手助けサークル。家造りを自力でやりたい。 ちょっとしたアドバイスと助力を得て、 自分の家を持つ。

ミッドセンチュリーに生まれた世代が、次のステップを
見据えて“終の棲家”を作る。ミステリアスな家が
できるか?

カバ材の彩色・・淡彩ブラウン色仕上げ

2019-12-08 | 建材
まず仕上り画像から・・



カバ材は材質が硬く、
素地着色材に
顔料着色剤のみを使用すると、
木肌部分が着色しにくい傾向があるため、
染料と顔料を混入した
目止め着色剤で、
適度な木肌着色と、
道管着色を同時に行う。

下塗後、
スプレーで補色着色を行い、
均一に整えてから、
上塗りを施す。

全体的な均一感を主体とした、
仕上げ方法である。

コメント

ダケカンバ(岳樺)・・

2019-12-07 | 建材
カバノキ科の落葉広葉樹。

樹高15~20m
幹径40~60㎝

別名はダケカバ、エゾノダケカンバ、ソウシカンバ。

それでは板目板の画像を。



産地は北海道、北中部の本州、四国の高山地帯。
標高の高い場所では、シラカンバと混生する。

全体に淡い黄白色を呈しており、
辺心材の境界は不明瞭。

木理は通直。

肌目も緻密。

やや重硬で、
強靭な割に加工性は比較的良い。

材質的には、
同属のマカンバやミズメに劣る。

耐朽性は小。

用途は床材、敷居、造作材、家具、器具、曲木細工、彫刻など。
コメント

真樺の柾目・板目板

2019-12-01 | 建材
まずは画像から・・



辺材は白色~淡い桃灰色。

心材は淡い赤褐色~褐色で、
辺心材の境目は明瞭。

木理はほぼ通直。

肌目も緻密な為、
ヤマザクラの代替材として、
使われることが多い。

重硬で強靭だが、
加工性は比較的良い。

但し、耐朽性に劣るので要注意!

