飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

遺憾の意を表明 国会審議活性化案の対応について小沢幹事長

2009年11月30日 21時46分58秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://www.dpj.or.jp/news/?num=17367
小沢一郎幹事長は、30日夕の定例記者会見で、今臨時国会での成立を目指していた国会審議活性化案及び自民党の国会対応についてコメントした。
 国会審議活性化案について与党3党幹事長会談で提案した際、国民新党からはその場で賛同を得、法案担当の海江田万里衆議院議員との意見交換をして連携を強めていたが、社民党からは本日まで賛否は別とし、全く返答がない状況にある点に言及。小沢幹事長は「代表に就任して以来、参院選、衆院選を担当し、その間、非自民・反自民のみんなの力を合わせて政権交代を目指し、特に社民党には選挙区の割り当て等、色々な面で積極的に協力してきたが、梨のつぶてというのは非常に残念に思う」と、遺憾の意を表明。同時に、国会審議活性化案については、来期の国会で審議する意向も示した。
 また、国会の延長については、十分な国会審議を求める声もあるが、「国民みなさんも、まずは景気対策という気持ちの方が強いのではないか。そこに十分応えるような具体的な結果を政権与党として出していく」と述べ、年末の予算編成を控えているため限定的な日程にならざるを得ないとの見解を語った。
 最後に、自民党の国会審議欠席については「郵政株式売却凍結法案で党が乱れそうだから審議に出ないというのは、筋道の通った理由にはならない」と指摘し、「我々としては、マニフェストの一つとして国民に約束したことなので、今週中に成立させたい」と述べた。
30日17:00頃より行われた小沢一郎幹事長の記者会見の模様を、以下のURLで配信しています。
<ビデオ>
 300k
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20091130ozawa_v300.asx
 56k
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20091130ozawa_v56.asx
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
めずらしく、社民党の対応に遺憾の意を表明しているな~・・・(^^)。
辻元さん福島さん!普天間問題を体当たりで小沢さんに助け舟を求めよ(^^)。
コメント

亀井静香VS竹中平蔵 平蔵の負け~・・(^o^)

2009年11月29日 21時01分29秒 | ●YAMACHANの雑記帳


http://henrryd6.blog24.fc2.com/blog-entry-765.html
ヘンリーオーツさんのブログから拾いました。
何だか、、、お体の具合が良くないような・・・・・
無理をなさらないで下さいませ。
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
コメント

怯むな!公益法人徹底見直し>>民主党

2009年11月29日 12時41分31秒 | ●YAMACHANの雑記帳
解散含め徹底見直し 政府系法人 年明けから期限は明示せず
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009112902000095.html
政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が三十日の会合で決定する「政府関連公益法人の徹底見直し案」が二十八日、明らかになった。二十七日まで実施した事業仕分けの結果、官僚OBが天下っている公益法人が補助金交付などに不必要に関与する「ピンハネ」構造が明らかになったことを受け、解散に至らせることも含め年明けから事業見直しに着手するとしている。
 見直し案によると、国家公務員出身者が役員や職員に在籍する政府関連公益法人については、見直しの結果、事業を廃止、縮小すべきだと判断した場合、国からの支出や権限の付与を止める。国からの支出で積み上がった基金の国庫返納措置も速やかに講じる。
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
 刷新会議は、前回会合で天下りの温床とされる独立行政法人の抜本改革に乗り出す方針も決定しており、来年からは民主党がマニフェストで掲げた「税金の無駄遣いと天下り根絶」の実現に向け、本格稼働する構えだ。
 ただ、見直し案には、結論までの期限は明示されておらず、府省側の抵抗によっては骨抜きにされる可能性もありそうだ。
 見直し案は「政府関連公益法人と行政の関係に対する国民の視線は厳しい」と指摘。その上で具体的な見直し作業は所管府省が進めるとした。支出や権限の付与を継続して行う場合には、政府はその理由を公表するなど「透明化」に向けた条件整備を実施するとしている。

◆仕分け受け指針 刷新会議あす会合
 行政刷新会議は三十日夜、官邸で第四回会合を開催し、九日間にわたる事業仕分けの結果を踏まえ、十二月の二〇一〇年度予算編成に向けた指針をまとめる。 

 仕分け結果については、基本的に予算編成に反映させるよう求めるとみられるが、厳しい判定が続いた科学技術分野などで関係者の反発は根強く、科学技術担当相を兼務する菅直人副総理兼国家戦略担当相らが異論を唱える可能性もある。

