飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

高速の原則無料化は最大4年間で 前原国交相

2010年07月30日 15時06分30秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010073001000466.html
前原誠司国土交通相は30日の記者会見で、民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた高速道路の原則無料化について、2010年度から「最大4年間で行っていくということが衆院選の公約と理解いただきたい」と述べ、12年度に目標通りの原則無料化ができなくても公約違反にならないと反論した。
 政権公約には、10年度から段階的に高速道路の無料化を行い、12年度には1兆3千億円を投入するとの工程表が付いており、前原氏の発言はこの目標を事実上修正する内容。前原氏は、これまでも無料化など公約の目標を衆院任期の4年間で実現する工程表をつくるよう民主党に要請などしていた。
 前原氏は、政権公約について「お金があってもやらない、ないからできないということを工程管理して、公約はこう変更されたが、根本は変わっていないなどと説明することが必要だ」と強調した
*絶対に守って頂きたい。↑
前原国交相、両院総会より海老蔵披露宴
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20100730-659921.html
前原誠司国土交通相は30日の記者会見で、29日の民主党両院議員総会を欠席し、歌舞伎俳優の市川海老蔵とタレントの小林麻央の結婚披露宴に出席していたことを明らかにした。
 前原氏は「冠婚葬祭は人生の極めて大事なセレモニー。数カ月前に招待状が届いており、どちらを優先するかは政治家が判断する。(総会欠席に)批判があれば甘んじて受ける」と述べた。いい度胸だ!
批判はしないが高速無料化は、是非とも頼む(^^)。
田舎人は、1人で一台持っている。まさに足代わりなのだ。マスゴミや他の交通機関に邪魔されても絶対に成し遂げよ。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へにほんブログ村にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村
コメント (6)   トラックバック (1)

首相、代表選出馬を表明 参院選大敗で引責論噴出

2010年07月30日 00時34分11秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010072901000565.html
 菅直人首相(民主党代表)は29日、参院選大敗を総括する党両院議員総会で、9月の代表選に立候補する意向を表明、代表選後に枝野幸男幹事長ら現執行部体制の刷新に踏み切る考えも示した。ただ総会では、首相の消費税発言が敗因とした執行部総括案の報告を受け、首相や枝野氏らの辞任論が公然と噴出。党内最大の議員グループを率いる小沢一郎前幹事長は首相批判を強めており、代表再選―首相続投の道筋はまだ見えない。
 首相は、各議員から引責、けじめを迫る意見が相次いだのを受けて「代表選で、あらためて私自身の行動も含めて皆さんに判断いただくことが当然予定されているし、そうあるべきだと考えている」と述べ、代表選の場であらためて党の審判をあおぐ意向を説明した。
 枝野氏らの処遇に関しては「現在の執行部体制で少なくとも代表選までは対応させていただきたい」とした。再選されても大敗のけじめをつけるため、枝野氏を含む現執行部体制を一新する方針を示した発言だ。
 総会冒頭では「私の不用意な発言によって大変重い、厳しい選挙を強いることになり、心からおわびする」と重ねて陳謝。「多くの仲間を失い責任の重大さを痛感している」と強調しながら「ねじれ国会を生じさせた。大変厳しい国会で参院にはより多くの苦労をかけるが、よろしくお願いしたい」と政権、国会運営への協力を求めた。
(共同)
ネット中継】29日、両院議員総会
29日、16:30頃より行われている両院議員総会の中継に関し、配信に不具合が生じたので休止された。
<ビデオ>22:00メド~
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2010/20100729soukai.asx

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村・マニフェストを重視してほしい。

コメント (1)   トラックバック (1)

社民・辻元氏が離党の意向 いらっしゃーい民主党へ(^^) 

2010年07月27日 08時19分18秒 | ●YAMACHANの雑記帳
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072601000819.html
社民党の辻元清美・前国土交通副大臣(50)=衆院大阪10区、衆院当選4回=が26日、重野安正幹事長と会い、離党の意向を伝えた。重野氏は慰留した。辻元氏はこの後、記者団に対し、地元大阪で27日に記者会見する考えを明らかにした。
 辻元氏は「いろいろ悩んでいることもあり伝えた。今晩、考えてあす会見する。党の在り方に危機感を持っている」と述べた。関係者によると、民主党との連立政権からの離脱や、先の参院選で党の獲得議席が2議席にとどまったことなどの総括を行わない福島瑞穂党首ら執行部の姿勢に不満を募らせていたという。
 辻元氏は、昨年夏の衆院選で民主党との選挙協力で小選挙区で当選。民主、社民両党はその後、連立政権を組んだが、米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、社民党が離脱、次期衆院選で勝利する展望が見えなくなったことも背景とみられる。
 国会審議での鋭い舌鋒が売り物の論客として知られ、党政審会長などを務め、将来の党首候補とみられていた。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村・いらっしゃーい民主党へ
コメント (5)   トラックバック (1)

