老いの途中で・・・

人生という“旅”は自分でゴールを設定できない旅。
“老い”を身近に感じつつ、近況や色々な思いを記します。

あいまいな喪失(Ambiguous loss)

2021年03月04日 19時24分22秒 | その他

 3月2日の毎日新聞の「火論」というコラムで専門記者の大治朋子氏が「あいまいな喪失(Ambiguous loss)」について触れておられました。

 初めて聞く言葉でしたが、その文章に拠ると認知症などにも関係があるとの事だったので、興味を持って調べて見ました。

 社会学や心理ケアの分野に関する言葉で、一挙には飲み込めませんでしたが、色々なことを拾い読みしている中で、<災害グリーフサポートプロジェクト「あいまいな喪失」情報サイト>での説明が、一番理解しやすかったので、ここから抜粋紹介させていただきます。


◆あいまいな喪失(Ambiguous loss)とは
・長年、家族のストレスや家族療法について学際的研究を行ってきたミネソタ大学家族社会学の名誉教授であるPauline Boss博士が自身の体験から提唱された理論です。

・かけがえのない人や物を失うことを「喪失(loss)」と言います。
喪失を経験すると、多くの場合、その直後は悲嘆反応という悲しみの反応が出現しますが、時間の経過とともに少しずつその悲しみから回復していきます。

 これに対し、「あいまいな喪失(ambiguous loss)」は、その喪失自体があいまいで不確実な状況のことをいいます。Pauline Boss博士は、この「あいまいな喪失(ambiguous loss)」を「はっきりしないまま残り、解決することも、決着を見ることも不可能な喪失体験」と定義しました。そして、通常の喪失と異なり、あいまいな喪失の中にある人は、終わりのない悲しみのために、「前に進むことができなくなってしまう」という状態になります。


◆「あいまいな喪失」によって失われるもの
・大切な人(もの)の不在のために、それまであった関係性(relationship)や愛着(attachment)が失われます
・その人(もの)の未来とともに、自分の未来がきっとこうなるだろうという確実性が失われます
・人生を自分でコントロールできるという感覚が失われます
・将来への希望や夢が失われます
・アイデンティティや、妻としての役割・子どもとしての役割といった自分の役割が失われます
・世界が安全な場所であるという信頼感が失われます

 要するに、「あいまいな喪失」の状況では、しばしば「私は誰なのか」ということがわからなくなります。
夫が行方不明の時、「私はまだ妻なのか、そうでないのか」、農業に従事する人が原発の影響で仕事ができなくなった時、「私はまだ農夫なのか、そうでないのか」といったように・・・。
 あいまいな喪失では、自分のアイデンティティや役割が脅かされるといわれています。

◆「あいまいな喪失」の二つのタイプ
 この「あいまいな喪失」には二つのタイプがあるとされています。

(1)心理的には存在しているのが身体的には存在しない状況(「Leaving without Goodbye~「さよなら」のない別れ~」)
・カタストロフィックな状況の喪失
   行方不明、失踪、遭難、誘拐、痕跡不明な喪失など
・より一般的な喪失
   離婚、養子、移民など

(2) 身体的には存在しているのが心理的には存在しない状況(「Goodbye without Leaving~別れのない「さよなら」~」)
・カタストロフィックな状況の喪失
   アルツハイマー病やその他の認知症、頭部外傷、薬物やアルコール依存、抑うつなど
・より一般的な喪失
   大切な人の不在、ホームシック、ワーカーホリックな人など
(注)カタストロフィック:その人のいる環境に多大な変化が起こる悲劇的な状況。


◆「あいまいな喪失」への対処
 あいまいな喪失からくるストレスは、対処が最も難しいストレスの1つといわれています。
 自分が誰なのか、どのように生きていけば良いのかがわからなくなり、まるで生きる術(すべ)を見失ったかのように感じるからです。
そのような事態になった時の対処としては、下記のようなアドバイスがあります。

