飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

◉消費税10%時代 2019.10.4 ウィークエンドニュース デモクラシータイムス

2019年10月04日 22時44分35秒 | ●YAMACHANの雑記帳

消費税10%時代 2019.10.4 ウィークエンドニュース デモクラシータイムス

チャンネル登録者数 2万人
 
登録済み
11月のスポンサー交流会 申込フォーム https://forms.gle/fPKP2DoBa7ZGptsa9 出演者 荻原博子(経済ジャーナリスト) 、金子 勝(立教大学特任教授)、斎藤貴男(作家、ジャーナリスト) 司会 鈴木 耕(編集者・ライター)
コメント

【Live】れいわ新選組代表山本太郎 記者会見 2019年10月4日

2019年10月04日 14時34分22秒 | ●YAMACHANの雑記帳

【Live】れいわ新選組代表山本太郎 記者会見 2019年10月4日

チャンネル登録者数 4.59万人
 
 
コメント

◉関電利権 全容究明へ全力 ガンバレ!!!

2019年10月04日 13時49分52秒 | ●YAMACHANの雑記帳

関電利権 全容究明へ全力

 
チャンネル登録者数 2.89万人
登録済み
2019.10.3 笠井政策委員長会見・藤野議員同席  共産党チーム初会合
・・・・・期待してますよ♪・・・・・
コメント

◉稲田朋美に流れた原発マネーは関電“裏金”元助役の関連会社だけじゃない!

2019年10月04日 12時31分08秒 | ●YAMACHANの雑記帳

リテラ > スキャンダル > 不祥事・トラブル > 稲田朋美の原発マネーは関電“裏金”元助役関連会社だけじゃない

稲田朋美に流れた原発マネーは関電“裏金”元助役の関連会社だけじゃない! 電力会社や電事連、日本原電もパーティ券購入

稲田朋美に流れた原発マネーは関電裏金元助役の関連会社だけじゃない! 電力会社や電事連、日本原電もパーティ券購入の画像1

稲田朋美公式サイト

 原発マネー還流問題が、安倍政権にも飛び火か──。関西電力の役員ら20人に約3億2000万円分の金品を渡していた福井県高浜町の元助役・森山栄治氏(故人)だが、森山氏の人脈として自民党稲田朋美・元防衛相(現・党幹事長代行)の名前が飛び出したからだ。

 森山氏は原発関連の業務を受注する複数の会社の経営にかかわっていたが、そのひとつに森山氏が取締役を務め筆頭株主だった警備会社のオーイング社がある。オーイング社は高浜原発の警備などをおこなっていたが、2007年には売上が5億円あまりだったのが2018年には約10倍の51億円にものぼっており、関電からの受注によって売り上げを伸ばしたとみられている。

そして、今回問題になっているのは、このオーイング社と、その関連会社であるアイビックス社。稲田氏が代表を務める「自民党福井県第一選挙区支部」の政治資金収支報告書などによれば、オーイング社は2011〜2013年にそれぞれ12万円、アイビックス社も同期間にそれぞれ36万円の献金をおこなっていたのだ。

 つまり、森山氏の“原発マネー”が稲田氏にも流れていたのである。

 それだけではない。なんとアイビックス社の吉田敏貢会長は、稲田氏の後援会連合会の会長だった人物なのだ。実際、稲田氏のブログでは、2014年8月29日付で同月24日に後援会の会長会議が開催されたことを報告しているのだが、そこにはこう書かれていた。

〈初当選以来、後援会の先頭に立ち、私の政治活動を支えて下さった、吉田敏貢連合会長が退任されました。今後とも八木誠一郎新連合会長のもと後援会の皆様と共に、伝統と創造を旗印に福井の為、日本の為に頑張って参ります。〉

 じつは、2日におこなわれた関電の記者会見でも稲田氏の名前がすでに登場していた。関電が公表した調査報告書には〈森山氏は、高浜町、福井県庁、福井県議会および国会議員に広い人脈を有して〉いたと書かれていたのだが、この国会議員というのが稲田氏なのではないかという質問が飛んだのだ。

 これに対し、岩根茂樹・関電社長は「固有名詞までは確認していない」とお茶を濁したが、そんなはずはないだろう。なにせ稲田氏は福井県選出であり、しかも安倍首相が一本釣りして寵愛してきた“ポスト安倍”と言われてきた有力議員だからだ。

 しかも、稲田氏に流れていた“原発マネー”は、森山氏周辺からだけではない。関電もまた、稲田氏に“原発マネー”を流しているからだ。

 というのも、昨年11月に公表された稲田氏の資金管理団体「ともみ組」の2017年分政治資金収支報告書には、関電および関電の関連会社の名前が出てくるのだ。

 ご存知のとおり、稲田氏は自衛隊の日報隠蔽問題によって2017年7月28日に防衛相を辞任したが、当時、都議選応援演説での問題発言や災害対応中に防衛省を不在にした問題などで大きな批判を浴びていたためか同月7日に予定していた政治資金パーティの開催を中止、パーティ券を購入した団体・個人に返金をおこなっている。パーティ券の場合、購入額が20万円を超えなければ名前などを記載する必要はないが、返金したために1万円以上の購入者の名前などが政治資金収支報告書に記載される結果になったのだ。

 そして、それによって関西電力が20万円、関電のグループ会社であるきんでんとかんでんエンジニアリングがそれぞれ10万円ずつ、関電全額出資子会社の関電不動産開発が10万円のパーティ券を購入していたことがわかったのである。

 しかも、驚いたことに、このパーティ券購入者への返金リストには、関電関連のみならず、電力会社の名前がずらりと並んでいるのだ。

コメント

◉『消費税増税絶対反対!大軍拡予算反対!韓国敵視を煽るな!改憲発議許すな!辺野古新基地建設は断念を!10・4臨時国会開会日行動』 #1004議員会館前行動

2019年10月04日 12時19分21秒 | ●YAMACHANの雑記帳

『消費税増税絶対反対!大軍拡予算反対!韓国敵視を煽るな!改憲発議許すな!辺野古新基地建設は断念を!10・4臨時国会開会日行動』 #1004議員会館前行動 #NO

チャンネル登録者数 1.08万人
赤旗2019年10月4日(金)
コメント