Josephe. 聖ヨゼフ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Patriárchæ et Prophetæ. 聖なるすべての太祖(たいそ)および預言者(よげんしゃ)
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Petre. 聖ペトロ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Paule. 聖パウロ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Andrea. 聖アンドレア
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Jacobe. 聖ヤコボ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Joánnes. 聖ヨハネ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Thoma. 聖トマ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Jacobe. 聖ヤコボ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Philippe. 聖フィリッポ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Bartholomæe. 聖バルトロメオ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Matthæe. 聖マテオ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Simon. 聖シモン
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Thaddæe. 聖タデオ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Matthia. 聖マチア
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Barnaba. 聖バルナバ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Luca. 聖ルカ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Marce. 聖マルコ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Apóstoli et Evangelistæ. 聖なるすべての使徒および福音史家(ふくいんしか)
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Discípuli Dómini. 主の聖なるすべての弟子
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Innocéntes. 聖なるすべての罪なきみどりご
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Stephane. 聖ステファノ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Laurénti. 聖ラウレンシオ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Vincenti. 聖ヴィンセンシオ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancti Fabiane et Sebastiane. 聖ファビアノおよび聖セバスチアノ
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancti Joánnes et Paule. 聖ヨハネおよび聖パウロ
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancti Cosma et Damiane. 聖コスマおよび聖ダミアノ
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancti Gervasi et Protasi. 聖ジェルバジオおよび聖ブロタジオ
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Mártyres. 聖なるすべての殉教者
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Silvester. 聖シルヴェストロ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Gregóri. 聖グレゴリオ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Ambrósi. 聖アンブロジオ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Augustine. 聖アウグスチノ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Hieronyme. 聖イェロニモ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Martine. 聖マルチノ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Nicolaë. 聖ニコラオ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Pontifices et Confessores. 聖なるすべての司教および証聖者(しょうせいしゃ)
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Doctores. 聖なるすべての博士(はかせ)
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Antoni. 聖アントニオ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Benedicte. 聖ベネディクト
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Bernarde. 聖ベルナルド
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Dominice. 聖ドミニコ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancte Francisce. 聖フランシスコ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Sacerdótes et Levitæ. 聖なるすべての司祭および侍祭(じさい)
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sancti Monachi et Eremitæ. 聖なるすべての修士および隠修士(いんしゅうし)
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancta María Magdalena. 聖マリア・マグダレナ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancta Agatha. 聖アガタ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancta Lucia. 聖ルチア
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancta Agnes. 聖アグネス
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancta Cæcilia. 聖セシリア
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancta Catharina. 聖カタリナ
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Sancta Anastasia. 聖アナスタジア
R. Ora pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes sanctæ Vírgines et Víduæ. 聖なるすべての童貞およびやもめ
R. Orate pro nobis. R. われらのために祈り給え。
V. Omnes Sancti et Sanctæ Dei. 天主のすべての聖人および聖女
R. Intercédite pro nobis. R. われらのために取次をなし給え。
V. Propitius esto. 御あわれみを垂れて
R. Parce nobis, Dómine. R. 主われらを赦し給え。
V. Propitius esto. 御あわれみを垂れて
R. Exáudi nos, Dómine. R. 主われらの祈りを聴き容れ給え。
V. Ab omni malo. すべての悪より
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Ab omni peccáto. すべての罪より
