飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

民主党岐阜4区総支部長今井雅人始動!

2008年11月29日 10時04分38秒 | ●YAMACHANの雑記帳
今日は、3時から小沢代表と麻生さんの党首討論ということで日課の露天風呂にも行ってテレビの前に座ろうとしていたら今井氏と地協のT氏が挨拶にみえた。

11月の解散予定が金融危機を名分に来春に間延びしちゃつて慌てて4区に内定した今井氏にとってはじっくりと準備できるという訳だろう。(^^)

ちょつと毛色の違ったFXのカリスマ候補を得てどこまでパジェロ金子に肉薄出来るか我々草の根民主党支持者の出番だ。

近々、辻立ち場に使うそうだ。

政権奪取を旗印に兎に角、マット今井氏の顔を岐阜4区に売り込もうぜ。
エイエイオー!!!
コメント (2)

激論!田母神問題と自衛隊(朝まで生テレビ)11/29

2008年11月28日 18時32分48秒 | ●YAMACHANの雑記帳
放送日:11月28日(金)25:20~28:20
       (11月29日午前 1:20~ 4:20)

http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

 田母神俊雄航空幕僚長(当時)の論文が物議を醸しており、参議院では参考人招致が行われました。現役航空自衛隊の最高幹部が政府見解に反する論文を発表したことから、シビリアンコントロールの形骸化を指摘し、戦前回帰を危惧する声もあります。果たして田母神氏のこの確信犯的言動の原点はどこにあるのでしょうか。また海上自衛隊の暴行事件疑惑、守屋事務次官の収賄罪による実刑判決、など不祥事が相次いでいます。
 そこで今回の「朝まで生テレビ!」では、田母神論文の問題提起とその内容の問題点とは?今自衛隊はどうなっているのか?自衛隊に対する理解と信頼をどうすれば回復できるのかを議論したいと思います。
司会: 田原 総一朗
進行: 長野 智子・渡辺 宜嗣(テレビ朝日アナウンサー)
パネリスト: 平沢 勝栄(自民党・衆議院議員)
浅尾 慶一郎(民主党・参議院議員)
井上 哲士(日本共産党・参議院議員)
辻元 清美(社民党・衆議院議員)

潮 匡人(元防衛庁三等空佐)
姜 尚中(東京大学大学院教授)
小森 陽一(東京大学大学院教授、「9条の会」事務局長)
沙音里(シンガーソングライター、元陸上自衛隊陸士長)
田岡 俊次(軍事評論家)
西尾 幹二(評論家)
花岡 信昭(ジャーナリスト)
水島 総(脚本家・映画監督、「日本文化チャンネル桜」代表)
森本 敏(拓殖大学海外事情研究所所長)
コメント   トラックバック (1)

明日の党首討論是非とも見ようね(^^)

2008年11月27日 17時39分26秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://www.dpj.or.jp/news/?num=14610
小沢一郎代表は27日午前、熊本県菊池郡菊陽町の後藤英友・熊本県第3区総支部長の事務所を訪問。スタッフらに対して日ごろの活動をねぎらうとともに、次期衆議院総選挙に向けてより一層の奮闘を求め、激励した。

 小沢代表は、事務所内で記者団の質問を受け、今回の熊本訪問について、熊本はどうしても1、2、3区で勝利しなければならないとして、総選挙におけるその意義を強調。「西の方は従来から民主党の基盤は弱い」と前置きしたうえで、しかし、熊本県をはじめとする多くの都道府県で自民党政治に対する不満、批判が広がり、参議院選挙では民主党議員が議席を獲得し、民主党の大躍進に繋がったとの見解を述べた。

 「この流れは次期衆議院選挙においても変わらないと思う」と続け、地方では特に、雇用の不安、就職難など国民生活は厳しくなっているとして、根本的に政治を変える必要があると強調。オバマ米国大統領の主張と同様に「この国の政治、行政の在り方をチェンジ、変えることによってのみしか回復の道はない。国民の皆さんと一緒に国民生活に目を向けた政治体制をつくりたい」と語った。

