モノトーンでのときめき

ときめかなくなって久しいことに気づいた私は、ときめきの探検を始める。

サルビア・パテンス(Salvia patens)の花

2017-06-07 08:03:45 | セージ&サルビア
(写真)サルビア・パテンスの花


サルビア・パテンスの美しいブルーの花が咲いた。

このブルーの色を称してジェンシャン・セージ(gentian sage)とも呼ばれる。

サルビアの中では5㎝ほどの大柄な花で、対になって二個の花が咲き、この花が咲くと初夏を感じさせる。

これまでは、冬場の扱いに失敗し2年目の花を見たことがなかったが、今年は大成功で多年草である証明が出来た。

(写真)一対の花


サルビア・パテンスの詳しい情報はこちら

サルビア・パテンスの園芸品種ケンブリッジ・ブルー’の花

コメント

カナリア・アイランド セージ(Canary Island Sage)の花

2017-06-01 07:08:11 | セージ&サルビア
(写真)サルビア・カナリエンシス(Salvia canariensis)の花


アフリカ大陸の北西沿岸、イベリア半島の南西方向の大西洋上にある島、カナリア諸島原産のサルビア、カナリア・アイランド・セージ(Canary Island Sage)の花が咲いた。

サルビアには珍しい赤紫色系のマゼンタ(magenta)色とでも言うのだろうか? 
そろそろ咲くのではと期待しつつ、その初めての出会いは驚きと感動があり、初めて栽培する植物の初めての花は何時も印象深い。

(写真)カナリア・アイランド・セージ:銀緑色の葉と赤紫の苞(ホウ)


このカナリア・アイランド・セージは、四角く綿毛に覆われた角ばった茎に銀緑色の細長い葉が対生に生えているだけでも存在感があったが、この後の開花を予告するように赤紫色の苞が出現したときは、これだけでも十分という感じだった。

久しぶりに二度楽しめたサルビアだった。

(写真)カナリア・アイランド・セージ:葉と花


カナリア・アイランド セージ(Canary Island Sage)
・シソ科アキギリ属(サルビア属)の耐寒性が弱い多年草
・学名は、サルビア・カナリエンシス(Salvia canariensis L. 1753)、コモンネームがカナリア・アイランド・セージ。
・原産地は、アフリカ北西部沿岸の大西洋上にあるスペイン領のカナリア諸島。
・草丈は1.2m程度で株張り1.0mと大きく育つ。
・葉は銀緑色で細長く対生し、開花期に赤紫色の苞が茎の先端につく。
・開花期は5~9月。赤紫色系のマゼンタ(magenta)色の口唇形の花を次から次へと咲かせる。
・日差しのあるところで乾燥気味に育てる。
・丈が伸びるので花を飾るついでにカットすると良い。


【付録:原産地 カナリア諸島について】
カナリア諸島は、水深2000mもの大西洋上に浮かぶ火山島という。実際はものすごく深い海底からマグマが吹き出てそれが固まって出来た島だが、途中で折れないかなと心配するが誰も心配していないようだ。

大陸移動時前には、カナリア諸島があるアフリカ北西部と北アメリカ、ボストン等があるニューイングランド辺りが接していたので、新・旧大陸の植物の関係が近いところだという。
さらに、ヨーロッパ、北アフリカが氷河でおおわれた時には、カナリア諸島にはこの氷河による影響がなかったため生物の固有種が多いところだという。

【カナリア諸島 原産の植物】
カナリア・アイランド セージ(Canary Island Sage)、レースラベンダー(ピナータ・ラベンダーPinnata Lavender)は、このブログでも取り上げた。

有名なのは、高さ3mにもなりその外形から「宝石の搭」と呼ばれるエキウム・ウィルドプレッティ(Echium wildpretii)で、これは巨大なアリ塚のように見えるが、良く見ると薄い赤色の花が密集して咲いている。

(写真)エキウム・ウィルドプレッティ(Echium wildpretii)

(出典)ウイキペディア

まるで炎のようだが、オウムのくちばし(parrot's beak)が正解です。
マメ科の匍匐性がある多年生植物で、そういえば近所の道路にも庭から脱走して一面に広がっていた。身近にカナリア諸島の固有種が浸透しているようです。

(写真)ロータス マクラツス(lotus maculatus)

(出典)CalPhotos is a project of BSCIT University of California, Berkeley

【カナリア諸島の由来】
井上陽水の歌に「カナリア」という曲があり、カラオケで覚えようかなと思っていたが、最近は飲みに行くのに飽きてしまったので歌う機会が極端に減ってしまった。
この、小鳥の「カナリア」は原産地カナリア島に由来している。

さて、島の名前の「カナリア」はと言えば、カナリア諸島7島の紋章が、7つの島を真中にして両サイドに1対の犬が向かい合っている。
ラテン語で“Insula Canaria”は、“犬の島”を意味し、諸説あるが、古代ローマの学者、大プリニウスが、島に多くの野犬がうろついていることを最初に伝えたことにより“犬の島=カナリア島”となったと言う。
カナリア諸島のイメージが、 “鳥”から “野良犬”に代わると 大分幻滅するが、陽水のカナリアを口ずさみながらイメージの再構成をしようと考え直した。

コメント

エルサレムセージ(Jerusalem sage)の花

2017-05-29 19:09:38 | セージ&サルビア
(写真)Phlomis fruticosa(エルサレムセージ)の花


待ち望んでいたエルサレムセージがやっと咲いた。
この花は、持ち歩いているためにボロボロになった山と渓谷社のポケットブック『ハーブ』の中で手に入れようと思っていた一品でこの10年来気になっていた。
2年前に閉店セールを行っていたハーブショップで、灰緑色の葉が隅のほうで“私をつれて行って!”とばかりに輝いて見えた。これがエルサレムセージだった。

昨年は開花しなかったので“おや! 2年草かな?”と思ったが、そうではなかった。多年草というよりは株丈1mにもなる小潅木だった。1年目は開花準備に株を整えることにエネルギーを使い、翌年開花するという代物だった。
鉢植えの場合は丈をコントロールできるが、地植えの場合は場所を選ぶ必要がありそうだ。

灰緑色で銀に縁取りされた葉と、ハーブ図鑑ではカナリア色に見えた花色が抜群に良かったが、実際の花色は色見本と較べると“菜の花色”のようだ。

黄色の花では、夜咲く「イブニングプリムローズ」の色合いも良いが、エルサレムセージのようにちょっとバターが入った洋食系的な色彩も良いかなと思った。

栽培方法としては、原産地が、サルジーニャ島、クレタ島、キプロス島等の島々及びギリシャ、トルコ等の地中海周辺地域となるので乾燥気味に育て、カット・挿し木で増やす。暑さには強いが、湿気・寒さには弱いので梅雨と冬場は対策をする。

エルサレム・セージ(Jerusalem sage)の再発見者“シーバー(Sieber)”

学名フロミス・フルティコサ(Phlomis fruticosa L.1753)は、1753年にリンネによって命名された。それ以前は、エルサレム・セージ(Jerusalem sage)として呼ばれており、これは、1548年に英国の植物学の父と言われるターナ(William Turner1508-1568)の著作物によっても確認されている。

属名Phlomisは、紀元1世紀のディオスコリデス(Pedanius Dioscorides c. 40 – 90 AD)の頃から使用され、葉がランプの芯に利用されたので“炎”を意味する。
種小名fruticosa はラテン語で“低木状の”を意味する“shrubby”から来ている。

というように、学名からも何故エルサレム・セージと呼ばれたのかは良く分からないが、

このエルサレム・セージは、2013年に英国王立園芸協会が優れた品種を表彰するAward of Garden Merit賞を受賞している。
つい最近の受賞だが、英国では400年以上も前の1600年代には背丈が高く黄色の花を咲かせるエルサレム・セージが経験豊かな庭師によって庭園で栽培されてきたという。
アルプス以南の植物を寒冷地英国で育てるには技術が必要な時代だったので当然なことだろう。

地中海周辺が原産地の植物は、最初の採取者が分かりにくい。
リンネがエルサレム・セージにフロミス・フルティコサ(Phlomis fruticosa L.1753)と学名をつけた1753年以降にこの花を採取した気になるプラントハンターがいた。

(写真)Sieber, Franz Wilhelm 1789-1844


プラハ生まれのプラントハンターで博物学者でもあるシーバー(Sieber, Franz Wilhelm 1789-1844)だ。

彼は、いつ及び何処でエルサレム・セージを採取したか不明だが、リンネ以降の学名に『Phlomis fruticosa Sieber ex C.Presl(1822)』として命名者に登録されていた。
これは、同郷の後輩プレッスル(Presl, Carl Boriwag 1794‐1852)が、シーバーが既に命名していたが発表していないので代わって1822年に命名したことを意味する。
つまり、1822年以前にシーバーが地中海周辺のところに旅して、エルサレム・セージを採取したことを知っていたことを示している。

プラントハンティングの新時代を作ったシーバー

Franz Wilhelm Sieber (1789 – 1844)は、1789年というからフランス革命の年に現在のチェコ共和国プラハで生まれた。
このフランス革命は、ハプスブルク家が統治する隣国オーストリア帝国の支配下にあり、弾圧と搾取がされてきたチェコ人の民族復興運動に火をつけた。
しかしこの思いが実現するのはソ連共産圏が崩壊した後の1993年のチェコ共和国の誕生まで200年以上も待たなければならなかった。

シーバーはこんな社会・政治環境の中で成長し、グラフィックアートの才能に恵まれ最初は建築を学びエンジニアを志したが、最終的には植物学に軸足を置いたプラントハンタービジネスを展開する。

シーバーのユニークなところは、採取国・地域ごとに特定のプラントハンターと契約し、珍しい植物・動物・鉱物等の供給体制を構築したところにある。そして、それら全てを“Sieber”ブランドで統一して販売したので、数多くの標本が世界の植物園・標本館・ミュージアム等に流れ込んだ。

販売方法は、同郷の先輩植物学者で古生物学の父といわれるシュテルンベルク(Sternberg, Caspar Graf 1761-1838)から教えられた方法を採用した。
“Centuria(世紀)”とネーミングした植物などのカタログを100セット作製し、顧客の注文をとるという販売方式だった。

シーバーは、1811~1812年にオーストリアとイタリアの調査旅行をしていて、この販売方法は、1813年ボヘミアの植物標本の販売で始まり、シーバーの活動領域がボヘミアから地中海世界(1816~1818年クレタ島・エジプト・イスラエル探検)、アフリカ・オーストラリア(1822~1825年、南アフリカ・モーリシャス・マダガスカル・オーストラリア)へとプラントハンティングの世界が広がるにつれてプラントハンターとのネットワークも広がっていった。

シーバーのクレタ島 調査・探検旅行

最初は、彼が22歳の時の1811年~1812年にオーストリア及びイタリアを旅し、1816~1818年にはクレタ島、エジプト、パレスチナを旅した。

(地図)イタリア北東部の港町トリエステ、クレタ島、エルサレム

どんな旅をしたかをクレタ島旅行で垣間見ると、
1816年12月シーバーは、従者と庭師フランツ・コウォート(Franz Kohaut ?~1822年)の3人でイタリア北東部、スロベニアと国境を接する港町トリエステ(Trieste)を出発しクレタ島に向かった。

(地図)クレタ島での拠点


翌年1817年1月にオスマントルコ人が支配するクレタ島に到着した。
現在の州都イラクリオン(Heraklion)で疲れを休め、ガイドを雇い島内唯一の交通手段、ロバにまたがり島内を旅行した。
この当時のクレタ島はヨーロッパ社会にとって情報鎖国の国であり、ヨーロッパの科学者がクレタを訪問し調査したのは、1700年4月にフランスの医者で植物学者のトゥルヌフォール(Joseph Pitton de Tournefort、1656-1708)が訪問以来久しぶりのようだ。

トゥルヌフォールは、リンネ以前に植物の体系を考えた科学者で、植物を草と木に分け、それぞれを花の形でさらに分けるという体系を提案したえらい学者だが、フランス国王ルイ14世の出資によりディオスコリデスが紀元1世紀に書いた「De Materia Medica libriquinque(薬物誌)」の現在を調査し、地中海沿岸での有用な植物を発見・収集するためにクレタ島などを探検した。

