Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

「政教分離」に反した神社の「憲法改正推進署名」

2016-01-04 | Weblog
初詣に寄るという人に付き添うように神社に行くと、いきなり社殿にチラシが置いてあった。

………………

東京都神社庁
誇りある日本を目指して「憲法改正を推進します」

憲法の内容を見直しましょう 賛同署名のお願い

憲法の良いところは守り、相応しくなくなった所は改め、
憲法の前文に日本らしさを表現し、美しい国土を守り、
家族が心豊かに生活できる社会をつくりましょう

誇りある日本と子供たちの未来のために……

………………

署名を求めるチラシで、署名については「本人の了承があれば代筆も構わない」という。
ネットで調べると、「東京都神社庁」は次のような「宣言」も出している

………………

憲法改正運動を推進する宣言
東京都神社関係者大会(平成27年11月14日於明治神宮会館)で採択した宣言です。
 日本国憲法は、昭和21年、敗戦後、占額下で制定されたものである。我が国民は一致協力の下に、戦後の復興と経済の発展を成し遂げ、現在国際社会において大きな信頼を得る国へと発展させた。
 しかし、憲法が制定されて以来69年を経た今日、国を取り巻く国際環境は激変している。現在の憲法が将来に亘って自国の繁栄と安全を確保し、以て国際社会の発展に寄与する内容のものであるのかを見つめ直すことが必要と思われるに至った。
 このような中にあって、国民の声により「美しい日本の憲法をつくる国民の会」が、昨年10月に神社本庁参画のもと設立された。東京都神社庁においても「美しい日本の憲法をつくる東京都民の会」を主体として、憲法改正論の喚起と、憲法改正を実現する1000万人賛同者拡大運動を展開することとなった。
 この秋(とき)にあたり、神社界では積年の課題である、現憲法の制定時に失われた日本国としての普遍的な意志と、建国以来守り受け継いで来た伝統精神を憲法に取り戻し「誇りある日本をめざして」との信念のもと、憲法改正の運動に取り組むこととなった。東京都神社総代会としても、国の根幹である憲法に、正しい国民精神が涵養される麗しい日本の国柄が、活かされることを強く希望するものである。
 よって本日、東京都神社関係者大会にあたり、東京都神社総代会は東京都神社庁と共に、憲法改正の本運動推進に取り組むことを総意として採択し、茲に宣言するものである。

 平成27年10月14日 東京都神社総代会 東京都神社庁は誇りある日本を目指して、憲法改正を推進します。   東京都神社庁

………………

札幌では、北海道神宮の本殿の前に日本会議「美しい日本憲法~」の名簿が設置されていたという。

そもそも、「誇りある日本」「日本らしさ」「日本国としての普遍的な意志」「建国以来守り受け継いで来た伝統精神」「正しい国民精神」を言うことは、私の考える「政教分離」に反している。
日本に信教の自由はある。しかし同時に、国家といかなる宗教との結びつきをも排除するため、政教分離規定が設けられている、それが「国の側からの働き掛け」のみが該当するというわけではなく、「国家を肩代わり」する抑圧的主観をその宗教団体が言い出すときには、よろしくない、と私は個人的に理解する。
「国際環境の変化」を恣意的に国家寄りに解釈するような「宗教」を、自立した存在とは思えないのだ。
私的には「違憲」である。だめです。
コメント