・毎日、それが無理ならば週に何度か、夫婦や家族で会話する時間を持ちましょう。
自分を理解してもらえる場があれば、どんな人にとっても、それは希望の源泉になります。

・家族の会話の場に、子どもたちも参加させましょう。小さな子どもに詳しく説明する必要はありませんが、親や周囲の大人がどんな事を心配しているのかについては、知らせておくべきです。
どんな人にとっても、知ることは、何も知らないことよりは良いのです。

・自分が何を失い、何は失わずに残っているのか、少し整理をしてみましょう。
そのような事を整理し、話すことで、気持ちが楽になることがあります。

・考え事をしたり、人と話をする時、さまざまな感情がわいてくるかもしれません。そのような時は、自分に優しい気持ちをもちましょう。どんな感情や思いも、あいまいな喪失が原因で起こったものです。

・情報を集めましょう。情報は力になります。

・自分の思いを楽に表現できる人、あなたを理解し、あなた自身もそばにいて欲しいと思える人を探してみましょう。そのような人を「心の家族」と呼びます。

・変化を怖がらないで下さい。それはこれから生きていく上で、とても大切なことなのです。

・同じ体験をした人とつながれる場所があれば、是非、参加してみて下さい。その人たちは、多くを語らなくても、あなたの苦しみを誰よりも理解してくれることでしょう。


 戦争や紛争だけでなく、大規模な自然災害や交通事故などに拠るかけがいのない人との理不尽な別れ(時には遺体がないままで・・・)や、原発事故や自然災害などに拠る居住地の喪失だけでなく、高齢化社会の到来により認知症患者の急激な増加予想など、この「あいまいな喪失」は極めて身近なものなっていると言えるでしょう。

 私自身、アルツハイマーが進行するツレアイとの生活で、「あいまいな喪失」の真っ只中にいる事を改めて自覚するとともに、上記の対処法を参考にして少しでも明るい生活を送れたらと思っています。

 更に、今世界中の人々が、新型コロナウイルスのパンデミックの中で、先の見えない不安の中にいます。この流行による不確かさは、ビジネス、コミュニティ、家族、個人など、さまざまなレベルで起こっています。
 例えば、外にでる自由の喪失、生活のコントロール感の喪失、いつも通りの人間関係の喪失、金銭的・経済的な喪失、安全性の喪失、家族や友人との物理的な接触の喪失、コンサートに行ったり、カフェでくつろいだりといった機会の喪失、など広範囲です。これらはすべて「あいまいな喪失」であると呼べるのものだと思います。

 「あいまいな喪失」の中にいるのはあなたや私だけでなく、実に多くの人だという事ではないでしょうか。(まさ)

コメント (2)

キンカンジャム作りと雛祭り

2021年03月03日 19時12分07秒 | 食べ物

 今日は雛祭り。
昨日からまた寒さがぶり返しており、外出を自粛して、先日天満市場で買っておいたキンカンで我が家恒例のジャム作り。

 約1㎏ほどのキンカンを、
①水洗いと、ヘタ取り
②横半分に切って、種取り
③浸るくらいのワインと砂糖で弱火で煮込む。
④温度が下がってから、ミキサーで粗く砕き、タッパーに入れて冷蔵庫で保管
という手順になり、半日掛りの仕事になりますが、ツレアイも横について居れば①と②は担当できますので、嬉しそうに作業に加わりました。

 出来上がったジャムは、我が家の毎朝の定番であるヨーグルトに加えてたべると、キンカンジャムの甘さと酸味がヨーグルトとマッチして美味しさ抜群です。

 また煮汁が少し残りますので、これをお湯で割ると、寒い時期には格好の飲み物になり、ツレアイの大好物です。


 我が家には子供もおらず雛祭りはしませんが、やはり季節の行事として菱餅などのお菓子と雛アラレを仏壇にお供えだけはします。これは明日のツレアイのおやつになるでしょう。
 それと、夕方に出かけた買い物時にスーパーで色鮮やかな雛祭りムードのチラシ寿司が目に付いたので購入しました。(まさ)

