飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎&共産党アレルギーを捨てオリーブの樹を育て日米安保を根底から見直して欲しい!!

●オリーブの樹(野党連携)●原発廃棄●憲法九条厳守●そもそも日米安保を根底から見直す時期では?●たまには演歌

★認知症の妻との暮らしは宇宙人と暮らしているよう | 老老介護の夫と妻

2018年10月31日 16時19分10秒 | ●YAMACHANの雑記帳

認知症の妻との暮らしは宇宙人と暮らしているよう | 老老介護の夫と妻

高齢者住み替え支援センター
 ■実家相続介護問題研究所が親の介護や遺産相続でお役に立てることとは?https://momenaisouzoku.net/service/ ■ブログの解説はこちら https://momenaisouzoku.net/blog/%E8%A...
 
コメント

【HTBニュース】猿払村沖の小島 消失か?

2018年10月31日 16時11分29秒 | ●YAMACHANの雑記帳

【HTBニュース】猿払村沖の小島 消失か?

猿払村沖の小島 なくなったか

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20181031/0005271.html

道北の猿払村の沖合に存在していた小島が、いつの間にか消えた可能性があることが海上保安本部への取材で分かりました。
島が存在しなければ領海が狭まる可能性もあるということで、海上保安部が今後、現地の状況を調べることにしています。

この島は北海道の最北付近に位置する猿払村の沖合およそ500メートルに存在していた「エサンベ鼻北小島」で、領海を明確にする目的で国が4年前に名前を付けました。
この島をめぐって10月上旬、地元の住民から第1管区海上保安本部に「見当たらなくなっている」との情報が寄せられたということです。
この島は31年前に発見された当時、海面からの高さがおよそ1.4メートルあったということですが、海上保安本部の担当者は「波や流氷で削られ、海面部分がなくなった可能性がある」と話しています。
国連海洋法条約では、島は周囲を水に囲まれ、高潮時でも水没しないと定義されていますが、島が存在しなければ日本の領海が狭まる可能性もあるということで、海上保安本部が今後、現地の状況を詳しく調べることにしています。(NHK)

HTBニュース
HTB北海道テレビで放送されたニュース動画です。
日本沈没の前兆か(笑)
コメント

LIVE 参院 本会議 代表質問10/31

2018年10月31日 10時51分56秒 | ●政治と市民運動

LIVE 🌏 参院 本会議 代表質問

monbran
 2018年10月31日 #参議院#本会議#代表質問#国会2018 代表質問 #山口那津男(公) #大塚耕平(国民) 休憩 #山下芳生(共) #片山虎之助(維) #牧山ひろえ(林市長派) #石井準一(自) #石上俊雄(国民) 出典 「参議院インターネット審議中継」 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/...
<<<休憩>>>
コメント