シーバー達はこのトゥルヌフォール達の目的同様に、有用な薬用植物の調査・採取及び現在の学問で言えば“文化人類学”的なクレタ島の文化と人々の暮らしに興味を持ち調査を行った。
トゥルヌフォールの調査でも明らかになったが、科学進歩が停滞した中世ヨーロッパならいざ知らず、
アメリカ大陸・オセアニア大陸などを発見し新世界が開けた1700年では、ディオスコリデスの「薬物誌」のリニューアルに期待した地中海世界の再調査は失望する結果となった。
ましてや1817年のシーバーとなると新しい薬草の発見はなかったのだろう。

シーバーは、1823年にドイツ語でクレタ島の旅行記を出版したが、植物の記載は少なかったが、エルサレム・セージ(Jerusalem sage)の採取は、原産地でもあるこのクレタ島での旅行の時なのだろう。

(写真)真上から見たエルサレム・セージ


シーバーのプラントハンティングの変遷

地中海沿岸国の探検旅行だったここまでは、資産家の若者が学問で身を立てるための冒険旅行という感じだが、この後の探検旅行から激変する。

シーバーは、庭師フランツ・コウォート(Franz Kohaut ?~1822年)を、1816~1818年クレタ島・エジプト・イスラエル探検に同行させ、1819~1822年のカリブ海のマルティニク島では、プラントハンターとしてシーバーのために働かせた。
ここで集めた植物標本にはきちんとフランツ・コウォートにお金を払い、“Herbarium Martinicense”として販売した。
ここではまだ“Sieber”ブランドは登場していないので、身近な庭師としてのフランツ・コウォートへの配慮があったのだろう?

1822年からは一気に世界展開が始まる。
カリブ海のトリニダード・トバゴ島でFranz Wrbna がプラントハンティングを行い、
アフリカ大陸最西端にあるセネガルでは、フランツ・コウォートの他に新しいプラントハンターのAndreas Döllinger及びJ・Schmidtの三人が取り掛かったが、フランツ・コウォートは仕事が完了する前にここで亡くなった。
一方、シーバーはインド洋上にあるアフリカに属する島、モーリシャスにゼーハー(Zeyher, Karl Ludwig Philipp 1799-1858) と1822年8月に旅立った。
ゼーハーは10歳年下だが、シーバーがクレタ島に出発する1816年に、現在のオペラフアンなら行ってみたいシュヴェツィンゲン音楽祭が開催されるドイツ西南部の都市の庭園で出会い、
“急成長している産業である自然史標本の収集と販売を目指してパートナーシップ”を交わしたという。

しかし、ゼーハーは南アフリカ、ケープタウンで途中下車をし、ケープタウンでプラントハンティングをすることになった。

シーバーは、マダガスカル、モーリシャス及びオーストラリアに向かい、
オーストラリア、ポートジャクソンに1823年6月1日に到着し、7ヶ月間プラントハンティングを行い645本の現地の植物を採取した。
シーバーは1824年4月にケープタウンに戻り、ゼーハーが採取した植物相が豊かな南アフリカの植物標本を受け取り、支払いを約束したが、空約束でシーバーからは支払いが全く無かった。
未来を共有したパートナーシップはこの現実で破綻してしまった。

プラントハンティングビジネスの変遷とシーバー

シーバーは1822~1824年に世界一周旅行にステップアップし、ここからプラントハンターの元締め業という新しいビジネス形態に踏み込む。

①これまでは博物館・植物園・美術館など国が運営資金を提供しているところ、ナーサリー・庭園・造園業などの私企業、億万長者が個人の庭園を飾る植物収集等で、プラントハンターを雇い、派遣する形だった。(雇い主1→プラントハンター1)

②費用が巨額になるに従い、雇い主が複数になり成果物である植物標本・種子・現物などをシェアーする形態が出てきた。(雇い主複数→プラントハンター1)

③そして、この逆の形態も出現した。つまり、プロのプラントハンターが見本・カタログ・メニュー等を作りそれに値段をつけて注文をとるという形態になる。(植物標本などの購入者複数←プラントハンター1)

④シーバーが編み出したのは、プラントハンターをプロデュースする機関が(シーバー、Sieber)プラントハンターの給与・経費を支払うためのマーチャンダイジングを行い、顧客と顧客の新たなニーズを創造するという近代の商業的手法だった。

英国・オランダ・フランス等の園芸大国は、美しい・珍しい植物にスポンサーと大口の投資があったが、ボヘミア(チェコ)ではお金が集まらなかったのだろう。
そこで小口の資金を数多くのスポンサーから集めるために顧客の多様なニーズに答え、プラントハンターを様々な地域で活動させることにたどり着いたのだろう。
しかし、支払いがされないという現実でこの素晴らしい考えが崩壊した。

ヨーロッパの辺境国出身のシーバーは世界のひのき舞台に登場するために無理を重ねて生きてきたのだろう。晩年は 14年間精神障害に苦しみ55歳でプラハ精神病院で亡くなった。

(写真)エルサレムセージの立ち姿(丈:40cmメールぐらい)


エルサレムセージ(Jerusalem sage)の花
・シソ科フロミス(和名オオキセワタ)属の耐寒性が弱い小潅木、挿し木で増やす。
・学名:フロミス・フルティコサ(Phlomis fruticosa L.1753)。1753年にリンネ(Carl Linnaeus 1707-1778)が命名する。
・1822年に学名は同じだが命名者が異なる名前が公表されている。Phlomis fruticosa Sieber ex C.Presl(1822)意味としては“1822年以前にSieberが何らかの理由があり発表していないのでC.Preslが公表する”となる。
・コモンネームは、エルサレムセージ(Jerusalem sage)。セージのような葉と匂いがあるがセージ(サルビア属)の仲間ではない。
・原産地:サルデーニャ島、クレタ島、キプロス島、ギリシャ、イタリア、トルコ等の地中海沿岸が原産地。
・株丈は、90-120cm、横にも広がる。鉢の場合40~60cm程度で抑えられる。
・葉は灰緑色で銀色に縁取られ、綿毛で覆われる。
・開花期は春から夏、黄色の花が咲く。
・1年目は茎・葉が成長するのみで、開花は2年目からとなる。
・暑さには強いが耐寒性は弱いので冬場は霜に当てないようにする。
・乾燥した日当たりの良い場所を好む。
・ドライフラワー、ポプリに適している。
コメント

メキシカン・ブッシュセージ‘FerPink’(Salvia leucantha 'FerPink')の花

2016-11-01 18:42:31 | セージ&サルビア
(写真)メキシカンブッシュセージ'FerPink'の花


メキシカンブッシュセージの変異種サルビア・レウカンサ‘フェアピンク(Salvia leucantha 'FerPink')の花は、真っ白なうぶげが生えている萼からピンクの花が咲き、ファンタスティックな情景を作り出している。
濃い緑の細長いゴワゴワとした葉が醸しだす荒々しさに対して、ピンクの花がギャップを創り、他のピンクの花と異なる品の良さがあり、1m前後の大株に育った時の楽しみを感じさせてくれる。

このメキシカンブッシュセージ‘フェアピンク(Salvia leucantha 'Ferpink')は、南アフリカ、リヒテンバーグのIan Smithが同国のサルビアの専門家Jenny Ferreiraのウエリントンにある彼女の庭園で育っているメキシカンブッシュセージの変り種に目をつけ、苗を育てたことからはじまったという。時期的には2003~2004年頃と思われる。

イアン・スミスとジェニー・フェレーラは、このピンクの花を咲かせる変異種には、スミスの娘を記念して“Danielle's Dream”という名前を付け、白い花を咲かせる変異種には“White Mischief”と名付けた。

(写真)Salvia leucantha 'White Mischief'


商標登録の過程で最終的には開発パートナーのJenny Ferreiraの名を生かし、ピンクの花の変異種は'FerPink'、白い花の変異種は'FerWhite'となり、2011年2月に米国で商標をとった。

日本では、この商標に抵触しないように“メキシカンブッシュセージ・フェアリーピンク”とか“メキシカンブッシュセージ・ピンク”と逃げたというよりは海賊版的な表示をしている。
まだ珍しいサルビアのようだが、日本でも速いスピードで普及すると思われる。その先にはきっと商標権のトラブルが待ち受けているのだろうなと思われる。

メキシカンブッシュセージのこと
Salvia leucanthaの栽培品種には素晴らしいものが幾つかある。原種のSalvia leucantha.(leucanthaは“白い”を意味する。)は、1791年にスペインの大植物学者カバニレス(Cavanilles, Antonio José 1745‐1804)によって命名され、赤紫の萼に白い花咲く。

余談だが、このメキシコ原産のサルビアを採取したのは誰かが分からない。カバニレスが1791年に白い花のサルビア(Salvia leucantha)と命名しているので、これ以前にスペインに植物標本を送った者がいなければならない。
1787年~1803年までメキシコの植物相を調べたセッセ&モシーニョ探検隊も、このサルビアを採取しているので彼らが最初の採取者なのかも分からない。

この栽培品種の逸品としてサルビア・レウカンサ‘ミッドナイト’(Salvia leucantha 'Midnight')があり、萼・花とも濃い赤紫色で違いが分かりやすく、この二種を混裁すると秋の庭の中心においてもおかしくない存在となる。

さらに、今回のピンクの花が咲く「Salvia leucantha 'FerPink'」、白い花が咲く「Salvia leucantha 'FerWhite'」など混裁されている庭を想像するとワクワクしてくる。

(写真)メキシカンブッシュセージ'Ferpink'の葉と花


Salvia leucantha 'Ferpink'
・シソ科アキギリ属(サルビア属)の半耐寒性の多年草。
・原種はメキシコ原産のSalvia leucantha Cav.(1791)で、その変種として南アフリカ、リヒテンバーグのIan Smithが作出した。作出の時期は不明確だが、2006年には米国カルフォルニアのSan Marcos Growersがテスト栽培でこの品種を入手しているので2003年頃になるのだろう。
・品種名は、サルビア・レウカンサ‘フェアピンク’(Salvia leucantha 'Ferpink')で2011年に米国で商標特許を取得した。
・草丈は90-120cmで、株張りは60-120cmで、葉は濃い緑色で細長く薬臭いシソ科独特の良い香りがする。
・開花期は秋、9月~11月頃まで。白い産毛のある萼からピンクの花が顔を出す。
・乾燥にはやや強く、日当たりの良い水はけの良い土壌で乾いたらたっぷり水をやる。
・耐寒性があるとは言え、冬場は根本を腐葉土などでマルチングし根を保護する。

コメント

初夏の花、ブルーが美しい サルビア・パテンス(Salvia patens)

2016-07-06 18:45:03 | セージ&サルビア
(写真)サルビア・パテンスの花


7月に入り、ブルーの色が美しいサルビア・パテンスの花が咲き始めた。
対で二個 蕾をつけ、二日後には同時に咲き、開花後二日ほどで萎んでしまう。
まさに美しい花は短命の典型のようだ。しかも5㎝ほどの大柄な花なので美しい時間の短さが強烈に残る。

この色合いを色の百科事典「イエロペディア」から探すと、“シュプリーム(supreme)”というブルー系の色に似ている。イギリスでは最高の名誉や至高を意味する色のようであり、園芸家ウイリアム・ロビンソン(William Robinson 1838-1935)が「英国のフラワーガーデン」1933年版で“園芸品種の中で最も素晴らしい植物のひとつ”と絶賛した理由が想像できる。

(写真)サルビア・パテンスの蕾


この美しい花を翌年も見るために大事に育ててきたが、翌年まで生き残ったことが無く、多年草として扱うよりは一年草としての扱いがよさそうだ。夏と冬場の扱い方に問題があったのだろうか?

(写真)サルビア・パテンスの葉


このサルビア・パテンスの葉は、写真では良さそうに見えるが、美しさとは無縁に雑然と育ち汚らしい。雑草のほうがきれいかなと思えるほどだ。
この葉と根があの美しい花を咲かせているのかと思うと、ウイリアム・ロビンソンように手放しでほめられない。

(写真)サルビア・パテンスの花


サルビア・パテンス(Salvia patens)
・シソ科アキギリ属の耐寒性がある多年草。
・学名は Salvia patens Cav.(1799)、英名はゲンチアンセージ(gentian sage)、和名ソライロサルビア。
・原産地はメキシコ。1838年にイギリスの園芸市場に登場したようだ。
・耐寒性は強いが耐暑性は弱い。梅雨の時は花を出来るだけ雨に当てない、夏場は風通しの良い半日陰で育てる。
・草丈50~60㎝
・開花期は6~10月、大柄なブルーの花が数少なく咲き、2日程度で散る。
・夏場は無理に花を咲かせないようにすると秋に咲く。

サルビア・パテンス発見の歴史 (補完版)
ミズリー植物園のデータベースに記録されているコレクター(発見・採取者)で最も早いのは、1863年に場所は不明だがメキシコで採取したエンゲルマン(Engelmann, George 1809–1884)で、パリー(Charles Christopher Parry 1823-1890)とパルマー(Edward Palmer 1829 - 1911)のパーティは1878年にSan Luis Potosíで採取している。

しかしこの時期では、スペインの植物学者カバニレス(Cavanilles, Antonio José 1745-1804)が1799年に命名しているので、スペインから派遣された探検隊の誰かでなければ時間が合わない。

セッセ(Sessé y Lacasta, Martín)及びモシーニョ(Mociño, José Mariano)達もこのサルビアをおそらく1790年頃に採取し本国スペインに送っているはずだが、セッセ達はこのサルビアを「Salvia grandiflora Sessé & Moc.(1887)」と命名したようだ。だが、出版されたのは彼らの原稿が見つかった1887年頃だったので、カバニレスの命名のほうが早いのでこちらが採用されることになる。
ということは、もう一人誰かがいることになる。

コレクターは、フランス生まれでスペインで働いた植物学者ニー(Née, Luis 1734-1801or1807)がメキシコで採取したようだ。

Néeはどんな経緯でメキシコに行ったかといえば、スペイン国王チャールズ三世(Charles III 1716-1788)がスポンサーとなり、イタリアの貴族でスペインの海軍士官・探検家マラスピーナ(Malaspina ,Alessandro 1754 – 1810)を隊長に、太平洋・北アメリカ西海岸・フィリピン・オセアニアを科学的に調査する探検隊を派遣した。この探検隊に二人の植物学者、Neeとチェコの植物学者・プラントハンターのTadeo Haenke(1761-1816)が参加した。

この探検隊は、1789-1794年の間に行われ、南アメリカ大陸を廻りメキシコのアカプルコに到着したのが1791年で、そして、カルフォルニア・アラスカを探検してアカプルコに戻ってきたのが1792年なので、Néeがメキシコの植物を採取したのは1791年から1792年のこの時期だろう。

英国の場合は、プラントハンターと植物学者は分業と協業の関係にあり、新種と同定し学名をつけるのは植物学者の役割だった。Neeは、この探検隊での同僚のチェコの植物学者Tadeo Haenkeが採取した植物について記述・命名してスペインの科学ジャーナルに1801年に発表しているので、単なるプラントハンターでもなく植物学者としての向上心があったようだ。

彼らは、この探検で数多くの植物を採取したが、サルビア・パテンスがそうであったように、Neeが採取した植物の大部分は、大植物学者カバニレスが命名し栄誉を得ている。

スペインに帰国後のNeeの足跡が良くわからない。また死亡時期も文献によって異なる。Née の死亡時期を1801年と書いたが、カリフォルニア、アラスカなどで採取した植物の記述がこの時期にされているのでおかしいことになる。1803年又は1807年死亡という説が妥当であり、晩年が良くわからないがスペインに失望し、ナポレオン革命が進行中のフランスに戻ったという説がピッタリとくる。苦労して採取した手柄を奪われ、怒り・絶望でスペインを離れたという説があるが、さもあらんと思う。こんな美しいサルビアにも、世俗の争いがあったようだ。

この「サルビア・パテンス」を1838年に園芸市場に持ち込んだのが、ロンドン園芸協会からメキシコに1836年に派遣されたプラントハンター、ハートウェグ(Hartweg, Karl Theodor 1812-1871)のようだ。

この「サルビア・パテンス」に関心が向くのは、自然で野性的な庭作りを提唱したウイリアム・ロビンソン(William Robinson 1838-1935)が「英国のフラワーガーデン」1933年版で“園芸品種の中で最も素晴らしい植物のひとつ”と絶賛してからであり、それまで忘れられていたようだ。
また、英国の園芸家Graham Stuart Thomas(1909 –2003)は「園芸で最高の植物」とパテンスを賞賛した。

そして今年もこの素晴らしい花に心をときめかされてしまった。

コメント

ブルー&ホワイトが美しい、サルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea 'Strata')の花

2016-06-21 15:59:15 | セージ&サルビア
(写真)サルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea‘Strata’)


サルビア・ファリナセアとして園芸店で売られていたが、サルビア・ファリナセアの園芸品種‘ストラータ’(Salvia farinacea‘Strata’)で、オールド品種は花と萼が同系統の濃いブルーだが、園芸品種ストラータは、萼が白く、花色は、オールド品種より淡いブルーなので区別がつけやすい。写真のようにこの組み合わせでコンパクトな花穂に数多くの花の密集が美しい。

このブルー&ホワイトは、エーゲ海のクルージングで廻るロードス島などの島々の漆喰の白と海の青さ、ブルー&ホワイトを彷彿させ、湿度の高いジメジメした日本の梅雨から夏場の一風の清涼となる。

(写真) エーゲ海とサントリーニ島の風景

(参考)サントリーニ島

サルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea‘Strata’)のブリーダー(生産者)は、英国ノーフォーク州ドレハムのFloranova社で、この作品を1996年の全米の品評会AAS(All-America Selection)に出品し、金賞(Flower Award Winner)をとっている。それから20年経過した今でも輝きが衰えることなく、全世界に普及した逸品となっている。