 財務省は「決定に沿って予算をつくる」(藤井裕久財務相)と仕分け結果をてこに削減を図る方針だが、「廃止」「予算半減」など厳しい判定を突きつけられた府省は“復活”を狙う構えで、激しい綱引きが展開されそうだ。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今朝のサンプロ見てて感じたことを書きマッス。
*朝日新聞の星浩やサンプロの田原の鳩山・小沢批判にある薄汚い裏を読み、決して政権を投げ出すなよ!
全マスゴミが、どうして基地外みたいに斉藤次郎の日本郵政社長就任に反対するのか?常軌を逸している。(^o^)
コメント (4)   トラックバック (1)

格安スパコン3800万円(^^)

2009年11月27日 15時54分02秒 | ●YAMACHANの雑記帳
東京サバイバル情報  ☆一時避難せよ☆
http://yaplog.jp/ichijihinan/archive/593

http://mainichi.jp/seibu/news/20091127sog00m040008000c.html

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2009/11/post-0976.html
渦中の「スパコン」開発予算削減の仕分け人は、“スパコンの申し子”
 本紙が11月24日、「事業仕分けーー蓮舫参院議員らの『スパコン』開発予算削減は当然」なるタイトル記事を載せたところ、読者から「恥をかくから撤回した方がいい」旨のメールが届いた。昨日、全国紙一面をカラーで飾ったノーベル学者らの緊急声明の記事を見ると、確かにそんな気もして来る。しかし、スパコンの開発予算(268億円)削減を言い出したのは、その分野にド素人の蓮舫参院議員ではない。仕分け人の第3グループに所属している金田康正・東京大学大学院教授。この金田氏、国産スパコンを使って20年以上、円周率計算の世界記録を塗り替えてきた、いわば “スパコンの申し子”といってもいい専門家中の専門家なのだ。では、なぜ、予算削減なのか? 簡単に言い切ってしまえば、ここでいうスパコン(いわゆる「京速計算機」)は、もう技術的にはある水準に到達しており、後はカネと手間を掛ければ世界一のものを誕生させれるが、それは国威発揚にはなっても、採算的には合わないし、科学技術に役立てるのが第一の目的なら、何も独自開発のスパコンでなければならない必然性もないからだ。

と、言うことだ。(^^)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へにほんブログ村にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
コメント   トラックバック (2)

沖縄県民は、こんな知事を支持するのか!

2009年11月27日 09時46分22秒 | ●YAMACHANの雑記帳
ビックリしました。↓
http://www.asahi.com/politics/update/1127/TKY200911260465.html
沖縄知事、辺野古容認へ条件 沖合修正と基地機能分散
沖縄県の仲井真弘多知事は26日、朝日新聞の単独インタビューに応じ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設受け入れには、移設先の滑走路の位置を現計画より沖合にずらすことに加え、「移設工事が完了するまでの間、普天間の基地機能を他の基地に分散移転することが必要」との考えを明らかにした。
 外務、防衛両省は、鳩山由紀夫首相が日米で合意した普天間の辺野古移設を容認した場合に備え、沖縄の新たな負担軽減策の検討に入っている。両省は今後、仲井真知事が明示した条件を踏まえ、米側との交渉を加速させることになるとみられる。
 沖縄県によると、普天間には現在、ヘリや輸送機など約50機が常駐し、年間の騒音発生回数は約2万回にのぼっている。
 仲井真知事はインタビューで、普天間基地の周囲には住宅地が密集し、危険性の除去が急務と指摘し、辺野古移設が決まった場合でも、建設作業を進める間、普天間でのヘリコプターなどの離着陸回数を減らす必要があると強調。「(普天間での)オペレーションレベルをぐっと落とし、(基地機能を)分散すればいい。(事故の)危険性の確率は落ちる」と述べた。
 さらに移設先の環境影響評価(アセスメント)の中間報告に対する知事意見で改善を求めた300項目を説明。そのうえで周辺地域の騒音軽減や危険性除去などのため「もっと海に出しなさい」と述べ、滑走路をより沖合に修正することを受け入れ条件に挙げた。
 仲井真知事はこれらの条件が満たされなければ、移設先の建設予定海域の「埋め立て承認も、そう簡単には出せない」と述べ、鳩山由紀夫首相が結論を出す際には県側と事前に協議するよう求めた。
http://henoko.ti-da.net/
何のために反対してきたのだ。(喝)
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
コメント   トラックバック (1)