【2018年10月30日】小沢一郎代表・山本太郎代表 定例共同記者会見

2018年10月30日 22時29分44秒 | ●政治と市民運動

【2018年10月30日】小沢一郎代表・山本太郎代表 定例共同記者会見

自由党
 2018年10月30日、小沢一郎代表と山本太郎代表が定例の共同記者会見を行いました。
コメント

斉藤鉄夫・野田佳彦・志位和夫・馬場伸幸 代表質問 197回国会(臨時会)2018年10月30日 衆議院本会議

2018年10月30日 22時25分12秒 | ●政治と市民運動

斉藤鉄夫・野田佳彦・志位和夫・馬場伸幸 代表質問 197回国会(臨時会)2018年10月30日 衆議院本会議

Makabe Takashi
 2018年10月30日 斉藤鉄夫(公明党)、野田佳彦(無所属の会)、志位和夫(日本共産党)、馬場伸幸(日本維新の会)
コメント

◆【日刊ゲンダイ】党内からも批判…稲田朋美氏の“安倍首相礼賛”ネトウヨ演説

2018年10月30日 21時18分44秒 | ●YAMACHANの雑記帳

党内からも批判…稲田朋美氏の“安倍首相礼賛”ネトウヨ演説

貴重な質疑時間を浪費(C)日刊ゲンダイ

貴重な質疑時間を浪費(C)日刊ゲンダイ

「安倍総理が今日の世界の首脳の中で、また日本の憲政史上においても、トップクラスのリーダーシップを発揮されているのは、紛れもない事実です」――。衆院本会議場に歯の浮くような、おべっかが響き渡った。29日、安倍首相の所信表明への自民党の代表質問者に「抜擢」された稲田朋美筆頭副幹事長。質問とは名ばかりで、アベ様礼賛のネトウヨ演説に終始し、野党はもちろん、自民党内からもブーイングだ。稲田氏にとって南スーダンPKO日報隠蔽問題などで防衛相を引責辞任後、1年3カ月ぶりの表舞台である。冒頭で「わが党は失敗しても、何回でもやり直せる社会を目指してきた」と、自らの「復権」をさりげなくアピール。「安倍内閣は着実に外交成果を上げ、国際会議の場では、安倍総理と話そうとする各国首脳が列をつくる状況も見られ」などとフェイクニュース同然のアベ様ヨイショを連発し、本会議場をザワつかせた。「党内でも安倍総理の『えこひいき』が過ぎるとの声が聞こえてきます」とは、ある自民ベテラン議員だ。こう続けた。「普通なら岸田政調会長が質問すべきなのに、なぜ稲田氏なのか。幹事長の部下だけでも代行、衆院2人、参院1人の代理がおり、筆頭副幹事長はその次。序列で言えば5番目ですよ。いくら総理に見いだされた秘蔵っ子とはいえ、あからさまな“お友だち”の抜擢は、総理周辺の思い上がりの反映です」党内の冷ややかな声も稲田氏には馬耳東風だ。韓国の国際観艦式での海上自衛隊の「旭日旗」掲揚の自粛要請や韓国国会議員団の竹島上陸、徴用工訴訟などをあげつらって、“嫌韓”をあおるネトウヨ思考をムキ出し。「わが国を取り巻く安全保障環境は急速に厳しさを増している。米国と、中国をはじめとする新興国のパワーバランスの変化が加速している」とし、「今こそ自分の国は自分で守る気概を持つべき」と勇ましかったが、日朝会談実現や日中関係改善など“アベ様”の意向を無視していないか。それでも自衛隊明記の9条改憲案について、稲田氏が「自衛隊を誰からも憲法違反だとは言わせない。そのためにも改憲は急務だ」とエールを送ると、安倍首相は「(違憲とする)状況に終止符を打ち、全ての自衛隊員が強い誇りを持って任務を全うできる環境を整えることが、今を生きる政治家の責任」と応じる“相思相愛”ぶり。一般質疑の削減よりも、こんな連携プレーじみたヤラセ質問に貴重な時間を浪費する“国会破壊行為”こそ改めた方がいい。

コメント

地域の高齢者の新たな移動手段へ…低速電動車両の実証調査 岡山・備前市

2018年10月30日 19時13分47秒 | ●政治と市民運動

地域の高齢者の新たな移動手段へ…低速電動車両の実証調査 岡山・備前市

ksb5ch
 地方の交通課題の解決に役立てます。低速で公道を走る電動車両を、高齢者の新たな移動手段に活用する取り組みが、岡山県備前市で行われています。
コメント

◆UPLAN 前川喜平さん講演会第二弾「どこに踏み出すはじめの一歩」&奈須りえさんとの対談

2018年10月30日 16時25分11秒 | ●政治と市民運動

2018.10.26 UPLAN 前川喜平さん講演会第二弾「どこに踏み出すはじめの一歩」&奈須りえさんとの対談

三輪祐児
 【個人】 前川喜平さんに「教育と構造改革・規制緩和・市場化」について語っていただきます。 日本の統治機構を官僚機構が守ってきたのは紛れもない事実で、そこを壊したのが小泉構造改革であり、規制緩和や市場化です。 その最たるものが、国家戦略特区の「かけ学園」で、構造改革・規制緩和・市場化について語っていただくのに、前川喜平さんほどふさわしい方はいないでしょう。 官僚嫌いの時代に、これほど、前川喜平さんの人気が高いのは、社会に失われつつある秩序や原理原則を、前川喜平さんに感じるからでしょう。教育の現場で起きた構造改革・規制緩和・市場化についてお話しいただきます。 興奮のうちに3時間があっという間に過ぎた、第一回「はじめの一歩」でしたが、第二回は、じっくりと前川喜平さんに語っていただき、後半は、質疑に充てたいと思います。(奈須りえ) 官より民の時代に、一番人気の前川喜平さんは元文部科学官僚。 正義なき時代の正義は誰が作るのか、一緒に考えたいと思います。 講演:前川喜平さん 対談:前川喜平さん×奈須りえさん
コメント

● 沖縄防衛局へ要請書提出後の抗議集会

2018年10月30日 13時59分55秒 | ●政治と市民運動

 沖縄防衛局へ要請書提出後の抗議集会

https://twitcasting.tv/iwj_okinawa1/movie/503404935

辺野古埋め立ての承認撤回 玉城知事 係争処理委への審査申請へ

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設をめぐって、石井国土交通大臣が、沖縄県が埋め立て承認を撤回した効力を一時的に停止する執行停止を行うことを明らかにしたことについて、沖縄県の玉城知事は、政府の対応を批判したうえで、国と地方の争いを調停する「国地方係争処理委員会」に審査を申し出ることを検討する考えを示しました。

コメント

◆国会審議ライブ配信 第197回国会(臨時会)2018年10月30日 参議院本会議(代表質問)

2018年10月30日 10時36分58秒 | ●政治と市民運動

国会審議ライブ配信 第197回国会(臨時会)2018年10月30日 参議院本会議(代表質問)

 吉川沙織(立憲民主党)、橋本聖子(自由民主党)
●コーヒーブレイク

 
コメント