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Ab ira tua. 御(おん)怒りより
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. A subitanea et improvisa morte. 不測の急死より
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Ab insídiis diaboli. 悪魔のわなより
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Ab ira, et ódio, et omni mala voluntáte. 怒り、憎み、その他すべての悪意より
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. A spíritu fornicatiónis. じやいんの心より
R. Líbera nos, Domine. R. 主われらを救い給え。
V. A fulgure et tempestáte. 落雷および暴風より
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. A flagello terræmotus. 地震の災難より
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. A peste, fame et bello. (bis) 疫病(えきびょう)、ききんおよび戦争より(二回)
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. A morte perpetua. 終りなき死より
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Per mystérium sanctæ Incarnatiónis tuæ. 聖なる御託身(ごたくしん)の玄義によりて
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Per advéntum tuum. 御降世(ごこうせい)によりて
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Per nativitátem tuam. 御(ご)誕生によりて
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Per baptismum et sanctum jejunium tuum. 主の御受洗と聖なる御(ご)断食とによりて
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Per crucem et passiónem tuam. 主の十字架と御受難とによりて
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Per mortem et sepultúram tuam. 御死去(ごしきょ)と御葬り(おんほうむり)とによりて
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Per sanctam resurrectiónem tuam. 聖なる御復活(ごふっかつ)によりて
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Per admirábilem ascensiónem tuam. 崇(あが)むべき御昇天(ごしょうてん)によりて
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Per advéntum Spíritus Sancti Paracliti. 慰め主なる聖霊の御降臨によりて
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. In die judícii. 審判の日において
R. Líbera nos, Dómine. R. 主われらを救い給え。
V. Peccatóres. われら罪人(つみびと)なれども
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut nobis parcas. 願わくはわれらを赦し給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut nobis indulgeas. 願わくはわれに御あわれみを垂れ給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut ad veram pœniténtiam nos perducere dignéris. 願わくはわれらをまことの改心に導き給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut Ecclésiam tuam sanctam regere et conservare dignéris. 願わくは主の聖なる公教会を治めかつ保ち給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut domnum Apostolicum et omnes ecclesiásticos ordines in sancta religióne conservare dignéris. 願わくは教皇と公教会の諸階級とを聖なる教えのうちに永く保ち給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut inimícos sanctæ Ecclésiæ humiliare dignéris. 願わくは聖なる公教会のすべての敵を恥じ服せしめ給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut régibus et princípibus christiánis pacem et veram concordiam donare dignéris. 願わくは主を信ずる元首(げんしゅ)と諸侯(しょこう)とに太平(たいへい)を降(くだ)し 皆(みな)同心一致(どうしんいっち)ならしめ給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut cuncto pópulo christiáno pacem et unitátem largiri dignéris. 願わくは主を信ずる民に平和と一致とを与え給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut omnes errántes ad unitátem Ecclésiæ revocare, et infidéles univérsos ad Evangélii lumen perducere dignéris. 願わくはすべての迷える者を公教会の一致に呼び戻し、またすべての 教外者を福音の光に導き給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut nosmetípsos in tuo sancto servítio confortare et conservare dignéris. 願わくはわれらを主の聖役(せいえき)に強めかつ保ち給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut mentes nostras ad cæléstia desidéria erigas. 願わくはわれらの心を高く揚(あ)げて天井を望ましめ給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut ómnibus benefactóribus nostris sempitérna bona retríbuas. 願わくはわれらのすべての恩人に、無窮(むきゅう)の幸いをもつて 報い給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut ánimas nostras, fratrum, propinquorum et benefactórum nostrórum ab ætérna damnatióne erípias. 願わくはわれらおよびわれらの兄弟、親族、恩人の霊魂を永遠の罰より救い給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut fructus terræ dare et conservare dignéris. 願わくは地の百穀(ひゃくこく)を与え、かつこれを保ち給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut ómnibus fidelibus defunctis réquiem ætérnam donare dignéris. 願わくはすでに世を去りたるすべての信者に、終りなき安息を 与え給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut a pestiléntiæ flagéllo nos liberáre dignéris. (bis)  願わくは疫病の災難より、我らを救い給わんことを。(二回)
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Ut nos exáudire dignéris. 願わくはわれらの祈りを聴き容れ給わんことを
R. Te rogamus, audi nos. R. 主われらの祈りを聴き給え。
V. Fili Dei. 天主の御子(おんこ)
R. Te rogamus, audi nos. R. 願わくはわれらの祈りを聴き給え。
V. Agnus Dei, qui tollis peccáta mundi. 世の罪を除き給う天主の小羊 
R. Parce nobis, Dómine. 主われらを赦し給え。
V. Agnus Dei, qui tollis peccáta mundi. 世の罪を除き給う天主の小羊
R. Exáudi nos, Dómine. 主われらの祈りを聴き容れ給え。
V. Agnus Dei, qui tollis peccáta mundi. 世の罪を除き給う天主の小羊
R. Miserére nobis. 主われらをあわれみ給え。
V. Christe, audi nos. キリストわれらの祈りを聴き給え。
R. Christe, exáudi nos. キリストわれらの祈りを聴き容れ給え。
V. Kyrie, eléison. 主あわれみ給え。
R. Christe, eléison. Kyrie, eléison. キリストあわれみ給え。主あわれみ給え。
Pater noster. (secréto usque ad) 天にましますわれらの父よ(沈黙のうちに唱える)
V. Et ne nos indúcas in tentatiónem. われらを試みに引き給わざれ、
R. Sed líbera nos a malo. われらを悪より救い給え。
Psalm. 6 Dómine, ne in furóre tuo árguas me, 詩篇6
Domine, ne in furore tuo arguas me: * neque in ira tua corripias me. 1 主よ、御身の怒りをもって、わたしを責めず、御身の激しい怒りをもって、わたしを懲らしめ給うな。
Miserere mei, Domine, quoniam infirmus sum: * sana me, Domine, quoniam conturbata sunt ossa mea. 2 主よ、わたしをあわれみ給え。わたしは弱り衰えている。主よ、わたしをいやし給え。わたしの骨は悩み苦しんでいる。
Et anima mea turbata est valde: * et tu Domine usquequo? 3 わたしの魂もいたく悩み苦しむ。主よ、御身はいつまで[怒り給うぞ]。
Convertere, Domine, et eripe animam meam: * salvum me fac propter misericordiam tuam. 4 主よ、かえりみて、わたしの霊魂を救い給え。御身の憐みにより、わたしを助け給え。
Quoniam non est in morte qui memor sit tui: * in inferno autem quis confitebitur tibi. 5 死においては、御身を覚えるものはなく、地獄においては、だれが御身を告白しようぞ。
Laboravi in gemitu meo, lavabo per singulas noctes lectum meum: * in lacrimis meis stratum meum rigabo. 6 わたしの嘆きにおいて私は労苦した、夜ごとにわたしの寝台私は洗うだろう、わたしの涙において私の寝場所をぬらすだろう。
Turbatus est a furore oculus meus: * inveteravi inter omnes inimicos meos. 7 わたしの目は怒りによって苦しんだ、私の全ての敵の中において私は年老いた。
Discedite a me, omnes qui operamini iniquitatem: * quoniam exaudivit Dominus vocem fletus mei. 8 すべて悪を行う者らよ、お前たちはわたしを離れ去れ。主はわたしの嘆きの声を聞かれたからだ。
Exaudivit Dominus deprecationem meam: * Dominus orationem meam suscepit. 9 主はわたしの願いを聞きいれ給うた。主はわたしの祈りをうけられ給うた。
Erubescant et conturbentur vehementer omnes inimici mei: * convertantur, et erubescant valde velociter. 10 わたしの敵は恥じて、いたく悩み苦しみ、彼らは退いて、たちどころに恥をうけるであろう。
Gloria Patri, et Filio: * et Spiritui Sancto. 願わくは、聖父(ちち)と聖子(こ)と聖霊とに栄えあらんことを。
Sicut erat in principio, et nunc, et semper: * et in saecula saeculorum.  Amen. 始めにありし如く、今もいつも世々にいたるまで。アーメン。
V. Dómine, non secúndum peccáta nostra fácias nobis. 主よ、我らの罪に従って我らを[罰]し給うなかれ。
R. Neque secúndum iniquitátes nostras retríbuas nobis. 我らの邪悪に従って、我らに報い給う勿れ。
V. Adjuva nos, Deus, salutáris noster. 天主よ、我らを助け給え、我らの救いよ。
R. Et propter glóriam nóminis tui, Dómine, líbera nos. 御身の名前の栄光のために、主よ、我らを解放し給え。
V. Dómine, ne memineris iniquitátum nostrárum antiquárum. 主よ、我らの昔の邪悪を覚え給う勿れ。
R. Cito antícipent nos misericórdiæ tuæ, quia páuperes facti sumus nimis. 早く、御身の憐みが我らにあらかじめ与えられんことを、我らはあまりにも貧しくなりしがためなり。
V. Ora pro nobis, sancte Sebastiáne. 聖セバスチアノよ、我らのために祈り給え。
R. Ut digni efficiámur promissiónibus Christi. 我らをしてキリストの約束にふさわしき者ならしめ給え。
V. Dómine, exáudi oratiónem meam. 主よ、我が祈りを聞き入れ給え。
R. Et clamor meus ad te véniat. 我が叫びが御身に至らんことを。
V. Dóminus vobíscum. 主はあなたたちとともに。
R. Et cum spíritu tuo. またあなたの霊とともに。
Orémus. 祈願せん。
Oratio 祈願文
EXÁUDI nos, Deus, salutáris noster: et intercedénte beáta et gloriósa Dei Genitríce María semper Vírgine, et beáto Sebastiáno Mártyre tuo, et ómnibus Sanctis, pópulum tuum ab iracúndiæ tuæ terróribus líbera, et misericórdiæ tuæ fac largitáte secúrum. 我らの救いなる天主よ、我らの祈りを聞き入れ給え。聖にして栄光ある天主の聖母終生童貞マリア、御身の殉教者聖セバスチアノ、かつ諸聖人の御取次(おんとりつぎ)により、御身の民を御身の怒りの恐怖から解放し給え、かつ、御身の憐みの施しにより、安全ならしめ給え。
PROPITIÁRE, Dómine, supplicatiónibus nostris: et animárum et córporum medére languóribus: ut remissióne percépta, in tua semper benedictióne lætemur. 主よ、我らの懇願を嘉し給え、また霊魂と肉体の苦悩を緩和し給え、そは赦しを実感し、御身の祝福において常に我らが喜ばんがためなり。
DA nobis, quǽsumus, Dómine, piæ petitiónis efféctum: et pestiléntiam mortalitatémque propi-tiátus avérte; ut mortálium corda cognóscant, et te indignánte tália flagélla prodíre, et te miseránte cessáre. Per Dóminum nostrum Jesum Christum, Fílium tuum, qui tecum vivit et regnat in unitáte Spíritus Sancti, Deus, per ómnia sæcula sæculórum. 主よ、願わくは我らに敬虔な願いの効果を与え給え。疫病と大量の死を憐れみ深く避けさせ給え。そは、死すべき者たちの心が、御身が怒り給うてかかる災害が降りかかり、また御身が憐み給うて収束することを知らんがためなり。代々(よよ)とこしえに、御身とともに聖霊との一致において生き且つしろしめし給う、天主、我らの主イエズス・キリストによりて。
R. Amen. アメン
V. Dóminus vobíscum. 主はあなたたちとともに。
R. Et cum spíritu tuo. またあなたの霊とともに。
V. Exáudiat nos omnípotens et miséricors Dóminus. 全能にして憐れみ深い主が我らの祈りを聞き入れ給わんことを。
R. Amen. アメン。
V. Et fidélium ánimæ † per misericórdiam Dei requiéscant in pace. 死せる信者の霊魂たちが、天主の御憐みにより安らかに憩わんことを。
R. Amen. アメン
コメント

御変容で、天から聖父が「これこそ、私の愛する子。彼の言う事を聞け」と命令する、この意味は何か?

2020年03月25日 | お説教・霊的講話

2020年3月8日(主日)四旬節第2主日のミサ
聖ピオ十世会司祭 小野田神父様御説教

“Ipsum audite.”彼を言うことを聞け。

聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

愛する兄弟の皆さん、今日は色々な儀式が詰まっているので、手短に、イエズス様の御変容の神秘を一緒に黙想する事に致しましょう。

⑴まず第1に、この変容の意義は何だったのか?なぜイエズス様は弟子たちの前で変容されたのか?そして、何故一体、四旬節の中に、その変容の話が既に出てくるのか?

⑵そしてなぜ、このエリアとモーゼが現れたのか?あるいはなぜ、この聖父の声が聞こえたのか?等を見て、

⑶次に、では一体それが私たちに、2020年の私たちにどんな意味があるのか?特に聖ペトロの言葉から、私たちは何か、私たちに教えるものがあるのではないかと黙想を続けていきましょう。


⑴では、皆さんもよくご存知の、このイエズス様の御変容。これは、この目的はまさに、「私たちが将来受けるべき栄光、イエズス様が受けるべき栄光はどのようなものであるか、どれほど素晴らしいものであるかを、私たちに既に教える為」でした。

私たちが行く道のりが険しければ険しいほど、遠ければ遠いほど、その遂に到達する目的地の素晴らしさを知る必要があります。

見て下さい。オリンピックの選手たちも、金メダルを夢見て、厳しいトレーニングをしているではありませんか。あるいは子供が、サッカー選手のかっこいいプレーを見て、あるいは野球の選手のホームランを見て、「あぁ、僕もこのようになりたい。」「あぁ、将来はプロ野球の選手だ」と思うではないでしょうか。

イエズス様も、その地上の栄光と美しさをはるかに超えた御姿を弟子たちに見せる事によって、「どのような事があっても、これから目を離してはいけない。究極の目的はこれだ」と私たちに教えて下さっています。


⑵なぜ、エリアとモーゼが出たのでしょうか?聖トマス・アクィナスによると、色々な理由があります。

なぜかというと、エリアは火の馬車によって天に上げられて、まだ生きている、そして世の終わりに戻ってくる方ですから、預言者の代表ですから、生きる者の代表として、天から預言者の第一任者として、イエズス様を証言した、承認した。

モーゼは亡くなって地に葬られて、そして律法を私たちに伝えた者ですけれども、律法の第一任者として、「イエズス様こそメシアである」と、告げ知らせた。

当時イエズス様は弟子たちに聞いた事があります、「人々は私の事を何と言うか?」「ある人はエリア、ある人はエレミア、ある人は預言者の一人だ、と言っています。」

エリアがここに出る事によって、「イエズス様はエリアよりももっと、エリアの預言したその方である」と証明しています。

イエズス様が生きておられた時、ファリザイ人や律法学士たちはイエズス様の事を、「モーゼの律法に反する者だ」と言っていました。「安息日は破るし、手は洗わないで食事をするし」等々。しかし、そのモーゼ自身が、「イエズス様こそが、その律法の完成だ」と証明する為に現れたのです。

イエズス様はこうする事によって、生きる者と死せる者の審判者として、御自分をお示しになりました。モーゼも、ファラオの迫害を耐えた者でした。エリアも、王アカブの迫害を耐え忍んだ者です。イエズス様も、これから受難に向かいます。

実に、聖ルカの福音によると、エリアとモーゼとイエズス様の三人が話したのは、この「御受難」の事でした。聖父も、「これこそ私の愛する子。彼の言う事を聞け」と仰います。

これは聖ペトロが、イエズス様のその御変容の美しい、その燦然と輝く輝きを見て、その御顔の美しさ、服が雪のように真っ白になり、「あぁ、何と美しい。あぁ、何と幸福な瞬間だろうか。これがもっと続いてくれると良いなぁ。」「イエズス様、これがもっともっと続きますように、あなたの為にここに幕屋を作ります。あなたの為に一つ、そして、モーゼに一つ、そしてエリアに一つ。あぁ、これをもっと楽しみたい。嬉しい。」

すると、それをかき消すかのように、ものすごい権威のある声で、天から聖父が、「これこそ、私の愛する子。彼の言う事を聞け」と命令します。その声の、権威のある声に、力強さに、弟子たちは、死んだように気絶してしまいます。

モーゼも、天主の御顔を見る事が、あまりにも見れずに、その天主を見て、その恐ろ恐ろしさを私たちに伝えていますけれども、弟子たちもおそらく、その声を聞いただけで、恐怖と畏れの念に囚われたのでしょう。

天主聖父の声は、洗礼の時に、イエズス様が洗礼を受けた時と全く同じ言葉が繰り返されます、「これこそ、私の愛する子。」

聖トマス・アクィナスによると、「洗礼によって私たちは、天主の子供となる。そして私たちが復活する時に、イエズス様のような輝きをもって復活する。そしてこの事が約束として与えられたので、聖父は『彼に聞け』と、この言葉を付けた」と言います。

洗礼の時には、聖父の声と、イエズス様の肉体と、そして鳩のような形が現れましたが、御変容の時には聖父と、イエズス様の輝くような肉体と栄光の体と、そして聖霊が雲の形をとって現れました。「これはまさに、私たちの復活する時の事を意味している」と言います。


⑶では私たちは今回、この御変容の神秘を見て、どのような決心を取ったら良いでしょうか?