 小沢代表はまた、就任当初は解散するつもりだった麻生首相が、自民党の都合や金融危機、景気後退に遭遇し、景気対策を理由に解散・総選挙を先送りしたことに言及。そうであるならばなおさら、追加の経済対策の裏づけとなる第2次補正予算案の提出が欠かせないとの認識を示し、それを見送った政府・与党の姿勢を「国民への背信行為が明らかになった」と指弾した。

 そのうえで、麻生首相に対しては、自身の言葉通りに国民の皆さんのための経済対策の実行に向け、予算案を提出してほしいと重ねて要求。また、民主党としても経済対策案をとりまとめていることにも触れ、28日の開催が決まった党首討論において、国民の皆さんに民主党の政策との違いを示せるよう、もう一度麻生首相を質していく考えを述べた。
コメント (2)

一体、国民生活はどうなるのか!

2008年11月25日 18時38分37秒 | ●YAMACHANの雑記帳
日刊ゲンダイより:

麻生首相は狂っている。景気が底割れしているのに、景気対策の2次補正予算を来年に先送りするというのだ。倒産は激増し、ヘタしたら100万人規模の失業者が出る恐れもある。解散・総選挙から逃げて先送り、補正予算も出さず、民主党を攻撃するだけの政権党では年末から来年にかけて大変なことになるのは必至だ。なんだかんだと総理の椅子にしがみついていたいだけで、外交だ何だと海外に出かけてはいるが、国内では民主党を攻撃するか妄言を連発するばかり。自民党もマスコミも甘すぎる。こんなドジな首相をこのまま放置しておいていいのか。

http://gendai.net/

NHK影山解説委員を始末したいな~・・・あのうすらバカ・・(^^)
植草氏も気がついていたようだ。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-5b90.html
11月24日のNHK日曜討論では、インタビュアーの影山日出夫氏が小沢氏のイメージを悪化させようとするピントはずれの質問を執拗に繰り返した。
コメント

迷走首相へ

2008年11月25日 11時11分13秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://www.chunichi.co.jp/article/column/desk/CK2008112202000220.html
政府や自民党与党に迎合するマスコミが多い中、是々非々で遠慮なく批判もする
中日新聞の論説室に拍手を贈りたい。
*
麻生首相の失言と迷走が止まらない。もはや「おっちょこちょい」では片付けられないほど深刻だ。

 医師不足に絡んで「(医師は)社会的常識がかなり欠落している人が多い」と発言。一夜で撤回し、日本医師会長に頭を下げた。

 道路特定財源の地方配分などをめぐる発言でも、自民党内から猛反発され、軌道修正を余儀なくされた。「『交付金』を『交付税』と読み間違えたのだろう」と皮肉られる始末。

 だが、この一連の失態は「頻繁」を「はんざつ」、「踏襲」を「ふしゅう」と読んだ愛嬌(あいきょう)のたぐいとは全く違う。自身の認識の披歴であり、政策の中身にかかわる言及だからだ。

 迷走の極みは、例の「定額給付金」である。

 首相は当初「全世帯に」と明言しながら、バラマキ批判を浴びるや「豊かな所に出す必要はない」。二転三転した揚げ句、所得制限を自治体に丸投げした。

 総額2兆円もかけるというのに、まるで腰が据わっておらず、無責任極まりない。丸投げについても平然と「地方分権ですから」。失言どころか暴言だ。

 もともと生活支援か景気浮揚か目的があいまいで、効果もはなはだ怪しい。案の定、世論調査では6割の人が「評価しない」「不要な政策」と答えている。

 本紙にも読者の皆さんから意見が寄せられている。もちろん「素直に喜ぶべきだ」との声もあるが、心打たれるのはこんな訴えだ。

 「私たち高齢者が求めているのは、2万円ほどのお金より、医療や介護が安心して受けられることです」と66歳の女性。

 「年金暮らし」と言う男性は「生活は苦しい。でも2兆円は子どもたちの教育費や医療費に使って。子どもは国の宝だから」。

 この国の今と未来を、誰よりも見据えなくてはならないのは、麻生首相、あなたではないですか。
 (名古屋本社編集局長・加藤 幹敏)

コメント (1)