<キンカンジャム>

水洗いしヘタを取ったものを、横半分に切る

串などで種取り

種取り完了

これを、白ワインと砂糖で煮込む

冷ましてから、ミキサーにかける

出来上がり

ヨーグルトと一緒に頂く

残った煮汁は、お湯割りで…

<お雛祭り>

お菓子と雛アラレを仏壇にお供え

色鮮やかな海鮮チラシ寿司

コメント (1)

メジロとも間もなくお別れ

2021年03月02日 19時12分27秒 | 自宅の様子(ベランダ/室内園芸)

 今日は久しぶりに本格的な雨となり、また春一番の風も強かったので、予約していた歯医者へはいつもの自転車をやめて、市バスと徒歩で行って来ました。
(後で気付くと、何と今年になってから初めての市バスというか公共交通手段の利用でした)

 帰宅すると、この雨にもかかわらずメジロがベランダのミカンを貪るように啄んでいましたが、今年はメジロの来訪が非常に多くて、毎日朝に用意するミカンでは足りなくなって、夕方に一度追加しています。

 例年、桜が咲きだすとベランダには来なくなりますので、愛らしい姿が楽しめるも、もう暫くの間だけでしょう。

 最近、ウグイスの姿は余り見かけなくなりましたが、淀川の河川敷を散歩している時に木々の中から鳴き声が聞こえるようになりました。まだまだ練習中で上手く鳴けていませんがそのうちに綺麗な鳴き声になるでしょう。

 面白い表情も撮れましたので、最近のメジロの様子をお知らせします。(まさ)


二羽の微妙な間合い

二羽で仲良く食事中

上から食事中

二羽休憩中

一羽休憩中

同上

同上

同上

同上

コメント

鶴見緑地に春を求めて

2021年03月01日 19時16分19秒 | 旅行/色々な風景

 今日からもう3月。
今日は天気予報通り春を思わす好天気となったので、コロナに伴う緊急事態解除もあり、少し遠出と思いましたが、自重して自転車で鶴見緑地へ出かけました。

 まだ本格的な春とは言えず、花見シーズンでもなく、おまけに平日ということもあってか、公園内は思ったより人も少なく、ノンビリ散策し早春の花などを愉しみました。

 風車の丘では丁度見頃のビオラと青空が絶妙のバランスでしたし、公園内ではボケ/サンシュユ/ギンヨウアカシアが満開、モクレンが咲き始め、カンヒザクラはまだ蕾固しという状態でした。

 バラ園の一角では、ベロニカ・オックスフォードブルーが可愛らしい紫の花を開いていましたが、これはゴマノハグサ科の植物で、同じ仲間のオオイヌノフグリによく似ているが少し大きくて色が濃いという感じです。
因みに、オオイヌノフグリの英名は、Veroniva persicaです。

 また、この公園には池があり、いつも沢山のサギを見かけますが、この時期はまだカモ類も多くて池の周りも賑やかでした。(まさ)


カンヒザクラはまだ蕾

風車の丘

同上

モクレンは開花を始める

ボケ

同上

ベロニカ・オックスフォードブルー

同上 アップ

韓国庭園跡のサンシュユ

同上

同上 サンシュユと紅梅

韓国庭園跡の塀

ギンヨウアカシア

同上 アップ

ハコベ

ムラサキカタバミ


ベンチで休むアオサギ

餌待ちのアオサギとハト

大池でパン屑に群がるカモとハト

ここはオナガガモが多いです

同上 アップ

コメント

ヒットした発禁の歌

2021年02月28日 19時12分32秒 | その他

 先日TVで「昭和は輝いていた ~ヒットした発禁の歌~」という番組がありました。
ツレアイの入浴などで少しバタバタしていたのでジックリと腰を落ち着けて見られなかったのですが、非常に面白い番組でした。

 司会が武田鉄矢で、ゲストに中村メイコさんなどもおられ、我々が非常によく知っている歌謡曲や童謡で発売当時に色々と問題があり、いわゆる発禁処分を受けたものが数多くあるという事で、代表的なものが紹介されていました。

 国会での某官僚の答弁ではありませんが記憶力低下の私は、内容をはっきり覚えていませんが、ネットでの番組紹介などを参考に、思い出せる限りで下記します。


 戦争の影が色濃くなってきた昭和9年、音楽も統制の対象となり、秩序や風俗を乱す可能性があるレコードは発売禁止になることが決定され、その対象になったのは、甘い・退廃的・米英調などその理由は実に様々だった。例えば

①「忘れちゃいやョ」 (渡辺はま子)
 “ネェ、忘れちゃいやよ、忘れないでネ”という歌詞が、“あたかも娼婦の嬌態を眼前で見るが如き歌唱。エロを満喫させる”と指摘された。

②「裏町人生」 (上原敏 結城道子)
 新宿、浅草などの繁華街の裏町・酒場をイメージということで。

③「夜のプラットホーム」 (淡谷のり子、二葉あき子)作詞:奥野椰子夫、作曲:服部良一 
 “さよなら さよなら 君いつ帰る”の歌詞が、出征する人物を悲しげに見送る場面を連想させ、戦時下の時代情勢にそぐわないと検閲に引っかかった。

尚、この曲に関しては更に色々なエピソードがあったようです。
・元々は淡谷のり子の歌だったが、発禁になったので歌えなくなったものの、彼女は戦地の慰問で歌い続けて大人気だった。
・発禁になった2年後の1941年(昭和16年)、「I'll Be Waiting」(「待ち侘びて」)というタイトルの洋盤が発売されました。
この曲は『夜のプラットホーム』の英訳版で、作曲と編曲はR.Hatter(レオ・ハッター)という名前になっているが、これは服部良一が自身の名をもじって作った変名で、作詞を手がけたVic Maxwell(ヴィック・マックスウェル)とは当時の日本コロムビアの社長秘書をしていたドイツ系のハーフの男性の変名であったということです。
・またこの歌が本格的に大ヒットしたのは、戦後になって二葉あき子が歌ってからのようです。

④「別れのブルース」  (淡谷のり子)
 国内初のブルースだったが、日中戦争戦時下の時勢にふさわしくないと,翌年発禁処分を受ける。とにかく淡谷のり子は当局からマークされていたようです。

⑤「森の水車」    (高峰秀子)
 軍歌しか認められない時代で、『森の水車』のメロディが米英調だという理由ですが、歌詞のなかに「ファミレド シドレミ ファ」と「ドレミ階名」が使われていたからでしょう。

⑥「たきび」(童謡)
 「時局にそぐわない」という理由ですが、その理由たるや、正に噴飯ものです。
 何と、“たき火は敵機の攻撃目標になるし、 落ち葉も貴重な燃料のうちだ、風呂ぐらいは焚ける”というものです。


 更に、旧日本国だけでなく、米軍占領下に於いても、同じようなことが起きています。
菊池章子が歌って大流行した「星の流れに」ですが、この曲の当初の題名は『こんな女に誰がした』であったのが、GHQから“日本人の反米感情を煽るおそれがある”とクレームがつき題名を『星の流れに』と変更して発売となったようです。


 このように、歌謡曲や童謡と言えども権力者から見て好ましくないと判断されたものは、発禁となったり、内容変更を余儀なくされたものが数多くありますが、これは戦時中或いは占領下の出来事であり現在は関係ないとは言えないでしょう。

 むしろ、歌だけでなく映画なども含めて、自主規制とかいう名の下で自ら進んで自由な表現を制限している事が多いでしょう。
 卑猥過ぎる内容であれば兎も角として、社会状況や時の権力者に配慮し過ぎたものは、自ら進んで文化的な活動を歪曲するものでしかないでしょう。(まさ)

 

コメント