モノトーンでのときめき

ときめかなくなって久しいことに気づいた私は、ときめきの探検を始める。