(写真)サルビア・ファリナセア‘ストラータ’の立ち姿


サルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea 'Strata')
・シソ科アキギリ属の耐寒性が弱い多年性小木。日本では、耐寒性が無いため1年草として扱われる。霜に当てないように越冬させると関東以南では多年草として来年も期待できるようだ。
・学名はサルビア・ファリナセア‘ストラータ’(Salvia farinacea 'Strata')。種小名のファリナセアは“粉をふくと”という意味。
・ 英名ではMealy-cup sage 'Strata'“粉状のセージ”と呼ばれる。
・原産地はメキシコ北部からアメリカ・テキサス。
・丈は50cm、横幅30cm程度で直立。茎は白い産毛で覆われ、粉をふいている。
・20cm程度の花柄を伸ばしその茎に淡い部ブルー色の花を多数咲かせる。開花期は初夏~晩秋で夏場は木陰で休ませると良い。
・葉はコンパクトで、披針形。
・冬場は水をあまりやらずに、室内又は霜の当たらない暖かいところで管理する。
・どんな土壌でも育つというタフで、育てやすい植物だが、腐葉土を入れた水はけのよい土が推奨。
・作出は英国ノーフォーク州ドレハムのFloranova社。
コメント

サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)の花

2016-06-17 07:42:37 | セージ&サルビア
(写真)サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)の花

日本の園芸店でブルーセージ(Blue sage)として販売されているサルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)は、開花期が長く春から晩秋までの長い間咲く。夏場は暑さに弱いため一休みするが、その休み前の一時の写真を撮った。

不思議なことに過去のサルビアの栽培記録を見直してみたら、今回が初めての栽培ということが分かった。
何故手を出さないできたかというと、1年草の扱いがされてきたためで、同じ扱いがされている真っ赤な花が咲き園芸店で「サルビア」として販売されているサルビア・スプレンデンス(Salvia splendens)にも手を出していない。但し、多年草の園芸品種には幾つか手を出して栽培しているが・・・。

サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)もブルーセージ(Blue sage)と呼ばれているが、同じブルーセージと呼ばれるサルビアが結構ある。
しかしこれでは区別がつかない。サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)のブルーセージはしょうがないとして、他は識別がつくように次のように呼ばれている。
・アズレアブルーセージ(Salvia azurea)
・コスミックブルーセージ(Salvia sinaloensis)
・メキシカンブルーセージ(Salvia chamaedryoides)

サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)のコレクターと命名のなぞ
この、サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)は、メキシコ北部から米国南部テキサス地域が原産地で、
1823年4月にフランスの探検家で博物学者のベルランディア(Berlandier, Jean Louis 1805-1851)によって米国テキサス(米墨戦争前はメキシコ)で採取され、
1833年に英国の大植物学者ベンサム(Bentham, George 1800-1884)によって「Salvia farinacea Benth. 1833」と命名された。
どうしてベンサムが命名できたのだろうか? というのが疑問となる。

(写真)Berlandier著「The Indians of Texas in 1830」


(写真) Berlandier Owl (Strix torquata)

出典:Smithsonian Institution Archives.

サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)のコレクター、ベルランディアは、メキシコとアメリカの国境地帯での動植物調査を1827年~1829年までの20歳代の若い時に経験し、1829年11月からは米国との国境近くにあるタマリパス州マタモロスで医師・薬剤師として居住し、この一帯の植物調査を行ったという。現在のマタモロスは、米国と国境を接し、GM、ベンツなどの自動車生産の拠点となってる発展著しいところだ。
ベルランディアが採取した植物は、スイスの大植物学者デ・キャンドール(Augustin Pyrame de Candolle 1778‐1841)の息子Alphonse de Candolle(1806-1893)にも送ったというので、サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)もデ・キャンドールの息子のところに届いていたのだろう。

一方、ベルランディアは、ある面で米国とメキシコの国境地帯の自然環境・地理に詳しいスペシャリストでもあり、米国とメキシコとの間で起きた米墨戦争(1846-1848)ではメキシコ軍の大尉・地図製作者として参加し、メキシコ敗戦後にカリフォルニア、ネバダ、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコ、ワイオミング、コロラド等領土の1/3を割譲する協定を結んだが、国境を画定する委員会に現地を知るエキスパートとして参画したという。
奥地を探検するプラントハンターは、いざ戦争となるとその特殊能力が高い価値を持ち、地図製作者、諜報員・スパイなどで戦争に巻き込まれやすい。

ベルランディアよりも20年も前にサルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)を採取した人間がいた。
時期としては1787年~1803年頃で、メキシコ、サカテカス州ラ・カヘテイリャ辺りで採取し、この植物に「Salvia linearis」と命名した。種小名の“linearis”は“リニア”つまり真直ぐに伸びる花穂を意味したのだろう。
採取し名前を付けたのは、スペイン王立メキシコ植物探検隊の隊長セッセ(Sessé y Lacasta, Martín 1751 –1808)とその隊員のモシーニョ(Mociño, José Mariano 1757 ‐1820)だった。

彼らがスペインに戻り提出した報告書が発見され、1887年にメキシコで出版され以上のことが明らかになった。
ルールでは、先に公表し認められた植物名とその命名者が採用されることになっているので、セッセ達の命名は残念ながら採用されない。

しかし、命名者ベンサムは、何処で或いはどの植物標本を見てサルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)と命名したのだろうか?

推理するための事実を箇条書きにまとめてみると次のようになる。
1.メキシコで植物を採取しているベルランディアが採取した植物標本は、デ・キャンドールの息子に届けられていた。
2.セッセ探検隊の成果である植物画はモシーニョーが持っていて、これをデ・キャンドールに一時預け、デ・キャンドールはこのコピーを作り保持していた。
3.セッセ探検隊の成果である植物標本及び特徴などを記述したものが、当時のスペインの植物学者パボン(Pavón, Jiménez José Antonio Jiménez 1754-1840)のコレクションに紛れ込んだようだ。この標本は現在キューガーデン、大英博物館にあるという。
4.ベンサムはデ・キャンドールを尊敬し又親交があった。
5.1830~1834年の間、ベンサムはヨーロッパ中の植物標本を調べるために各地を訪問した。

ベンサムとそれぞれの関係を見ると
1.デ・キャンドール親子とは親交があり、1830年からの訪問で植物標本或いはセッセ探検隊の植物画のコピーを見せてもらった可能性は高い。
2.パポンのコレクションを見せてもらい、又このコレクションに紛れ込んだセッセ探検隊の植物標本を見た可能性も否定できない。
1833年にベンサムが「Salvia farinacea Benth. 1833」と命名しているので、デ・キャンドール親子からの情報ルートの確率が高そうだ。