特に聖ペトロの言葉に、今回は注目したいと思っています。なぜかというと教父たちが、あるいは霊的な著者が、「聖ペトロは実は、イエズス様から受けた慰めを見て、それに留まろうとしてしまった。よく私たちに有りがちな欠点を、ペトロが私たちの代わりに見せてくれた」と言います。

これはどういう事かというと、私たちはともすると、天主様が下さる慰めの方を愛着を持ってしまって、慰めを下さる「天主」よりも、天主の「慰め」の方に、その方に気をとらわれてしまう欠点があるからです。

これはどういう事かというと、私たちはともすると、やりたい事が全て出来て、収入もたくさん入って、あるいは健康で、人気があって、そして名声があって、権力があって、スポーツも良いし、運も付いてるし、お祈りをすればお祈りもたくさんできるし、霊的読書をすれば、「あぁ、何と甘美な思いがするだろうか」という、その「全てうまくいく、成功している」という事が、私たちの信仰の一番大切なものであるかのように、もしかしたら誤解するかもしれないからです。

そうではなくて、聖父は、そのような「もっとこのまま留まりたい」という時に、聖父は、「そうではない。イエズス・キリストに聞け」と言います。

つまり、「イエズス・キリストに聞く、イエズス・キリストの言う事を聞く、イエズス・キリストに従う」という事は、「十字架に従う」という事です。なぜかというと、「もしも私に従いたいならば、自分の十字架を取って、私に付いて来い」と仰ったからです。

皆さんの中にはもしかしたら、お祈りをすると脱魂状態になって、そしてイエズス様と直接にお話をなさって、お祈りをするのがとても好きで、もう何時間でも1日中でもお祈りができる、という方がいらっしゃるかもしれません。でもそれは特別の御恵みであって、私たちにとって一番大切なわけではありません。

もしかしたら、私たちのお祈りは雑念ばかりで、それで、お祈りをしている時間に「あぁ」もしかしたら、「携帯でニュースを見た方が面白いかもしれない」等と誘惑を受けるかもしれません。
あるいは電話が鳴った、あるいは霊的な本を読んでもあまり分からない、黙想してもよくできない、あるいは友達からは、親切をしたのに感謝をされない、あるいは何もうまくいかない、病気にかかった、試験が失敗した、これもダメだ、あれもダメだ、あぁ、嫌がらせをされる、見捨てられた、裏切られた、「あぁ、一体何なんだ」と、そして私たちはもしかしたら、これはもしかしたら私たちはそれで失望してしまうかもしれません、落胆してしまうかもしれません。

しかしその時に私たちが「イエズス様だけを見るように」しましょう。

聖父は私たちに命令しています。「彼の言う事を聞け。彼に従え」と。イエズスは私たちに何を言うのでしょうか?「自分の十字架を取って、私に従え」と言われます。

イエズス様自身には、一体何がこれからあるのでしょうか?

タボル山から降りて、カルワリオに行きます。つまり、弟子たちから見捨てられ、嘘の懺悔の告発を受けて、死刑を受け、鞭で打たれ、体はボロボロになり、茨の冠をかぶせられて、そして奇跡を行なって病気を治して、善を施した人からは、「十字架に付けよ!」と叫ばれ、イエズス様の受けたものは、十字架と殉教でした。

「しかし、ここにこそ復活への道があるのだ、変容への唯一の王なる王道があるのだ」と私たちに教えています。

そこで今日、是非、どのような辛い事があっても、四旬節の断食や、あるいは四旬節の犠牲が辛く思われても、あるいは私たちに嫌な事、面白くない事が起こっても、御変容されたイエズス様を決して見失う事がないように、お祈り致しましょう。

実に、福音によると、そのイエズス様から、「さぁ、起き上がって、何も恐れるな」と言われた後で見ると、イエズス様だけしかいなかった、とあります。

私たちも、この地上の事が全て消えて、イエズス様だけを見る事ができますように、イエズス様だけに従って行く事ができますように、お祈り致しましょう。マリア様に是非、その事ができますようにお祈り致しましょう。

“Ipsum audite.”彼を言うことを聞け。

聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。


Photo Credit

 

コメント

--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております
【最新情報はこちら、年間予定一覧はこちらをご覧ください。】