ごんちゃんママの散歩道

健康の為に、始めた散歩でした。
歩いてみて、色々発見がありました。

《ごま》の花

2022年08月14日 | 花 木 草

散歩道で 《ごま》の花 を見かけました。
花が終わると 実になって 種が 出来ます。この種が 「ゴマ」となるのですね。

後に 茶色くなった ゴマの種  天日で干して 叩いて あの  粒々の 「ゴマ」になる 

この作業 を  秋頃  見たことがありました。

      

植物園へようこそ! 《ごま》の花
「ゴマ」の説明を 参照していましたら、

とても 興味深い 内容でしたので  皆様にも 是非 読んで頂けたら・・・
と思い   一部「コピー」させて 頂きました。


余談ですが,「ごまかす」という言葉は,胡麻で作った「胡麻菓子」が
見かけほどには内容がないことから「ごまかし」という言葉ができたという話を
どこかで読んだ記憶があります。
もっとも,胡麻菓子自体見たことないので本当かどうか分かりません。

 追記:Jul 22, 2003
 滋賀県の松本徹さんからお便りをいただきました。
 菓子に使う材料,つまり米粉,小麦粉,葛粉など基本的に使う素材の品質が悪いと
もちろん良いお菓子は出来ない訳ですが,そんな素材でも胡麻を入れることによって
風味が改善され美味しく感じることから「胡麻菓子」転じて「誤魔化す」となったようです。

飢饉の多かった東北地方に「南部せんべい」という小麦せんべいがありますが,
もともとは やはり素材が良くなく「胡麻」や「落花生」を混ぜ込んで風味を良くしていたようです。
菓子と いえどもある意味で 保存食であり,灰質,ビタミン,脂質のバランスを保つ意味も
あったようです。
飢饉の時でも色々工夫していたということですね。
 もちろん,今はそんな悪い素材を 使うことはありませんが,
 胡麻の風味や 優れた滋養は菓子にも 頂きたいものです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

《センニチコウ・千日紅》  今日から「お盆」ですね。

2022年08月13日 | ある出来事

≪センニチコウ・千日紅≫ ヒユ科 熱帯アメリカ原産 
          和名「センニチコウ」は、花期が長いことに ちなむ。
          「サルスベリ・百日紅」と比較して 名づけられたそうです。
       

 

今日から お盆ですね。
当家の菩提寺は、東京都新宿区 に ありますので 本来ですと 7月が 新盆と なります。
7月10日が 納骨日 ・・・なんだか慌ただしかったので 、旧盆で お迎えしようと 思っています。
ご先祖様、来てくれるかしら?
お盆の飾りと言えば「精霊馬(しょうりょううま)」でしょうか。
初めて 作って見ました。

次男が  相続の手続きを兼ねて (一人で)昨日から お泊まりで来ています。
でも 台風の予報が あり、今日は 早めに 帰ると言っていますので、
朝、皆で (ほうろく)で おがらを 焚いて 仏様  お迎え したいと思っています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

≪ケイトウ・鶏頭≫

2022年08月12日 | 花 木 草

団地の花壇で 白い「ノゲイトウ」セロシア 見かけました。

≪ケイトウ・鶏頭≫ ヒユ科 熱帯アジア原産   
         名前の由来:花が鶏のトサカ状にみえるので

散歩道で見かけた《ケイトウ・鶏頭》色々です。
      

      

 

去年 2021-09-03 アップ済 「ケイトウの種類」 再度アップさせて頂きます。

 

     

ケイトウの種類は 大きく分けると四種類とか。
「ウモウケイトウ」丸くて小ぶり。
「クルメケイトウ」 炎のような形。
「トサカケイトウ」鶏のトサカの形。
「ノゲイトウ」 ツンツンした花。

こちらの4つの画像と 説明文は Web「hanaLabo net」より  コピーさせて頂きました。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

≪ルドベキア・タカオ≫ 

2022年08月11日 | 花 木 草

≪ルドベキア・タカオ≫ キク科  北アメリカ原産
「ルドベキア」の仲間では、花は 3cm位 と 小さいですね。

 

 

≪ルドベキア≫ キク科  別名:マツカサギク(松笠菊)、コーンフラワー 北マメリカ原産
名前の由来:スウェーデンの植物学者「ルドベック」の名に ちなむ。  
      10cm位もある大きな花。

比較対象がないので、さほど 大きく見えませんが  かなり大きな花です。
(既に アップ済み)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「セミの抜け殻」

2022年08月10日 | 野鳥

自然観察公園で「セミの抜け殻」を 見かけました。
例年より、少ないように 感じます。
「セミ」の一生(幼虫7年+成虫7日)は、 土の中で 幼虫期を 7年~10年も過ごし、地上に 出てからは
羽化を終えて ようやく、成虫となり 数日かかって 鳴くことが 出来るようになるそうです。
そして 子孫を残し たった 7日~10日しか 生きられないとか・・・ 
蝉の声に 頑張って! 🙋‍♀️   蝉さんに 応援したくなりました。。。。

アップ済み、庭で 見かけた「蝉の抜け殻」と 鳴いていた「 蝉」です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

≪ガマの穂≫

2022年08月09日 | 花 木 草

初めて見たときは、「フランクフルト ソーセージ」を連想しました。

自然観察公園で≪ガマの穂≫を 見かけました。  ガマ科  別名:御簾草(ミスグサ)
別名の「ミスグサ」は,葉や茎から「すだれ」や「むしろ」を 作ったことによります
『 秋に 綿を ほぐしたように ほころび,風に吹かれて 綿毛のついた種を飛ばします。
因幡の白兎(いなばの しろうさぎ)が 「蒲の穂に くるまりなさい」 と大黒様に 教えられたのは,
この「綿のようになった」頃の 蒲の穂でしょうか。。』 植物園へようこそ  より 

アップ済み「ガマの穂」

秋になったら、この穂から 白い綿のような 「種」が 出来ます。その頃 又・・・ 

自然観察公園では、「シオカラトンボ」が 飛んでいました。
10年前くらいは もっと 多くの トンボ達 を見られたように 記憶しています。
暑いから でしょうか?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

《クララ》

2022年08月08日 | 花 木 草

     
自然観察公園で≪クララ≫実が付いてきました。 マメ科
名前の由来: 眩草(くららくさ)が 略された。
     「根を咬むと 目が くらむほど 苦い」 ことによるそうです。

薬用にも される草ですが、有毒とか (毒にも 薬にも なるのですね)
    

 

アップ済「クララの花」 自然観察公園で 春頃 咲いていた花。
    

    

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

《クレオメ》

2022年08月07日 | 花 木 草

「クレオメ」散歩道で 見かけました。
夕方から 咲き始めるそうです。確かに、夕方が 花が きれいです。

英名:「スパイダーフラワー」
雄しべ と 雌しべ が 花の外に長く突き出している姿がクモの足のように見えることに由来。

中央部の なんとも 不思議な形に 見とれました。

≪セイヨウ フウチョウソウ ・ 西洋風蝶草≫ フウチョウソウ科  熱帯アメリカ原産  別名:クレオメ     
名前の由来: 花弁が 「蝶」の様に見えるので。    
花期:7月~10月  花は夕方 開き、翌日には散ってしまうが、次々に咲く。         
花は4枚の花弁 それぞれに 長い花柄があって離れているように見え、
雄しべ雌しべが 長く、花から突き出している。

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

≪ハゲイトウ・葉鶏頭≫

2022年08月06日 | 花 木 草

散歩道で見かけた≪ハゲイトウ≫です。

別名:ガンライコウ(雁来紅),ニシキゲイトウ(錦鶏頭)
「ハゲイトウ」は赤,黄,緑,白に色づく葉を鑑賞するものです。
別名:ガンライコウ(雁来紅)
     雁の渡ってくる頃に色づくということですが,
     夏の中頃から晩秋にかけてきれいな姿を見せてくれます。
     ハゲイトウの花は茎の脇に群れてつきますが,目立ちません。』 「植物園へようこそ」より


アップ済「ハゲイトウ・葉鶏頭」

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

≪クサギ≫

2022年08月05日 | 花 木 草

自然観察公園で咲いていた ≪クサギ≫の花です。 
クマツヅラ科   花は良い香りがします。
名前の由来 : 枝を折ったり 傷つけたりすると 独特の臭気(薬品の様な臭)がする為。
 

秋になると 宝石の様な 実をつけます。
アップ済「クサギの実」去年 9月頃
           

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする