飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

★小沢一郎X堀江貴文 緊急対談『日本改造計画2013』

2013年04月30日 22時40分44秒 | ●YAMACHANの雑記帳

http://www.theatertv.co.jp/ozawahoriemogi.php

小沢一郎✕堀江貴文 緊急対談
『日本改造計画2013』
司会進行:茂木健一郎
開催日 2013年5月4日(土・祝)
時間16:00〜18:00

ニコニコ生放送
小沢一郎×堀江貴文公開対談 (司会:茂木健一郎)
一般参加者募集!
会場:東京都千代田区秋葉原某所
定員:50名(抽選制)
参加費:1000円・自由席(※シアターネットTV会員は無料)
応募締切:5月2日(木)15:00

お問合せ: シアター・テレビジョン otoiawase@theatertv.co.jp
<取材等に関しまして>
※取材をご希望のメディアの方のお問い合わせ
otoiawase@theatertv.co.jp (担当:高松)まで
ご連絡下さい。折り返しご連絡を差し上げます。
(5月2日 21時までのご連絡をよろしくお願いいたします)とのことです。


コメント

☆猪瀬知事の単なる失言謝罪では、済まないだろう(多分

2013年04月30日 20時07分40秒 | ●YAMACHANの雑記帳


本人謝罪もIOCは・・・猪瀬発言で"東京五輪"に暗雲?
(13/04/30)

公開日: 2013/04/30
オリンピック招致を巡り、「イスラム諸国はけんかばかりしている」とインタビューに答­えたとされる問題で、猪瀬都知事本人が謝罪しました。オリンピック招致に影響はあるの­でしょうか。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/


猪瀬知事の「謝罪」に見る「法令遵守」への逃避
猪瀬直樹東京都知事が、4月16日、2020年の夏季五輪招致をめぐって、米ニューヨークタイムズ紙のインタビューで、他の立候補都市と東京とを比較し、「イスラム諸国は互いにケンカばかりしている」「イスラム諸国が共有しているのはアラー(神)だけで、お互いにけんかばかりしている。階級もある。」と述べたことを、27日付の同紙が報じたことで、「各都市は他都市の批判や他都市との比較を行ってはならない」としている五輪招致規範に抵触することなどが問題にされ、批判を浴びている。この問題で、猪瀬知事は、4月29日には、「私の真意が正しく伝わっていない。ほかの立候補都市を批判する意図は全くなく、このようなインタビューの文脈と異なる記事が出たことは非常に残念だ。」とコメントしていたが、30日には、記者会見で、一転して、発言を撤回し、謝罪した。その会見で、猪瀬知事が強調しているのは、「東京のPRのためだった」ということ。東京の良さを中心に話す中で他都市との比較もしたと説明し、「98%は東京の話であり、インタビューの終了間際に、他の都市についてどう思うかと聞かれたので、それに答える中で、誤解される表現があった。」として、「不適切な発言」を撤回している。そして、その後の質問に対して。「今回のニューヨークタイムズのインタビューで、どういう発言が規範に触れるかがわかったので、いい経験になった。大変良かった。今後は、IOCの規範を遵守していきたい。」と繰り返し発言している。猪瀬知事の発言は、真摯な謝罪とは凡そ程遠いものである。自分の発言の何が問題だったのか、何がいけなかったのか、全く理解できていない。猪瀬知事の話は、「『五輪招致規範』の『規定』がよくわかっていなかった。今回の件でよくわかった。今後は『規定』を遵守する。『規定違反』は繰り返さない」ということだ。しかし、重要なことは「五輪招致規範」という「規定」に反したことではない。その規範の背後には、オリンピックの歴史と伝統の中で育まれてきた基本理念があるはずである。それは、様々な人種、文化、宗教の国、富める国、貧しい国、平和な国、戦乱にあえぐ国など、多種多様な国からスポーツ選手が集い、そのような国や社会の違いを超えて、国の栄誉を賭けて、能力を出し合い、フェアに戦い抜く。そこに、スポーツの祭典としてのオリンピックの最大の意義があるはずだ。そういうオリンピックの開催地を決めるプロセスの中で、招致立候補都市が、他の都市を批判すべきではない。最終的には、招致立候補都市が相互に比較され最も適切な都市が開催都市に選ばれることになるが、その「比較」を、当事者である招致立候補都市の側が行うことは、オリンピックの基本理念に反するというのが、この五輪招致規範が定められている理由であろう。猪瀬知事の発言の最大の問題は、招致立候補都市の首長として、そういうオリンピックの基本理念に反する発言をしたことにあるのである。「薄ら笑い」を浮かべながら会見に応じた猪瀬知事は、「どういう発言が五輪招致規範という『規定』に反するかがよくわかっていなかった。今回の件でそれがわかって良かった。」と言っているが、何が「良かった」のであろうか。「98%が東京のPRである」というのは猪瀬知事の立場からは当然のことであろう。しかし、ニューヨークタイムズの記者には、東京開催のメリットなど十分にわかっており、さしたる関心はなかったはずだ。客観的な比較からは優位だと思える東京と他都市との比較について聞かれて、どのように答えるのか、東京五輪招致の中心人物である猪瀬知事の基本的な考え方を「2%」の時間で聞いたところ、図らずも「本音」が出てきたので、記事にしたということであろう。猪瀬知事は「他都市との比較を聞かれたから答えた。答えなければ良かった。」というようなことを言っているが、そのような質問に対しては、「他の立候補都市もそれぞれ開催地に相応しい都市だと思うが、我々は東京での五輪開催が素晴らしい大会となり、世界中の人々に喜んで頂けるものと確信している。」というのが、オリンピックの基本理念をわきまえた見識ある答え方であろう。私は、『「法令遵守」が日本を滅ぼす』(新潮新書・2007年)、『思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本』(講談社現代新書・2009年)などで、形式的に法令規則を守りさえすれば良いという考え方、「遵守」の自己目的化の弊害を指摘してきた。重要なことは、法令・規則の形式的な文言ではなく、その背後にある社会の要請であり、その社会の要請に応えることこそが、真のコンプライアンスなのだということを強調してきた。猪瀬知事の発言の最大の問題は、オリンピックの基本理念に反し、オリンピックを通して実現しようとする「他者、他国を尊重し合うフェアネス」という社会の要請そのものに反したところにある。猪瀬知事の会見での「謝罪」は、問題を「五輪招致規範」の規定の「遵守」にすり替え、「法令遵守」に逃避しているに過ぎないのである。東京五輪招致をめざす都知事としての基本的な姿勢自体を問われかねない発言をしたことを真摯に反省し、謝罪しない限り、東京五輪の招致活動に重大な支障となることは避け難いであろう。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村
コメント

