飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

【次の内閣】小沢代表 マニフェストの実現に向けて法案化を指示

2007年09月27日 09時52分24秒 | ●YAMACHANの雑記帳

2007/09/26
 民主党『次の内閣』は26日午後、国会内で閣議を開き、臨時国会の対応等について議論。小沢一郎代表は、参議院選挙のマニフェスト実現に向け、各部門において迅速に法案化作業を進めるよう要請した。

 閣議ではまず、浅尾慶一郎ネクスト防衛大臣がイラク自衛隊撤退法案(「イラクにおける自衛隊の部隊等による対応措置を直ちに終了させるためのイラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動の実施に関する特別措置法を廃止する法律案」)について説明。過去に提出したものであり、イラク特措法を廃止し、航空自衛隊の派遣を直ちに終了させる法案内容を閣議として了承した。大畠章宏ネクスト金融担当大臣、馬淵澄夫政調副会長からは「保険業法の一部を改正する法律案」の説明が行われ、今年6月に衆議院に提出したものであり、非営利目的の小規模共済の存続を図る法案内容を了承。いずれの法案も提出時期等は政調会長と国会対策委員会に一任した。
 続いて、臨時国会の対応について協議。小沢一郎代表は、「臨時国会は与野党のかけひきではなく、我々が選挙で国民に約束したことを国会で反映させていくことが大事である」との見解を示し、「実行あるのみ」と明言。マニフェストの実現、特に3つの約束、年金・子育て・農業問題について、法案として基本の考え方を出していくことが重要であることを強調した。

 「(参院選挙では)自公政権への不安はもちろんだが、この民主党の主張に対する国民の評価を得た」と述べ、「可能な限り法律案として作るように」として、各部門の担当者に対して10月中旬までに法案を作るよう指示した。これを受けて閣議では、マニフェストに掲げた政策を順次速やかに法案化し、国民の負託に応えていくことを確認した。
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=11879
コメント (1)

アホ丸出し

2007年09月26日 11時12分58秒 | ●YAMACHANの雑記帳
談笑する小池氏と高村氏
9月25日18時50分配信 時事通信
両院協議会委員の選挙が行われた衆院本会議で、安倍晋三前首相の氏名標(名札)に手を乗せて談笑する小池百合子元防衛相(右)と高村正彦前防衛相(25日午後、衆院本会議場)(時事通信社)

最終更新:9月25日18時50分
コメント

行け行けドンドン 小沢民主党!

2007年09月26日 11時01分29秒 | ●YAMACHANの雑記帳

2007/09/25
格差社会生んだ自公政権は国民のために早く終わって頂く 小沢代表

小沢一郎代表は25日夕、衆院本会議終了後に国会内で会見を行った。

 福田首相の選出をどう見るか問われたのに対しては、「個人的なことについての論評は何もない」との見方を示し、自公の連立政権であることはだれが首相となろうとも同じことだと指摘。そのうえで、「自民党、公明党の推し進めてきたことが、日本社会を歪んだものにし、いびつなものにし、あらゆる分野での不公正、不平等、格差を生んできた。こういう政権は国民にとって一日も早く終わって頂く以外にない」と厳しい口調で指摘し、参議院選挙で示した国民のみなさんとの約束の実現に全力をあげる考えを改めて明らかにした。

 党首会談を求められた際の対応を問われたのに対しては、国会会期中である以上、第一義的には党首討論など、国会での論戦を主とする考えを提示。そうした基本認識に立ったうえで、「それとは別にやろうということであれば、いつでも応じる」として、話し合いそのものを拒絶する考えはないとした。同時にどんなテーマであっても受け入れる用意があるとした。ただし、「繰り返すようだが、我々は参院選で約束したことを少しでも国民のために実現することを最大のテーマとして使命を持ってがんばる」と続け、どんな場合も民主党の考えを着実に主張し続ける姿勢に変わりがないことを強調した。

 参議院で首相に指名されたことについては「大変光栄に思っている」と述べたうえで、「個人の話ではなく、先の参院選で主権者たる国民の意思によって我々が過半数を与えられたことに最大の意義はある」と語り、首相指名はそれがシンボリックに出たものであると分析した。同時に「体力が続く限り、衆議院でも過半数を得られるように最大限の努力をしたいと思う。ただひたすら、最大で2年、全力でがんばる」と述べ、次の総選挙に過半数を得て政権交代を実現するため、政治生命をかけて最大限の努力をしていくとした。また、二院制をとっている以上、衆議院でももう一度国民の判断を仰ぐしかないとの認識を示し、解散・総選挙に追い込んで行く必要性を指摘した。

 会見ではまた、自民、公明両党が1円以上の支出について政治資金収支報告書に領収書の添付を義務付けることで合意したことにより、民主党の主張と似てきたのではないかとの記者からの指摘を受けた。これに対して小沢代表はまず、「似ているという表現は、奇異に感じる」と不快感を示したうえで、自民党は領収書の一般公開には慎重な姿勢を示し、国会に設ける第三者機関のチェックにとどめるよう主張している点を取り上げ、「あたかもオープンな仕組みで合意したかのように見せているが、実際には特定機関にだけ見せるというもので、公開でもなければ、改正でもない」と述べ、民主党の政策とは似ても似つかないまがい物であることを明らかにした。

 さらに、高齢者医療費負担増の凍結で自公が大筋合意した点についても、弱者に厳しいということで以前から民主党が反対してきたにも係らず、それを無視して国会で無理やり法を成立させておきながら、参院選の結果を受けてこれまでのやり方を翻してきただけのものに過ぎないとした。
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=11871
コメント

月刊Willをぶっ潰せ

2007年09月26日 09時44分07秒 | ●YAMACHANの雑記帳

総力大特集
小沢政治は危険だ!

■中西輝政
「悪魔の密約」
小沢一郎と日本共産党

■谷沢永一
すぐにバレる小沢一郎の正体

■山際澄夫
安倍政権を殺したのは朝日新聞だ
■佐藤正久
テロ特措法中断で日本は世界の孤児になる
■潮匡人
“普通の国”はどこへ消えた
■木村英哉
理論的に破綻している民主党マニフェスト

 蒟蒻問答 第18回 
■堤堯 久保紘之
安倍に正当なる政治死を

■西村眞吾
安倍総理への鎮魂曲(レクイレム)


■金美齢
中国への切り符「チャイナフリー」カード

■許世楷
日本よ、台湾の国連加盟を支持せよ

■茂木弘道
「南京大虐殺」は中国の謀略デマ宣伝

■粟野仁雄
氷見市冤罪事件 県警・検察の責任

■谷口正和
文化と物語を旅する時代

 連載 
■渡部昇一の戦後史公開講座10
官僚天国が日本繁栄の障害となっていく

 注目連載! 
■重村智計 「朝鮮半島通信」
拉致問題はなぜ解決しないのか

 大好評連載! 
■爆笑問題の「日本原論」
訴えてやる!
コメント

来年は、絶対に小沢政権を樹立しよう(^o^)

2007年09月25日 18時16分51秒 | ●YAMACHANの雑記帳

2007/09/25
参院首相指名選挙での首相指名受け、野党各党を御礼回り 小沢代表

小沢一郎代表は25日午後、参議院本会議での首相指名選挙において決選投票の末、民主、共産、社民、国民新の野党4党の投票によって過半数を獲得し、首相に指名された。

 この結果を受けて、小沢代表は「皆さんに指名していただいて光栄なこと」と述べ、参院の共産、社民、国民新の野党各党に投票御礼の挨拶に回った。
http://www.dpj.or.jp/news/dpjnews.cgi?indication=dp&num=11867
小沢さんの嬉しそうなお顔(^o^) 実現させたいね。(^^)
コメント