用途は床材、内部造作材、家具、化粧用単板、合板、器具など。
コメント

真樺(まかんば)・・前回までは広葉樹のうちの還孔材。今回からは散孔材。

2019-11-30 | 建材
真樺はカバノキ科。
別名マカバ、ウダイカンバ、サイハダカンバ。

まずは画像から・・



分布は北海道と中部以北の本州。
日本の北半分・・

樹形は卵形。

樹皮は灰白色でほぼ平滑。
紙状に横に剥がれ、
横長の皮目をもつ。

葉は長さ7~14㎝の広卵形で、
長枝では互生し、
短枝では二個束生する。

葉の先は鋭く尖り、
葉縁には不斉な鋸歯がある。

黄褐色の雄花序は
長さ約15㎝の円筒形。

淡い緑色の長さ約6㎝の雌花序も円筒形で、
熟すと堅果を多数つけた果穂となる。

樹高20~30m
幹径60~80㎝
花期5月
熟期10月
コメント

ケンポナシ

2019-11-24 | 建材
クロウメモドキ科の落葉広葉樹。

樹高10~20m
幹径30~80㎝

板目板の画像を。


産地は北海道、本州、四国、九州中部。

辺材は黄白色。

心材は黄褐色を呈しており、
辺心材の境目はやや不明瞭。

木理はやや交錯し、
肌目もやや粗いが
材質が欅に似ており、
特に杢目が美しい。

やや重硬だが、
加工性は比較的良く、
乾燥による狂いも少ない。

耐朽性は中程度。

用途は床柱、床板、落とし掛け、造作材、装飾材、化粧用単板、家具、器具など。
コメント

センダン(栴檀)・・漢字で書くと、このような・・

2019-11-23 | 建材
センダン科の落葉広葉樹。
樹高15~30m
幹径60~110㎝
とても大きな木だ。

別名アウチ。

それでは・・センダンの板目板の画像を。



産地は東海以西の本州、四国、九州、沖縄。

辺材は黄白色。

心材は淡い黄褐色で、
辺心材の境目はやや不明瞭。

木理はやや交錯~交錯し、
肌目もやや粗~粗。

やや重硬で強度も高いが、
加工性は比較的良い。

耐朽性は中程度。

用途は板材、造作材、装飾材、家具、器具、楽器、寄木、桶など。

ケヤキやキリの模擬材として、
使われることもある。

コメント

犬槐(いぬえんじゅ)・・マメ科の落葉樹

2019-11-17 | 建材
別名は、クロエンジュ、ヤマエンジュ。
マメ科の落葉樹で、
樹高10~15m
幹径40~70㎝

それでは板目板の画像を


産地は北海道、本州、四国、九州、朝鮮、台湾、中国大陸。

辺材は淡い黄白色。

心材は暗黄褐色を呈し、
時に淡色の縞模様が現れる。

肌目は粗く、
木理も交錯しているが、
磨くと美しい光沢が得られる。

やや重硬な為、
加工性(特に切削)に、やや難がある。

表面の仕上げは良好。

靭性・弾力性に富み、
割れにくく、
保存性・耐朽性も大。

用途は板材、床柱、家具、器具など。
コメント

小楢(こなら)・・・ブナ科国産広葉樹

2019-11-16 | 建材
小楢の別名は、ハハソ、イシナラ。
聞きなれない名前だ。

まずは追柾目板の画像を。


産地は北海道南部、本州、四国、九州。

ブナ科の落葉樹で、
樹高 15~20m
幹径 50~70㎝

辺材は淡い黄褐色。

心材は淡い灰褐色を呈し、
辺心材の境目はやや不明瞭。

木理はやや交錯し、
肌目も粗い。

ミズナラと同様、
重硬な為やや強靭。

強度も高いが、
切削や表面仕上げに、
やや難がある。

乾燥時に伸縮、
反張しやすいので、
注意が必要。

保存性・耐朽性は中程度。

用途は床材、家具、器具、運動具、杭など。
コメント

キハダ板目板

2019-11-10 | 建材
板目板の画像から。



辺材は淡い黄白色。

心材は緑色を帯びた
黄褐色を呈しており、
辺心材の境目は明瞭。

肌目はやや粗いが、
木理は通直で、
独特の光沢を有している。

やや重硬ながら、
加工性は比較的よく、
表面の仕上がりも良好。

耐朽性は小~中程度だが、
水湿に強い。

用途は造作材、床柱、床板、装飾材、家具、器具など。
コメント

キハダ(黄蘗)・・・読めない?字

2019-11-09 | 建材
ミカン科の落葉広葉樹。

別名ヒロノハキハダ、キワダ、オオバク。

木の画像は・・


分布は北海道、本州、四国、九州、中国大陸。

樹形は広卵形。

樹皮は淡い黄灰色で、
縦に深く裂ける。

葉は5~13個の小葉をもつ奇数羽状複葉で、
対生する。

小葉は長さ5~10㎝の狭卵形で、
葉縁はほぼ全縁。

枝先から円錐花序を出し、
黄緑色の小花を多数つける。

核果は直径約㎝の球形で、
黒色に熟す。

樹高20~25m
幹径90~100㎝
花期5~6月
熟期10~11月
コメント

シイの木の板目板

2019-11-03 | 建材
まず板目板の画像。



辺材は黄色味を帯びた灰白色。

心材は黄褐色で、
辺心材の境界は不明瞭。

木理は交錯し、
肌目も粗い。

重硬だが加工性は比較的良い。

ただし、乾燥時に狂いが出やすいので、
注意が必要。

耐朽性小~中程度。

用途は構造材、屋根材、下地材、床柱、家具、
   フローリング、器具、細工物、彫刻など。
コメント

椎(しい)・・国産広葉樹

2019-11-02 | 建材
別名スタジイ、イタシイ。

木の画像を・・


分布は本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮。

樹形は球形。

樹皮は黒褐色で、
縦に深く裂ける。

葉は長さ6~15㎝の広楕円形で、
互生する。

厚い皮質で、
葉の先が鋭く尖り、
葉縁に波状の鋸歯をもつ。

雄花序は淡い黄色、
雌花序は黄緑色で、
それぞれ葉の脇に付く。

堅果は長さ15~18㎜の円錐状卵形で、
黒褐色に熟す。

樹高20~30m
幹径60~100㎝
花期5~6月
熟期翌年9~10月

コメント

槐の板目板

2019-10-27 | 建材
まずは画像を


辺心材の境界は明瞭で、
辺材は黄白色、
心材は暗褐色を呈している。

木理は交錯し、
肌目も粗いが、
磨くと杢目がくっきり現れ、
光沢も増す。

重硬な為、
加工性にやや難はあるが、
靭性が高く、
耐朽性も大きい。

用途は床柱、家具、器具、細工物、彫刻など。

コメント

槐(えんじゅ)・・難しい字だ!

2019-10-26 | 建材
マメ科で別名エニシ、キブシ。
それでは・・木の画像を



分布は北海道、本州、四国、九州、・・但し中国大陸原産。

樹形は横楕円形。

樹皮は灰色で、
縦に割れ目が入る。

葉は9~15個の小葉をもつ
奇数葉状複葉で互生し、
小葉は長さ2~5㎝の卵形~狭卵形。

小枝の先に複総状花序を出し、
長さ1~1.5㎝の淡い黄白色の蝶形花を
多数つける。

豆果は長さ4~7㎝の数珠状にくびれている。

樹高10~20m
幹径50~70㎝
花期7~8月
熟期9~10月
コメント

山桑(ヤマクワ)板目板

2019-10-20 | 建材
まずは画像を・・



辺材は淡い黄白色。

心材は暗黄褐色で、
時間の経過とともに、
濃暗褐色(飴色)に変化する。

木理は交差し、
肌目も粗いが、
独特の金色の光沢をもち、
時に玉杢、如鱗杢などの杢目が現れる。

重硬なため、
加工性に難があるが、
耐朽性は極めて大きい。

用途は造作材、装飾材、家具、器具など。
コメント