☆円空展・高山市まちの博物館

2013年04月30日 11時48分03秒 | ●YAMACHANの雑記帳


円空展・まちの博物館
2013年の1月12日~4月7日まで東京国立博物館に展示されていましたが
((http://enku2013.jp/))
一部が「高山市まちの博物館」に帰ってきました。ちょつと観に行ってきましたが展示場が分りにくかったけど係員に案内して頂きました。(^^)

コメント

☆東京レインボープライド(^o^)

2013年04月30日 11時21分31秒 | ●YAMACHANの雑記帳


公開日: 2013/04/29
都内で28日、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(LGBT)­などセクシュアルマイノリティの存在を社会にアピールするパレード「東京レインボープ­ライド(Tokyo Rainbow Pride)」が開催され、2000人を超える人たちが思い思いのコスチュームで原宿­や渋谷の通りを練り歩いた。(c)AFP 2013年4月30日

☆皆様の連休の過ごし方は・・・・・???

コメント

☆飛騨の高山・東山遊歩道南側(大雄寺の右側)を散策。

2013年04月30日 03時22分04秒 | ●YAMACHANの雑記帳


東山遊歩道南側より散策(1)


東山遊歩道南側より散策(2)
安川通りを登りつめると、静かな風情がただよう通称東山寺町があります。藩主金森長近が城下町をつくる際、東の町、小高い丘陵地に寺社を建立移築したのが始まりと言われています。いずれも由緒ある寺社ばかりです。最近は、ほとんどの外国人が地図を手にして散策しています。今日、僕は大雄寺から右側(南)に入って散策してみました。(4.30.2013)
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へにほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント