手助けサークル。家造りを自力でやりたい。 ちょっとしたアドバイスと助力を得て、 自分の家を持つ。

ミッドセンチュリーに生まれた世代が、次のステップを
見据えて“終の棲家”を作る。ミステリアスな家が
できるか?

60センチの驚異

2010-06-27 | 家造り
四つのブロックを組み合わせた住宅・・・
一辺が3メートルのキューブでは確保できなかった空間も
60センチ増やしただけで、こんなにゆったりとした空間になった。

                  


                  最小ハウス19


間取りは変えていない。

それぞれ、4つのブロックは8帖の大きさ。
この大きさが、空間の最小単位か?

寝室・・・
8帖の空間内に、クロゼットまで納まった。
リビング側から使う必要は無い。
寝室の独自性が一段と高まる。

水周りも充実した。
洗面化粧台の自立・・・?
トイレ側から兼用しなくても良い。
トイレ内には小型手洗いがある。
おまけに洗濯機を置くスペースも確保できた。

二つを足した空間・・・16帖はプライベートゾーンとしては充分だろう。

キッチンにセットした流し台の幅は240センチ。
料理らしいことができる幅まで広がった。
間取りの上方に書いたのは、配膳台と食器収納。幅は240センチあるので充分な大きさ。
厨房家電を置くスペースも充実した。

食卓をこの空間にセットしたので、8帖のリビングは独立。
リビング・ダイニングの空間を足すと、16帖。
16坪の住宅では、贅沢な空間になっている。

3m四方のキューブのとき、住宅の面積は10坪。
3メートルを3.6メートルに増やしただけで・・・この豊かさ。
しかし・・・その住宅の大きさは、16坪になった。

6割アップの結果とすれば、充分想像できる結末。
600万でできた住宅が、960万になった。
360万の増額を高いとするか・・・
車1台の金額と考えれば・・・空間の豊かさに投資しよう。




コメント