(写真)サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)立ち姿


サルビア・ファリナセア(Salvia farinacea)
・シソ科アキギリ属の耐寒性が弱い多年性小木。日本では、耐寒性が無いため1年草として扱われている。
・学名はサルビア・ファリナセア(Salvia farinacea Benth. (1833).)。種小名のファリナセアは“粉をふく”という意味で、1833年に英国の植物学者ベンサム(George Bentham 1800-1884)によって命名された。
・英名ではmealy sage“粉状のセージ”と呼ばれるが、日本では花色の青さでブルーセージ(Blue sage)として流通・販売している。。
・原産地はメキシコ北部からアメリカ・テキサス。
・丈は60cm、横幅30cm程度で直立した低木。
・20cm程度の花柄を伸ばしその茎にラベンダー色の花を多数咲かせる。開花期は晩春~晩秋で夏場は木陰で休ませると良い。
・葉はコンパクトで、披針形。
・冬場は水をあまりやらずに、室内又は霜の当たらない暖かいところで管理する。


【セッセ探検隊の物語】
先行しているはずのセッセ探検隊の成果報告が消えた謎解きをされたい方は

No33:セッセ探検隊①:偶然から始ったメキシコ植物探検隊
No34:セッセ探検隊②:メキシコ植物相探検プロデューサー、オルテガと隊員
No35:セッセ探検隊③:準備・第一回の探検(1787-1788年)
No36:セッセ探検隊④:仲たがい
No37:セッセ探検隊⑤:世紀の谷間に消えたセッセ探検隊の成果
No38:セッセ探検隊⑥:漂流するモシニョーと植物画
No39:セッセ探検隊⑦:漂流するモシニョーと植物画:その2
No40:セッセ探検隊⑧:セッセ探検隊が採取したサルビア
コメント

サルビア・チアペンシス(Salvia chiapensis)の花

2016-06-09 11:02:23 | セージ&サルビア
(写真)サルビア・チアペンシスの花


メキシコのサルビアは艶やかなものが結構あるが、このサルビア・チアペンシス(Salvia chiapensis)もかなり艶やかだ。別名、サルビア・ローズシャンデリアとも呼ばれているが、バラの花色のようなシャンデリアとは言い得て妙だと思う。

このサルビア・チアペンシスは、メキシコ南部の州チアパスの2100-2900mの霧の多い湿った地域で生息し、草丈50-60㎝で横に広がり、花茎を伸ばしその先に鮮やかな桃色の花を5~11月まで咲かせる。光沢のあるオリーブ色の葉も美しい。

(写真)Edward William Nelson


このサルビアを最初に採取したのは、アメリカの博物学者ネルソン(Edward William Nelson 1855-1934)で、1892年から1906年までの14年間米国農務省の下でメキシコの動植物フィールド調査をアシスタントのEdward Alphonso Goldman (1873 – 1946)と一緒に行っており、1895年9月にチアパス州サン・クリストバル市近くの標高2150-2460mのところでこのサルビアを採取した。

ネルソンは、アラスカの博物学的調査をした初期の人間で、彼が22歳の時の1877年から4年間天気を観測する役割で米国陸軍のメンバーとしてアラスカに駐在し、エスキモーとアサバスカ文化の民族学的情報を記録した。ネルソンの徹底した調査・収集は“役立たずのものまで集めた男”として知られるようになった。この実績があり、メキシコの動植物調査にふさわしい男として選ばれたと言う。

しかし、ネルソンは、博物学者として何でも関心を持ち、ゴールドマンは動物学者として後に大成するのでこのチームは植物への関心があまり高くない。ミズリー大学植物園の植物標本データに記録されているところでは、ネルソンが採取した植物は320個、サルビアに関しては5個3品種だけしか採取していない。その中の1品がサルビア・チアペンシスということになる。

このネルソンが収集した標本を元に命名したのは、ハーバード大学グレイ植物標本館のアシスタントだった(後には館長、植物学教授)Fernald, Merritt Lyndon (1873-1950)であり、1900年に原産地の名を採用してSalvia chiapensisと名付けた。

しかし、実際の庭に導入されたのは時間が大分経過した1981年の頃であり、カルフォルニア大学バークレイ校植物園の探検隊がメキシコ、チアパスで採取してから普及したという。

(写真)Dennis Eugene Breedlove、サンフランシスコ植物園のチアパスから移植した雲霧林の植物をバックに


どんな人たちが探検隊で出かけたのだろうかと気になり調べてみたら、ブリードラブ(Breedlove, Dennis Eugene 1939–2012)という人物が登場してきた。

カリフォルニア科学学校の植物学者だったデニス・ブリードラブは、メキシコ最南端の州チアパスの植物相の研究を25歳のときの1964年から開始し、1992年まで広範囲な調査を行い、72,000セットという膨大な植物標本を収集し1981年には「Flora of Chiapas」を出版した。

デニス・ブリードラブは、数多くの植物品種をチアパスで採取したが、サルビアに関しても65種類も採取しており、また見知らぬサルビアが存在しているのではないかと興味がわいてきた。
ブリードラブが活躍したメキシコ最南端のチアパス州は、8250種もの植物種がある植物相が豊かな地域で、今でも開発という人間の手が入らないところが残るメキシコでも最貧地域であり、植物種の宝庫とも言えるところのようだ。

ブリードラブ(Breedlove, Dennis Eugene)、バーソロミュー(Bartholomew, Bruce Monroe 1946-)達を隊員とする、カリフォルニア大学植物園の種子及びカッティングなどを収集する探検隊が1981年11月にメキシコ、チアパスに出発した。
この旅行は2週間を予定し、全世界400あまりの植物園にメキシコの植物の種子を送ることと、カリフォルニアの気候に適したチアパスの植物を採取し同地域の植物園に配布すること、及び、余剰の収穫があった場合は翌春に販売することが目的だった。

カリフォルニアの気候に適した植物となると、気温が似ている高度での探索採取となり、2000メートル以上の地域での探索がなされ、成果としては、200品種以上の種子と生きた移植用の植物がこの探検で採取された。
採取した中でのハイライトは第一にサルビア類であり、サルビア・チアペンシスもこの探検隊に採取され、サンフランシスコに持ってこられた。採取したのはバーソロミューではなく、フリードラブのようだ。

(写真)サルビア・チアペンシスの花と葉


サルビア・チアペンシス(Salvia chiapensis)
・シソ科アキギリ属の耐寒性が弱い多年草。冬場は、室内に取り込むか、霜があたらないような場所で管理する。
・原産地はメキシコ・チアパス州の標高2100-2900mの霧の多い湿った地帯。
・学名は、Salvia chiapensis Fernald.(1900)。米国の植物学者Fernald, Merritt Lyndon (1873-1950)によって1900年に命名された。
・英名ではChiapas Sage(チアパスセージ)、日本の園芸店ではサルビア‘ローズシャンデリア’で流通している。
・このサルビアを最初に採取したのはNelson, Edward William (1855-1934)で、1895年にメキシコ、チアパス州サン・クリストバル近くの2150~2460mの高さのところで採取した。
・草丈は、60~120cmで地植えすると大株に育つようだ。現在は鉢植えなので30cm程度。
・葉は対生し、光沢のある濃い緑色の葉が光を反射して美しい。
・20cm程度の花序が数本伸び、ここに桃色(Magentaマゼンタ)に輝く花を咲かせる。開花期は一年中ということだが、暑い夏場は咲かないようだ。

コメント

サルビア・クリスティン(Salvia ‘Christine Yeo’)の花

2016-05-24 11:36:44 | セージ&サルビア
(写真)サルビア・クリスティン‘イエオ’の花

朝、出掛けに目をやると、パープル色をした小さな花が咲いていた。
蕾すら気づかないほど気配を感じさせないでいたので、開花の発見はうれしかった。
それにしても、小さな花だ。葉の香りも素晴らしい。

このSalvia ‘Christine Yeo’(サルビア・クリスティン・イェオ)は、英国のPleasant View Nursery Christine Yeoによって作出された園芸品種で、英国王立園芸協会に登録されている。

園芸品種ということは交配させた両親がいて、このサルビアの両親は、Salvia chamaedryoides Salvia microphylla のハイブリッドで、いつ頃作出されたか不明だが、1995年3月にChristine Yeoが自費出版した『SALVIAS』という本に紹介しているのでこれ以前に作出したようだ。

(写真)Christine Yeo作 「SALVIAS」


(写真)サルビア・クリスティン‘イエオ’の葉と花


サルビア・クリスティン(Salvia ‘Christine Yeo’)
・シソ科アキギリ属の多年草
・学名はSalvia ‘Christine Yeo’で、Salvia chamaedryoidesとSalvia microphyllaのハイブリッド。英国のPleasant View NurseryのChristine Yeoによって1995年以前に作出された。
・どちらかと言えば、Salvia chamaedryoidesの特徴であるコンパクトな花と葉を受け継ぎ、そこにSalvia microphyllaの直立系の茎が加わっている感じがする。
・花は5月末から9月頃までパープル色の1㎝足らずの小さな花が咲く。
・葉は1.5㎝程度の長さで大好きな薬臭い香りがする。
・日当たりの良い、水はけの良い肥沃な土壌が適している。
・春か秋にカットで増やすと良い。
コメント

サルビア・プラテンシス(Salvia pratensis)の花

2016-05-10 11:29:43 | セージ&サルビア
(写真)サルビア・プラテンシスの花


サルビア・プラテンシスは、ヨーロッパ・北アフリカ・西アジア原産でハーブ及びサルビアファンにとっては、初期に栽培の経験を持つ基本種のようだが、私は、10年近い年月が過ぎてからやっとこの花に出会った。

姿かたちは素朴で、メキシコ原産のサルビアのように華麗なところはないが、根元から葉・茎が出るロゼット状でサルビアというよりはハーブの一種という印象がする。
実際、古にはハーブとして目の炎症を止める目薬、うがい薬、歯磨きとして使われていたという。

このサルビア・プラテンシスは、英名では“meadow sage”“meadow clary”と呼ばれていて、“草原・牧草地のセージ”或いは“草原のオニサルビア(=clary)”を意味している。
牧草地にこの草花が育っているところを想像すると、邪魔な存在と受け取られかねないが、庭などの木々の下草として群生させると、濃いグリーンの葉とブルーの花がシンプルで上品なシーンを創り出しそうだ。

さて、英名でのメドーセージ(meadow sage)だが、日本の園芸店では別のサルビアを指すことが多くややっこしい。ブラジル原産のサルビア・ガラニチカ(Salvia guaranitica)というサルビアが園芸店ではメドーセージとして販売されていて、ご近所の庭でもよく見かけるほど普及している。

もう一つのメドークラリー(meadow clary)の“clary”は、クラリーセージ(和名ではオニサルビア)という名の別の植物があり、このクラリーセージに似ているので草原のクラリーと呼ばれている。
実際のクラリーセージは、庭で2年目を迎え成長途上なので開花したときに記述することにする。

(写真)サルビア・プラテンシスの立ち姿


サルビア・プラテンシス(Salvia pratensis)
・シソ科アキギリ属の耐寒性がある多年草
・学名はSalvia pratensis L.(1753)。種小名のpratensisは草原を意味する。英名ではmeadow clary或いはmeadow sageと呼ばれ、日本の園芸店でも「メドーセージ」で販売している。
・原産地はヨーロッパ・西アジア・北アフリカで、林の端・原野・牧草地(meadow)などに育つ。米国ワシントン州では有害植物に指定された時があった。
・草丈は1m以上まで成長し、茎は四角でエッジが立っている。現在は2年目なので30cm程度。
・ダークグリーンの葉は大きめでクシャクシャしており、エッジにはギザギザが入り対生する。
・開花期は5月から7月頃までで、ブルーの花が輪生して咲く。しかし実際は日当りのよいところから咲くので輪生して咲く実感がない。
・サルビア・プラテンシスには、園芸品種が結構あり、花色はブルーだけでなく、スミレ色、白っぽいブルー、ピンク、白など多種多様ある。

(植物画)サルビア・プラテンシス

出典:「Atlas des plantes de France. 1891」

植物画の方が特色がつかみやすいので、1891年にフランスで出版された「Atlas des plantes de France」に収録されているAmédée Masclef作の絵
コメント