民主党岐阜県連平田代表辞任

2010年07月25日 08時57分39秒 | ●YAMACHANの雑記帳
岐阜市で24日、民主党岐阜県連常任幹事会が開かれた模様。で二議席独占を果たせなかった責任をとって参院平田代表と伊藤正博県連幹事長が辞任表明。
とにかく時計の針を逆に回しては今迄の努力が・・・・
写真は、中日岐阜県版よりコピペ:
もともと2人区で独占なんか無理であった。
民主党を二分するような小沢非難も恒常化してたしW辺顧問の行動に眉をひそめてた党員
支持者も多く居たと思う。引退してもらおう。
新旧入れ替わっただけで平田さんや伊藤さんが責任を感じる必要は無かったと思う。
連合が結束して応援しても自民新人の渡辺毅之氏側の結束には勝てなかっただろう。
連合に負んぶに抱っこ体制の当然の結末であった。(^o^)
自民党と変わらないとの批判も乗り越えて中小企業や農協医師会等の団体にも乗り換えてもらう必要があろう。小沢さんの力を再認識しなければならない。
風に左右される無党派層頼りともおさらばしたいね。(^^)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへにほんブログ村
いま見たら、載ってた。
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20100725/CK2010072502000016.html
「統一選には新体制で」 辞任表明、民主県連代表ら会見
「結果に責任を感じる」「統一選には新体制で臨む」。岐阜市で24日、参院選後初めて開かれた民主党県連常任幹事会。席上、岐阜選挙区で2議席独占を果たせなかったとして、辞任を表明した民主党県連の平田健二代表と、伊藤正博幹事長が幹事会終了後、会見した。
 平田代表は「統一地方選に、どう立て直して臨むかが課題」と語り、「(参院選の)責任を明確にすることが、次のステップに向けてプラスになる。体制を新しくすることが必要」と語った。
 県議会の勢力は、自民30人に対し、民主系会派は8人。伊藤幹事長は「支持拡大を図るにはけじめが必要。地方議員を増やさないと、地域を固めることはできず、新体制で臨んだ方が有権者にアピールできる」と辞任理由を述べた。
 参院選で、県連は新人と現職の2人を擁立したが、自民新人の渡辺猛之氏が圧勝。新人の小見山幸治氏が残る2議席目に入り、現職の山下八洲夫氏は落選した。
 選挙戦では小見山、山下陣営が反目する場面もあり、支援組織内に残るしこりが懸念されていた。県連幹部は「体制刷新でしこりを抑えたいということもある」と辞任の背景を語る。
 新代表と幹事長は8月1日の常任幹事会までに国会議員を軸に選考を進め、28日に臨時の県連大会を開き、正式に決定する。
 (中崎裕)

コメント   トラックバック (1)

いよいよ日本も武器輸出国の仲間入りか?

2010年07月25日 07時30分36秒 | ●YAMACHANの雑記帳


http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010072401000549.html
迎撃ミサイル、第三国輸出容認へ 米要請受け政府
2010年7月25日 02時02分
 政府は米国と共同開発しているミサイル防衛(MD)の海上配備型迎撃ミサイル(SM3ブロック2A)について、第三国への供与を認める方向で調整に入った。米側の要請を踏まえた対応で、供与先として欧州などが想定されている。複数の日米外交筋が24日、明らかにした。
 迎撃ミサイルの共同開発・生産で、政府は2005年、武器輸出三原則の適用対象から外して対米供与に限り容認。これに先立つ官房長官談話で、第三国への輸出について(1)日米安保体制の効果的な運用に寄与する(2)日本の安全保障に資する―との観点から「厳格な管理を行う前提で武器輸出三原則によらない」とした。この談話に沿い三原則の例外とする方向だ。
 ただ供与先など厳格な管理の内容がどこまで公表されるか見定めきれず、なし崩しで輸出が拡大する恐れは否めない。 外交筋によると、米側は最近、18年からの輸出を計画していると日本に説明し、契約への準備を整えたいと伝達。ブロック2Aやその改良型の迎撃ミサイルの第三国輸出を認める方向で年内にも回答するよう日本側に求めてきた。ブロック2Aは海上配備型だが、地上配備型にも転用できる。
(共同)
*大丈夫かな~・・・オバマ大統領のミサイル防衛構想丸呑みで。
時代に逆行していると憂うのは僕だけか(^^)

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村・やっぱり根本から日米安保を見直してもらいたいね~・・・
コメント